テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年8月2日(水)は、加藤諦三&大原敬子。8年前に半年ほど浮気した相手と、3ヶ月前にLINEを始めて付き合い始めた夫。10日ほど前に、二人と会い、目の前で二度と会わないと約束してもらう。以降、夫は前にも増して家事もしてくれるようになり、老後、二人で仲良くと言うのだが、相手を促すつもりで言った、まず、自分に非があると謝ったこと、逆にキツク言えなかった事を悔やみ、自分が辛くて仕方ない。自分の気持ちをどうしたらいいでしょうか?

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:55歳女性 夫58歳 長女26歳 長男25歳 4人暮らし 夫の浮気相手52歳

加藤諦三氏の〆の言葉『愚かな事をする根源は何か?自分が自分を軽蔑するからです』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

55歳女性から、夫は58歳、子供は26歳の女の子と、25歳の男の子、4人暮らし。

はい、わかりました、それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)
はい、あのぅ、主人が、浮気をしてしまいまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ、それを、許してしまったんですが・・(相談者)

その後で、自分がすごく、思い出す度に・・(相談者)

辛くて・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

今後・・(相談者)

夫婦の関係を・・修復していくために・・どのような考え方をして・・(相談者)
・・
許したらいいか?・・っていうことを、相談したいと思います。(相談者)

悔しさと辛さ

あの・・そもそも浮気・・っていうのは、いつ頃、なにをしたわけですか?(加藤諦三)

あの、8年前に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
一度、その人との、お付き合いが、半年ぐらい続きまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・その時には、一回、別れてくれたんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、それから・・(相談者)

今から、3ヶ月ぐらい前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
主人があのぅ・・LINEを・・(相談者)

し始めまして・・(相談者)

それから・・付き合いが、また、始まって・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

でぇあのぅ、つい先日・・(相談者)

別れてくれたんですが・・(相談者)

つい先日っていうのは、何日前ぐらいですか?(加藤諦三)

ん・・10日ぐらい前です。(相談者)
10日ぐらい前ね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

別れてくれた・・っていうのは・・(加藤諦三)
・・
「もう、別れた」と、ご主人が・・言ったということ?(加藤諦三)

あの、相手の女の人と二人で・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
わたしに・・(相談者)

目の前で会って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
謝ってくれて・・(相談者)

二度と、会わないっていう約束を・・(相談者)

してくれました。(相談者)

その時あなた・・どんなふうに感じました?(加藤諦三)

あのね、その分かってから・・っていうのはね、ほんとにもう、腹が立って、慰謝料請求も考えましたし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もうほんとに、この苛立ちとか、憎しみみたいなのをね、ぶつけてやろうと思ってね・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

行ったんですが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
もうほんとにわたし、よくよく考えたら、そういうことを・・(相談者)

して・・(相談者)

ま、謝ってもらっても・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
解決に繋がらないと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
それで・・(相談者)

わたしにも非がある・・(相談者)

っていうことを、もう、ほんとに反省しまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

で、そのことをまず謝って・・(相談者)
・・
反対に・・(相談者)

「ご迷惑をおかけして、嫌な思いを・・させてしまって、申し訳ありませんでした。」ということをね、先にこちらから、お詫びしたんです。(相談者)
うん。(加藤諦三)

それがもう、一番・・(相談者)

相手の反省を・・(相談者)

促す方法だと考えてしたんですが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

その後・・(相談者)

こう・・自分で考えて・・(相談者)

もっと・・(相談者)

キツイ言葉を・・(相談者)

投げた方が良かったのか・・(相談者)

あ、なるほど、要するに・・(加藤諦三)
あとは、毎日・・はい?(相談者)
半年前(はんねんまえ)に続いて・・(加藤諦三)

半年(はんとし)続いて、別れたっていう時には、今の言ったような・・(加藤諦三)

ことは、言わなか・・言わないです・・かったですね?(加藤諦三)
言わなかったんです、その時はもう、ほんとに・・(相談者)
今回、初めて・・その今の言ったようなことを、言ったわけですね?(加藤諦三)
そうです・・(相談者)

それで・・(加藤諦三)

このぅ・・女性は、何歳ぐらいの方ですか?(加藤諦三)

52歳です。(相談者)
52歳・・(加藤諦三)

そして・・(加藤諦三)
・・
その後・・どうですか?(加藤諦三)

その後はね、もう主人はほんとに、すごく謝ってくれて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

前にも増して・・(相談者)

家事も手伝ってくれますし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

これから・・老後、二人で仲良くやっていこう・・っていうふうに、言ってくれますし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
今度という今度はね・・(相談者)

まあ、わたしも主人を、信じようと・・(相談者)

思ってるんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
やっぱり、思い出す度にね・・(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)
悔しさとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
その・・(相談者)

裏切られたとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

嘘つかれた・・(相談者)

辛さみたいなのが、こみ上げてきてねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

で、ついつい・・(相談者)

またぁ・・(相談者)

愚痴ってしまうんです、主人に・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
その話しをもう・・二度と出さないようにしようって、決めたのに・・(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)

だから、後は・・もう、わたしの気持ち・・次第なんです。(相談者)

楽だから信じた

あのぅ・・その、あなたの気持ち次第なんでしょうけれどもね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

わたしの方にも非があると・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
この言葉は・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
別に・・(加藤諦三)

本気ではなくて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

今の生活・・を、壊したくないということですよね?(加藤諦三)

そうです。(相談者)

もっと、言えば・・(相談者)

寂しさを、逃れたいってことだよね?(加藤諦三)

まあ・・(相談者)

主人の愛情を・・(相談者)

100%・・(相談者)

自分と・・(相談者)

子供達に、向けて欲しい・・(相談者)

っていうような・・(相談者)

気持ちです。(相談者)

これは、その、外から見ると、大変、幸せな方ですよね?(加藤諦三)

ご主人がいて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
お嬢さんがいて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
・・
息子さんがいて・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
家族4人で・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

でも、幸せじゃあ、なかったよね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
もともと、夫婦関係は、壊れていた。(加藤諦三)

そうかもしれません。(相談者)

ズッ・・

生活費が・・きちんと入って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

子供に対する父親としての責任を果たしてくれて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

世間から見て、いい旦那さん・・っていう・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
形をとってくれるのであれば・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

外で・・(相談者)

少々、なにをしても・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
わたしに、わからなければ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

いいかなって(泣きそう)・・(相談者)

いう思いは・・(相談者)

あったかもしれません(泣きをこらえて言いきる)。(相談者)

・・・

これは、辛いよねぇ・・(加藤諦三)

・・・

ズッ・・

それで・・(加藤諦三)

今日の、あなたの相談はねぇ・・まぁ、こういうような、8年前、等々前に・・こういうことが、ありましたと。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

それで・・(加藤諦三)

老後二人で仲良く・・っていうけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

悔しくて・・(加藤諦三)

どうしようもできないと。(加藤諦三)

はい。(相談者)

わたしの気持ち、どうしたらいいでしょう?・・ってこと・・ですか?(加藤諦三)

そうです・・今回のこともね・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
もう・・許して・・(相談者)
・・
これから二度と、会わないっていうことも、約束してくれたので・・(相談者)

今度も・・また、信じようと思うんです。(相談者)

で、わたしは・・(相談者)
信じられないですよ、あなた。(加藤諦三)

・・

全部、あなた、だから、そうやって生きてきたの。(加藤諦三)

信じる方が楽だから、信じたんですよ。(加藤諦三)

一切、現実をコミットしないで・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
こうしたらいいなら・・ってことを信じて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
生きてきたの、今まで。(加藤諦三)

はい。(相談者)

ズッ・・

今、大変、キツイことばっかり、ずーっと・・(加藤諦三)

言いましたけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
今日は、スタジオにですね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク