テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年1月27日は、加藤諦三&マドモアゼル愛。娘である相談者に、なにかと依存する母。外面が良く、イイ人を演じるも、気に入らない文句は、全て娘にぶつけてきて、言うだけ言って娘の話しは聞かない。当たり前のように頼ってくる母。夫婦関係も悪く、父親へは頼らない。どうすればいいのか、わからないという相談者。

テレフォン人生相談2017年1月27日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:47歳女性 夫48歳 娘19歳 同居の義母82歳 実母75歳

加藤諦三氏の〆の言葉『本当の自分を恐れるな。失敗は恐れから生じます』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

47歳の女性から、夫は48歳、子供は1人、娘19歳。

依存心の強い母

それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)
実の・・母からの・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
依存・・依存心が強い母なので・・(相談者)

依存心が強い?(加藤諦三)

あの・・何歳ですか?・・この・・ご主人のお母さんって?(加藤諦三)
あ、えーっと、実の母なんですけど。(相談者)
あ、実の・・あなたのお母さんですか・・はいはい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

えっと・・(相談者)
え・・何歳ですか?(加藤諦三)
75歳です。(相談者)
75歳・・(加藤諦三)

その、依存心が強いっていうのは・・まあ・・具体的に言うと、例えばどんな・・ことでしょうか?(加藤諦三)

あのぅ・・わたし・・主人の母が、82歳でいるんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい・・んっと・・もう、結婚当初から、わたし・・は、あの、主人が長男なので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
同居しようと、思ってまして。(相談者)
うん。(加藤諦三)

わたしの、実の父は・・(相談者)

それは・・そうなんだし・・(相談者)

それがいいだろうということで・・賛成してくれて・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

同居も、今も・・20年間・・なりますけど、同居してるんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま・・その時・・も、母は気に入らなかったと思うんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

その後まぁ、娘も生まれましたし・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
なんとか、今までやってきまして。(相談者)

あのぅ・・お母さんが、気に入らなかったでしょうね・・っていうのは・・(加藤諦三)

表立っては反対しないけれども、あなたが推測して、お母さんは・・どうも反対だろうなぁということですか?(加藤諦三)

はい、母は・・その・・時には言わないんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

後から、なんでも・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
文句を言う人なんです。(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)

イイ母を演じる

でぇ、ま、わたしだけぇ・・でなく、父に対してもそうですし・・(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)

あのぅ・・で、後から・・(相談者)

言われて、ま、事ある毎に・・(相談者)

同居してる母の文句は・・(相談者)

わたし・・に、対して、主人とか娘には一切言わないですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

気に入らないことを、すべてわたしに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
対して、ぶつけて・・くる・・ので・・(相談者)

それで・・(加藤諦三)
まぁ、あと・・(相談者)
アレですね・・(加藤諦三)
ああ、はい・・(相談者)
あなたの、ご主人とか、あのお嬢さんとかには・・あのぅ、すごく、イイ顔する・・(加藤諦三)
そうですね、はい。(相談者)
ですね、はいはい。(加藤諦三)
外・・でも・・(相談者)

世間に対してもそうです。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

あの、すごくイイお母さんを、演じてる・・(加藤諦三)
あはっ(笑う)(相談者)
わけですね?(加藤諦三)
そうですね。(相談者)

で・・(相談者)
で、あなた・・(加藤諦三)

ええっ?!

っと、驚くほど、違った面が、あなたに・・だけは出てくると。(加藤諦三)
そうですね、はい。(相談者)
そういうことね。(加藤諦三)

無言の圧力

で、わたしも、まぁ・・(相談者)

主人と結婚して・・母から、離れて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ、わたし・・の、感情の、もう・・(相談者)

こう・・蓋が・・開いて・・しまって・・この20年間、自分なりに・・(相談者)

いろんな・・ことを・・(相談者)

ぉぉ・・経て・・20年・・(相談者)

経って、今、ここにこうしているんですけれども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・先日・・母が、手術を伴う、入院をしまして。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

でぇ、1週間入院をしたんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、1週間・・(相談者)

病院に、毎日・・(相談者)

行く、ことに・・(相談者)

なりまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)

母は・・あし・・(相談者)

た・・も・・(相談者)

来るね?って言う・・(相談者)

と・・(相談者)

まあ、それが当たり前だろうっていう顔をするので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい、あのぅ・・なんとか、1週間・・だからって、自分自身に言い聞かせて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

わたし・・の、自己満足で1週間・・(相談者)

行ったんですけれども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

その後・・何・・ヶ月か・・経ってるんですけれども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そこに、もう・・また、昔のような・・わたしに対しての、こう、依存が・・(相談者)

始まり・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、わたしとしては・・(相談者)
と、あの・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
1週間、通って・・毎日、いち・・行くのが・・終わりましたね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
その後、あなたとの接触の仕方っていうのは、どういう・・接触の仕方なんですか?(加藤諦三)

まぁ・・1週間に、1度くらい・・(相談者)
ああ、行くという・・(加藤諦三)
様子を見に・・行く形を・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あの・・(相談者)

わたしも、いけないとは思うんですけど、母のその、無意識に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

言葉・・に、出てる・・う・・裏・・が、凄く・・(相談者)

こう、無言の圧力がくるので・・(相談者)

わたしが・・(相談者)

あのぅ・・例えば・・(相談者)

なにか、違う方向、向いてるってわかると・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

母・・の、方で・・いろんな問題を・・投げかけてくるんです。(相談者)

あなたが頼り

うん。(加藤諦三)

例えば、具体的に言うと・・どんなことですか?(加藤諦三)

あのぅ、母の、姉の・・ことだったり・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

わたし・・と、母でしか、知らないような・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
事を・・(相談者)

言ってきて・・どうしようね?・・どうしたらいいかなぁ?っていう・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そういう、ボールを投げて・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
くるので、じゃあまた、今度、行った時に、話そうねって・・(相談者)

いうこと・・で・・電話は、終わるんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

うん・・(相談者)
電話が終わるって・・実際に、会った時は、どうなんですか?(加藤諦三)

実際に会った時は・・自分のこと・・(相談者)

を、全て、全部、しゃべって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

自分・・母は、満足・・して・・(相談者)

終わるっていう形。(相談者)
はあ・・そうですか・・(加藤諦三)

なので、わたしが小さい頃から・・わたしの話しを、聞いてもらった記憶がないので。(相談者)

わたし・・のことは、好きじゃないんじゃ・・ないかな?って思うときがあるんです。(相談者)
いや、違いますね。(加藤諦三)

あな・・たに、頼ってるんです。(加藤諦三)

あなたが、一番、頼りなんです。(加藤諦三)

夫婦仲は悪い

大変、その、失礼なこと・・(加藤諦三)

これからね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
聞きますけど・・(加藤諦三)

その・・お母さんと、お父さんの関係は・・(加藤諦三)

・・・

あんまり上手くいってない。(加藤諦三)
あ・・そうです・・もう、全然、上手くいって・・なかったです。(相談者)

上手くいってれば、お母さんは・・(加藤諦三)

お父さんの方に、内面を見せて・・お父さん以外の人には・・(加藤諦三)

すごい、立派な人に、なっちゃうの。(加藤諦三)
ですよ。(加藤諦三)

はい。(相談者)
ところが、お母さん、お父さん・・に、た、頼ってないから。(加藤諦三)
っていうか・・(加藤諦三)

お母さんは、お父さんに、甘えてないんで、あなたに、甘えちゃってるんですよね。(加藤諦三)

・・・

はぁぁ・・(相談者)

でぇ、あなた、一人っ子?(加藤諦三)

はい。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

あなた、優しいんだよね。(加藤諦三)

・・・

あはっ。(相談者)

で、あなたの今日の相談っていうのは、おそらく・・(加藤諦三)

どうしていいか、わからないっていうことですか?(加藤諦三)

そう・・ですね・・はい。(相談者)
今日は、スタジオにですね・・(加藤諦三)

心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしているので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク