テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

高橋龍太郎アドバイス

はじめまして、高橋です。(高橋龍太郎)
あ・・よろしくお願いします。(相談者)

なぜ、引っ張り回されるのか

あの・・(高橋龍太郎)

あなたは・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)

・・・

さっきから聞いてると。(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
100%、正しい事を、言ってるわけ。(高橋龍太郎)

全然、間違ってないのよ。(高橋龍太郎)

・・・

ぁ、そうなんですね(泣いた?)?(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
・・
それなのに・・(高橋龍太郎)

なんでお母さんに、引っ張り回されるの?(高橋龍太郎)

ズズッ(鼻をすする)・・(相談者)

そうですよねぇ・・(相談者)
・・
だって、正しい・・人が、正しい・・考えでいて・・(高橋龍太郎)
・・
悪い人とは言わないけど、間違った考えの人が、間違った考えを、あなたの前で、披歴したからといって・・(高橋龍太郎)

・・・

はい。(相談者)
なんで、そんなに引っ張り回されちゃうわけ?(高橋龍太郎)

ん、ん・・

・・ぁぁ・・

もし、引っ張り回されるとすれば・・(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)

あなたの考え方の中に・・(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)

どこか、お母さんの考えは・・(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)

正しいんじゃないか・・って思ってしまうところがあるから、そんなに引っ張り回されちゃうんじゃないの?(高橋龍太郎)

・・・

はぁぁぁ・・(相談者)

もし・・(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)

自分が、100%正しいと思ったら、いくらお母さんと言えど・・(高橋龍太郎)
・・
はい(涙声)。(相談者)

間違ってることは、全然、気にもなんないじゃない。(高橋龍太郎)

もしくは・・「お母さん、それは間違ってるよ」って言って、その話しは、チャンチャンで、終わりじゃないの?(高橋龍太郎)

・・ぁぁ・・(相談者)

・・はぁ・・(相談者)

変えられないなら無視

子供っていうのは・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
残念ながらね、ま、そうはいかない事情も、よくわかるの。(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)
子供って、凄く、自己承認欲求が強いでしょう。(高橋龍太郎)
兄弟二人いたら・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
お姉ちゃんより、自分の方が、こういうところはいいよと・・そういうのは、お母さんに、認めてもらいたいな・・って、いう思いが・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
どっかに、あるんだけど・・(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)

「お姉ちゃんは、一から十まで、あなたより上よね」って言われたら、妹は立つ瀬がないから・・(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)
そうやって、育てられれば・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
自己承認欲求は、全然、認めてもらえない・・ま、お父さんが、かろうじて、たぶん、あなたの良さを、認めてくれたので・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
ねぇ、いい旦那に恵まれるような、素直な、いい人に、なったんだと思うけれど。(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
それでも・・(高橋龍太郎)

あなたが言ってることを、さっきから聞いてると。(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
100%、正しいよ。(高橋龍太郎)

・・・

それだったらば・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
間違った、お母さんの言う事に、一歩も譲らず・・(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)
影響を受けない・・(高橋龍太郎)

っていう選択を、あなたが・・(高橋龍太郎)

するべきだと思う。(高橋龍太郎)
・・
は、はい。(相談者)

人生のって言うと、あまりにも大袈裟だけど。(高橋龍太郎)

生きる上で、一番大事なことは・・
・・
はい。(相談者)

変えられる物は、変えていく。(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)

変えられない物は、無視する。(高橋龍太郎)

あるいは、遠ざける。(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)
この、2つなんですよ。(高橋龍太郎)

・・・

はぁい。(相談者)
ねぇ、だから、お母さん今、あなたが、そう言ったじゃない。(高橋龍太郎)

お母さんは、変わらないって。(高橋龍太郎)
変えられないって。(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)

そうしたら、変えられないんだったら、無視しなきゃ。(高橋龍太郎)

・・・

は・・い・・(相談者)
あるいは、引っ張り回されないようにしないと。(高橋龍太郎)

・・・

なぜ、今更傷つくのか

はい。(相談者)

ねえ。(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)
あなたの、ご次男は・・お母さんが・・(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)
不器用で・・(高橋龍太郎)

え・・少し・・(高橋龍太郎)

ぇ・・な、なんて言ったんだっけ?(高橋龍太郎)
・・
あのぅ・・(相談者)
出来が悪いって・・(高橋龍太郎)
出来ない子・・はい。(相談者)
出来ない子・・って、言って・・(高橋龍太郎)

今は、どんなふうに育ったの?(高橋龍太郎)

今は、もう・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

あの、友達が多くて・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

優しくて?(高橋龍太郎)
あのぅ・・はぁい。(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

一番・・器が・・けっこう・・(相談者)
大きい人・・・おっきい方に、なったの?(高橋龍太郎)
あの、大きいです・・はい。(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

だったら、お母さんの言うことは、まったく間違ってた・・でしょう?(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)
イジメられるどころか・・(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)
友達も多い・・(高橋龍太郎)

・・・

ねえ。(高橋龍太郎)
・・
そうですねぇ。(相談者)
器の大きな子に、育ったわけじゃないの。(高橋龍太郎)

で、あなたが言ってることが、100%、正しかった。(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)

だったとしたら、今・・なんでそんなに、お母さんの言うことを・・今さらながら、傷ついて・・(高橋龍太郎)

はぁい。(相談者)
しゃべらなきゃなんないほど、傷ついちゃうのかなぁ?(高橋龍太郎)

・・・

・・ぁぁぁ・・(相談者)

認める事と愛してる事は別

自分の中で・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

母が・・(相談者)

怖いという気持ちが・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

好きなんですけど・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
すごく・・怖いっていう気持ちが・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

あって・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

・・ぅぅぅ・・(泣いてます)

母・・ずっと・・(相談者)

勤めていたので・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
たしかに・・凄く、忙しかったと思います。(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

・・ぅぅぅ・・

定年まで勤めたのは凄いと・・わたしも、思うんです。(相談者)
うん・・うん、うん。(高橋龍太郎)

・・ぅぅぅ・・

なんですけど・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

やはり、子供の時とかに、なにか、言い返したいという気持ちがあっても・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

すぐに言葉にできないわたしが・・いて・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

・・ぅぅぅ・・

そうすると・・やっぱり・・(相談者)

すぐ・・言えないことを・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

また、叱られて・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
・・
うん・・(高橋龍太郎)

そうだね。(高橋龍太郎)
こういう・・(相談者)

だから、お母さんは・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
あなた方を、育てたっていうことが・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)

一方にあって・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
そういう・・働くお母さんのことを、あなたは・・(高橋龍太郎)

はぁい・・(相談者)
一方で、認めて・・きたわけだよね。(高橋龍太郎)

まあ、愛したいって言うんだから。(高橋龍太郎)
はぁい・・(相談者)
ほんとにそうだと思う、だから・・その気持ちが・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
お母さんの・・言うことを、受け入れなきゃいけない・・っていう気持ちに、どっかですり替わっちゃってるから・・(高橋龍太郎)

はぁい・・(相談者)
間違った意見でも、自分で・・それこそ、傷ついちゃうような選択に・・してしまっているわけだよ。(高橋龍太郎)

あぁぁぁ・・(相談者)

ね、でもそれは、お母さんの意見を認めることは、お母さんを愛してるってこととは、全然、別のことなの。(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)

でしょう?(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)
お母さんの、生き方は認めるけど、お母さんの言ってることは、間違ってるっていうことは、たくさんあるよ。(高橋龍太郎)
特に、お母さんは・・(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)

そんなに一生懸命、働いてたら・・(高橋龍太郎)

あんまり余裕もなくて・・(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)
あんまり、手間のかかんないような・・単に、表面的に、いい子のことを・・(高橋龍太郎)

表面的・・だけど・・あの、評価するっていうような・・ま、会社の人事評価みたいなことを・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
子供達にたぶん、やってたんだと思うね。(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
うん、だから・・それは、か・・家族の中に、ほんとは・・ぃ、いち・・一番持ちこんじゃいけない原理だよね、競争原理みたいなもの。(高橋龍太郎)

ぁぁ・・はい。(相談者)
家族の中には、持ちこんじゃいけない、競争原理を、ま、たぶん、時間の余裕もないし・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)

お母さんの、キャラクターもあったのかもしれないけど・・(相談者)
・・
はい。(相談者)
持ちこんでしまったことで、あなたが凄く、傷ついて・・(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)
自分の承認欲求が、なかなか得られなかった。(高橋龍太郎)

はぁい・・(相談者)
ね、でも・・(高橋龍太郎)

家族の中に、競争原理を持ち込んで、子供を評価するってことは、間違いなの。(高橋龍太郎)

・・・

はぁい。(相談者)
だから・・その間違いと、お母さんへの愛情を、ごっちゃにして・・(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)
自分を、傷つける必要は、全然ない。(高橋龍太郎)

・・・

はぁい。(相談者)

ここまでの年齢になったらば・・(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)
お母さんへの愛情と・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
お母さんの批判は・・(高橋龍太郎)
・・
はい。(相談者)
切り離せるように、ならないとね。(高橋龍太郎)

・・・

そうですね。(相談者)
ねぇ。(高橋龍太郎)
はぁい。(相談者)
はい。(高橋龍太郎)

・・・

わかりました。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク