テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大迫恵美子アドバイス

はい、こんにちは。(大迫恵美子)
あ、こんにちは、よろしくお願いします。(相談者)
はい。(大迫恵美子)

このね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
えーっと・・二回目の・・カードを貸すときに。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

え・・その相手の人は、このお金を・・使って、何をするという話なんですか?(大迫恵美子)

いや、別に・・そこのところは・・わからないですねぇ、し・・あのぅ・・まぁ・・(相談者)

娯楽とか・・そういうことだと思うんですけど、飲食とか。(相談者)

そうするとね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あなたが・・そのぅ・・これを貸すことによってぇ。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
え・・(大迫恵美子)

借りた額の20%の、お礼をもらおうでしょう?(大迫恵美子)

そうですね、はい。(相談者)

このぅ・・20%の分の、出処(でどころ)っていうのは、どういうところなんですか?(大迫恵美子)

あっ・・(相談者)

それは・・そのぅ・・なんて言うんですかねぇ、あのぅ・・(相談者)

大手・・金融会社の・・(相談者)

その配当金・・配当金って、ゴメンなさい、過払い金って・・ありますよね、今。(相談者)

はぁい?(大迫恵美子)

その過払い金が余ってるもんですから・・(相談者)

それを・・(相談者)

まぁ・・その・・カードを作ってくれたお礼に、還元してくれるっていう話なんですよ。(相談者)

誰の・・過払い金を、還元するんですか?(大迫恵美子)

いや、それは、だもんですから・・そのぅ・・(相談者)

うん、まぁ、わ、わからないっていうか、過払い金が余ってる状態・・ってことを、言ってたんですね、その大手・・金融会社の、過払い金が・・(相談者)

その余ってて・・まぁ、言葉が・・(相談者)
あのねぇ。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あなたは過払い金って何か、わかってますか?(大迫恵美子)

過払い金っていうのは・・(相談者)

・・

借りて・・そこで・・(相談者)

余分に利子を払った分ですね。(相談者)

そうすると、過払い金をね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
返してもらう権利がある人って誰ですか?(大迫恵美子)

その借りた本人ですね。(相談者)
うん・・(大迫恵美子)

じゃあ、過払い金が余っているから、分配してあげるって言ってる人は誰なんですか?(大迫恵美子)

それは、詐欺師・・ですねぇ。(相談者)

その人が・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
昔、借りていて・・(大迫恵美子)

たくさんお金を返したのでぇ。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
過払い金を返・・してもらう権利を持っているんですよって話なんですか?(大迫恵美子)
いや、ま、ちょっと、そことは違いまして・・(相談者)

うん、そうすると誰の過払い金を、あなたは分配、受けられるんですか?(大迫恵美子)

そう・・まぁ、そういうことになるんですけど。(大迫恵美子)

そういうことになるんですけど・・って、あはっ(笑)・・要するに、話が全然荒唐無稽ですよねぇ。(大迫恵美子)

はぁ・・い。(相談者)
なんかその過払い金っていうね、今、流行の言葉なのでね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
どっかに、お金がなんか、山のように溜まってて。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
取りに来ない人のお金が、そこにあるからそれを・・分けてもらえるみたいな話に聞こえますけど。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
そんなような話なんですか?(大迫恵美子)

そうですねぇ。(相談者)

うん、それはもう全然おかしいですよねぇ。(大迫恵美子)

はぁ・・い。(相談者)
どこにも過払い金が余って、倉庫に溜まってたりしませんよ。(大迫恵美子)

・・

そうですねぇ・・(相談者)

うーん・・(相談者)

まぁねぇ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
そんな、荒唐無稽な話をしてあなたにお金を出させるんだから。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
まぁ、怪しい話をしているっと言えば・・怪しいですけど。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

あのぅ・・その人がね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
刑事罰を受けるためには、あの、詐欺したっていうことをね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
警察が、証拠で証明しなきゃいけないんですよ。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

でぇ、詐欺っていうのはね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
心の中で・・相手を騙そうと思ってた・・っていうことが、要件になってるんですよ。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

そうするとね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あなたに、カードを貸してくれって言ったときに・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
もう返さないぞと。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
返す気持ちもないし。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
そういう決意のもとに、あなたからカードを借りて、あなたの名前で・・お金を・・引き出した・・っていうことが、必要なんですけど。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

その内心の部分を証明できないんじゃないですか?(大迫恵美子)

・・

うーん・・ま、そういうことになりますかねぇ。(相談者)

あのね、そこはねぇ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
犯罪としての詐欺ってね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
とても難しいところなんですよ。(大迫恵美子)

ああぁぁ・・(相談者)
その内心の部分をね・・証明しなくちゃいけないから。(大迫恵美子)

ウーーン・・(相談者)

・・

あのぅ・・もちろん、警察もね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あなたの話を聞いただけで。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
いきなり相手の家に行ってね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
「お前、内心でこう思ってただろう」なんて言ってね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あの、警察署に連れてって。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
水責めだとかね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あのぅ・・「石を抱かせるぞ」とか、そんなことはもう、江戸時代じゃないんだから、出来ないですよ。(大迫恵美子)

はい・・(相談者)

そうすると・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
全然証拠がないじゃないですか、今の段階で。(大迫恵美子)

そうですね、はい。(相談者)

だからまず・・警察が動かないっていうのも当たり前だと思いますねぇ。(大迫恵美子)

ああ、そうですか・・(相談者)
ええ・・(大迫恵美子)
はぁ・・(相談者)

ウーーン・・(相談者)

・・

ってことは、やっぱ、本人が今・・(相談者)

行方不明っていうか、正体をくらましてる・・っていうか、どこにいるかも分からないんですけど。(相談者)

うん、あのぅ、あなたはねぇ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
その、刑事事件の話とね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
まぁ、そのぅ・・どこにいるか見つけて・・返してもらいたい・・っていうような話と。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ぅ・・混ぜて・・(大迫恵美子)

おっしゃってますけど。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あのぅ・・(大迫恵美子)

刑事事件になっても、あなたのとこにお金が返ってくるわけじゃないっていうことは分かりますか?(大迫恵美子)

・・

あっ、そうなんですか?(相談者)
そりゃそうですよ(笑)。(大迫恵美子)
けい・・じ・・刑事事件になっても・・(相談者)

刑事事件っていうのは、ただ警察がね・・(大迫恵美子)
あっ!ご、ごめんなさい、うんはぁいええ・・そうですねぇ、はい。(相談者)
ええ、悪い事した人を・・(大迫恵美子)
ぁ、おか・・お金・・(相談者)
処罰する・・話ですからね。(大迫恵美子)
はい・・あ・・(相談者)

ええ、もちろんほいでぇ・・お金のことに関しては、民事・・でぇ、裁判を起こして・・その相手に請求して、そこで、まぁ・・返済能力があれば、返してもらえるって事ですよね。(相談者)

まぁ、そうですねぇ。(大迫恵美子)

いや、はい。(相談者)
はい。(大迫恵美子)
ごめんなさい、はい。(相談者)

でぇ・・あなたの目的は、お金返して欲しいっていう話なんでしょう?(大迫恵美子)

そうです、はい。(相談者)
うん・・(大迫恵美子)

まぁ、でも、それさえも結構、難しいだろうなと思います。(大迫恵美子)

ああ、そうですか・・ウーン・・(相談者)
だってね、この人自分のクレジットカードを・・もう、作れないような人なんでしょう?(大迫恵美子)

うん、そう・・だと思いますね、はい。(相談者)
要するに・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

自分でクレジットカードも作れないぐらい・・(大迫恵美子)

何か信用に問題がある人なんですよ。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

それは、おそらく破産してると思いますよ、過去に。(大迫恵美子)

ウーーーン・・(相談者)

・・

あるいはまぁ・・破産まで行ってなくても・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
クレジットカードで事故を起こしてね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ブラックリスト載ってるか・・どっちかですよ。(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

ウーーーン・・(相談者)

だから、そういう人に・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
自分のクレジットカードを、渡すっていうことは・・ね、あの、とても危険なことですよ。(大迫恵美子)

・・

そうですね、はい。(相談者)
うん・・(大迫恵美子)

そんな20%ぐらいのね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あのぅ・・お礼で・・ぇ・・喜んじゃう・・(大迫恵美子)

なんて・・(大迫恵美子)

それでとても・・あの、割が合わないぐらい危険だと思いますよ。(大迫恵美子)

はぁ・・い。(相談者)

もう実感しました・・はい。(相談者)
まぁ、それ、後になって実感しても、困っちゃうけど。(大迫恵美子)
そうですねぇ、はい。(相談者)
うん・・それで、今の話だとね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
相手がどこにいるかも分からないんでしょう?(大迫恵美子)

そうです、はい。(相談者)

でぇ、本名は?(大迫恵美子)

大丈夫なんですか?(大迫恵美子)

ああ、わかってます、はい、わかってます。(相談者)

それが本名だって事は、確かなの?(大迫恵美子)

確かですねぇ・・はい、免許証の・・コピーも、持ってます。(相談者)

その免許証は偽造じゃないですか?(大迫恵美子)

いや、それは・・あ・・それはないと思いますけど・・(相談者)
今、免許証の偽造、とても簡単にできますよ。(大迫恵美子)

あっ、そうなんですか?(相談者)
うん・・わたしどもが・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あの、免許証をね、そのコピーが、いろいろ残ってるもの、痕辿っていくと・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あのぅ・・偽造の免許証に、当たることが、けっこうありますよ。(大迫恵美子)

ああ・・そうですか?(相談者)
ええ。(大迫恵美子)

まぁ、そのぅ・・自宅にも・・い・・(相談者)

きましたし(行きましたし)、その本人が、以前、住んでた自宅ですねぇ、マンション。(相談者)

はい。(大迫恵美子)

にも行きましたし、そのぅ・・そこには・・やっぱそのぅ、詐欺師の、その、親と、子供が・・いたもんですから。(相談者)

あっ、そうですか?(大迫恵美子)
はい。(相談者)

当時はそこに、住民票がありましたか?(大迫恵美子)

住民票までは、確認してないですけど。(相談者)

す・・住んでたっていうのは、間違いないですねぇ。(相談者)

あの、免許証の住所と、同じ住所でしたか?(大迫恵美子)
そうです、はい。(相談者)
はぁ・・(大迫恵美子)

そうすると、住民票があったわけですよ。(大迫恵美子)

ああ・・そうか、はい。(相談者)
ええ・・(大迫恵美子)
うん、はい。(相談者)
そうするとねぇ、お金を貸してるというのであればねぇ。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あのぅ・・住民票を辿ることは・・一応は出来ますけど。(大迫恵美子)

ただ、あなた、その、貸してることについて、何か書面、取ってますか?(大迫恵美子)

あ、取ってますねぇ、はい。(相談者)

うん、そうすると、それを返してもらう為にっていうことでねぇ。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あの、正当な理由があるならば・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
人の住民票を、調べることが出来るのでぇ。(大迫恵美子)

どこへ移したか・・ってことを、調べることは出来ますよ。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

あのぅ・・親御さんとか、息子さんがいた家っていうのは、今もう、誰もいない状態だってことなんですか?(大迫恵美子)

そうですね、はい。(相談者)
うん、そうすると、一家揃って移ってるってことだから・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
おそらく、住民票も移してると思いますよ。(大迫恵美子)

うん、はい・・(相談者)

そうすると、次の住所を探せば、出てくるかもしれませんよ。(大迫恵美子)

はぁぁ・・(相談者)

いや・・まず・・まずっていうか、間違いなくないですね、たぶん。(相談者)

うん・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
ま、それはそれで、しょうがないですけど。(大迫恵美子)
ぁ・・はい、はいはいはい。(相談者)

でぇ、なんの仕事をしてる人かも、知らないんですか?(大迫恵美子)

いや、もうここ・・(相談者)

7年、8年、無職ですね。(相談者)

よくカードを貸しましたねぇ・・ふっふっふっ・・(大迫恵美子)

だって、どうやって返してくれる・・って、思ってたんですか?ぁ、過払い金?(大迫恵美子)

ふふっ・・それは・・ちょっとねぇ・・どうしたらいいでしょうか(笑)?・・ふっふっ・・あのぅ、まぁ、例えば・・ねぇ、あのぅ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

これ、あなたが返さなきゃいけないっていう、部分については・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

一応、あの、あなたのカードですからね。(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
だから、あなたがこれ、どうしても返せない、どうしようもないってことだとね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

もうあなた、破産するしかないですね。(大迫恵美子)

そうですねぇ・・(相談者)
ええ。(大迫恵美子)
ま、その辺に関しましては・・(相談者)
うん。(大迫恵美子)
まぁ、あのぅ・・自分・・は、もう、全部、完済して、終わってるもんですから。(相談者)
あ、返したんですか?(大迫恵美子)
はい、はい。(相談者)
ああ・・(大迫恵美子)

じゃあまぁ、その本人から、返してもらう・・っていう、ことだけが、今、目的になってるわけですね。(大迫恵美子)

そうですね、はい。(相談者)
うん・・(大迫恵美子)

でもねぇ、わたしはねぇ、たぶんねぇ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
無理だろうなぁ・・と、思うんですよ、要するに、その人は・・いろんな人、たぶらかして・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
それで生活してたと思いますよ。(大迫恵美子)

そうですか・・(相談者)
うん・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
しかも、さっき言ったように、刑事事件としてね、捕まえてもらいたいって言っても・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
なかなかそのぅ・・証拠もないのに・・いきなり、警察が捕まえてきて、内心、どう思ってたんだって、捜査できませんのでぇ。(大迫恵美子)

結局は、泣き寝入りですか・・(相談者)

うん、それを泣き寝入りと言うならば、泣き寝入りに、なっちゃいますよねぇ。(大迫恵美子)

ああぁぁ・・(相談者)

いや、ちょっとねぇ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あの、泣き寝入りっていう、言葉は・・(大迫恵美子)
あっ・・はい。(相談者)
ちょっと他に、世の中に、泣き寝入り状態の方も、いらっしゃると思うんですけど。(大迫恵美子)
ああ、そうですか?はい。(相談者)
その人達はみんな、「一緒にしないで」・・って言うんじゃないかって思うぐらい(笑)・・(大迫恵美子)
うーん・・(柴田理恵)
軽率ですねぇ。(大迫恵美子)

ああ、そう・・わかりました(苦笑)。(相談者)
うーーん・・(大迫恵美子)
うん・・(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 管理人さんが示してくださっているもう一件の詐欺事件の場合、非常に巧妙に仕組まれていて、騙された方が悪いとは言い切れない要素がありました。
    それに比べ今回のこの相談では「なんでこんな怪しい話に引っ掛かったんだろう?」としか言いようが無いですね。
    表現はきついですが率直に言ってこんなのに引っ掛かるなんて馬鹿です。救いようがありません。

    馬鹿なくせに欲は深い。大欲は無欲に似たり。

  2. ちと高くつきますが、人生の授業料として割り切るしか無いですね。

    嫁さんが出てくのも
    うなずけますわ。