やる気が出ない主婦

テレフォン人生相談
%e3%82%84%e3%82%8b%e6%b0%97

テレフォン人生相談2016年9月15日は、今井通子&高橋龍太郎。まるで鬱病のように、家の中の事になると何も手につかない。お風呂に入らない、昼夜逆転、寝てばかり、食べてばかり、食べた後の食器もシンクにつけてあるだけ。家は汚いが、外に出るとやる気が出て、中心的な存在になったり、物覚えも早く、明るく、人間関係を築くのも問題がない。なんとかして治したいという相談に、高橋龍太郎は、自分を認めてもらいたい承認欲求が強いと指摘。

テレフォン人生相談2016年9月15日(木)
パーソナリティ:今井通子
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:48歳女性 夫52歳(会社員・5年前から単身赴任) 結婚21年目 息子17歳 二人暮らし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

48歳の女性から、自分の日々の生活についての相談。

何も手につかない

えっと、家に居ると、何も手につかなくって・・(相談者)
はい・・(今井通子)
その、状態がちょっと、長らく続いていて・・(相談者)
はい・・(今井通子)

あの、この状態を、あの・・早く抜け出したいと思っての、ご相談なんですけれども・・(相談者)

はい、あなたは、おいくつですか?(今井通子)
はい、えっと、48歳です。(相談者)
48歳・・お一人ですか?・・それとも、ごし・・(今井通子)
あ、結婚・・はい・・は、してます・・はい・・(相談者)
結婚してらっしゃる・・ご主人は、おいくつ?(今井通子)
52歳です。(相談者)
52歳・・お子さんは?(今井通子)
あ、17歳です・・(相談者)
お一人?(今井通子)
はい・・男の子です。(相談者)
はい・・(今井通子)

で、現在、ご主人は、あの、自営か会社にお勤めか?(今井通子)
あ・・はい・・会社であの、単身赴任です。(相談者)
ああ・・じゃあ、いらっしゃらないのね?(今井通子)
そうです。(相談者)
はい・・(今井通子)

で、17歳のお子さんは・・お家にいらっしゃいますね?(今井通子)
はい、二人暮らしです。(相談者)
あ、お二人で、暮らしてらっしゃる?(今井通子)
はい・・(相談者)

で、えー、そうすると、あなたは、専業主婦?(今井通子)
あ、あの、たまに、短期のアルバイトをしたりとか・・(相談者)
はい・・(今井通子)
家に居たりの繰り返しです。(相談者)
なるほど。(今井通子)

外では積極的

で、あの・・さっき仰ったのは、家に居ると・・(今井通子)
はい・・(相談者)
何も手につかず・・(今井通子)
はい・・(相談者)

っておっしゃるってことは・・(今井通子)
あっ・・(相談者)
アルバイトに出ている時は、普通に・・(今井通子)
あっ・・もうそれがあの、ギャップが、激しくって・・(相談者)
はい・・(今井通子)

外に出てる、仕事してる時ですとか・・(相談者)
はい・・(今井通子)
子供の学校の、お仕事ですとかは・・(相談者)
はい・・(今井通子)

もの凄く積極的にできて・・(相談者)
はい・・(今井通子)
ま、どちらかというと、こう中心みたいな感じになれるんですね。(相談者)
はい・・(今井通子)

で、仕事も、あの・・みんなから早い・・覚えも早いと言われて、その時では、ホントに明るく、人間関係もちゃんと築けて、普通なんですけれども・・(相談者)
はい・・(今井通子)

あの、短期のアルバイトが終わったりして、こうやって家に居ると、もう途端に、ちょっと鬱っぽくなってしまって、なんにも手につかなくなって・・(相談者)
はい・・(今井通子)

それが、異常なんですね。(相談者)

鬱っぽく、異常な日常

その、ご自身で、鬱っぽくなってっておっしゃるのは・・(今井通子)
はい・・(相談者)

なんか、症状があるんですか?(今井通子)
はい・・(相談者)
今、なにも手につかないっていうのは、わかりましたけれど・・(今井通子)

という・・はい・・のは例えば、もう全然お風呂にも入らない・・(相談者)
うん・・(今井通子)
あと、昼夜逆転・・(相談者)
うん・・(今井通子)

あと・・食べてばっかりですね・・(相談者)

あと、寝てばかり・・(相談者)
うん・・(今井通子)
という状態で、もう居るとこ汚くなってしまって、もうこれは、異常な状態なんですね。(相談者)

それ、いつ頃から?(今井通子)
10年ぐらい、これを続けています。(相談者)

ご主人は、単身赴任は、何年前から?(今井通子)
あ、5年前からです。(相談者)
5年前から?(今井通子)
はい・・(相談者)

その、ご主人がいらした5年間も・・(今井通子)
はい・・(相談者)
やっぱり、同じように・・(今井通子)

あ・・まあ、お茶碗とかも、ずっとつけっぱなし・・あの、洗わずにつ・・シンクにつけっぱなしだったりとか・・家が汚かったりは、もうずーっと、ありました。(相談者)

外に出ると頑張れる自分

ご主人、何もおっしゃらなかったの?(今井通子)
いや、言ってましたね、夫婦仲も・・結構悪くなってしまって・・(相談者)
はい・・(今井通子)

で、それで5年前で主人が・・単身赴任をきっかけに・・あの、短期のアルバイトとかにも、行き出したんですね。(相談者)
はい・・(相談者)

で、そしたら自分もすごく、頑張れるようになって・・(相談者)
はい・・(今井通子)
あの・・やっぱり自分は、外に出ることが、すごい、あの、合ってるんだなぁと、思って仕事も、きちんと覚えられて、でき・・なんでもあの、できること、自分に自信がついたんですね。(相談者)
はい・・(今井通子)

だから、外に出ることが、自分に合ってるというのは、重々わかってるんですけれども・・今あの・・家に居てしまうと、またこのような状態に、ぶり返してしまって・・も、本当に異常だなぁと、思ってしまうんですね。(相談者)
うーん・・(今井通子)

両親の離婚で12歳から家事をする

ご結婚、何年目?(今井通子)
あ、えっと、21年目です。(相談者)
21年目・・でもう、お子さん17歳だから、じゃあご結婚して、3年ぐらいでもう、子育て始まったわけですよね?(今井通子)
そうです。(相談者)

で、そうすると、その時に、子育てですとか、家事一般ですとか・・(今井通子)
はい・・はい、はい・・(相談者)
えー、あと、買い物に行ったりも含めて・・(今井通子)
はいはい・・はい・・(相談者)

その・・それは・・お子さんを、育てる間は、してらした?(今井通子)
はい、もう・・とにかく、自分で言うのもなんですけど、教育熱心で・・(相談者)
はい・・(今井通子)

もう・・希望の学校に入れようと思って、もう、とにかく必死で、今も、そういうことに関しては、結構、必死なんですけれども・・そういうことでも、すごい力を注げるんですね。(相談者)

あの、まずご家族っていうかね・・(今井通子)
はい・・(相談者)
お父様、お母様・・(今井通子)
はい・・(相談者)

父は亡くなってます。(相談者)
はい・・(今井通子)
はい・・と、母は、あの・・はい、居ます。(相談者)
おいくつ?(今井通子)
70歳です。(相談者)
70歳・・(今井通子)

あの、ご兄弟は?(今井通子)
妹が一人います。(相談者)
はい・・(今井通子)

まず、その・・ご実家にいらした時・・(今井通子)
はい・・(相談者)

・・は、どういう、お子さんだった?(今井通子)
あ・・もう、実家はちょっと早くに、父と母が離婚してしまって・・(相談者)
はい・・(今井通子)

はい、私は父と・・あの・・私と妹で、家事をしてた感じですね。(相談者)
ああ、家事は、お子さんの時、家事やってた・・(今井通子)
そうですね・・(相談者)

それは、何歳ぐらいからですか?(今井通子)
おそらく・・12歳です・・(相談者)
あぁ・・お父様は、満足してた?(今井通子)

横暴な父

いえ、あの、父との折り合いも、あんまりこう、わる・・悪くって・・はい、あんまり良くはなかったですね・・(相談者)
それは、えっ?なんで・・(今井通子)

お、お、横暴な父だったので・・ま、母が、離婚したのが、その父のその、横暴な態度の・・(相談者)
うん・・(今井通子)
原因だったので・・(相談者)
うん・・(今井通子)
はい・・(相談者)

なるほど・・(今井通子)

私達に物を投げたりとかは、ありました、もちろん。(相談者)
で、その頃は、それでも、じゃあその・・お父さんに、お・・なんて言うのかな、追い立てられて家事をやってたの?・・それとも、家事はもう、淡々とできた?(今井通子)

淡々とまあ・・自分も食べなくてはいけなかったので・・(相談者)
うん・・(今井通子)
まあ、はい、そう、自分も、お弁当も作らないといけないし・・(相談者)
うん・・(今井通子)
というか・・仕方なくという感じですね。(相談者)
うん・・(今井通子)

この生活をなんとかしたい

で、えー、今日のご質問は、そうするとなんですか?(今井通子)
はい、この異常な、家での異常な生活は・・(相談者)
はい・・(今井通子)

あの外に働きに行ってれば、まあ、解消できると思うんですけれども・・(相談者)
はい・・(今井通子)
外に働きに出ても、家に帰れば、家は滅茶苦茶なんです。(相談者)

で、家が・・の事が、手につかなくって・・(相談者)
はい・・(今井通子)
だから、こういう・・ことも、鬱病だったら、病院に行った方が、早いと思うんですけれども・・この生活を、なんとかしたいという事です。(相談者)

なるほど、この生活を、なんとかして直したい。(今井通子)
はい、そうです。(相談者)

わかりました。今日はですね・・(今井通子)
はい・・(相談者)
精神科医の高橋龍太郎先生がいらしてますので・・(今井通子)
はい・・(相談者)
伺ってみたいと思います。(今井通子)
はぁい。(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

【おすすめ記事】



高橋龍太郎アドバイス

はじめまして、高橋です。(高橋龍太郎)
お願い致します。(相談者)

目標のない家事に興味はない

ご主人はどんな・・ご主人なの?(高橋龍太郎)
あ、芯が強くて・・(相談者)
うん・・(高橋龍太郎)

真面目で・・(相談者)
うん・・(高橋龍太郎)
あの、口数が少ない・・(相談者)
うん・・(高橋龍太郎)
感じですね。(相談者)
うん・・(高橋龍太郎)

そうするとね・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

やっぱり・・あの・・ま、仕事に限らず・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
何等かの・・目標が、あると・・(高橋龍太郎)
はい・・はぁぁ・・あぁ・・(相談者)
凄く、わかりやすく元気になるんだけれど・・(高橋龍太郎)
そうですね、はい・・(相談者)
あん・・(高橋龍太郎)

そういう・・日々、ほぼ同じようなことをやっているという事については・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

まあ、あんまり興味がないという・・価値観がもう、あなたの中に棲みついていて・・(高橋龍太郎)
ああ・・はああ・・(相談者)

ま、その背景はたぶん・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
その・・12歳の頃から・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

ま、えー、お父さんとしてはちょっと・・問題のある、お父さんの・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
家事労働やなんかをやりながら・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

どこか・・その、家事そのものについて・・(高橋龍太郎)
はぃ・・(相談者)
否定的な気持が・・(高橋龍太郎)
あぁ・・(相談者)

あなたの中に・・少しずつ芽生えていって・・(高橋龍太郎)
はい・・ああ・・はい・・(相談者)

いざ、仕事やってみると、楽しかった・・(高橋龍太郎)
はいはい・・(相談者)
それで今度、家に入って・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

専業主婦、どういうつもりで、そう思ったか知らないけれど・・(高橋龍太郎)
はいはい・・(相談者)
やってみると・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

ま、主婦業というよりも・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
お受験やなんかで、目標のあるものにキラキラ・・(高橋龍太郎)
はい・・ああ・・(相談者)
前進するのは、凄く楽しいっていう、家庭の中にありながらもね・・(高橋龍太郎)
はい、はい・・はい・・(相談者)

そうすると今度、もうそれがなくなっちゃうと・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
あなたの中にも・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

結局、家事と言っても、息子が上手く、受験が成功するようにっていうつもりで、一生懸命、家事やってきたので・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

目標が、もう、ない家事は、あんまりもう、意味がなくなちゃってるんですね、あなたに・・(高橋龍太郎)
はあ・・ああ、ああ・・(相談者)

そいで、まして、息子さんが、あなたに頼って、受験をって言えば、少しは燃えるかもしれないけど・・(高橋龍太郎)
はぁ・・(相談者)

ま、息子はもちろんね・・(高橋龍太郎)
そうですね、はい・・(相談者)
お母さんに頼って、受験する・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
年齢でもないし・・(高橋龍太郎)
はい、そうです。(相談者)

そうすると、あなたの中に・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
燃えるものはもう、全然見当たらないので・・(高橋龍太郎)
はあぁ・・(相談者)

えー、今さら家事に、生きがいを見出してって言ってみても、しょうがないし(笑いながら)・・(高橋龍太郎)
ああ、ああ・・(相談者)
う、うん・・(高橋龍太郎)
そうですか・・(相談者)

逆に言えば、最低限の事をやって・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
じゃあ、自分がどこに、次の・・何等かの‥生きがいは、見出していかなければ、人生はつまんないからね。(高橋龍太郎)
はい・・はい、はい・・(相談者)

なんか、燃えるものを・・(高橋龍太郎)
はああ・・(相談者)
外に出て行く仕事に、見つけ出してもいいし・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

趣味でもいいし・・(高橋龍太郎)
はあ・・(相談者)
なんか、目標が見えるようなものを、見つけ出さない限りは・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

今の状態が、続くと思いますよ。(高橋龍太郎)
はああ・・(相談者)

誰からも承認されない自分

結局・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

要するに、えー・・お母さんもいなくなっちゃったし、お父さんはなんとなく・・支配的かつ・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
暴力的な・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
お父さんだから・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

あなた自身が・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
あなた自身として、完全に祝福されたっていう思いがないままに、育ってきてるので・・(高橋龍太郎)
ああぁ・・・(相談者)

まあ、理想を言えば、親御さんが・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
えー、やってること全てに、こう、凄く肯定的な評価を下していて・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

もう、生きてることそのものが・・もう、素晴らしいよっていうような、育ち方をした子供は、何をやっても、もちろん明るく・・(高橋龍太郎)
はあ・・(相談者)

充実して生きてられるんだけど・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
あなたの場合は、それが凄く、希薄なので・・(高橋龍太郎)
はあ・・そうです・・(相談者)
うん・・(高橋龍太郎)

目標・・・見つけて・・何か達成する時、非常にわかりやすいから・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
生きる充実があるんだけれど・・(高橋龍太郎)
はい、はい・・(相談者)

素のままの自分は・・誰からも、承認されない自分なんだっていう意識が、どっかにあるのね。(高橋龍太郎)
あります・・(相談者)

だから、ポツンと家に居ると、なんにも、し・・してもしなくても、誰も認めてくれわけでもないし・・(高橋龍太郎)
はい・・はい・・(相談者)
っていう気持ちで・・(高橋龍太郎)
はいはい・・(相談者)
何もやんないの。(高橋龍太郎)
はああ・・・(相談者)

自分を駆り立てる目標

だから、自分を駆り立てる目標を作って・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
生きてくってことが・・(高橋龍太郎)

あの、一番大事なことだと思うよ、これからは・・(高橋龍太郎)
あぁ・・はぁ・・(相談者)

とにかく、生きるエネルギーを駆り立てる・・目標を、自分の傍に置いとかないと・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

自分が、承認されないって気持ちが強い人だっていうことに、なります。(高橋龍太郎)
ああ・・はあぁ・・よくわかりました、はい・・(相談者)
ま、家事では、承認されないってことだよね。(高橋龍太郎)
そう、そうですね、はい・・(相談者)

まあ、要するに・・ご主人が凄くおだてて、お前の料理は、もう世界一だとか、なんとか言ってたら・・(高橋龍太郎)
うふふふ・・(相談者)

もしかしたら(笑いながら)、家事でも・・(高橋龍太郎)
うふふふ・・(相談者)
「お前の掃除の仕方は、信じられないくらい上手だ」「本でも書けば」って言ったりしたら・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

あなたの家事も・・家事力も、燃え上がったかもしれない・・まあ、大人しい・・(高橋龍太郎)
はい、何にも言わないです。(相談者)

まあ、まあ、何にも言わない、ご主人だから・・(高橋龍太郎)
はい・・はい。(相談者)
家事についても・・(高橋龍太郎)

要するに、承認欲求には・・(高橋龍太郎)
あああ・・(相談者)
がっ・・うん、合致しないので、今、みたいな状態になってしまってるって事だね。(高橋龍太郎)

そうですね・・みんなから認められるのが、やっぱり、意欲が出るっていうのも・・(相談者)
・・事なんですね。(高橋龍太郎)
自分でも感じてます。(相談者)

うーん・・だから、それを見つけてくってことが、大事だと思いますよ。(高橋龍太郎)
はあ・・(相談者)
どっちにしても、もう大学生になったら、今よりも更に・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

お家に息子さんはいないし・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

ご主人は、単身赴任の上、仲悪いとなると・・(高橋龍太郎)
はははは・・(相談者)
自分が、自分で・・(高橋龍太郎)
ふははははは・・(相談者)
目標を、どっか作っていかないと・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

もう、内側に、内側に・・(高橋龍太郎)
わかりました・・(相談者)
えー、収縮してっちゃいますから、是非そうならないように、なにか・・自分で目標、見つけてください。(高橋龍太郎)
わかりました・・ありがとうございます。(相談者)

今井通子まとめ

よろしいですか?(今井通子)
はい、よくわかりました。(相談者)

ちなみに・・(今井通子)
はい・・(相談者)
今日は、これだけやってみようとかっていう、目標をつけてもダメ?(今井通子)
あ、はあ・・(相談者)

部屋を片付けてみようとか・・(今井通子)
ああ・・そうですね・・(相談者)
でも、それを誰かが、認めてくれなきゃダメなのよ。(高橋龍太郎)
うふふ・・(相談者)
あははは・・周りがいないと・・(高橋龍太郎)

じゃあ、息子さんに、こっそりアレですね。(今井通子)
あ、息子さんに、少し、お話をしながら・・(高橋龍太郎)
きれいに・・そう・・(相談者)
ああ・・(相談者)

きれい目標・・みたいに、立てると・・(高橋龍太郎)
うん・・(今井通子)
少しは・・(高橋龍太郎)

ああ・・(相談者)
家事は・・うん、はかどるかも。(高橋龍太郎)
ああ・・そうか・・(相談者)
うん・・(高橋龍太郎)

最初に言っちゃば、いいじゃないですか。(今井通子)

今日は、ここの部屋・・掃除しようと思うのよって・・(今井通子)
ああ・・わかり・・(相談者)
綺麗になったでしょって、帰ってきたら言えば・・(今井通子)
・・じゃあ、なにか一つでも、こう、目標を見つけるということですね。(相談者)

そうですね。(今井通子)
ね。(高橋龍太郎)
わかりました、よくわかりました。(相談者)
はぁい。(今井通子)(高橋龍太郎)
はい、ありがとうございました。(相談者)
はぁい・・(高橋龍太郎)
で、もう一つ言っておくと・・(今井通子)
はい・・(相談者)
寝てばっかりいると、ずーっと、寝てても、まだ眠い自分になっちゃうから・・(今井通子)
あっ、そう・・ああ、そうそう、そうです。(相談者)
2週間ぐらい、それやっちゃうと、起きられなくなっちゃいますから・・(今井通子)
はあ、その通りです。(相談者)
そう・・(今井通子)
はい・・(相談者)
昼夜逆転しててもいいけど・・(今井通子)
はい・・(相談者)
起きるのと、寝るのは、忘れないでね。(今井通子)
うふふ・・(高橋龍太郎)
わかりました・・(相談者)
はい。(今井通子)
はい。(高橋龍太郎)
はい、お世話になりました。(相談者)
はぁい、失礼します。(今井通子)
はぁい・・(高橋龍太郎)
ありがとうございます。(相談者)
お大事に・・(高橋龍太郎)
失礼いたしまーす。(相談者)

管理人のちょっとひと言

※後ほど更新

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.