テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

坂井眞アドバイス

よろしくお願いします。(坂井眞)

はい、よろしくお願い致します。(相談者)

通帳と印鑑を再発行

一つ、この二ヶ月の間の話・・もう割と最近の話ですよねぇ?(坂井眞)
そうですね、はい、さいきん・・(相談者)
これは、そのぅ・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
1800万、おろされちゃったっていうのは、なんでわかったんですか?(坂井眞)

金融機関の方へ、行って・・母の通帳のほうからね。(相談者)
はぁい。(坂井眞)
あの、必要な分のお金を引き落とそうと思ったところ・・(相談者)
ハイ。(坂井眞)

金融機関の方で・・「通帳、新しいものになってますから」ってこと、言われちゃったんですよ。(相談者)

ぁぁ・・(坂井眞)
それで発覚したんです。(相談者)

要するに、あの、最初のお話だと、あなたは通帳、管理してたんだけれども。(坂井眞)
そうなんです、はい。(相談者)
もともと。(坂井眞)

ええ。(相談者)
でぇ・・だからそんな、こんなことが起きるとは、夢にも思ってなかったのに・・(坂井眞)
もちろん、もちろん。(相談者)

あなたから見ると、叔母さんね、お母さんの妹さんが・・(坂井眞)
そう、はい・・ええ。(相談者)
お母さんを、連れて行って・・(坂井眞)

はい。(相談者)
通帳と印鑑の紛失届けか何かを出して。(坂井眞)
はい。(相談者)
あなた、もともと印鑑、管理してるんですよね?(坂井眞)
もちろんそうです、もちろん。(相談者)

だから、通帳と印鑑あれば、そんな・・あの、大丈夫だろうと思っていたら・・(坂井眞)
そりゃもちろん。(相談者)

そうですね。(相談者)
通帳と印鑑が新しくなっていたって・・こういうことですか?(坂井眞)
そうなんです。(相談者)

現金でも、500万、おろしたらしいんですよ。(相談者)

1800万の内、500万は現金?(坂井眞)

うん、というのは、1800万、現金で欲しいって、言ったそうなんです。(相談者)
はい。(坂井眞)
金融機関の方に。(相談者)

でぇ・・(相談者)

実は金融機関の方・・が・・うちの母が、グループホームに入っていることを、ちょっと・・(相談者)
うん。(坂井眞)
知ってたんですよ。(相談者)

実は。(相談者)
はい。(坂井眞)
これまでも何回も再発行、通帳してたもんですからね。(相談者)
はっ、はっ、はっ、はっ。(坂井眞)
うーん、でぇ・・(相談者)

銀行の方でも・・(相談者)

分かって・・は、いたんですが、本人も来たし・・(相談者)

ただ・・(相談者)

最後の抵抗・・って、言ったらいいのかなぁ・・(相談者)
・・
それでぇ・・(相談者)

500万だけ、じゃあ、用意しますから・・(相談者)
ウーン・・(坂井眞)

残りの、1300万は・・(相談者)

「後日、取りに来てください」・・って、言ったところ。(相談者)
はい。(坂井眞)

送金しちゃったんですよ。(相談者)

はい。(相談者)
なるほど。(坂井眞)

はぁい。(相談者)

それ、新しい通帳は、お母さんが持ってたんですか?(坂井眞)

いや、持ってないです。(相談者)

そうすっと・・(坂井眞)
あっ・・(相談者)
あなたが持ってた通帳で、「変わってますよ」と言われて・・(坂井眞)

ええ・・(相談者)
それで、どうしたんですか?(坂井眞)

すぐ母を、グループホームから連れ出しまして。(相談者)
はい。(坂井眞)

改めて、再発行しました。(相談者)

あっ、またしたんだ・・(坂井眞)
でぇ、あのぅ・・そうなんです。(相談者)

でぇ・・ほぼ、もぬけの殻になってるの、そこで、分かったんです。(相談者)
でぇ、ビックリした?(坂井眞)

ビックリしました、当然、ビックリしましたよ(笑)。(相談者)

でぇ、あ・・(坂井眞)
定期で・・(相談者)
はい。(坂井眞)
1700万・・でぇ、残り・・200万弱が・・まぁ、普通・・(相談者)
うーん・・(坂井眞)
ってことで、あったやつを・・(相談者)

全部・・見事に・・(相談者)

面倒を看るための必要経費

それで・・あなたが・・あの、管理していて・・(坂井眞)
はい。(相談者)
お小遣いとか、おろしに行く時は・・(坂井眞)
うん。(相談者)
別に、あの、あなたが行っても、おろしてくれてました?(坂井眞)

できまし・・ええ。(相談者)
ホントだったら・・代理人としてやるか・・ご本人のサインがあって・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
お使いで行くか、どっちかじゃないですか?(坂井眞)

ああ、はぁい。(相談者)
でぇ、そういうのは別にあの、お子さんだからってことで、やってもらってたんですか?(坂井眞)

ま、そう・・ですねぇ・・(相談者)
うん。(坂井眞)
はいはい、ええ・・(相談者)

でぇ、ぁ・・なんで、こんな事、聞くかっていうと、そのぅ・・いつもあのぅ・・お金の出し入れをする、あなたではなくて・・(坂井眞)

うん。(相談者)
叔母さんが、本人連れてきて・・(坂井眞)

ええ。(相談者)
いきなり、1900万のところの、1800万?(坂井眞)
うん・・(相談者)
おろしてくれ・・なんて言うのは、ちょっと、尋常じゃないじゃないですか?(坂井眞)

まぁ、そうですねぇ、それは。(相談者)
そういうことは、銀行は、なんて言ってました?(坂井眞)

・・

今後の・・(相談者)

面倒を看る為の、必要経費だから・・っていう形で、おそらく、話をした・・(相談者)
それで、納得した・・って言うんだ?(坂井眞)

わかりました。(坂井眞)
・・
はぁい。(相談者)
まぁ、それは、そう聞いとくしかないですね、今んとこね。(坂井眞)

うんまぁ、そうですねぇ。(相談者)

それでぇ・・(坂井眞)
はい。(相談者)
なんとなく、どういう経緯かっていうの、ちょっと見えてきましたけれども・・(坂井眞)

うん、うん・・(相談者)
今の話・・との関係でいうとね。(坂井眞)

ぅ、それが本気かどうかは別にして・・(坂井眞)

うん。(相談者)
お姉さんですかねぇ?お姉さんが、グループホームにいるのは気の毒だから、自分が面倒を看たいと。(坂井眞)

はい。(相談者)
いうお気持ちがあって、面倒を看るのはいいけれども。(坂井眞)
はい。(相談者)

それと・・お姉さんの財産、1800万をおろすっていうのは、全然、別の話ですからね。(坂井眞)
やっぱそうですねぇ、はぁい。(相談者)
何の説得力もないわけですよ。(坂井眞)
はぁい、はぁい、はぁい、うん。(相談者)

いきなり出て来て・・(坂井眞)
はい。(相談者)
ぇ、自分が面倒を看ると言って・・(坂井眞)
はい。(相談者)
面倒を看るだけ・・(坂井眞)

なら、まだしもね。(坂井眞)
・・
はぁい。(相談者)
面倒看ないで、お金だけ持ってくっていうのは・・(坂井眞)
そうですねぇ。(相談者)
尋常な話ではないのでぇ。(坂井眞)

そうですねぇ・・(相談者)

刑事事件

あのぅ・・(坂井眞)

ウン・・(相談者)
なんか、普通だったら、もっとこう・・(坂井眞)

ウン。(相談者)
ぉ、ぉ、怒りそうなもんなんだけど、そういう、は、腹立ち感は、ないんですか?(坂井眞)

腹、立ってますよ・・(相談者)
・・
もう、毎日ストレスが・・(相談者)
うん。(坂井眞)
目一杯ですから。(相談者)
なるほど。(坂井眞)
でも・・(相談者)

あのぅ・・正直、言いまして・・(相談者)
ええ。(坂井眞)
地元の警察にも、まぁ、犯罪にならないかどうかってことで、お話は・・(相談者)

もう、あの、話、慣れたとこは、あるんですけど。(相談者)
なるほどね。(坂井眞)
ほほほほほ・・(相談者)
じゃあ、ちゃんと、警察も、行ってるんだ?(坂井眞)

行ってます。(相談者)
うん、でぇ、これは、だから刑事事件・・に、なって、おかしくない話なのでぇ・・(坂井眞)

と、思って・・は(わ)、いたんですが・・(相談者)
でぇ・・(坂井眞)

まぁ、お分かりのように・・本人がねぇ。(相談者)
・・
その、母が行って・・るもんですから・・(相談者)

えーっと、そこのご説明しますね。(坂井眞)

うん・・(相談者)
確かに、お母さんが・・財産管理に関する健全な判断能力があるんだったら・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

それは、お母さんのある意味、勝手なんですよ。(坂井眞)

はぁい。(相談者)

ああ、ああ、そうです、もちろん、そうですねぇ。(相談者)
あのぅ・・息子や娘には申し訳ないけど、わたし・・は、妹が、一番大事だと。(坂井眞)
いや、そうです・・うん、うん。(相談者)

でぇ、このお金を、あげちゃうって言われたら・・(坂井眞)

はぁい・・(相談者)
それが、その人の判断だったら、どうしようもないですよね。(坂井眞)
そうですね、はい。(相談者)

うん。(坂井眞)

だけど・・お話聞いていると・・三年前から・・もう、お医者さんにかかって・・(坂井眞)

はい。(相談者)
アルツハイマー型の・・痴呆症があるんだっていう・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
診断があるんですよねぇ? (坂井眞)
・・
はぁい。(相談者)

実は、今日・・の、話しになるんですが。(相談者)
はい。(坂井眞)

違う・・大きな、病院のところ・・の、専門の方に・・(相談者)
はぁい。(坂井眞)
まぁ・・(相談者)

改めて、診てもらったんですよ・・今の・・(相談者)
はい。(坂井眞)
母の状況を。(相談者)
はい。(坂井眞)

そうしたらばですね、あのぅ・・認知度測る、数値が・・ありますよねぇ?(相談者)
はぁい・・はぁい。(坂井眞)
長谷川式・・っていうものかね?(相談者)
はぁい。(坂井眞)
でぇ、11というふうに・・(相談者)
はい。(坂井眞)
言われたんですよ。(相談者)

でぇ、かなり・・進んでるということで。(相談者)
はぁい。(坂井眞)

はぁい、でぇ、それは・・ちょ・・あのぅ、証明というか、それは、もらってきました、今後・・(相談者)
うん・・だから、今の状態、はっきりしているのと・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
グループホーム入る前の、直前で、そういう、あのぅ、その、能力の診断というか、お医者さんの診察も、受けてらっしゃる?(坂井眞)

そうですねぇ・・はぁい。(相談者)
そうすると、そこで、医療的な記録もあるし、今の記録もあるし、三年前からの記録もあるのでぇ・・(坂井眞)

ええ・・(相談者)
でぇ・・何が言いたいかというと。(坂井眞)

ひと月半前に・・ぃ・・妹さんが・・(坂井眞)

連れだって・・(坂井眞)

金融機関に行って・・(坂井眞)

ええ。(相談者)
1800万・・おろしちゃったと。(坂井眞)

ええ。(相談者)
なん・・500万と、1300万に分けてね。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
でぇ、そこの判断能力が・・(坂井眞)
うん・・(相談者)
あったのか?っていうのが、一番、問題になるのでぇ。(坂井眞)

ええ。(相談者)
そういう能力がない人を連れて行って。(坂井眞)

財産、処分する・・ホントの意思がないのにね。(坂井眞)

うん・・(相談者)
おろさせて、もってっちゃうとしたら・・(坂井眞)
・・
それは、刑事事件ですよ・・って、話しになるわけですよ。(坂井眞)

そう・・(相談者)

なって欲しいですねぇ。(相談者)
だから・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
・・
ええ・・(相談者)
これぇ、法律問題なのでぇ・・(坂井眞)

ある程度もう、いろいろ、動いておられて、相談されてるんだろうけれども。(坂井眞)

ええ、ええ・・(相談者)
もう、これやっぱり、弁護士・・に・・(坂井眞)
うん。(相談者)
直接相談をして・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
対応をした方がいいです。(坂井眞)

例えば・・(坂井眞)

ひと月半前の話ですから・・(坂井眞)

銀行・・っていうのは、店内、当然、監視カメラ持ってますから。(坂井眞)

ええ、ええ。(相談者)
どのぐらい保管してるかにもよりますし。(坂井眞)

ええ・・(相談者)
刑事事件ってことになったら、お母さんが、どういう状態で・・(坂井眞)
うん。(相談者)
妹さんと来て、サインしてたか。(坂井眞)

とか、いろいろ問題、証拠があるかもしれないじゃないですか?(坂井眞)

ええ、ええ。(相談者)
それと、おろしちゃったお金・・も、時間が経てば、どんどん、消えてなくなる可能性があるから。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
ちゃんとあのぅ、弁護士の所に、相談に行って・・(坂井眞)
・・
法律的な対応をした方が、いいと思いますね、はい。(坂井眞)

ええ、もちろん・・(相談者)
はい。(坂井眞)
高額なのでねぇ・・でぇ・・母の為の、今後の為の、蓄えなんでぇ・・(相談者)

ええ、当然、母の為にも、頑張りたいと思います。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

  1. この相談者、なんですぐに手を打たないんでしょうか?のんびりし過ぎです。
    警察には行ったようですが、母親本人が金融機関に出向いてることから、警察の動きも鈍かったっていうことでしょうか?でもそれなら、母親が認知症で判断能力が無いことをアピールしなきゃ駄目でしょ。そうした努力を充分しなかったのは怠慢です。
    いまさらもう手遅れでしょうね。お金は回収できません。

    こんなにモタモタした理由は、母親の面倒を叔母さんに押し付けようっていう下心があったからかな?

  2. 揚げ足鶏様の言う通り、兄弟で介護盥回しにしてたんでしょうね。ここにきてもなお「叔母が見てくれたら問題無いのですが」みたいな事言っちゃてるし(笑)坂井先生が「怒るところでしょ?」と言うところで、半笑いで答えてるのが理解出来ません。
    だいたい、成年後見人になれば問題無い話なのに、兄弟でなぁなぁにした結果でしょうコレ。
    叔母のが一枚上手だったって事ですよ(苦笑)
    まあ戻って来ないでしょうね・・・しかし兄弟、誰も弁護士に聞こうとか言う人いなかったってのもねぇ。