テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年11月15日(水)は、柴田理恵&マドモアゼル愛。4年間の別居を経て離婚して3年、家庭のある男性を好きになり発覚したのが離婚原因で娘二人は知らない。ずっと働いていたため、娘との関わり方で悩んでいる。正反対の性格の娘。長女は明る過ぎるぐらいで、次女は部屋の片付けはできないし、お風呂に入らないことも。遅い夕食では母親と話したくて喧嘩する娘達との関わり方はどうすればいい?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:47歳女性 4年ほど別居し3年前に離婚・シングルマザーで娘二人 中学3年 中学1年 離婚原因は家庭のある男性を好きになり発覚

もしもし・・テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

こんにちは。(相談者)
・・
はい、今日はどんなご相談ですか?(柴田理恵)

・・

えっと、わたし離婚したんですが、3年・・ほど前に。(相談者)
はい。(柴田理恵)

子供との関わり方について・・(相談者)

・・

はぁ、はぁ、はぁ・・(柴田理恵)
ご相談したいんですけれども。(相談者)
はい・・(柴田理恵)

えっと、あなたはおいくつですか?(柴田理恵)

47歳です。(相談者)
47歳・・(柴田理恵)

うん・・でぇ、えーっと、3年前に離婚・・っていうことは、44歳の時に、離婚・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
ですか?(柴田理恵)

ハイ。(相談者)
えっと、何年間ぐらい・・(柴田理恵)

結婚生活、なさってたんですか?(柴田理恵)

・・

えっと、離婚する前に、4年・・(相談者)

ぐらいに・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
別居をしてまして・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

結婚生活は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

・・

10・・年ぐらいです。(相談者)

はい・・(柴田理恵)

あのぅ・・お子さんっていうのは、何人いらっしゃるんですか?(柴田理恵)

あっ・・えっと、女の子が二人で・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

上の子が・・(相談者)

中学3年生・・(相談者)

うん。(柴田理恵)

下の子が・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

中学1年生です。(相談者)
中1・・はぁい。(柴田理恵)

・・

んでぇ・・じゃあ、あの、離婚・・なさったってことは・・(柴田理恵)

えっと、そのお子さんは・・今、どうなさってるんですか?(柴田理恵)

あっ・・(相談者)

一緒に・・(柴田理恵)
一緒に住んでます。(相談者)
一緒に・・じゃあ・・お子さん連れて・・(柴田理恵)

お出になられたってことですか?(柴田理恵)

はい。(相談者)

はい。(柴田理恵)

うん・・んで、そのお子さんと・・今、じゃあ・・(柴田理恵)

・・

一緒に住んでらして、なにか・・(柴田理恵)

・・

トラブルがあるんですか?(柴田理恵)

・・

・・

そうですね、あのぅ、下の子が・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

お風呂に入らなかったりとか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

あともう、部屋が・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

片付けられない子で・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

・・

上の子は、もう、正反対なんですねぇ。(相談者)
うん。(柴田理恵)

・・・

真逆なんですけれども・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

この間も、もう・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

ちょっとあのぅ・・学校の・・で・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

自動販売機で、ジュースを買って・・500円玉入れたら・・(相談者)

お釣りが・・(相談者)

・・

忘れてきてしまって・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

でぇ・・(相談者)

取りに行ったら、なかったと。(相談者)

・・

うん・・(柴田理恵)

で、先生に言ったら・・(相談者)

あのぅ・・そのぅ・・(相談者)

・・

お釣りを・・(相談者)

・・

なんか、返してくれたみたいで・・(相談者)

先生が?(柴田理恵)

はい。(相談者)
うん。(柴田理恵)
・・
先生が、返してくれたそうなんですけど・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

でも、普通は・・ま、そういことを、やってしまったらもう・・ないのが、当たり前だよ・・って・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

言ったんですけど・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

そしたら、「いや、そんなことない」・・(相談者)

そういう・・そういうものは、もし・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

見つけたら・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
先生のとこに、持って行くんだから・・なくなってる方が、変だって言うんですねぇ。(相談者)
うん。(柴田理恵)
でぇ・・(相談者)

ママは、そういうお釣りを・・(相談者)

おいてあるお釣りを、盗ってしまうから、そう思うんだって・・言われちゃって・・ふっ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
で、あの・・(相談者)

え、そう・・そういう考えなんだ・・と、思ったんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

なんか、今までその・・子供・・(相談者)

ウン・・(柴田理恵)
に・・(相談者)

関わって来なか・・(相談者)

ったっていうのが、あったので・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

なんか・・(相談者)
関わって来なかったっていうのは、なにか、ずっと、お仕事なさってたんですか?(柴田理恵)

はい・・ずっと仕事をしておりまして・・(相談者)
それは・・(柴田理恵)
とにかく、自分のことは、自分でやろうっていうことで・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

子供にも、言ってきましたし・・(相談者)
あの・・パートとか、そういうじゃなくてこう・・なんちゅうか・・(柴田理恵)

正規に・・(柴田理恵)

はい。(相談者)

ずーっとこう・・(柴田理恵)

常勤でいられるような、仕事なんですね?(柴田理恵)

はい。(相談者)
ふんふんふんふんふん。(柴田理恵)

なんですけれども・・(相談者)

わたし・・は、その生活の為に、必死で、働い・・(相談者)

てきたのは、子供の為と思ってたんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

でも、出張とかも・・(相談者)

行くこともあるので・・(相談者)
うんうん・・(柴田理恵)
子供・・(相談者)

やっぱり置いて・・そのまま・・(相談者)

あの、二人で・・やってね・・って言って・・(相談者)
うん・・うん。(柴田理恵)
出掛けてしまうし・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

なんか・・こう、今、考えると・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

・・

なんか、ひどい事をしてきた・・(相談者)

かな?・・(相談者)

と思って・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)

えっと・・失礼ですけど、離婚・・原因は・・なにか・・(柴田理恵)

なん・・だったんですか?(柴田理恵)

離婚原因は、わたしに・・好きな人ができてしまって・・それが、わ・かってしまったんですけれども・・(相談者)
あ、好きな人・・ぃ・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
今その、好きな人は・・(柴田理恵)

あっ・・別れました。(相談者)

・・

あ、どうして?(柴田理恵)

・・

家庭のあった方だったので・・(相談者)

ああぁぁ・・(柴田理恵)

・・

あ、なるほどねぇ・・(柴田理恵)

うん、ふん・・(柴田理恵)

そっか・・(柴田理恵)

それがじゃあ・・旦那さんに・・わかってしまって・・(柴田理恵)

はい。(相談者)

それが原因で、うまくいかなくなったってことですか?(柴田理恵)

・・

あっ・・その前から、上手くはいってなかったんですけれども・・(相談者)
うん、ふんふんふん・・(柴田理恵)
やっぱり・・(相談者)

でも、原因・・そうですねぇ・・はい。(相談者)

ふぅーーん・・(柴田理恵)

その事については、お子さん達は、わかってらっしゃるんですか?(柴田理恵)

・・

は、知らない・・(相談者)

うーん・・(柴田理恵)
ですねぇ・・はい。(相談者)

お父さんと、娘さん達は、まだ、会ってらっしゃるの?(柴田理恵)

はい、会っております。(相談者)
ふぅーん・・(柴田理恵)

中1・・の子と・・中3・・の子と・・(柴田理恵)

いて、性格が真反対のお嬢さんが二人いらして・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
でぇ・・(柴田理恵)

関わり方が・・わからないっていうのは、どういう、わ・・(柴田理恵)

どういう・・ことなんですかねぇ?(柴田理恵)

・・

なんか・・手を・・かけてあげ・・られなかったのに・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
ま、しっかり・・育ってはくれているんです、そらに・・それなりに・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

でもなんか、これから・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

なんか・・(相談者)

ほんとに、ちゃんと、育ってくれるのかなぁ?・・みたいな・・(相談者)

すごい・・(相談者)

漠然とした、不安なんですけども・・(相談者)

じゃ、心配なのは、下のお子さんですねぇ?(柴田理恵)

下の子も、そうなんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

上・・の子は・・明るい・・過ぎるほど、はじゃぐんですねぇ・・(相談者)

ほんとに正反対で・・(相談者)

あぁぁ・・(柴田理恵)
だから、それも何か、何か、寂しさとかあるんじゃないかとか・・いろいろ、考えちゃうんですけど・・(相談者)

うーーん・・(相談者)

・・

もちろん、お母さんとしては・・(柴田理恵)

・・

娘さん・・(柴田理恵)

好きですよね?(柴田理恵)

はい。(相談者)

・・

じゃあその、明る過ぎるなぁ・・とか・・(柴田理恵)

ちょっとこの子は・・(柴田理恵)

暗くて、あんまりしゃべらないなぁ・・みたいなのは・・(柴田理恵)

なにかしてあげてたりするんですか?(柴田理恵)

・・

そう・・です・・ねぇ・・(相談者)

えっと、夕飯・・(相談者)

は、ちょっと遅いんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
一緒に食べておりまして・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
その時に・・もう・・(相談者)

・・

・・

爆弾の・・ように・・(相談者)

話されます。(相談者)

ま・・(相談者)

あ、そう?(柴田理恵)

はい。(相談者)
で、娘・・ぅ・・(柴田理恵)

上の娘さん・・お姉ちゃん?(柴田理恵)

両方・・(相談者)

です。(相談者)
両方から?(柴田理恵)
そうですね・・(相談者)

で・・(相談者)
たくさんしゃべってくるんですか?(柴田理恵)

そうなんです、だから・・(相談者)
ウン・・(柴田理恵)
そこでちょっと、喧嘩とかになって・・(相談者)

「今、わたしが話してるんだから、ちょっと待っててよ」みたいな。(相談者)

・・

ああぁぁ・・(柴田理恵)

いっぱい、お母さんと、しゃべりたいんだ。(柴田理恵)

・・

二人とも。(柴田理恵)

・・

そう・・なんですねぇ・・今日、あったことを・・(相談者)

話したくて、話したくて、二人とも・・(相談者)

・・

え・・それってでも・・(柴田理恵)

いいことじゃないんですか?(柴田理恵)

・・

そうですねぇ・・はい。(相談者)

だって、そうですよ・・お母さんに、話したいんだもん。(柴田理恵)

はぁい。(相談者)

甘えたいんじゃないのかなぁ・・(柴田理恵)

・・

じゃあ・・(柴田理恵)

・・

とりあえず、じゃあ、今日の・・(柴田理恵)

ご相談としては・・(柴田理恵)

はい。(相談者)

そのぅ・・(柴田理恵)

今・・離婚なさって、お一人で、子育てなさってて・・(柴田理恵)

はい。(相談者)

そのぅ・・お嬢さん二人と・・(柴田理恵)

どうやって・・(柴田理恵)

関わってったらいいか・・っていう、ご相談でよろしいですか?(柴田理恵)

はい。(相談者)

はい・・(柴田理恵)

じゃあ・・え・・先生に聞いてみましょう。(柴田理恵)

今日の回答者の先生は、心についてのエッセイストとしてお馴染みの・・(柴田理恵)

マドモアゼル愛先生です。(柴田理恵)
はい。(マドモアゼル愛)
先生、お願いします。(柴田理恵)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.