テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年9月26日(火)は、ドリアン助川&大迫恵美子。三年前、アルツハイマーと診断された母。認知外来に付き添った兄、その場に居た相談者や妹に、一切相談することなく、認知症の母を伴い預貯金全額を口座から引き出し、自身が管理を始める。そのお金で兄はローンを、妹は子供の学資ローンを返済。それまで母の面倒をみていた相談者、一切面倒をみない兄にわからせるには?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:55歳女性 夫あり(年齢不明) 子供は独立 実兄(二歳上・他県で暮らす) 実妹(二歳下・同じ市内・離婚した) 母84歳(三年前にアルツハイマーと診断される)

もしもし・・テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)
はい・・よろしくお願いします。(相談者)
あ・・よろしくお願いします。(ドリアン助川)

今日、どんな、ご相談でしょうか?(ドリアン助川)

あっ・・あのぅ・・もう、認知症になってしまっている母・・の・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
こと・・と、まぁ、自分の兄弟に対することになるんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

お母さん、おいくつ・・ですか?(ドリアン助川)

母は、80・・(相談者)

4ですかね。(相談者)
84歳?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
あなたは?(ドリアン助川)

50・・5歳です。(相談者)
55歳・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

ご兄弟が、いらっしゃっるんですね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

二つ上の兄と・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

二つ下の妹・・(相談者)

はぁい。(ドリアン助川)

えー、今、具体的に、どういうことが、起きてるんでしょうか?(ドリアン助川)

わたしと・・妹は、まあ・・(相談者)

・・

同じ・・市内に住んでるんですけど、母親と。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

で、兄は、他県に、もう・・高校を卒業してからは・・出て行って・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)
時々、帰って来るぐらいの人だったんですね。(相談者)

でぇ・・(相談者)

そのまぁ、一番、世話をやいていたのは、わたし・・なんですけど・・(相談者)

・・

うん・・でぇ・・(相談者)

そのぅ・・わたしが、ちょっと認知・・に、なってきてるから、おかしいから・・って、言って・・まぁ、兄弟に言ってて・・(相談者)

でぇ、認知症外来に・・(相談者)

行く事にするね・・って言って・・で、三年・・ほど前に・・認知症の外来に・・(相談者)

診察に・・(相談者)

行って、アルツハイマーですね・・っていうことに、な・・って・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

で、そん時は、あの、兄も・・あのぅ・・一緒に、診察には、付き添ってくれたんですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ、まぁ・・これからの事とか・・(相談者)

次の日に・・(相談者)

相談しようか?・・とか。(相談者)

そういう、お話を、は、していたんです、その日は。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そしたらその、次の日に・・(相談者)

仕事、終わったから、電話をしたら・・(相談者)

「悪い、俺はちょっと、調子が悪くなったから・・すぐ、帰らんといかんから」・・と言って・・(相談者)

そのまま、帰ってしまったんですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
・・
でぇ・・(相談者)

で、それから・・1ヶ月ぐらいしたら・・(相談者)

あのぅ、母の、名義が全部・・引き出されてて・・(相談者)

兄が・・(相談者)

自分の名義に入れた・・っていうことが、わかったんです。(相談者)

で・・(相談者)
そのぅ・・(ドリアン助川)

えっと・・お兄さん・・に、名義変更するという・・(ドリアン助川)

これは、あのぅ、具体的には・・どういうものの名義ですか?(ドリアン助川)

あのぅ、銀行の・・預金を全て・・(相談者)
預金を全て?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
あのぅ・・不動産は、どうなんですか?(ドリアン助川)
不動産は・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
とりあえず、母の名義の・・家・・(相談者)

が、まあ・・(相談者)

あ・・って・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
そこはなにもしてないですね。(相談者)

これは・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
お兄さんとは、皆さん、相談をされてそうするってことに、決めたんですか?(ドリアン助川)
いや、それが・・されてないんですよ。(相談者)

相談なしで?(ドリアン助川)

なしで・・でぇ、一か月ぐらいしてから・・(相談者)

そのぅ、母のところに・・支払い証明みたいなのが、届・・(相談者)

きますよねぇ?(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それで、分かって・・(相談者)

どうして?・・って。(相談者)

聞こうとしても・・(相談者)

その頃、連絡が取れなかったんですよ(笑いながら)・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
ふふふ・・でぇ・・(相談者)

一か月・・以上してから・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

説明する・・って言って、来た時には・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そのぅ、全部、ここの・・に、入ってるけど、俺は、手はつけないからって、いうようなことは、言ってたんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

で、ずっと、面倒を看てきてた・・(相談者)

わたし・・にしたら・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

どうしてそれを・・か・・自己判断で勝手に・・(相談者)

するの・・・っていうのが、すごいもう、腑に落ちなくて・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
すごい喧嘩になって・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

もう、わたしは、その時点で・・(相談者)

じゃあ、わたしは母の・・あのぅ・・(相談者)

世話は・・降りるね・・って、いうことに・・(相談者)

し、しちゃったんですね、わたしは。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ・・(相談者)

それ、そうしたら、兄は、それでいい・・みたいなことを、言うんですけど・・(相談者)

・・

実際問題、無理なんですよ・・遠くにいるし。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
で、妹に、負担がかかってきて・・(相談者)

で、妹は・・(相談者)

離婚してるので・・(相談者)

あのぅ・・ま、収入・・(相談者)

稼ぎたいじゃないですか・・(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)
でも、とりあえず、まぁ、母が、こんなになってきたからっていうことで、ここ1年ぐらいは・・(相談者)

仕事、減らして・・母を・・(相談者)

を、見に行く回数、増やしてくれてたんです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
でぇ・・あのぅ、そうこうしてたら・・(相談者)

1ヶ月ほど前に・・(相談者)

ホームに入ることができたので・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

で、まぁ、それはそれで・・良かったんですけど・・(相談者)

で、そしたら・・そのぅ・・家・・が、空っぽになるじゃないですか?(相談者)
はい。(ドリアン助川)

で、その空っぽになった家を、そのままにしておいては・・(相談者)

不潔だし・・と思って・・(相談者)

一生懸命、わたしは、掃除して、片付けをしたんですけど・・(相談者)

で、その家を・・(相談者)

妹に、お前が、住めばいいじゃないか・・っていうことを、今度は言い出して・・(相談者)

言い出して・・っていうのは、誰が?(ドリアン助川)
兄が・・はぁ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ・・(相談者)

じゃあ・・それもそれで、いいんですけど・・(相談者)

自分はじゃあ、なにをするの?・・っていうのを・・(相談者)

また、わたしは、すごい・・(相談者)

ガーンと、怒ってしまったんですけど・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

・・

そう・・でぇ・・(相談者)
そういう状態だということなんですねぇ?(ドリアン助川)
そうなんですねぇ。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

えーっと、そのぅ・・アルツハイマーだよと、診察、初めて受けた時に、お兄さんも、いらっしゃったわけですよね?(ドリアン助川)
その時は、はい、一緒に居た・・(相談者)
で、その後の、その連絡が、とれない・・ぃ・・時間において・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

名義が、変わったけですよねぇ?(ドリアン助川)
そうですねぇ・・(相談者)
これは・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
つまり、お兄さんと・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
お母さんとの間で、話し合いが、あったんでしょうか?(ドリアン助川)

まぁそう、本人は、そう言っております。(相談者)
そうじゃないと、ちょっと、難しいですもんねぇ。(ドリアン助川)
そうそうそう、だから・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
本人を連れて行かないと・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
今は・・(相談者)

おろせないと思うんですよ。(相談者)
そうですよねぇ。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

でぇ、そのことを、あなたと妹さんは、知らなかったってことなんですね?(ドリアン助川)
その、行動は、知らなかったんです。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

管理はしないといけないね・・っとは言いましたよ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

でも、そのまさか・・そういうふうに、するとは・・(相談者)

ぉ、思わなくて・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

家、片付けしたりとか・・整理したりとか・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

で、そういう・・労力・・を、使ってるのは、わたし・・っていうのが・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
自分の中に、あるから・・(相談者)
なるほど。(ドリアン助川)

すごく、悔しくて・・(相談者)

ふ・・すごい不愉快で・・(相談者)

お兄さん、ご家族、いらっしゃるんですよね?(ドリアン助川)

ああ・・はい。(相談者)
・・
でも、まあ・・奥さんと二人・・で・・(相談者)
・・
まぁ、子供は、出て行ってるかと思います。(相談者)
あ、そうなんですか?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
あなたは?(ドリアン助川)

わたしも、夫と二人で、子供はみんな・・独立しています。(相談者)
もう、独立して?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

ということは、その・・(相談者)

今・・差し迫って・・(ドリアン助川)

え・・お金、ピンチだとか、そういうことは、ないわけですね?(ドリアン助川)
わたしはそうですねぇ。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
でもなんか、すごい、悔しいのと・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

そんなこと、いいの?・・っていうのと・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

あのね・・(ドリアン助川)

えっと・・じゃあ、具体的に・・どうしたいか?・・って話しになるんですけども・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

どうしたいんですか?(ドリアン助川)

・・

うーん・・兄・・に・・(相談者)

わからせる方法って、あるんでしょうか?・・っていうことですかね。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

こう、ね、認めてもらえれば・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
やってきたことなり・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
そういう・・(相談者)

は、結局、それが、お金だけのことに、なってしまうなら・・(相談者)

ある程度は・・兄も、自分のローンを、そのお金で返したって言ってて・・(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)
妹は、妹で・・子供の学資ローンを返したって言ってて・・(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
で、そういう部分が、やっぱり・・(相談者)

自分の中には、不愉快なんですかねぇ・・(相談者)
ああ、やはりその、お金の部分っていうのがねぇ。(ドリアン助川)
そうですねぇ・・(相談者)
うん、じゃあ、どういう方法が、ベストなのか?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
今日の、先生に相談して・・みましょう。(ドリアン助川)
・・
はい・・すみません。(相談者)
弁護士の、大迫恵美子先生です。(ドリアン助川)
あっ・・はい。(相談者)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク