テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大原敬子アドバイス

こんにちは。(大原敬子)
あ、こんにちは、お願い致します。(相談者)
いえ、非常にあの、バラついているんですけども・・(大原敬子)
はい。(相談者)

まず、あなたの話しを聞いていて・・(大原敬子)
はい。(相談者)
あなたのこの、価値観・・っていうのかしらね。(大原敬子)
・・
この・・(大原敬子)

あなたの、家の中で、育った環境ってものを・・一つ、まとめます。(大原敬子)
・・
はい。(相談者)

親の期待に応えたい

あなた、親に見せる顔と・・(大原敬子)

今の自分の・・姿・・(大原敬子)

はい。(相談者)
非常に、今現在も・・親・・父親なのか、母親なのかわかりませんけども。(大原敬子)

親の期待を・・(大原敬子)

まだ、引きずっていて・・(大原敬子)

はい。(相談者)
そして、それに応えようとして・・ここまで来た感じがするんですね。(大原敬子)

あぁ・・はい、そう・・(相談者)
その一つがですね・・(大原敬子)
はい。(相談者)

足のくるぶしって、これ、今井先生、ご専門なのでね・・わたしは、データしか、言えないんですけども・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
幼児と似てるんですねぇ。(大原敬子)

非常に怒りがあって・・ストレスがあって・・(大原敬子)
・・
あぁ、はい。(相談者)
そうするとね、足のくるぶしが、もの凄い痛くなるんですね。(大原敬子)

ぁ、ストレスは・・ふっ・・結構、溜まってると思います。(相談者)

ですから・・もし専門・・(大原敬子)
はい。(相談者)
今井先生に聞いて、専門が・・いや、骨とか云々、異常ないですよ・・って、おっしゃるならば。(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
これ、ストレスだと思うんですね。(大原敬子)

あぁ、はい。(相談者)
そうすると、今現在、あなたが、何回も・・し、し・・変えたっていうことは・・(大原敬子)

もぅ、常にあなたの頭には・・ご両親しかいないんですね。(大原敬子)

ただ・・今に、今に、今に・・(大原敬子)

親の期待に・・添おうっていう、変なプライドが、あなたにお有りになるならば・・(大原敬子)

はい。(相談者)
この・・(大原敬子)

派遣を、これだけ変えた理由が、わかるんです。(大原敬子)
・・
ここまで変えて、働こうってこのエネルギーは、凄いですよね。(大原敬子)

なんとしてもっていうのは・・なんとしても・・(大原敬子)

はい。(相談者)
ご両親からの・・か、なにか期待だと、わたしは思ってるんです。(大原敬子)

承認欲求

はい。(相談者)
あなたの中に、お兄さんの中に・・両親からの・・承認の欲求がなかったんです。(大原敬子)

「君は凄い」とか、「君はね・・こう、これでもいいんだ」「元気じゃないか」とかね・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
なんでもいいです。(大原敬子)

僕そのものを、認めてくれるものがあったら・・ってことなんです。(大原敬子)

・・・

自分に対しての、こう、あのぅ・・(相談者)

あの、もともと・・(相談者)

「ぁ、あんたは、優しいんだよ」っていうことは、ぁ、あの、常に言われてましたけど。(相談者)

あのね・・承認欲求ってのはね。(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
自分が納得するものです・・例えば、わたしの場合にね。(大原敬子)

はい。(相談者)
もう、本当に見てわかる・・お成績、悪いんですよ、テストが。(大原敬子)

ぁ、はい。(相談者)
そしてね、テスト悪い点くるんです。(大原敬子)

ぁぁ、はい。(相談者)
母は、テストを見て言うんですね。(大原敬子)

はい。(相談者)
でも・・わたしを育ててくれた祖母は・・(大原敬子)

これは、テストは悪いんだと・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
悪いのは、当然だ。(大原敬子)

自分の書いた、お名前が汚い。(大原敬子)

はい。(相談者)
自分の書いた答えも汚い。(大原敬子)

はい。(相談者)
これで、いい点とれるわけないって言うとね・・わたし、納得するんです。(大原敬子)

その代わり、祖母が言ったのは・・それでも、この悪い点数を・・(大原敬子)

はい。(相談者)
出す、あなたは勇気があるって言われたんです。(大原敬子)

・・・

そうするとね・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
自分のやってる行為を認められた気持ちがあるんですね。(大原敬子)

あぁ、はい。(相談者)
・・
要するに、説得は、人間は、納得しないんです。(大原敬子)
・・
自分が、スコーンと、落ちるものです。(大原敬子)

これが、承認欲求です。(大原敬子)

「あ、それでいいんだ」って・・テストが悪っくてもね。(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
こうして、わたしは・・へ、片鱗・・ほんのちょっとのものの、わたしっていう、人間性があるところを・・見てくれている・・(大原敬子)

この祖母に・・わたしは・・(大原敬子)

・・・

愛を感じて・・生きようと思うんです。(大原敬子)

だから、あなたが、あなたであることを・・受け入れるっていうのが、承認欲求なんですよ。(大原敬子)

役に立っているのを認めて欲しい

あぁ、はい。(相談者)
今回、それを、あなたは求めていたんです。(大原敬子)

あぁ・・(相談者)
あなたは・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
承認欲求が、欲しいために・・僕、いろんな職場に行きました。(大原敬子)

・・・

だけど・・(大原敬子)
ぁぁ・・(相談者)
職場でも・・違った。(大原敬子)

両親は、何も言わない。(大原敬子)
・・
だから、りょ・・わたしは、あなたに・・対する承認欲求はですね・・(大原敬子)
はい。
認めるのはね・・(大原敬子)
・・
よく・・これだけ・・その、派遣の会社に・・(大原敬子)

はい。(相談者)
繰り返し、繰り返し行ったという・・そのエネルギーは、凄いですよね。(大原敬子)
・・
この、エネルギーをですね・・(大原敬子)

はい。(相談者)
わたしは・・大事に使って。(大原敬子)

あぁ、はい。(相談者)
これからはですね・・人がどう見るとか、云々ではなくって・・(大原敬子)
・・
ぁ、はい。(相談者)
僕が、どう生きて・・僕が・・生きがいを感じるものを・・(大原敬子)

どんな仕ご・・職業でも構わないと。(大原敬子)

はい。(相談者)
そういう気持ちになってくださったら。(大原敬子)
・・
はい。(相談者)

生き方は、変わるような気がする・・非常にね・・短い時間で・・(大原敬子)
・・
あぁ、はい。(相談者)
わたしの独善的な・・解説も入っていますけれど。(大原敬子)

わたしが、あなたに託するものはね。(大原敬子)

「認めてくれ!」ってことなんです。(大原敬子)
・・
今まで、僕は自分でね・・(大原敬子)
ぁぁ・・(相談者)

はい。(相談者)
自分・・として、生きて来なかったってことを・・(大原敬子)

自己の価値観の中できて・・なんとなく変・・なんとなくイライラする。(大原敬子)

はい。(相談者)
なんとなく虚しい。(大原敬子)

・・・

あぁ、はい。(相談者)
っていうのが・・そういう感情じゃないかと思うんですけども・・断定して、申しあげる・・そこも、どうですか?(大原敬子)

そうですね、あのぅ・・やっぱりあのぅ・・先生、おっしゃるように・・あの・・(相談者)

自分を認めてもらいたいっていう・・欲求は結構・・あ、有る方だと思います、やっぱり・・(相談者)

兄は、仕事してないんで・・(相談者)
・・
だから、自分は仕事してるし・・それなりに、あの・・給料も貰ってるから・・ズズッ・・ぁ・・役に・・は、たってる・・(相談者)
うん。(大原敬子)
るっていうのを、認めて欲しいなっていうのは・・はい、あの・・(相談者)
・・
気持ちの中にはあります、はい。(相談者)
今日は、悩んだ理由は、そこなんです。(大原敬子)

あぁ・・はい。(相談者)

ああ、僕は・・両親から・・認めて欲しいってことを・・(大原敬子)

低迷して迷いながら、迷走しながら・・生きてきたんだなって気付いたならば。(大原敬子)

先、出ますよね?(大原敬子)

ああ、はい。(相談者)

あとは、今度は、自分が大事ですから・・(大原敬子)

ああ、はい。(相談者)
自分として生きることが・・大事だと思いますけども・・今井先生に、伺ってみますね。(大原敬子)
あ、はい。(相談者)
先生、いかがでしょうか?(大原敬子)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. いちども「仕事を辞めたい」と思ったことがない人なんか、いないんじゃないでしょうか?
    でもそこで踏み止まれる人と、職を転々としてしまう人との違いってなんなんでしょうか?
    困難に立ち向かう勇気だと私は思っています。
    困難に立ち向かうことで、人は力をつけてゆくものです。
    逃げてばかりいては、いつまでたっても仕事ができる有能な人にはなれません。

  2. 私も相談者と同世代。
    学生時代がバブルってやつ。

    今まで右肩下がりしか経験してこなかったし、この歳だと上手くいって出世した人とそうでない人の差が出てきてる。
    周りの人と自分をみて、自分の不甲斐なさを感じてるんだろうな。
    相談者の気持ちは、私もわかる。
    日曜日の夕方になると、突如として湧き上がる 仕事辞めたい病。
    明日行くのが嫌で泣いた事だって数知れず。だけどみんなそれ乗り越えてきてるんだよね。

    一旦、一人暮らししてみてはどうだろうか。そんな甘えたこと言ってられないよ。電気、水道止められた経験してみたらいい。
    自分がいかに恵まれていたかわかる。〔経験者より〕

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.