後ろ向きな考え方

テレフォン人生相談
後ろ向き

テレフォン人生相談2016年6月27日は、ドリアン助川&三石由起子。27歳で一人暮らしの女性、研究職で、今の仕事に就いて3年目。上司へ仕事内容の発表する機会があり、その研究をどうしてやっているのかと問われて、上手く答えられなかった自分に落ち込む。誰かに相談したくても、職場や友人等、周りに相談相手がほとんどいない。ボーイフレンドの職場の上の人が話しを聞いてくれるが、後ろ向きな考えに嫌われるのが怖くて相談できない。

テレフォン人生相談2016年6月27日(月)
パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:27歳女性 独身 一人暮らし 研究職3年目 ボーイフレンド職場の上の人

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

ちょっと人間関係の事で、悩みがありまして・・(相談者)
えっと、二ヵ月ほど前に、ちょっと仕事の方で自信を無くすできごとがあって・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

なんか、それをきっかけに、あの・・周りの人とか、あの、友達とかに、なかなか相談できなくて・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

なんか、自分には心を許せる人が、すごい、少ないんだなっていうことを・・感じてしまって・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

なんか、それを思ったら凄い不安で・・なんか仕事中とかも、集中できなくなってしまったりして・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

うん、自分・・が、今までやっ・・なんか積み重ねてきた人生が、なんか急になんか無駄に思えてきてしまったりして、すごい消えてしまいたくなっ・・たりして・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

研究の意味を答えられなかった

じゃあ、少しずつ聞いていきたいんですけども・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
えー、2ヶ月ほど前、仕事で自信を無くすことが起きたと・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

えー、どんな仕事・・差し支えなければ、どんな仕事してらっしゃるんですか?(ドリアン助川)
えっと・・大雑把に言うと、研究職・・(相談者)
研究職?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
はあ。(ドリアン助川)

結構、パソコンを使う仕事ですね。(相談者)
はい、パソコンを使う仕事・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

あなた様、おいくつでしょう?(ドリアン助川)
えっと、27歳です。(相談者)
27歳。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

この仕事は、どれぐらいされてるんですか?(ドリアン助川)
今、3年目・・です。(相談者)
3年目。(ドリアン助川)

学校出られて、ここに入って。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
だいたい、8時から、5時、6時くらいの、仕事ですか?(ドリアン助川)
そうですね、はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

で、ずーっと、パソコン向かってるの?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
ああ、で、何が起きたんですか、2ヶ月前に?(ドリアン助川)

ちょっと上の人に・・仕事の発表する機会があって・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
・・・(相談者)

その時に、なんか、自分はどうして・・あ、その偉い人に・・私はどうして、その研究をやっているのかっていうことを聞かれた時に・・ちょっと、上手く答えられなくて・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

なんか、自分がこの研究をやっている、意味とか、仕事やっている意味っていうの、ちょっと見失ってしまって・・(相談者)

仕事に対するモチベーションが、凄く下がってしまって・・(相談者)
うん、根幹の部分を問われたわけですね?(ドリアン助川)
そうですね・・(相談者)

で、それに対して、上手く答えられなかった?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
うん・・それは、そん時、答えられなかったのか、それとも、本当に漠然としてたんですか、これまでもずっと・・(ドリアン助川)

後ろ向きな考え方

えっと、結構、漠然としていました。(相談者)
漠然としていた・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

で、まあでも、そのことが、人間関係にまでってのは、どういうことですか・・(ドリアン助川)

・・・(相談者)

職場でこう、話せる人とかは、あまり居ないんですか?(ドリアン助川)
うん、一人いて・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
その人には、話しはできていたんですけど・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

その、お一人っていうのは、同僚?上の人?(ドリアン助川)
えっと、上の人です。(相談者)
上の人、男性?(ドリアン助川)
はい・・はい。(相談者)
男性・・(ドリアン助川)

で、この人・・は、相談できてた人なんですよね?(ドリアン助川)
・・はい・・(相談者)
で、なんかその人にも、相談できなくなっちゃた?(ドリアン助川)

結構なんか、その人に、嫌われるのが怖くて・・言えなくて・・(相談者)

なんだか、すいません、ちょっと話が、ぜんぜんまとまってないんですけど・・(相談者)
いやいや・・(ドリアン助川)
あの・・(相談者)
え、はい、追及してきた人じゃないんですよね?(ドリアン助川)
はい、違う人です。(相談者)
違う人。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

一番、自分が今、悩んでいるのが・・(相談者)
なんか自分が、結構、後ろ向きな考え方をしてしまうことを、直したくて・・(相談者)
後ろ向きな考え方?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
うん、それは?(ドリアン助川)

・・この仕事に就いていることとか・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
その、考えてもしょうがないことばっかり、考えてしまったり・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
・・したり、して・・(相談者)

この仕事に就いていることの意味とか・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
あるいは、先ほど、その・・相談できるような人間関係が、どこにもにないっていうの、仰いましたよね。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

嫌われてしまうかも

えー、今、あの、あなたは一人暮らしなんですか?(ドリアン助川)
一人暮らしです。(相談者)
一人暮らし。(ドリアン助川)
はい、はい・・(相談者)

あの、失礼ですけど、ボーイフレンドは?(ドリアン助川)
あ、今、います。(相談者)
あ、いるの?(ドリアン助川)

・・はい・・(相談者)
いるならだって、その人、いろいろ相談のってくんない?(ドリアン助川)

・・いや・・(照れながら)(相談者)

なんか・・いろいろ、聞いてくれるんですけど・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
いろいろ聞いてくれる・・って、すごい優しい人なんですけど・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

なんか逆に、相談してしまった事に対して、すごいうしろ、あの・・なんか嫌われちゃったかなとか・・(相談者)

こんな後ろ向きな自分じゃ・・なんか、嫌われてしまうんじゃないかなとか・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
思ってしまって・・それが、逆に・・なんか、悩みになってしまって・・(相談者)

あの、さっき、会社の、上の人で一人、相談できる人がいる、いるって言ってましたよね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
その人は、ボーイフレンドではないの?(ドリアン助川)
・・あっ、その人です。(相談者)
その人なんでしょ?(ドリアン助川)
あ、はい。(相談者)

では、あの・・ボーイフレンドっていうより、恋人なのかな?(ドリアン助川)
・・はい・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

で、恋人だったら、話し聞いてくれて、と、当然だと思うんだけれど、それに対してあなたは、嫌な感じがしちゃうの?(ドリアン助川)
自分がこんなこと、話しちゃったって?(ドリアン助川)

だから、自分自身、そんなに恋愛経験が、多くないので・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

そ、その人に・・(相談者)

なんか捨てられたら・・(相談者)

なんかもう、自分ホントに一人になっちゃうんじゃないかなっていうことを・・考えてしまうと・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

すごい、いてもたってもいられなくて・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

人に嫌われるのがとにかく・・怖くて・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
その・・今、付き合っている人とか・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
会社の人とか・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

・・・(相談者)

友達とか・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

で、なんか・・(相談者)

自分をホントにわかってくれる人が周りにいないってことが・・(相談者)

結構いちばん・・(相談者)

悩みです・・(相談者)

ボーイフレンドに言えない

その、ボーイフレンドは、自・・あなたのこと、分かってないのかな?(ドリアン助川)
なんか、全部はまだ言えてなくて、自分のコンプレックスに思っていることを・・(相談者)
ふーん・・(ドリアン助川)

でもそれ、言わなきゃいけないの?(ドリアン助川)

なんか、言わないと、これから先・・続けていけないような、気はしてて・・(相談者)
でも、言っちゃうと、嫌われちゃう気もして・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

そうですね、すごく・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
自分のメンタルが弱くて・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
後ろ向きにばっか考えてしまう・・のを・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
なんとかしたいなと思って。(相談者)

そこに、なんかこう、一筋の光が差して来れば・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
えー、今日、電話をした意味も、あったということですね。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

わかりました。(ドリアン助川)
えーそれでは、今日の回答者の先生を紹介します。(ドリアン助川)
三石メソッド主宰、作家で翻訳家の、三石由起子先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

三石由起子アドバイス

はい。こんにちは。(三石由起子)
こんにちは。(相談者)
あなた理系の人ね。(三石由起子)
はい。(相談者)
ねぇ。(三石由起子)

無駄なことができるのが人間

あのね、だけど前だけ向いてまっすぐに進んでいくような女の子、魅力あると思う?(三石由起子)
あははは・・(相談者)
ねえ・・うふ・・(三石由起子)
うん・・あは・・(相談者)
うん、でね・・(三石由起子)
はい。(相談者)

誰にでも好かれる女の子ってさぁ・・(三石由起子)
うん・・(相談者)
恋人として魅力あると思う?(三石由起子)

・・うふ・・ない・・です・・(相談者)
私、男だったら・・嫌だよ。(三石由起子)
嫌ですかね?(相談者)
嫌ですね。(三石由起子)

嫌われることを怖がってるなんていうのはね・・あの・・自分の魅力を・・台無しにしてますよ。(三石由起子)
はい・・(相談者)
本当に・・(三石由起子)

あのね、生きる意味・・がないんじゃないかって思ったって言うけど・・(三石由起子)
うん・・(相談者)
それってさぁ、古今東西のあらゆる文学者とか哲学者が、ずーーっと、考えてきてることじゃない。(三石由起子)
うん・・(相談者)

ねえ、そういうこと考えるのは、確かに、無駄なことなんだけど・・(三石由起子)
うん・・(相談者)
哲学や文学ってそういう学問でさぁ・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

で・・その、無駄なことができるのが、人間なんですよ。(三石由起子)
はい・・(相談者)
うん、あの、例えば動物なんかは、親ができることができるようになったら、それで終わりじゃない。(三石由起子)
はい・・(相談者)
うん・・(三石由起子)

でも、人間だけはさ・・千年も前に、悩んでいるのと同じことで、また悩めるんだよね。(三石由起子)
うん・・(相談者)

これって後ろ向きじゃなくて豊かなことなのね。(三石由起子)
うん・・(相談者)
うん、人の人たる喜びっていうかさ・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
うん・・(三石由起子)

で、あなたは後ろ向きになってる自分って言ったけども、それ真っ直ぐに進んでるだけが魅力じゃなくてさ・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

たまには後ろ向きになったり、斜め向きになったりさぁ、寝転がってみたり・・(三石由起子)
うん・・(相談者)
自分の発想を、ぐっじゃぐじゃ、混乱させてみるっていうことは・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

結果として、自分の発想を広げるっていうことになるわけですよ。(三石由起子)
うん・・(相談者)
あの、全然マイナスじゃないのよ。(三石由起子)
うん・・(相談者)

太宰治

私ね、昔・・ 20代の頃にね・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
私があの・・よくやったのはね、この落ち込んでるっていう・・この、心地よさ?・・これ探そうと思ってました。(三石由起子)

落ち込んでる心地よさ?(相談者)
うん、落ち込んでるっていう、この自分の状態はさ・・どっかこう、甘美な、思いがある・・んだよ。(三石由起子)

よーく、考えてごらん。(三石由起子)

ええ、ええ・・(相談者)
悩んでる自分が、なんか・・愛しいじゃない・・(三石由起子)
うん・・(相談者)
そういうのに、浸ってみるのよ。(三石由起子)
うん、うん・・(相談者)

私はそれ、あの、乱暴な言葉つけて、太宰ごっこって呼んでたんだけどね。(三石由起子)
太宰ごっこ?ふふふ・・(相談者)
うん、うふふ・・って呼んでたんだけどね。(三石由起子)
うん・・うん・・(相談者)

そういう人の頭で考えてみるっていうか・・(三石由起子)
うん、うん・・(相談者)
悩みっていうことを、甘いものとして考えてみようとかね。(三石由起子)
うん・・(相談者)
うん・・(三石由起子)

レジャーとして考えてみようとかさ・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
うん・・(三石由起子)

あのね、2ヶ月前にね、仕事で自信をなくすとかって、おっしゃったけどさ・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
27歳でしょ・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

ちゃんちゃら、おかしい。(三石由起子)
あははは・・(相談者)
うふふ・・自信をなくすってね、自信持ってるほうがおかしいって。(三石由起子)

うん・・(相談者)
んなものね、あの・・私もね、だから20代の頃、ガンガン、働いていた頃には・・(相談者)
うん・・(相談者)
そういうことあったんだけれども・・(三石由起子)
うん・・(相談者)

さぞや、周りは、ご迷惑だったと思う。(三石由起子)
うん・・(相談者)
でね、ちょっと注意したりね、ちょっと良かれと思ってアドバイスしたらさ・・こう、拗ねちゃったりさ・・あはは・・気分、悪くしちゃったりね・・(三石由起子)
うん・・(相談者)

振り返って自分のこと思うとね。(三石由起子)
はい・・(相談者)
ああ、自分もきっと、使い難かっただろうなとかね・・(三石由起子)
うん・・(相談者)

みなさん、ご迷惑かけましたって、思うんだ。(三石由起子)
はは・・(相談者)
うん・・ただ、あなたがそういうふうに感じた、ね・・その感じたっていう感受性っていうかさ・・(三石由起子)
うん・・(相談者)
それちょっとね、大事なんですよ。(三石由起子)

うん・・(相談者)
うん、あの、無理にね・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
山芋、むくことないのよ。(三石由起子)

気が晴れるまで、横向いたりさ、後ろ向いたりして・・(三石由起子)
ぐずぐずしてればいいんです。(三石由起子)
うん・・(相談者)

心を許せる人

で、その、心を許せる人とかって言ったじゃない。(三石由起子)
はい。(相談者)
あたしなんかね、心を許せる人なんて言葉聞くとね・・(三石由起子)
うん・・(相談者)

すごい、だらしない感じがする。(三石由起子)
ええ、○▽♯・・(相談者)
なに、心を許してんだよって、思いますよ。(三石由起子)
なるほど。(相談者)

うーん、心許せる人なんて、いりませんよ。(三石由起子)
いらないっすか?(相談者)
いらないですよ、それでも、許しちゃう人が、出てくるんだよ。(三石由起子)
うん・・(相談者)
うーん・・(三石由起子)

心許せる人がなきゃいけないなんていうのもねぇ、おかしいし・・(三石由起子)
うん・・(相談者)
友達が、いっぱいなきゃいけないっていうのもおかしいし・・(三石由起子)
うん・・(相談者)

嫌われないようにしなきゃいけないっていうのもおかしいし・・(三石由起子)
うん・・(相談者)
後ろ向きな考えで、ダメだっていうのも、おかしいし・・(三石由起子)
・・いいんですね?(相談者)

当たり前ですよこんな、前だけ向いてまっすぐに進んでいるような女、何の興味もない。(三石由起子)
あは・・(相談者)

女の私が言っても、面白くないだろうけども・・(三石由起子)
えへへへ・・(相談者)
うん、誰にも好かれる人なんて、尚更、興味ないですよね。(三石由起子)
うーん・・(相談者)

いっぱい、ぐずぐず、いろんなことを悩んで悩んでさ・・(三石由起子)
うん・・(相談者)
うん、あ、そう・・これが私なんだって発見ですよ。(三石由起子)

その時、その時の、自分の気持ちを、大事にみて・・ごらんよ。(三石由起子)

悩むことで発想が広がる

はい・・(相談者)
それ、一番いいのね、日記書くことですよ。(三石由起子)
日記ですか?(相談者)
うん、あの・・どれだけ、悲しいかとか・・(三石由起子)
うん・・(相談者)

じゃあ、どれだけ、孤独なのかって・・(三石由起子)
うん・・(相談者)
書いてごらん・・10、書けないよ。(三石由起子)

うん。(相談者)
うん。(三石由起子)
10個さ、まず番号書いて・・孤独だと感じる理由・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
書こうとしたら・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

10、書けないよ、せいぜい、5つですよ。(三石由起子)
うーん、確かに・・(相談者)
うーん、そうなのよ。(三石由起子)

あんま、気にしないっていう・・ことなんですね?(相談者)
うん、気にしないじゃない、気にしてくださいよ・・(三石由起子)
あっ、気に・・あは・・(相談者)

生きる意味がないんじゃないかって、考えてるんだから、ずっと、考えてよ、その、3日や4日は・・(三石由起子)
うん・・(相談者)

そんなの、大チャンスだから・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
うん・・私はそれがね、脳の訓練に、凄くいいと思う。(三石由起子)

そっか・・(相談者)
うん、悩んでごらんよ。(三石由起子)
あ、はい。(相談者)
うん。(三石由起子)

で、悩んでごらんっていうのはね、ちょっと客観的にみられると、発想がうんと広がってくるから・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
うん、自分を追い詰めなくて済むからさ。(三石由起子)

うん。(相談者)
うん、楽しんでくださいよ。(三石由起子)
うふふ・・あ、はい。(相談者)
うん、やれやれって感じよ、私。(三石由起子)

わかりました。(相談者)
うん。(三石由起子)

ドリアン助川まとめ

もしもし。(ドリアン助川)
はい、もしもし。(相談者)

私はあの・・もう、あなたの倍の年齢の、54に近いんですけども・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
未だに後ろ向きで・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

人に、嫌われるのが怖くて・・(ドリアン助川)
はい・・ふふふ・・(相談者)
ふふふふふふふ・・(三石由起子)

で・・三石先生は・・(ドリアン助川)
ふふふ・・(三石由起子)
そんなことで悩めるのは、二十代だけだと、仰いましたけども・・(ドリアン助川)
ふふふふふふふふ・・(三石由起子)
五十代も悩んでます。(ドリアン助川)
あははははは・・(相談者)

それでね・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
出口がなくて・・で
はい。(相談者)

俺は、何冊本書いても、ホントに売れなくて、もうやってられないって時に・・(ドリアン助川)
うん・・(相談者)
駅のベンチで、力尽きてしまってですね・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

あの、天を仰いでしまったんですよ。(ドリアン助川)

はあ・・(相談者)
そしたらね、あの、駅の、柱と屋根を繋ぎとめておく、大きなボルトが目に入ったの。(ドリアン助川)
は、は、は、・・(相談者)
もう、絶対、見たことないような、巨大なボルトだったんですよ。(ドリアン助川)
はあ・・はい・・(相談者)

初めて見たこんなのと思って・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
で、このボルト作ってる人がいるんだなと・・(ドリアン助川)
はあ・・(相談者)

で、この人は、こんだけの仕事してるのに、誰からも注目されず、誰にも知られず・・(ドリアン助川)
うん。(相談者)
生きてるんだなと思った時に・・なんかね、なんか、ぱあっと、開けたような気がしたんですよね。(ドリアン助川)
ふーーん・・(相談者)

それも、やっぱりこの、袋小路の中に居て、天を仰いだからよ。(ドリアン助川)
うん・・はい・・(相談者)
だから、三石先生が仰ったように、ずーっと悩みなさいよっていうのが、僕はね正しいと思います。(ドリアン助川)

なるほど、そっか・・(相談者)
うん、1回くらい、やんなさいって話しだよ。(三石由起子)
悩むことを楽しむっていうことは、まったくなかったです。(相談者)
そーうです、そうです、そうです、楽しんで自分を、どっかで、見つけてごらん。(三石由起子)
はあ・・(相談者)

どっかにいるってことが・・(三石由起子)
はい。(相談者)
わかりますよ。(三石由起子)
なるほど。(相談者)

あなたならすぐにわかるよ。(三石由起子)
はあ・・(相談者)
うん。(三石由起子)
ありがとうございます。(相談者)
うん。(三石由起子)

ちょっと楽しんでみます。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
うん、楽しんでみなさい、はい。(三石由起子)
はい。(相談者)
よろしいですか。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
よし、頑張れ。(三石由起子)
では、失礼します。(ドリアン助川)
はい、頑張ります。(相談者)
はい。(三石由起子)
ありがとうございます。(相談者)
はい。(三石由起子)

管理人のちょっとひと言

この相談者には、三石さんのアドバイス、はまりましたな。
突っ込もうと思えば、突っ込めるでしょうが
笑って電話を終えたので、正解。

こういう人には、シンプルで分かりやすい三石先生の回答が、やっぱいいですね。

ま、だんだん、考えるのが面倒な年齢になってきましたが
たまには、考えなきゃダメですな
悩みなら、たくさんあるんですけどねぇ

お前がガンバレってやつなんで、相談するまでもない(笑)

そもそも、他人に口を挟まれるのが、すごく嫌いなので
相談者に、感情移入できねー
後ろ向きだし、友達いないのも一緒なんだけどなぁ

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.