テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年3月15日(水)は、加藤諦三&最上雄基。鍼灸マッサージの仕事をしている相談者、女性の患者にお手洗いを貸したところ、急いでいたのかドアを閉めずに用を足した。その音に性的興奮を覚えてしまい、以降、若い女性にトイレを貸す時、聞き耳を立てるようになってしまう。こんな自分は、なにかやってしまいそうで怖いという相談者に、欲求を認める人は事故を起こさない、欲求を否定する人は事故が起きると加藤諦三が回答。

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:最上雄基(心理療法研究)
相談者:49歳男性(鍼灸師) 両親(74歳と75歳) 3人暮らし

加藤諦三氏の〆の言葉『自然な人間と理想の人間とは違います。どちらかを否定するのではなく、2つを自分の中で統合すること』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

49歳の男性から、結婚はしていない、ずっと一人、両親、74歳と75歳と一緒に3人で暮らしている。

トイレの音が気になる

はい、わかりました、それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)
あのぅ、ですね・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

1年・・半ほど前から・・ちょっとこう・・ん、自分の・・考えてることが、ちょっと、い、異常じゃないかと・・想いだして・・カウンセリングを2回ほど受けたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

別に、異常ではないということ・・だったんですけど・・(相談者)

んで・・具体的には・・どういう・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ことを言って、どういう・・わけ・・(加藤諦三)

えーっと、わた、わ、わたくしは、鍼灸マッサージの仕事をしてるんです。(相談者)

で・・鍼(はり)・・き、灸(きゅう)・・マッサージの仕事は・・順調に、いってるわけですね?(加藤諦三)

ああ、まあ、順調というか、まあ、ま、今まで、そ・・(相談者)
お客さんは、来てるわけですよね?(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)

ええ、で、で、今日、今日のことはですね・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

えっと、1年半ほど前にですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

ある女性の患者さんが、来られまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

お手洗い、かしてくれって言ったんですよね。(相談者)

ん、でぇ、まぁ、トイレ、行かれたんですね。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

でぇ・・急いでたことも、あるんだろうけど・・ドアを閉めずに・・用を足されたんですよね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

その音は、が、ま、聞こえ・・聞こえてきたんですよね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まぁ・・(相談者)

それを、聞いた頃から、なんかその・・(相談者)

そら、そ、そん時、なんか・・こう・・性的・・(相談者)

こう、興奮を覚えてしまったんですよね・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

それから、なんか、その・・(相談者)

ん、ん・・まぁ・・(相談者)

ん、ん、ん、女性・・の・・女性の方が・・こう・・(相談者)

トイレに・・行くとか、そういうことに対して、わたし、敏感になったわけですね。(相談者)

・・・

いやでも、それ以外そのぅ・・ん、あのぅ・・ト・・トイレに・・行くたびにこう・・(相談者)

ん・・ま、きゅ・・そうなって、そうなっては、ほんと、イカ、イカン・・イカンねん・・イカン・・いけないですけど・・(相談者)
こっちも、聞いて・・聞いてしまうようになっちまったんですよね・・(相談者)

女性・・ま、患者さんが、トイレに行くと、それを聞こうとして・・(加藤諦三)
若い人が、行ったらですね。(相談者)
うーん・・(加藤諦三)

それで・・その患者さん自身は・・あのぅ・・男性も女性も、患者さん、いると思うんですけれども・・(加藤諦三)
ええ、ええ、はい。(相談者)

今、そういう・・患者さん・・との関係では、あなた、トラブルを、起こしてないんですよね?(加藤諦三)
ああ、起こしてません、それは、ありません。(相談者)

ですよね。(加藤諦三)
それはないです、そういうことはない、トラブルはないです。(相談者)

なにかしてしまいそうな不安

もともとが、あなたすごい生真面目な・・人だよね?(加藤諦三)
元はそうですね。(相談者)
そうですよね?(加藤諦三)
ああ、はい。(相談者)
うん。(加藤諦三)

これ以上、なんか、そういうのが続くとなんか、自分が、おかしくなってくるというか・・(相談者)

なんか、なんかしてしまうじゃないかとか、そういう、不安があるわけですね。(相談者)
あああ・・(加藤諦三)

そのかん・・マッサージ師として、職業人として、なんか・・問題を起こしてしまうんじゃないかという、不安があると?(加藤諦三)

ん、んん・・働い・・どこまでか、いうのは、わかんないけども、なにかをこう、さ・・(相談者)

し、してしまういそうなという・・ど、どうですかねぇ・・(相談者)
うん・・うんうん。(加藤諦三)

それはもう・・自分に対して、そういう不安を持つというのは・・わかります。(加藤諦三)

はい。(相談者)
今、そういう・・不安を持ってるけど、その自分は、どうしたらいいか?っていうことで、悩んでるということですね?(加藤諦三)

うん、そうですねぇ、こういうのが続くとなんか・・そういう自分も嫌なんですけど・・(相談者)

うん、そう・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
そういう自分も、それは・・い、嫌っていうのは、わかりますよ。(加藤諦三)
だけど、どうしようもない・・できないっていうのが・・(相談者)

時には・・(相談者)
どうしようもないですよね・・それは・・(加藤諦三)
あ、はい。(相談者)

それ、人間の自然と・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・・

現実適応とは、別ですから。(加藤諦三)

はい。(相談者)
現実の人間と、理想の人間とは、これは、別ですから。(加藤諦三)

ん、な、だから、理想・・を、持ちすぎてるのかもしれませんけれども・・(相談者)

だから、自分を、きちんと今、規制してるわけですよ。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
だから、自分が、きちんと規制してんだけども・・(加藤諦三)

その規制がいつ、とれちゃうかが、自分として、怖くなったということですよね?(加藤諦三)

うん、そうですね、なにかのきっかけが・・あ、あ、きっかけで・・(相談者)
きっかけがあってね。(加藤諦三)

うん・・(相談者)
はい、わかりました、今日はあのスタジオに、心理療法研究の、最上雄基先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
うかがってみたいと思います。(加藤諦三)
あ、はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク