テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年11月14日(月)は、今井通子&マドモアゼル愛。小さな頃から権威主義で、機嫌が悪いと怒鳴りあげる父親。夫婦仲も悪く、いつもビクビクしていた。高校生の頃から話しをしなくなるも、子供が生まれてからは実家に通うようになる。母親は過干渉と思うほど世話をやき過ぎるし、ついに昔の事で口喧嘩になり、あの時はああだったといったような手紙を送る。親からは対応を考えるということだったが、あれから半年、なんの連絡もない。子供も生まれ、マイナスの連鎖を断ち切りたい、防ぎたいと思っている相談者。親との確執を乗り越えて、自分自身が変わらなければいけないところがあるのではないか。

パーソナリティ:今井通子
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:41歳男性 妻36歳 子供2人 長女2歳 長男0歳 4人暮らし 父71歳 母71歳 姉43歳結婚し子供有り

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

41歳の男性から、私の、あの、実の父、あ、両親に対する、心の葛藤とですね・・えっと、私の、子育て、あの、今度の自分の子供に対する、子育てについての相談です。

わかりました、まずあなた、おいくつ?(今井通子)
はい、41歳です。(相談者)
41歳・・奥様は、何歳?(今井通子)
はい、36歳です。(相談者)
36歳・・子育ってって、おっしゃったんで、お子さんいらっしゃいますね?(今井通子)
はい、えー、2人いまして・・(相談者)
はい。(今井通子)
えっ長女が、2歳・・(相談者)
はい。(今井通子)
長男が、0歳です。(相談者)

はい・・で、お父様と、お母様っていうのは、あなたの、ご自身の?(今井通子)
そうです。(相談者)
はい。(今井通子)
私自身のですね。(相談者)

はい、お父様、おいくつ?(今井通子)
71です。(相談者)
71歳・・(今井通子)
はい、母親も、71歳です。(相談者)
71歳・・ご兄弟は、あなた、いらっしゃるの?(今井通子)
はい、姉が1人いまして・・(相談者)
はい。(今井通子)
えーっと、43歳です。(相談者)
43歳・・(今井通子)
はい。(相談者)
ご結婚、されてますか?(今井通子)
はい、結婚してます。(相談者)
で、お子さんも、いらっしゃる?(今井通子)
はい。(相談者)

で・・まず、じゃあ・・お住まいになってるのは・・(今井通子)
はい。(相談者)
あなたと、奥様と、お子様、お二人と・・(今井通子)
あっ、だけです。(相談者)
で、住んでらっしゃるのね?(今井通子)
4人だけですね、はい。(相談者)
はい・・で、ご両親は、別に住んでらっしゃる?(今井通子)
はい、別に住んでます。(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ・・距離にして、1時間似内ぐらい、それとも、それ以上?(今井通子)
あ、1時間似内ですね。(相談者)
1時間似内ぐらいの所・・(今井通子)
はぁい。(相談者)
はい。(今井通子)

親への葛藤

でぇ、お父さん、お母さんに対する、葛藤っていうのは、何なんですか?(今井通子)
はい・・あの、ま、小さな頃から、あのぅ、うちは、あの・・まあ、心の触れ合いが少ないというかですね・・(相談者)
はい、(今井通子)

あの・・ま、父親は・・異常にその・・権威主義というか・・(相談者)
ええ。(今井通子)
あの、怒りっぽい・・性格でして・・(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、まあ、些細なことで、あのぅ、ま、子供達を、怒鳴り、あげる・・というかですね・・(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・小さな頃・・から、あの・・ま、夫婦仲、あの、両親の夫婦仲は、ま、良くなくて・・(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・まぁその、機嫌・・その時の父の機嫌によって、非常に・・我々家族が・・こう、気分を左右されるというかですね・・(相談者)
はい。(今井通子)
いつも、まあ、ビクビクしてるような状態だったんですよね。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・そういったのが、まぁ、ずっと嫌いでですね、あのぅ・・まぁ、私が、えっと、高校生・・いわゆる思春期になった時にまあ・・ちょっと爆・・まあ、私の方で・・そういう反抗心というのも、出てきてですね・・あの、ま・・親父・・ま、父親とは・・こう、口をきかない・・状態が、しばらく続いて・・(相談者)
はい。(今井通子)

はい・・(相談者)

で、それからまあ、あの、ほとんどまあ、話さない状態に、なってしまってるんですよね。(今井通子)

マイナスの連鎖を危惧

それから、ずっと?(今井通子)

そうですね。(相談者)
高校時代からずっと、お父様とは・・ほとんど・・会話されてない・・はい。(今井通子)
あんまり話さない・・そうですね、で・・(相談者)

それで、あの・・私が子供・・結婚して、子供が生まれてですね。(相談者)
はい。(今井通子)

あの、それから、ま、子供の顔を・・私の子供の顔を見せに・・行くっていう機会が・・まあ、何度か、あってですね、その時に・・ま、今まで実家に通うことも、ほとんどなかったんですけど・・(相談者)
はい。(今井通子)

その、子供を見せるっていうことで、ま、少し回数も・・あの、ここ数年は、増えてきてたんですよ。(相談者)
はい。(今井通子)

で、ただその時に・・あの、まあ、半年ぐらい前なんですけど・・やはり、ちょっとまあ・・あのぅ、まぁ揉めてですね・・ま、少し口喧嘩になった時に・・(相談者)

はい。(今井通子)
ま、今までその、私がこう・・小さな頃から・・こういう事は、言われてイヤだったとかですね・・こういったことをされて、傷ついたと・・いうようなことを、まあ、あのぅ・・手紙にしてですね・・(相談者)
はい。(今井通子)

あの、親に・・送ったんですよ。(相談者)
はい。(今井通子)
でぇ、あの、親の方は、ま、それを受けて、あの、ま、どうするか、どういうふうに対応していくか考える、というふうな、ことで・・まあ、口喧嘩をして、その時は、別れたんですけど・・(相談者)

あのぅ・・ま、半年経ってもまぁ、親の方から何も・・反応がないというので・・(相談者)
ええ。(今井通子)

わたしの方からも・・あのぅ、何も連絡をしてないような状態が、続いてるんですよね。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、あのぅ、私の方の、二人目の、長男が生まれたっていうことも・・あの、私の両親には、伝えていないんですよ。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、あの、&%$な相談っていう、相談させてもらうのは・・あのぅ・・私は、自身としては、まあ・・心の触れ合いが、ま、少なかった家庭に、なってる、というのは・・自分自身で自覚してますので・・(相談者)

ま、自分の子供を、子育てについては・・その、マイナスの、ま、連鎖を、なんとか防ぎたいと・・(相談者)
はい。(今井通子)

いうふうに思ってまして・・でぇ、あのぅ、そういうふうに、心掛けてるつもりでいます。(相談者)

怒りの感情を持つぐらいなら縁遠くなるのもやむを得ない

まあ、いずれにしても、まだ、ご長男、ゼロ歳のご長男が・・(今井通子)
はい。(相談者)
生まれたということを、お父様たちは、知らないと。(今井通子)
はい。(相談者)

今、お父様の話しが、ずーっとあったんだけど、お母様は、どうだったのかな?(今井通子)

はい、あのぅ・・最近はですね、あの、子供が生まれて、えっと、実家に通いだした頃は・・ま、父親はもう・・な、なんて言うか・・ま、関心がないとまでは言わないんですけど、かなり・・こう、何も言わないような感じになってですね・・(相談者)
ええ。(今井通子)

母親の方が、今度は、もの凄く、こう・・な、なんて言うか・・あのぅ・・世話を・・こう、焼き過ぎるというかですね・・(相談者)

ま、過干渉な感じに、私にとっては、感じるようになって・・(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、あの、どうしても母親と今度・・(相談者)
それは何?(今井通子)
はい?(相談者)
お母様、誰に、世話をやくの?(今井通子)

あのぅ、私とかですね、私の妻とか、子供ですね。(相談者)
ああ、なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

でぇ・・あなたの正直な、気持ちとしては・・(今井通子)
はい。(相談者)
お父様や、お母様とも、普通に会話がしたいわけ?(今井通子)

このままじゃいけないという思いが・・心のどっかに、あってですね・・(相談者)
はい。(今井通子)

で・・それをなんとかしたいという思いで・・今まで行ってたんですけども・・(相談者)
はい。(今井通子)

何度、行ってもまあ・・心がざわざわしてしまうというかですね・・あのぅ・・怒りの感情を、抱いてしまうので・・(相談者)
はい。(今井通子)

このまんま・・同じように、何度行っても・・心がざわざわして、怒りの感情を、持つぐらいなら・・ま、このまま・・あの、縁遠くなっても・・いいのかなぁと・・いうふうには、ちょっと、思っています。(相談者)

あぁ、なるほど。(今井通子)
はぁい。(相談者)

親との確執を乗り越えるには

まあ、また、喧嘩になっちゃうし?(今井通子)
そうです。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、その・・縁遠くなっても、いいんだろうけれども・・(今井通子)
はぁい。(相談者)
いわゆる、マイナスの連鎖じゃないですけど・・(今井通子)
はい。(相談者)

あなた自身が、怒りっぽい家庭を・・で、みんなに、びくびくされるような家庭を作りたくないとしたら・・(今井通子)
はい。(相談者)

まず、親との絆を、しっかりしとかないと、ダメじゃないかという・・(今井通子)
そうですね。(相談者)
その・・なんか、方針というか・・(今井通子)
はい。(相談者)
それも・・あると・・(今井通子)
そうです。(相談者)

その辺で、悩んでらっしゃるの?(今井通子)
はい。(相談者)

でぇ、お子様の・・こと、それが、子供に繋がるってさっき、親との事なんですけど、子供に、それもう繋がるっていうのは・・(今井通子)
はい。(相談者)
そこの部分ですか?(今井通子)

そうです・・そういうこと・・(相談者)
お子さんに、なんか問題があるわけじゃあ、ないのね?(今井通子)
は、はい、今のところは・・(相談者)
はい。(今井通子)
全く問題ないと思います。(相談者)

それから、奥様にも問題はない?(今井通子)
はい。(相談者)

はい、だいたいの事が、わかりましたが・・(今井通子)
はい。(相談者)
じゃあ、質問をまあ、ひと言でっていうか、いや一文で、おっしゃると・・な、どんな・・ご相談になりますかね?(今井通子)

私自身の、子供に対する、あの・・マイナスの連鎖を防ぎたいと・・(相談者)
はい。(今井通子)
思っています、それを第一に考えてまして・・(相談者)
はい。(今井通子)

その為に、私自身が・・変わらないといけないところが・・まだ親を・・親との確執を乗り越えないといけないところが、あるんじゃないか?・・というふうに思っています。(相談者)
はい。(今井通子)

今日はですね、心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。(今井通子)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク