テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大原敬子アドバイス

こんにちは。(大原敬子)

あ、こんにちは、どうぞ、よろしくお願い致します。(相談者)
こちらこそ、お願い致します。(大原敬子)

はい。(相談者)
あのですね、わたし、どうしてもわからないんですよ。(大原敬子)

はい。(相談者)
あの、同世代としてね、あなたとね。(大原敬子)
はい・・はい。(相談者)
なぜかっていうと・・(大原敬子)

長男が結婚したがらない。(大原敬子)

はい。(相談者)
でも女性がいる。(大原敬子)

はい。(相談者)
これ、あなたみたいに・・(大原敬子)

ぇ・・道徳観のある人は、わたしを怒るかもしれませんけれども。(大原敬子)

はい。(相談者)
いいじゃない。(大原敬子)

息子は、結婚したくないけれども・・(大原敬子)

はぁ・・(相談者)
女性と一緒に住んでいる。(大原敬子)

はい。(相談者)
全然問題ないのよ。(大原敬子)

なぜあなた、結婚させたいのか、わからないんだけれど。(大原敬子)

・・

ねえ。(大原敬子)
ええ・・?(相談者)

結婚というのは・・(大原敬子)

はい・・(相談者)

息子の幸せですよね?(大原敬子)

はぁい。(相談者)

この息子の幸せ、この息子さんは・・まず、無責任できますよねぇ。(大原敬子)

はい、そうです。(相談者)
だって、家族、養わなくていいんですもの。(大原敬子)
はい・・はい。(相談者)

はい。(相談者)
で、独身を謳歌しながら・・(大原敬子)

はい。(相談者)
でも女性に困らず・・困らずに・・(大原敬子)

そして相手の女性は34歳。(大原敬子)

はい。(相談者)

子供がいるので女性から・・文句は言わない。(大原敬子)

はあ・・(相談者)
表面的には万々歳なんですけどね。(大原敬子)

・・

ええ?!・・でも向こうの親として、もしね・・自分の娘が・・(大原敬子)

そういう男の人と付き合ってたら、わたし・・(相談者)

そんな男の人、許せない・・って、わたしだったら思うと思うんですよ。(相談者)
うん・・そこなんです。(大原敬子)

はい。(相談者)

今・・(大原敬子)

はい。(相談者)
今日の相談の・・(大原敬子)

根底が・・(大原敬子)
はい。(相談者)
違っているのは・・(大原敬子)

はい。(相談者)
もう長男と・・(大原敬子)

同居してたらわかるんです。(大原敬子)
・・
実は。(大原敬子)
はあ・・(相談者)

ねぇ・・(大原敬子)
はい・・はい。(相談者)
でも・・連絡・・電話を、月に一回か二回、あるわけでしょう?(大原敬子)

はい。(相談者)
この関係で・・(大原敬子)

はあ・・(相談者)
あなたが・・(大原敬子)

はい。(相談者)
なぜ、この長男の・・(大原敬子)
はい。(相談者)
結婚に、出る・・(大原敬子)

出て行って・・(大原敬子)

はい。(相談者)
相手の立場を、こうだ、ああだと、今、なぜ言うかってところに・・あなたの心境の変化が、ここにあるんじゃないかと思っているんですね。(大原敬子)

今日、電話なすったのは。(大原敬子)
えっ?心境のなんですか?(相談者)
変化。(大原敬子)

変化・・はい。(相談者)
だって、今、おっしゃったでしょう・・「だって・・」・・って。(大原敬子)

向こうのお嫁さんか、親から、例えば、こう来た場合って・・(大原敬子)

トラブルようなことを言って・・話しをどんどん、どんどん・・現実にあったような話になってますよねぇ。(大原敬子)

相談内容が。(大原敬子)
はい・・はい。(相談者)

はい・・(相談者)
ないんです、なにも。(大原敬子)

はい。(相談者)
月に一回、「お母さん、お元気・・」の電話ですよねぇ。(大原敬子)

はい。(相談者)
相手と、女性と居るんだよ・・34歳でね・・って。(大原敬子)
はぁい。(相談者)

はい。(相談者)
この、女の子はねぇ・・あの、向こうの両親の実家だよ・・って。(大原敬子)
・・
話してる・・(大原敬子)

のに・・(大原敬子)

あなたがなぜ、荷造りして・・(大原敬子)

はぁ・・(相談者)
この二人を・・(大原敬子)

結婚を・・させたがるのかがわからない。(大原敬子)

・・

・・

ええ?・・普通の親って、そうじゃないですかねぇ?(相談者)

離れてるとねぇ・・(大原敬子)
・・
はぁ・・(相談者)
息子は、息子って親もいるんですよ。(大原敬子)

あははは・・(相談者)
で、ほんとにそうよ。(大原敬子)
・・
でも・・(大原敬子)
いやぁ・・(相談者)
同居となったらわかります・・同居だったら。(大原敬子)

はぁぁ・・(相談者)
どうするんだろう?・・この同じ部屋でね。(大原敬子)

お嫁さん、来る、来ないにしても、わたしの居場所がないし・・(大原敬子)

今から、自分の立場を考えましょう。(大原敬子)
・・
どうしたらいいでしょうか?・・電話でいいんですよね。(大原敬子)

ところが・・(大原敬子)

息子さんとは・・別居ですよねぇ?(大原敬子)

はい。(相談者)
でぇ・・(大原敬子)

月に、1・・回か、2回の・・連絡ですよねぇ?(大原敬子)

はい。(相談者)

・・

いやぁ・・わたしが男だったら・・(大原敬子)
ふふっ・・(相談者)
この年代でね・・(大原敬子)

今更、家庭を持つならば・・(大原敬子)

はい。(相談者)

まだ・・(大原敬子)

5・・60、70だったら、やっぱ、気になって探すかもしれませんけども・・(大原敬子)

ハイ。(相談者)
そばにいたなら・・(大原敬子)

はあ・・(相談者)

そして・・(大原敬子)

・・

・・

まぁ、自分が不便をきたしてなかったら・・(大原敬子)

・・

・・

は、はぁはぁはぁはぁ・・(相談者)
うん、でぇ、それを、お母さんに話す・・(大原敬子)

はい。(相談者)
息子さん。(大原敬子)

はい、そうです。(相談者)
ちょっと、お母さんは・・結婚しなさい、しなさいと、息子さんにおっしゃってるわけ?(大原敬子)

・・

いやぁ・・まぁ・・時々ですが・・(相談者)
これ、何回も言ってくと・・お母さん、息子さん、失っちゃうわよ。(大原敬子)

だって、電話するたんびに・・「結婚しろ」「結婚しろ」って言って、嫌になっちゃったらどうします?(大原敬子)

ソウデスネェ・・(相談者)
それでも、一番お母さん、ほんと家もなにもなかったとしたらね。(大原敬子)

はい。(相談者)
あるいは、自分の年代を考えて・・(大原敬子)

はい。(相談者)
この先・・息子、長男、ま、次男とね、三男は・・(大原敬子)
はい。(相談者)
もう、結婚しちゃって、今更、わたしは行けないと。(大原敬子)

はい。(相談者)
でも、長男がですよ、これ・・悪く考えればですよ。(大原敬子)

はい。(相談者)
長男、まだ一人だと。(大原敬子)

はい。(相談者)
なんとか、わたしの老後を・・長男に看てもらうためには・・(大原敬子)

わたしが一肌・・ね。(大原敬子)

二人を結婚させて・・っていうのは、わからないではないですけどね。(大原敬子)

はぁ・・はい。(相談者)
あなたの位置で考えた今日・・(大原敬子)

電話しか・・(大原敬子)
はい。(相談者)
わたしには思えないんですけどね。(大原敬子)

どうですか?(大原敬子)
うーん、あ、そうですかぁ・・(相談者)
そうですよ。(大原敬子)
ええ?・・そのぅ・・(相談者)

日本のそのぅ・・なんて言うのか・・そういう秩序とか、そういうことは・・(相談者)

なくなっちゃったんですか?(大原敬子)

な、なくなる、なくならないじゃない・・くって・・この息子さんが、もうこの歳で・・(大原敬子)

はぁい・・(相談者)
・・
これはいい・・と思った時に・・母親ってのは・・(大原敬子)

ものすごいエゴイですからね・・エゴイストですからね。(大原敬子)

はい。(相談者)
ですから・・(大原敬子)

息子が幸せだったら、目を閉じちゃう・・ってやっちゃうんですよ・・目をつむっちゃうって。(大原敬子)

えっ?(相談者)
でも、あなたは、「いえ、いけません」「結婚しなさい!」って・・日本の道徳は・・って言われても・・息子さんの幸せを考えたらどうですか?(大原敬子)

ぁ、はぁ・・ぁ・・(相談者)

ふぅぅ・・(相談者)

わたしの育て方が・・その、まぁ、よく、マザコンとか言いますけども・・(相談者)

でも、ずっと・・(相談者)

うん。(大原敬子)
遠く離れてて・・(相談者)
・・
うん・・(大原敬子)

やっぱり・・(相談者)
もう、何年ぐらい離れてるの?(大原敬子)

え・・学校卒業してからだから・・26歳からだから・・(相談者)
うん、でぇ・・(大原敬子)
もう、随分前・・はい?(相談者)
年に何回か、会ってるんですか?(大原敬子)

はい・・ぇぇ、もうそれ、電話でしょっちゅう・・(相談者)
ね、一番かわいいんだ、長男が。(大原敬子)

・・

ふははははは・・(相談者)
ふははははは・・(大原敬子)
・・
違う?(大原敬子)
あっ・・可愛いっていうのか・・やっぱ、気になるのでぇ・・(相談者)
それ、わかります。(大原敬子)

病気してないかなぁ・・とか・・(相談者)
そう。(大原敬子)
風邪・・ねぇ・・(相談者)

寒くなったら・・とかっていうのは・・(相談者)
もしですよ、あなたがどうしてもね。(大原敬子)

はい。(相談者)
この長男と結婚をして欲しかったならば・・(大原敬子)

はい。(相談者)
あなたの人生経験として・・(大原敬子)

はい。(相談者)
今・・ぇ・・四十代だと元気だけども・・(大原敬子)

はい。(相談者)
五十代になって・・(大原敬子)

はい。(相談者)
体を壊した時に・・(大原敬子)

はい。(相談者)
やっぱり籍の入った・・奥さんが大事ですよってことは・・アドバイスは大事だけれども・・(大原敬子)

そうですねぇ。(相談者)
それはいいけれども・・(大原敬子)
はい。(相談者)

ただ強引に・・(大原敬子)
はい。(相談者)
・・
今、結婚しろって言うと・・(大原敬子)

やっぱ、人間っていうのは・・自分に不利な立場、言われてしまうと。(大原敬子)

そうですねぇ・・(相談者)
あ、そうか・・(大原敬子)
はい。(相談者)
その分を補って・・おかなくちゃと思うでしょう?(大原敬子)

はい、わかります、はい。(相談者)
あなたがもし、アドバイスだったら・・(大原敬子)

はい。(相談者)
病気になった時は、お母さんは、行けれないんだと。(大原敬子)

はい。(相談者)

その時には・・(大原敬子)

はい。(相談者)
あなたどうするの?・・って。(大原敬子)

はい。(相談者)
弟とか、お兄ちゃん・・いや、看てもらえないのよ・・って。(大原敬子)

はい。(相談者)
そこに居る、お嫁さんに・・なってもらった方が・・(大原敬子)

いいんではないかというアドバイスは必要ですけども。(大原敬子)

はぁ・・わかりました・・はい。(相談者)

ちょっと待ってくださいね・・加藤先生に、伺いますからね。(大原敬子)
ああ、ああ、はい。(相談者)
加藤先生。(大原敬子)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 知人のお母様が同じような感じ。そのお母様はご自分の老後の面倒とかではなく、自分が亡くなった後の事を案じている。こちらのご相談者はご自分の価値観や世間体に縛られているのかな。

  2.  種々雑多な 事に囚われないで  子は子 親は親の 心境に おなりに なられればいいのですが ご無理でしょうから ねぇ  困ったものです!
     子のことなどほっておいて ご自身 老い先短い 人生を謳歌することを お考えになった方が ずっと 幸せですね。