テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月5日(木)は、柴田理恵&大迫恵美子。過払い金の余りが貰えるとクレジットカードの名義貸しをした相談者48歳男性。一回目は借入限度額上限の20%の配当金がもらえた為、二回目の名義貸しをするも限度額いっぱいまで引き出されて途中で返済が滞り音信不通に。当然、債務者は自分になるので借金350万を背負うことに。詐欺師からお金を取り戻し、刑事罰を受けさせたいが。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:48歳男性 結婚しているが妻子とは別居中

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

こんにちは?(柴田理恵)

あ、こんにちは。(相談者)

あの、今日は、どんなご相談ですか?(柴田理恵)

クレジットカードの、名義・・貸しを・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

したことによって・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

借金を・・抱えてしまいました。(相談者)
はあ・・(柴田理恵)

えっと・・あなたはまず、おいくつですか?(柴田理恵)

えーっと、48です。(相談者)

ご結婚なさってるんですか?(柴田理恵)
はい。(相談者)

結婚はしてますけど、今別居中ですね。(相談者)
ぁ、別居中・・はい。(柴田理恵)
はい。(相談者)

お子さんいらっしゃるんですか?(柴田理恵)

はい、います。(相談者)

お子さんも・・奥様の方に?(柴田理恵)
そうです・・はい。(相談者)
あぁ、そうですか・・(柴田理恵)

はい・・具体的にどういうことなんでしょうか?(柴田理恵)

金融会社の・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

あのぅ、クレジットカードを。(相談者)
・・
作りました。(相談者)
はい。(柴田理恵)

ま、作る・・にあたって、そのぅ・・(相談者)

借入・・上限金額まで・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

まぁ、相手が・・(相談者)

現金を引き出したんですね。(相談者)

相手って事は、その・・誰かに頼まれてですか?(柴田理恵)

あ、そうです、そうそう、そうです、はい。(相談者)
えーっと・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

そしたら、その人が・・(柴田理恵)

あのぅ・・上限まで借りたんですね?(柴田理恵)

そうです、はい。(相談者)
はいはい。(柴田理恵)

ま、その作る・・ことにあたりまして・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
そのぅ・・(相談者)

お礼として、そのぅ・・配当金みたいのを・・上限金額いっぱいの、20%をくれる・・っていうことでぇ。(相談者)
はい。(柴田理恵)
まぁ・・(相談者)

作って渡したんですよ。(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ・・最初のうちはその返済を・・(相談者)

その本人がしてたんですけど。(相談者)
うん。(柴田理恵)

途中で返済が滞ったもんですから。(相談者)
うん。

当然、債務っていうのは、わたくしの方に・・請求が来ますよねぇ?(相談者)
そうですねぇ、はい。(柴田理恵)
はい。(相談者)

まぁ、そこでぇ・・(相談者)

大ごとになりましてぇ。(相談者)

はい?(柴田理恵)
警察も行きましたけど・・(相談者)
ウン・・(柴田理恵)
なかなか警察としては、正直言って、動いてくれないんですよ。(相談者)

ふぅん、ふん・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
な・・(柴田理恵)

なんでですか?(柴田理恵)

結局その・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
名義貸しってことを・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
自分がしたじゃないですか、カードを作って相手に・・(相談者)
あっ・・はい、はい。(柴田理恵)

だもんですから、そこでぇ・・なんて言うんですか?詐欺としては、なかなか・・(相談者)

ああ・・そうに・・ああ・・(柴田理恵)
立件が出来ないと言うか。(相談者)
なるほどねぇ。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

その、抱えた借金はいくらぐらいなんですか?(柴田理恵)

はい、300・・50ですねぇ。(相談者)
ああぁぁ・・(柴田理恵)

はぁい・・(相談者)
大きいですねぇ・・(柴田理恵)

はぁい・・(相談者)
その・・相手っていうのは、友達ですか?(柴田理恵)

いや、あのぅ・・自分はそのぅ・・(相談者)

直接本人とは・・(相談者)

それまで面識がなかったんですよ。(相談者)
面識もない人に・・貸しちゃったんです・・(柴田理恵)

か・・(柴田理恵)

その本・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ちょう・・本人(張本人)と、詐欺グループっていうか、詐欺師と。(柴田理恵)

その・・間に、もう一人、自分の間に、もう一人いるんですよ、自分の知人・・っていうか。(柴田理恵)

だからその、知人・・に、頼まれてぇ。(柴田理恵)

そうです。(相談者)

その知人が・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
あのぅ・・お金・・(柴田理恵)

上限まで借りて、つか・・返さないっていう人たちと・・友達なわけですか?(柴田理恵)

知人も友達ではないんですよね。(相談者)

あのぅ・・まぁ、店をやってましてぇ。(相談者)
うん。(柴田理恵)

店主とお客の関係ですね。(相談者)
お客?(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
じゃあ、その店主に、文句、言えないんですか?(柴田理恵)

まぁ、そういう・・(相談者)

・・

こともあるんですけど・・なんて言ったらいいんですかね?・・二回やったんですね、結局。(相談者)

二回・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

名義貸しちゃったんですか?(柴田理恵)

そうです、一回目はそのぅ・・全部・・ちゃんと完済されたもんですから。(相談者)

はい。(柴田理恵)
そんでまたちょっと、間を空けましてぇ。(相談者)

ああぁぁ・・(柴田理恵)

でぇ、今度は直接そのぅ・・ま、詐欺師から連絡がありまして。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)
だもんですから・・(相談者)

じゃあ、お願いします・・ってことで、自分も、もう一回・・(相談者)

そのカードと、暗証番号を、教えてしまったってことですね。(相談者)
ああぁぁ・・(柴田理恵)
・・
はい。(相談者)
あ、暗証番号、教えちゃったんですか?(柴田理恵)
・・
はぁい。(相談者)

こういうのっていうのはどうなんでしょうかねぇ・・(柴田理恵)

今日の、ご相談は・・(柴田理恵)

お金を返して欲しいっていうことでよろしいですか?(柴田理恵)

そうですね、あと、お金と・・詐欺師に対して、刑事罰を受けてもらいたいっていうことですねぇ。(相談者)
はぁぁ・・なるほど。(柴田理恵)
おか・・ぅ、うーん・・(相談者)

わかりました。(柴田理恵)

では、今日の回答者の先生は・・(柴田理恵)

えっと、弁護士の、大迫恵美子先生です。(柴田理恵)
はい。(相談者)
先生、お願いします。(柴田理恵)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 管理人さんが示してくださっているもう一件の詐欺事件の場合、非常に巧妙に仕組まれていて、騙された方が悪いとは言い切れない要素がありました。
    それに比べ今回のこの相談では「なんでこんな怪しい話に引っ掛かったんだろう?」としか言いようが無いですね。
    表現はきついですが率直に言ってこんなのに引っ掛かるなんて馬鹿です。救いようがありません。

    馬鹿なくせに欲は深い。大欲は無欲に似たり。

  2. ちと高くつきますが、人生の授業料として割り切るしか無いですね。

    嫁さんが出てくのも
    うなずけますわ。