ご近所トラブル

テレフォン人生相談
迷惑行為

2年ほど前から近所の方の奇行が理由で向かいの方が引越した。迷惑行為に子供達も嫌だと言っており、引越しを決意。不動産屋に売却を依頼するも半年後に反響がないと驚かれる。近所迷惑な奇行が地域の噂となり買い手がつかない。ご近所トラブル元の女性は高齢の両親と3人暮らしで2年前まで勤めていたが、辞めてから奇行が始まる。潔癖症で朝の5時から殺虫剤を自分の家に撒いたり、自分達を含めて全部で11軒ある家の共有部分を1日中掃除したりして、まるで監視しているよう。行政機関に相談しても困った事はない帰ってください。警察に通報して来てもらうも、2日後に庭で近所の方と談笑していると高齢の母親と一緒に怒鳴り込んできた。法的に訴えたり弁護士にお願いして迷惑行為を止めるような手段があるのかないのか。

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2016年3月15日(火)

パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:44歳女性 夫49歳 長女19歳 次女17歳 長男15歳

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送される相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
その為、情報不足になり捉え方によっては、他者と違う感想になることもありますが、それらはリスナーの環境や体験談が代わって補うためと思ってってください。
何度も繰り返し聞いてみたり、時を隔てて聴きなおしてみると、聞き漏らした言葉や自身の環境の変化や体験談が加わり、最初に聴いた時と異なる感想になる場合があります。
異なる感想を述べる方の背景を考えてみるという楽しみ方もありますし、編集者の意図を探るという聞き方も面白いので、色んな楽しみ方を探してみてください。

近所迷惑な奇行

近所迷惑な奇行に悩んでいる相談者。朝の5時から自分の家に殺虫剤を撒いたり、共有部分を1日中掃除したり。窓や玄関を開けるとご近所トラブル元の女性が居る。外出も監視されているようで怖いと、行政に相談し、警察に通報するも、止む気配なし。

ご近所トラブル

44歳の女性から、近所の方の変わった行動に困っている。
2年ほど前から奇行が目立つようになって、自分も含めて近所の方も困るようになった。
向かいの方は、それが原因で、引っ越しが決まっており、自分達も、この半年から1年間は、子供達も、もう嫌だということで、引越しの話し合いをしてきて、半年前に売却するということで、不動産屋に売却の依頼をしたが、半年経って、不動産屋からビックリするぐらい反響が全くないと返事が来た。近所の人の奇行が、あまりにも有名になってしまっていて、買い手がつかない。

いろんなトラブルが起き始め、行政機関にも警察にも相談したところ、一度訪問します、ということで訪問してくれた。
ご近所トラブルの家は、高齢者の夫婦と本人(女性)の3人が同居している。
その両親は、うちは何も困ったことないし問題がないから、帰ってくださいという答えだったとのこと。

とりあえず、打つ手がなくなった、どうしたら迷惑が掛かっているという事を分かってもらえるのか、弁護士にお願いして申し入れてもらう手段があるのかどうかという事を、相談させてもらいたかった。

迷惑行為通報で怒鳴り込み

2年前までは、働きに行っていたので、トラブルはなかった。
勤めを辞めた、2年前がきっかけというか、始まり。

奇行とは、どういう事か?と今井通子。
本人は潔癖症で、朝の5時から自宅に向かって殺虫剤を撒く。
自分の家を含めて11軒の家が建っているが、その共有部分を、1日中掃除をするという感じ。

家の前の窓を開けたり、玄関を開けると、その人が掃除をしている。
相談者が警察に相談したことで、1度お巡りさんが来てくれたことがある。
その人が、ずっと外に居て、何をしているのか?という事で、通報があったという事で、お巡りさんが来てくれた2日後に、お母さんと本人が、相談者の庭で近所の方と談笑している所に、凄い勢いで怒鳴り込んできた。

恐怖、ストレスが溜まり病気に

誰かが怪我をしたという事はない。
自分はいつも、どこかに出かける時に、居るので、凄く監視されているという恐怖感が募って、会わないように、居るか居ないか確認をして、自分の生活に制限を加えてきた。
なるべく会わないようにしようと生活をしているうちに、ストレスが溜まり過ぎて病気になってしまった。

あなたの場合は、引っ越そうと思ったら、噂が立ってしまって買い手がないということなんですね、実害としては、と今井通子。
そうです、と相談者。

今日の相談としては、迷惑行為をやめていただくには、どうしたらいいか?という点と、家を売却するにあたって、次の方が迷惑を被っても駄目なので、なにか売却にあたって、迷惑行為をやめていただくような、弁護士が、なにか申し入れをしていただけるような、手段があるかないか。

実害の証明

法律問題としては、積極的な害悪がない場合、損害賠償請求というのなら、証拠を集める必要がある。ただし必ずしも効果を期待するものではないことを承知の上で。

法律問題としては微妙

最初から申し上げると、なかなか難しいご相談と、坂井眞。
迷惑がかかるという話しを、具体的に一つ一つお聞きしていたので、よく理解できました。
ただ、いくつか言っていた中で、客観的に、ないしは法律的にこれはまずいだろうと言えそうな物は、潔癖症で朝の5時から殺虫剤をずっと撒いているという話しは、わかり易いというか、周りも迷惑をする。

殺虫剤を毒と思えば、どんどん周りに広がるので近所は大変迷惑。
どこの自治体にもある、迷惑防止条例違反とか法律問題にしていけそうな、可能性は、まだあるかな?と思ったけれども、普通に売っている缶に入っている殺虫剤を自分の家に向かって噴射しているとなると、隣は分からないが、向かいの家まで来るという話しではなさそうですよね、と坂井眞。
微妙なとこだと、相談者。

無視に心痛む

これも、程度問題、一つ一つ微妙に嫌なんだけれど、決定的な迷惑行為というのが、今ひとつない感じ、と坂井眞。
掃除も、私は良い事してるのだから、何か文句あるんですか?という開き直り方をするんです、と相談者。
確信犯という感じは、印象としてある、話しの端々で、何か喧嘩を売りたいんだな、というように。

かまってもらいたいのかな?と坂井眞。
めっちゃそれは、滅茶苦茶強いです、と相談者。
そこに乗らないように、巧みにというと言い過ぎだけれど、のらりくらりとかわしている感じですか?と坂井眞。

お母さんと怒鳴り込まれるまでは、そうしてきたつもりなんだが、それ以降は、まったく無視するようになった、と相談者。
無視は無視でいいと思う、と坂井眞。
いいですかね?胸が痛いというかね、自分もなんか微妙な罪悪感がある、普通に挨拶は、普通にしたいが、怒鳴り込まれたことがあってから、しこりが残って、と相談者。

積極的な害悪でない

それは感心で冷静な意見だけれども、怒鳴り込まれたら、それは仕方ないと、私は思いますよ、と坂井眞。
ずっとそれで、相手に腹を立てていると、自分も疲れるから、それも止めて言っても伝わらないのなら、無視だというのは、あるのではないかと思う。
それは別に、微妙な罪悪感まで感じなくても、いいのではないか、もともとは、うまくやっていこうとされていたわけだから。

今は、それ以上に、その迷惑なのを止めてもらえないかと、思ってらっしゃるわけでしょ?と坂井眞。
そうです、もうそこに、その気持ちは、はっきりしている、と相談者。

自傷他害というが、周りの人や自分が、怪我をしたりする恐れのあるケースなら、それは法律問題になって、いろんな対応が可能なのだが、そういう事は、今のところ全然気配は無いですよね?と坂井眞。
無いです無いです、と相談者。

ずっと外に居るのは、ある意味勝手、路地の掃除も毎日は鬱陶しいと思うが、悪い事かというと、最近よく言われるゴミ屋敷みたいなものは、積極的に害悪だが、毎日掃除されるのが、悪いというのはちょっと違う、と坂井眞。
そうなんです、と相談者。

ごみを出したり、毎日共通の通路で、バーベキューパーティをやられたら、それは迷惑、積極的に害悪だけれども、そういう話しではない、と坂井眞。
法律的には、どこの自治体でも、迷惑防止条例があるし、あと法律でいうなら軽犯罪法というのがある。
刑法に違反する、泥棒だとか、傷害だとか、いかにも犯罪じゃないもので、周りに迷惑をかけちゃいけないよ、という条例や法律はある。

騒音も一定の範囲を超えたらある、と坂井眞。
そういう事はあるが、今聞いている限りでは、そういう法律問題まではいっていないのかなと、いうふうに思う。

損害賠償請求

遠回りで、効果があるかどうか分からないが、実際に売りに出したら値が付かない。
これは、証拠を全部集めなければいけないが、そういう行為によって、評価が下がるということがあるのであれば、それが経済的な損害だという事で、弁護士に相談し、なにか法的なアクションを起こす。
これは、かなり難しいと、坂井眞。

アクションを何か起こさないと進まない、という事であれば、損害賠償を請求する方向ということも、考えられなくもないが、相手がやっている事が、別に通路を掃除することは、中立的に考えれば、悪いことではない。
そこは難しいが、誰も買い手がつかないという話しであれば、近所の人、若しくはその周りの人には、分かってしまっている話し。
それであれば明らかに、その周りの人の持っている、不動産の評価を下げることになるので、そういう事は止めろという理屈が立つかもしれない、と坂井眞。

ただ、簡単ではない。
相談をするなら、そういうラインで弁護士に相談してもいいかもしれないが、でもおそらく、簡単じゃないという弁護士が多いと思う、と坂井眞。

損を覚悟で売る

あとのやり方、癪に障るやり方だが、今住んで居られるのであれば、それはそれでいいのだが、嫌になってしまったという事であれば、こっちが逃げ出すようだけれど、多少値段下げても売ってしまって、転居するというのも、一つの解決策ではある。

こちらは何も悪くないので、凄く腹が立つと思うが、こっちが何も悪くないのに、こっちが損をして動いていくというのが嫌ならば、本当に弁護士に相談をするなり、証拠を集めるなりしなければいけないが、それは時間もエネルギーも必要なので、だったら、どっちが得か、選択したいか考えて、多少値段下げても早く動くというのも、一つの解決策ではある、と坂井眞。

あまり弁護士的なアドバイスではないが、それも選択肢の一つ。
弁護士に相談に行くなら、こんなに酷い事があるんですよ、こんな驚くような事が起きるんですよ、とできるだけ具体的に集めて、それも証拠にしていかないと、弁護士の方としては、こういう材料があるなら、こういうアクションを取りましょう、と言えない、と坂井眞。

証拠、証拠、と相談者。

あまりすぐにお役に立つ話ができず、申し訳ないと坂井眞。

>

証拠を残す

おわかりいただけましたか、と今井通子。

とりあえず、坂井先生が仰ったような、証拠を残す、という形で。

管理人のちょっとひと言

さて、この相談をどう捉えるのか、という事です。
スタッフの狙いは、ゴミ屋敷問題を始めとする、ご近所トラブル。
聴取率をあげる為にも、便乗していくのは当然の事。

坂井先生や今井先生が悪いんじゃない。
聴いてる、自分がへそ曲がりなだけ。
ということで、勝手に裏読みをしていくので、暇な方はお付き合いを。

そもそもこの相談、相談者からの問題しか出て来ないんですけど。
2年前まで、トラブルなく、会社を辞めて家に居るようになってから問題発生。
予兆は一切なし・・・たぶん。

坂井先生のアドバイスの冒頭で、いくつも相談者の愚痴が出たようですが、実際に放送に乗ったのは2件。
朝の5時から、殺虫剤を撒く件と、11軒の家の共有部分、おそらく位置指定道路の事ですな。
比較的大きめの土地を、11の宅地と道路部分に分けて、道路部分は11戸の共有持ち分って事で、「特定行政庁からその位置の指定を受けたもの」いわゆる私道ってやつ、お家は道路に接してないと建てられませんから。

この部分をせっせと、お掃除してくれているわけです。
それで、まずこの位置指定道路ってやつは、所有者が管理することになってます。
側溝直したり、道路に穴が開けば、自分達で補修しろよって事。

そこを毎日、お掃除してくれてるわけで、文句を言うのもどうなんでしょう。
11戸の家が接している道路ともなれば、そこそこ広いはず。
それを一人でお掃除するとなると、結構な時間も必要です。

1日中って言ってますが、居ない時もあるみたいで、当初はその隙に外出してたんですよね?
なんとなく、話しを盛ってる感があるんですよ。

あと殺虫剤なんですが、朝早くっていうのは、迷惑どころか逆じゃないですかね。
うちの父親も庭の植木に薬を撒くときは、近所迷惑だからって、朝早く起きてやってましたよ。
なので、申し訳ないけど、逆にご近所に気を配ってるんじゃないかと思います。

この相談で揉めてるとすると、一番の被害はお隣さんです、そこの方は何て言ってるのでしょう?
また、向かいの家が奇行が理由で引越しが決まっているという事なんですけど、売却とするなら、契約はそれほど前ではないでしょう、決済がこれからなんですから。
半年前に自身も売りに出しているとしたら、売却しようとした時期は重なってるはず、すると何で相談者の方は売れなかったのか?

奇行が理由で、いろいろトラブルが起こってきた。
具体的な理由が、殺虫剤とお掃除。
相談者が、お隣なら殺虫剤の実害を被っている可能性があると思いますが、そうではないよう。

なんでしょう、ただ、相談者とその方だけの問題を、大きく言ってませんか?
奇行が噂になって、売却できないとか、それほど凄い噂になる奇行とも思えないんですけど。
ローンがらみで、売却金額を高く設定してるなんてこと、ありません?

もちろん、奇行が噂になっているというのが本当ならば、主要なトラブルを放送することで、個人が特定できてしまいますから、編集したって事も考えられます。
でも、この迷惑行為だけで、他の10軒の家からトラブルメーカーになるとも思えないんです。
有名な、大音量で音を流すとか、勝手に家の中に入って来るとか、まるで実害がない。

単純に相談者と女性との問題に、周りを巻き込んでいるような気がしますけど。

ちょっと今回、相談者さんが無理矢理盛ったけど、この程度だったって感じがしちゃいます。
もしも本当に、噂になるほどご近所トラブルとして揉めているのだったら、そろそろ、ニュースでお目にかかれるかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.