テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年9月9日(土)は、加藤諦三&中川潤。大学生の19歳の息子、学生ローンを2社から借り、督促のハガキが届いている。自身、これ以上、借りられないので、友人に代わって借りてもらい、その親から大学への相談で発覚。親が立替払いしたが、その他、個人的にも友達に借りて、連絡を断ち、母親に返してと催促の電話あり。息子の為、親が立替払いするのはどうか?親の返済義務や対応は?
加藤諦三氏の〆の言葉『安易な道を、選ぶことを神経症とベランウルフは言っています』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:53歳男性 妻50歳 長男23歳(会社員) 次男19歳(大学生)

もしもし?(加藤諦三)

はい・・もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あ・・よろしくお願いします。(相談者)
はい、最初に年齢を、教えてください。(加藤諦三)

え・・53歳です。(相談者)
53歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)
はい、結婚してます。(相談者)
え・・奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)

え・・50歳です。(相談者)
50歳・・お子さんは?(加藤諦三)

えーっと、長男、23歳・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
え・・次男、19歳です。(相談者)
19歳・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

19歳の、次男のあの・・(相談者)

相談なんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・大学・・(相談者)
これ今、一緒に住んでるんですか?(加藤諦三)

えっと、住んでます・・一緒に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、大学、在学中ですね?(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで?(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

はい、大学・・ぅ・・(相談者)
・・
ローンですか?・・あの、学生ローンですか?(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)
あのぅ・・学生ローンで、ちょっと、あのぅ・・2社から、お金を借りてまして・・(相談者)
・・
あぁ・・(加藤諦三)

そいであのぅ・・ぉ、お友達・・にも、あのぅ・・(相談者)

一応、あの・・学生ローンから、借りてもらって・・(相談者)

そいで、そのお金を・・(相談者)

また、借りたりなんかして・・(相談者)

はぁ・・(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)
要するに、友達に・・「お前、こうやって、お金・・作れ」・・って、言って・・(加藤諦三)

そうですね・・それ・・(相談者)
そして、その友達に・・(加藤諦三)

お金を作らせて、それを自分が・・(加藤諦三)

使ったというふうに、はい。(加藤諦三)
そうですね、あの、か・・毎月・・あの、返すんでってことで、あのぅ・・(相談者)

あっ・・(加藤諦三)
借りたりなんか・・(相談者)
そっか、そっか。(加藤諦三)
はい。(相談者)
自分のこの・・2社のが、払えなくなって、その・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
で、友達に、言ったということですか?(加藤諦三)

うん、要は・・もう、借りれないからじゃないですかね?もう・・(相談者)
借りれないからね。(加藤諦三)
はい、そうですね・・(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

そいで、借り・・たり・・して・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そいであのぅ・・(相談者)

大学・・の方から、親御さんが、あのぅ・・(相談者)

大学の方に、そういうことがあった・・の・・が、わかりまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あの、友達の親御さんが、わかりまして、大学に・・(相談者)

・・

あのぅ、連絡があったんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

んで、その大学が、うちに今度、連・・(相談者)

連絡がありまして・・(相談者)

まぁ、そのぅ・・金額は、全部、あのぅ・・迷惑かけちゃうんで・・(相談者)

あのぅ・・わたくしが・・(相談者)

返済・・全部・・(相談者)

相手には、したんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
どのぐらいですか?(加藤諦三)

えーっと・・20・・2万円ですね。(相談者)
22万・・うん、はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・・

・・・

でぇ・・そんなこんなしてる時に・・今度は・・(相談者)

友達・・友人から・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・二人から・・(相談者)

また、お金を借りてるみたいで、今度あの・・(相談者)
はぁぁ・・(加藤諦三)
個人的に・・はい。(相談者)

・・・

でぇ・・その、連絡が、今度あのぅ・・うちの母親の、携帯の方に、電話、かかってきまして・・(相談者)

その友人・・の・・方から?(加藤諦三)
そうですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、一応、あのぅ・・(相談者)

連絡が、とれなくなっちゃってるんですけど・・(相談者)

お金を、返して欲しいんですけど・・ってことで・・(相談者)

連絡が、来たんですよ。(相談者)
はぁぁ・・なるほど・・(相談者)

ということは・・今・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
大学、在学中だけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

その友達自身が、連絡がとれないっていうことは、大学にはもう・・(加藤諦三)

・・

そうですね、もう、ほとんど・・(相談者)
ぃ・・行ってない・・(加藤諦三)

行ってない状・・(相談者)
行ってない・・(加藤諦三)

でしょうねぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

はぁい。(相談者)

そうすると・・(加藤諦三)

どこに行ってるか?(加藤諦三)

という・・のが・・(加藤諦三)

・・

あのぅ・・(相談者)
遊んでるか、アルバイトしてるか・・(加藤諦三)
そうですねぇ・・(相談者)
な・・なんか、わかんないんですね?(加藤諦三)

はぁい、あのぅ・・わたし達夫婦も、共働きで、朝早くから、仕事に出てしまうので・・(相談者)
へい。(加藤諦三)

ま、子供に聞くと・・あのぅ・・アルバイトし・・に、行ってるとか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
大学、行ってるって・・そんなような感じで、ずっと・・(相談者)

言ってたんですよ。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

だけど・・大学の方から、そういう連絡がありまして、聞いてみたら、大学の方は、ほとんど来てない状態で・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ・・まぁ・・本人に聞いたら、アルバイトをしてる・・って、言ってたんで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

じゃあ、もう・・し・・アルバイトでもしてるのかなぁ・・と、思ったら、そういうふう・・な、感じで、お金を借りて、それを・・結局、遊んだり、物を買ったり・・(相談者)

するような・・感じを・・してたみたいなんですよねぇ。(相談者)

遊んだり・・(加藤諦三)

・・

ということなんですかね?(加藤諦三)
そうですね、洋服買ったりとか・・(相談者)

・・

はぁぁ・・(加藤諦三)

・・

よ・・洋服、買ったりということは、なんかあの・・(加藤諦三)

ごく普通の・・学生が・・(加藤諦三)

大学、着ていく・・ような服じゃなくて、なんか・・(加藤諦三)

ブランド物・・(加藤諦三)

ま、そういうのもありますし・・普通のも、ありますし・・靴を買ったりとか・・(相談者)
あぁぁぁ・・(加藤諦三)
バックを買ったりとか・・(相談者)

・・

ぁぁ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
なんか、身に付ける物、なるほどねぇ・・(加藤諦三)
そうですね、はぁい。(相談者)

・・・

なんか・・(加藤諦三)

・・・

あの、大変、失礼な・・(加藤諦三)

質問だけど、なんかすごい劣等感を持・・ってるの?(加藤諦三)

・・・

どうなんですかね?・・とにかくちょっと、我慢・・(相談者)

次男で・・(相談者)

長男・・に、なんか物を買ってあげる時に・・(相談者)

一緒にこう・・小っちゃい時に・・買ってあげてたんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

なんで・・たぶん、我慢・・っていうのが、ちょっと・・(相談者)

できなくなっちゃってたのかなぁ?・・と、思いまして・・(相談者)

・・

うん・・(加藤諦三)
例えばこう・・(相談者)
いや、と・・それで我慢・・できなくなったっていうのは、ちょ・・ちょっと・・(加藤諦三)
・・
考え・・ない・・(加藤諦三)

で、なんか理由があるんだと思うんですよね。(加藤諦三)

あ、そうですか?(相談者)
今度は、こうしちゃったのはねぇ。(加藤諦三)

あぁ・・(相談者)
で、長男はもうなに?卒業して・・(加藤諦三)

就職してるの?(加藤諦三)
もう・・はい、就職して、働いてます。(相談者)
働いてるのね?(加藤諦三)
・・
はい・・はい。(相談者)

・・

それで・・(加藤諦三)

そのぅ・・個人的な、2社から借りてって、最初の話しですけど、これはまだ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

済んでないの?(加藤諦三)

はい、そんでそれも・・督促の・・(相談者)

ハガキなんかが、来まして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
何回か、立て替えては・・あのぅ、まぁ、全額じゃないですけど、今月分って感じで、振込みは、したんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・・

うん・・(加藤諦三)

その他に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
もう、この2社以外の借金っていうのは・・(加藤諦三)

まぁ・・今んとこ・・は、そういう連絡は、来てないし、本人に確認しても、この2社だけだとしか・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
言っていないんですけど・・(相談者)

・・・

そうすると、今日の・・あなたの相談っていうのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
まぁ、いろいろさっき言った、我慢できない云々もあるけど・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

当座・・(加藤諦三)

この2社の借金を、どうするか・・ってこと?(加藤諦三)

・・

そうですね、これ・・(相談者)

っていうのは・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
結局、親が・・(相談者)

支払・・う・・(相談者)

義務が、あるのかな?と思って・・(相談者)
ああ・・なるほど、なるほど。(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

でぇ、つまりこれ、放っといて、大丈夫・・ってこと?(加藤諦三)

そうですね、やっぱり、自分で作・・った借金なので、これで、親が返しちゃうと、また・・(相談者)

これから先、どんどん、どんどん・・なんか、増えて・・くような・・感じがするんで、ちょっと・・(相談者)

ああ・・(加藤諦三)
苦労させないと、意味がないんじゃないかな・・と、思って・・(相談者)
ああ・・なるほどねぇ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
・・
今日はあの、スタジオに、弁護士の中川潤先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
ぁ・・はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク