テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

塩谷崇之アドバイス

はぁい、こんにちは。(塩谷崇之)
こんにちは・・(相談者)
はい。(塩谷崇之)
お願いします。(相談者)

はい。(相談者)
ちょっといくつか、伺っていきますけれども・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

えーっと、今あなた方が住んでいる・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
家・・(塩谷崇之)

はい、はい。(相談者)

これは持ち家なんですね?(塩谷崇之)

持ち家なんですが・・(相談者)
はい。(塩谷崇之)

あの、義理の父が・・土地を買っててくれたような形なので・・(相談者)
はい。(塩谷崇之)

もしかしたら、わたし・・には、何もないのかなぁーという気が致します。(相談者)
義理のお父さんが土地を買った?(塩谷崇之)
買って・・はい、建物だけ夫が・・(相談者)

払ったような形になっていると思います。(相談者)
はぁぁ・・建物は、いつ頃・・(塩谷崇之)

建てたんですか?(塩谷崇之)
えーっと、もう、20年ほど前です。(相談者)

結婚してから?(塩谷崇之)
そうです。(相談者)
はぁ・・ん・・(塩谷崇之)
うん。(相談者)

その建物を建てる・・ぅ・・費用というのは・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

誰がどのように負担をしたんですか?(塩谷崇之)
えーっと・・(相談者)

建物に関しては、夫が・・ローンで・・あのぅ・・少しずつ返していって・・(相談者)
・・
完済してるといった感じです。(相談者)
ああ・・いくらぐらいのローンを組んだんですか?(塩谷崇之)
4千万ぐらいだと思います。(相談者)
4千万・・(塩谷崇之)
はぁい。(相談者)

わかりました、じゃあ、それが・・えっと、不動産ですよねぇ?(塩谷崇之)
はぁい。(相談者)

でぇ、それとは別に・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
不動産収入があるというふうに先ほど・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
おっしゃってましたけれども。(塩谷崇之)
はい。(相談者)
それは・・どういうものですか?(塩谷崇之)

え・・これも・・あのぅ、義父が建ててくれたもの・・アパートが・・(相談者)
うん。(塩谷崇之)

2棟あるのと・・(相談者)

あとは結婚してから・・マンションの部屋を・・(相談者)

2部屋ぐらい・・(相談者)
うん。(塩谷崇之)

買ってるようなので・・(相談者)

全部で4つの・・建物から、年間650万円ぐらいの収益という感じです。(相談者)

えーっと・・お義父さんが建てたアパート・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

これは・・やはり、じゃあ、お義父さん名義・・なんでしょうかねぇ?(塩谷崇之)
・・
もともと。(塩谷崇之)

どうでしょうかねぇ・・もう、でも、子供の為にって言って、建てたって言って・・(相談者)
うん・・(塩谷崇之)
いたので・・(相談者)
うん・・(塩谷崇之)

もともと夫の・・名義だったかもしれないです・・はい。(相談者)
でも、資金の出どころは・・まぁ・・ほぼ100%、お義父さんのお金ですね?(塩谷崇之)
そうですねぇ、そこ・・に関しては、そうです、はい。(相談者)

で、結婚後にマンションを・・(塩谷崇之)
うん。(相談者)

2部屋・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

これは、購入したということですね?(塩谷崇之)
そうです、はい。(相談者)

ほぅーん・・(塩谷崇之)

これは、えーっと、いつ頃ですか?(塩谷崇之)

たぶん・・(相談者)
うん。(塩谷崇之)

10年ほど前だったと思います。(相談者)
うん・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
その資金、購入の資金は?(塩谷崇之)

あのぅ、全部夫がやっているので・・(相談者)

まったくわからないです、ただ、夫は・・(相談者)

そういう、その、お金を貯めて、やってる人だと思います、きちんと。(相談者)

はるほど。(塩谷崇之)

えーっと・・その他に・・(塩谷崇之)

証券会社で運用している・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
ものが、9千万円・・あると・・(塩谷崇之)
はい・・あと・・(相談者)

はい、それは・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

えーっと・・それは・・ご主人が・・(塩谷崇之)
・・
自分で・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
蓄えたお金で・・(塩谷崇之)
・・
はい。(相談者)
購入したようなものなのか・・(塩谷崇之)

えーっと、証券会社に関しては・・(相談者)

たぶん、結婚してから・・(相談者)

あのぅ・・わたしが独身時代にやっていたところから、始まってると思いますので・・(相談者)
うん。(塩谷崇之)

相続と・・かは、たぶん関係なく、始めてるんじゃないかなと・・(相談者)
うん。(塩谷崇之)

憶測なんですが・・(相談者)
・・
思っています。(相談者)

そうするとまぁ、ご主人の方は、9千万円ぐらいの、なんて言うんでしょうかねぇ・・(塩谷崇之)
はぁい。(相談者)

その・・資金があって、それで・・(塩谷崇之)

え・・いろいろな物を、購入・・してきたということ・・(塩谷崇之)
そうですねぇ・・(相談者)
なんでしょうかねぇ?(塩谷崇之)
はぁい。(相談者)

はぁーん、なるほど。(塩谷崇之)

でぇ、あと、その他に、預貯金・・っていうのがありますわねぇ?(塩谷崇之)

預貯金・・は・・(相談者)

わたしが見た限りでは・・(相談者)

4千万ほど、ありました。(相談者)

4千万ほど?(塩谷崇之)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
その、4千万っていうのも、やはり・・(塩谷崇之)

ご主人・・あの、あなた方、結婚してから・・(塩谷崇之)

蓄えた、お金・・なんでしょうかねぇ?(塩谷崇之)
うーーん、だと思います、あのぅ、自営業、やってた頃は、割と・・儲かってたと思うので・・(相談者)
うん。(塩谷崇之)
うん・・(相談者)

・・

でもあの・・なにか、ちょっと・・(相談者)

失敗をしたということで・・(相談者)

わたしは知らなかったんですが・・(相談者)
はあーーん・・(塩谷崇之)
うーーん・・(相談者)

なのでぇ・・どんな失敗なのか・・っていうふうに、わたしは、聞いても、一切答えても・・(相談者)
うん・・(塩谷崇之)

くれません・・ですし・・(相談者)
ふぅーーん・・(塩谷崇之)
あのぅ・・相談も、やっぱりなかったのでぇ・・(相談者)
うん・・(塩谷崇之)

なんかちょっとやっぱり、夫婦関係として・・(相談者)

なんかちょっと夫婦として成り立ってないなっていう感じは・・(相談者)
うーん・・(塩谷崇之)
そこからずっと・・ありました。(相談者)
うーん・・(塩谷崇之)

まぁ、そもそもねぇ、そういう・・夫婦のコミュニケーションとして、どうなのかっていうのは、お話伺ってて・・すごく・・(塩谷崇之)

あのぅ・・疑問に思うところはあるんですけれども・・(塩谷崇之)
はい・・はい・・(相談者)

ま、とりあえずその今、財産の関係・・だけど、お話しましたすとねぇ・・(塩谷崇之)
はい、そうですねぇ・・はい、はい。(相談者)

とりあえず、その家に関しては・・(塩谷崇之)

はぁい。(相談者)
まぁ、あのぅ、土地は・・お義父さんから、ぁ・・ま、譲り受けたものだということでぇ・・(相談者)
はぁい。(相談者)

はい。(相談者)
これはまぁ・・あのぅ・・ご主人の固有の財産・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
に、である可能性が高い。(塩谷崇之)
はい。(相談者)

それに対して、建物は・・(塩谷崇之)

ま、夫婦共同生活の中で築き上げた財産なので・・(塩谷崇之)
はい・・はい・・(相談者)

はい。(相談者)
これはまぁ、二人の共有財産であると。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
いう、ぅ・・可能性が高いです。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
それから、あのぅ・・賃貸に出している、不動産についても・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

まぁ、お義父さんが建てたアパートについては・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
それはまあ・・(塩谷崇之)

あの、お義父さんから相続で・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
引き継いだ物なのか、買ってもらった物なの・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
だという・・(塩谷崇之)
はい、そうです。(相談者)
ことでしょうけれども・・(塩谷崇之)
はぁい。(相談者)

結婚後に購入したマンションの2軒・・(塩谷崇之)

はぁい。(相談者)
これの購入資金が・・結婚した後に築いた財産から・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

出ているもんなんだとすれば・・(塩谷崇之)

はぁい。(相談者)
これも、あの、名義はご主人のものであったとしても・・(塩谷崇之)

はぁい。(相談者)
夫婦の共有の財産だと・・(塩谷崇之)

あ、そうですか?はい。(相談者)
いう、ことになる可能性は・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

高いと思います。(塩谷崇之)
はい。(相談者)
はい。(塩谷崇之)

でぇ、あのぅ・・9千万の株式、これも・・(塩谷崇之)

その、元手となっているお金が・・(塩谷崇之)

仕事・・ご主人がね・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
結婚した後で、仕事で稼いだお金・・(塩谷崇之)

はぁい。(相談者)
なんだとすれば・・(塩谷崇之)
はぁい。(相談者)

それも、ま、夫婦の共有財産ということに・・なります。(塩谷崇之)
なります?はぁい。(相談者)
ま、預貯金についても・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
ま、同じで・・(塩谷崇之)

え・・結婚した後に・・(塩谷崇之)

築いた預貯金・・(塩谷崇之)

うん・・(相談者)
なんであれば・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)

え・・共有財産ってことになりますのでぇ・・(塩谷崇之)

あっ、そうですか・・はぁい。(相談者)
そうするとまぁ、あの離婚をするにあたってはですねぇ・・(塩谷崇之)
はぁい。(相談者)

原則としては、そのぅ・・(塩谷崇之)
はぁい。(相談者)
夫婦共有財産・・について・・(塩谷崇之)

はぁい。(相談者)
名義のいかんを問わず、二分の一は・・(塩谷崇之)

はぁい。(相談者)
あなたの方に、ありますんでぇ・・(塩谷崇之)

そうですか?(相談者)
それは、わたしの方に、くださいということは・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
言ってもいいと思いますし・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
もしそこで、話し合いがつかなければ・・(塩谷崇之)

はぁい。(相談者)
あのぅ・・家庭裁判所で・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
ま、調停審判・・(塩谷崇之)

はぁい。(相談者)
まぁ、あるいは、場合によっては、裁判というの経る中で・・(塩谷崇之)

はぁい。(相談者)
え・・それは、確保することは、あのぅ、十分、出来る・・(塩谷崇之)

あっ、そうですか?(相談者)
と思います。(塩谷崇之)
はぁい・・(相談者)
はい。(相談者)

わかりました・・(相談者)
でぇ・・だからまぁ、ご主人が、言うようにねぇ。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
一円もやらない・・ということは、たぶん・・(塩谷崇之)

うん・・(相談者)
ないと思いますし・・ま、ご主人も、ある程度そこは、わかって・・いるはずなんですけれども・・(塩谷崇之)
そう・・なんですけれどもねぇ・・(相談者)
はぁい、それはまぁ・・(塩谷崇之)
それは別・・へへへへへ・・(相談者)
ねぇ、単に、牽制をしてるだけなのか・・(塩谷崇之)

うん。(相談者)
あるいは、そういうふうにもう・・信じ込ませて・・(塩谷崇之)
うん・・(相談者)
え・・せい・・え・・請求されないように、して・・(塩谷崇之)
うん・・(相談者)
まぁ、そこは、わかりませんけども・・(塩谷崇之)
そうですねぇ・・はぁい。(相談者)

あのぅ・・一円も、もらえないなんてことは・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
まったく、ないと思いますんでぇ・・(塩谷崇之)
あ・・はぁ・・わかりました・・(相談者)
はぁい・・(塩谷崇之)

だから、そこは安心していいと思います。(塩谷崇之)
はい。(相談者)
それとまぁ・・(塩谷崇之)

あのぅ・・(塩谷崇之)

ま、離婚・・調停・・という話が・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
先ほど出てましたけれども・・(塩谷崇之)
はぁい。(相談者)

ま、これだけの・・ものを、きちんと整理をして行くためには・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
間に・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
あのぅ・・まぁ、公正中立な第三者を入れて・・話をしていった方が・・(塩谷崇之)
はぁい。(相談者)

いい・・(塩谷崇之)

かもしれないので・・(塩谷崇之)

あ、そうですか?(相談者)
あのぅ・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
離婚調停自体はですね。(塩谷崇之)
はい。(相談者)
あのぅ、月に、1回ぐらいのペースでぇ・・(塩谷崇之)
はぁい。(相談者)

あの、進んでいきますけれども・・(塩谷崇之)
はぁい。(相談者)

離婚調停の中で、いろいろ財産関係とかが・・(塩谷崇之)

はぁい。(相談者)
はっきりしてくるっていう面もありますんで・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

それ自体を、そんなに苦痛に・・感じ・・ないでぇ・・(塩谷崇之)

はぁい。(相談者)
あのぅ・・そういうテーブルが、設けられてるんだと・・(塩谷崇之)

あ・・はぁい。(相談者)
そのテーブルで・・(塩谷崇之)
・・
について・・まぁ、冷静に、お互いに・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
紳士的に話し合いをするんだというぐらいの、割り切った気持ちで・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
離婚調停っていうのは、利用された方がいいんじゃないかなぁ・・と思います。(塩谷崇之)

わかりました。(相談者)
はぁい。(塩谷崇之)
なんか、同居しながらだと、難しいんじゃないかな・・っとかっていうところも、あったんですけれども。(相談者)
気持ちの上ではねぇ・・(塩谷崇之)
はぁい。(相談者)

ですけれども・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
でも・・家の・・(塩谷崇之)

あの、台所のテーブルで、話し合うか・・(塩谷崇之)
うん。(相談者)
裁判所のテーブルで、話し合うかの違いですから・・(塩谷崇之)
うん・・あ、なるほど、わかりました。(相談者)
はい。(塩谷崇之)
ありがとうございます。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 金額的に見ると結構貰ってますよねぇ・・・月25で茄子40みたいな感じ。
    家計的に月幾らなのか知りませんが、月10万貰ってたら幾らか入れろってのは普通ですよね。10万丸々小遣いってのも(笑)学費にしても真剣に学ぶ気が無いなら、その位言いたくなるのでは?(それでも出さないってのはナシですが)私立or国立?
    何かね、一方の話を聞くだけじゃちょっと判断付かないですねコレ。
    まあ調停でも裁判でもすればハッキリするでしょ(笑)やる気が有れば・・・

  2. ご主人 かなりの資産家のご家庭にお育ちだったのですね!
     年600万ほどの不動産収入が 一般家庭の暮らしをやっていけますネ(・・?
     事業を妻に内緒でやめていた  そこまで何年も お気づきにならないほど 夫の事業についてもご存じなかった(・・? 普通 個人事業主だったら 妻も巻き込んで役員に付けるのですが?  止めたのではなく 倒産(・・?

     いずれにせよ 夫婦間での情報交換 キャッチボールが全くなされていないご家庭ですね 調停が不調だったら 裁判までご覚悟なさった方がよろしいですね。

  3. 旦那はかなり計算高い人なんでしょうね。そうでなきゃそれだけの資金をつくれませんよ。
    それにひきかえ、相談者さんはかなりアバウトな人。
    旦那にしてみりゃ、今の資産形成に女房はまったく貢献してないじゃないか。俺一人が苦労してつくりあげた財産だってことなんでしょう。
    でも日本の法律では婚姻期間中に形成された財産は夫婦の共有財産ですからねえ、半分は妻のものです。

    旦那は女房をないがしろにし過ぎたと思いますよ。もう少しコミュニケーションとる努力をすべきでしたね。もう手遅れでしょうけど。

  4. 奥さんの話し方を聞いていると、中途半端に頭のいい口出しタイプかと思いました。
    先走って、聞かれてもいないのにべらべらしゃべる、それもあまりてきぱきじゃなくて、話しまとめてほしい感じで。私は聞いていてイライラしました。

    旦那さん、話したくなかったのかな~って。。。
    おバカさんか、単純なお喋り奥さんならば、もう少し可愛かったのかな?

    ご主人を選んだのはご自分ですから。
    お互いにもっと相手に添っていればよかったですね。

    もうだめならば、幸せになるように歩いて行きましょう。