テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年1月8日(月)は、ドリアン助川&三石由起子。大学三年生の相談者、卒業論文や就職活動をしなければいけなくなるが、やる気が出ず、何もかも投げ出したいが、それもできない。絵を描くことが好きで、本当はイラストレーターになりたかったが、母親の誘導や脅しで、専門科の高校へ行き、親に馬鹿にされるので、今の大学を選んだ。やりたい事がわかっているようでわからなくなってしまった。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:21歳女性(大学3年生) 両親と妹と同居 四人暮らし

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)
あっ・・もしもし?(相談者)
あ、よろしくお願いします。(ドリアン助川)
あっ、よろしくお願いします。(相談者)
今日は、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

え・・っと、わたしは、大学三年生で・・(相談者)
・・
はい。(ドリアン助川)

で、四年生になると・・卒業論文とか、就職活動が・・しなきゃいけないんですけど。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ここ最近、それをやる・・(相談者)

やる気が出ない・・ような感じで。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

えっと、ほんとはあの・・(相談者)

投げ出したいぐらいなんですけど(声が震えだす)・・(相談者)
うん?(ドリアン助川)

あのぅ、それもできなくって・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でも、そ・・(相談者)

かえって、頑張ることができないので・・ちょっと相談・・(相談者)

うーん・・(ドリアン助川)
させていただきました。(相談者)
・・
はぁい。(ドリアン助川)

その、投げ出したい気持ちっていうのは・・(ドリアン助川)

ちょっと自分で分析してみると、どういうこと?(ドリアン助川)

・・

なんだろう・・一回あの・・や、休みたいって、思うようにな・・(相談者)

休みたいというか・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

・・

今、精神的になんか、ちょっとこう・・(ドリアン助川)

・・

煮詰まっちゃうような・・(ドリアン助川)

どっかこう・・迷路に入り込んじゃうような時、あるんですか?(ドリアン助川)

・・

迷路に入り込むってことじゃないんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

なんか・・(相談者)

好きなことやろうとしても・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

なんか、やる気になれないとか・・(相談者)

で・・(相談者)
好きな事って、例えばなに?(ドリアン助川)

ぇ、わたし好きな事、絵、描くこととか・・(相談者)
絵、描くこと、すきなの?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

で、絵、描くことは、ずっとやってきたんですか?(ドリアン助川)

・・

中2ぐらいから、やってますねぇ。(相談者)
うん・・で、大学の勉強も、絵とは関係ないの?(ドリアン助川)

そうですねぇ。(相談者)
ぇ、じゃあ、そのぅ・・授業とか、自分が取ってる科目に対して、興味が湧いたこともないの?(ドリアン助川)

・・

興味が湧いたというか・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
大学・・あの、今、入ってる大学・・に入った理由が・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ちょっと、将来的に使えそうな資格が取得できるっていう理由で入ったんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ま、ほとんどそれ・・その理由で入学したんですよ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あと、もう一つあるんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ちょっと高校が・・(相談者)

専門科高校に通ってて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

その・・高校の科目が・・(相談者)

自分に合わなくって・・(相談者)

・・

それから逃げたいっていうのもあったんですよ。(相談者)

・・

えーっと、高校が・・専門・・(ドリアン助川)

・・

はい。(相談者)
・・
の、高校なわけね?(ドリアン助川)

はい・・あっ・・その専門科高校っていうのは・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

ちょっと、ほとんど親に決められたみたいな・・(相談者)

半ば、決められ・・(相談者)

て、入ったような所なので・・ふっ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あなたが・・どうやって生きていくかってことに関して・・あのぅ、親・・お父さん、お母さんは、決めてしまうタイプなの?(ドリアン助川)

決めて・・しまうとかはないんですけど・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

でも親に・・(ドリアン助川)
母親は・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

直接言うことはなくても・・(相談者)

なんか、関節的に繋がるような表現したり・・あと、やたらお金の話しをしたりするんで・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

あの、母が厳しいっていうのも、主にお金の話しなんですよ。(相談者)
お金の話し・・(ドリアン助川)

はい・・(ドリアン助川)
例えば、なんかわたしが文句言ったりすると・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

えっと、「誰が、あなたの学費、払ってるんだ」とか・・って、おど、脅して来たりするんですよ。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

あと・・(相談者)
今、一緒に暮らしてるのね?(ドリアン助川)
父親が・・(相談者)
お父さん、お母さんと?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
一緒です。(ドリアン助川)

えっと、兄弟は?(ドリアン助川)

兄弟は、妹がいます。(相談者)
妹さんがいる・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
じゃあ、家族四人で暮らしてるわけですね、今?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

でぇ、親元から、そっから、学校にも通ってるわけですね?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

で、お家の中に・・(ドリアン助川)

ぃ・・今、くつろげる雰囲気・・(ドリアン助川)

というのは、あんまりないんですか?(ドリアン助川)

え・・自分の部屋が、くつろげますねぇ。(相談者)
自分の部屋以外は、あんまりくつろげない?(ドリアン助川)

・・

あまり・・くつろげ・・ぁ、あと、母と妹がいない時は、わりかしくつろげます。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)

じゃあなんか、いろんなことが今、問題が絡みあっちゃってるわけだね。(ドリアン助川)

そうですねぇ・・(相談者)
ぅ、うん・・(ドリアン助川)

あとそれと・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ほんとやりたいこと、あのわたしさっき、絵、描きたい・・(相談者)
絵、描きたい。(ドリアン助川)
絵、描くこと、趣味って言ってたんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ほんとのところは(また、声が震えだす)・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

・・

・・

それ関係の仕事、就きたかったんですよ(泣く)・・(相談者)

ズッ・・(相談者)
それ関係って、絵の関係の?(ドリアン助川)

はい、イラスト関係の仕事、就きたかったんですよ。(相談者)
うん、じゃあ、やればいいじゃん。(ドリアン助川)
あと・・(相談者)

・・

あの、高校の試験とか・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

絵の関係の学校へ行く・・勉強ができないっていうのもあったし・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
あと、専門学校、行っても・・(相談者)

親とかに、馬鹿にされたりするのもあって・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

怖くて・・(相談者)

・・

ゥゥ・・結局、今の大学にしました。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

いや、あのねぇ・・えっと・・あとであのぅ・・ちょっと先生と替わっていろいろ話してもらうけどさぁ。(ドリアン助川)

・・

はい。(相談者)
あのぅ、別に絵の学校、出てないイラストレーターなんか、いっぱいいるよ。(ドリアン助川)

ですよねぇ。(相談者)
自分で勉強して。(ドリアン助川)

とりあえず・・(相談者)
全然、泣くことじゃないよ。(ドリアン助川)

いやぁ、ちょっと・・自分の生き方が、気に入らなかったんで、泣いただけです(泣きながら)・・(相談者)
うん、自分の生き方が、気に入らなかったんだ、これまでの。(ドリアン助川)
ゥゥ・・はい(泣きながら)。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

だけど、気に入らなくて泣いてるってことは、気に入るようにすればいいんだよね?(ドリアン助川)

ズズッ・・ですねぇ・・ゥゥ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

そうだねぇ・・(ドリアン助川)

ま、いろいろ胸の中に・・溜まってるようですけれど・・(ドリアン助川)

ゥゥゥ・・はい・・(相談者)

もしもし?(ドリアン助川)

大丈夫です(涙声)。(相談者)
大丈夫?(ドリアン助川)

ゥ・・(相談者)
えーっと・・そのまぁ、ほんとうは、イラストレーターになりたかったって今・・過去形で言ったけど・・(ドリアン助川)

まだ大学、今度、四年生ですよね?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

でぇ・・(ドリアン助川)

このぅ・・イラストレーターになりたかったっていう夢があるから、目の前のこと、投げ出したくなるわけ?(ドリアン助川)
ズッ・・(相談者)

・・

そういうわけじゃないんですけど(涙声)・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
とりあえず、何度か・・あのぅ・・将来・・お金、稼いで・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

ま、それ関係の学校行くとか・・(相談者)

絵画関係の教室へ行ったり・・ずっと、してるんですけど・・(相談者)

うん・・(ドリアン助川)

なんとか、変えてみようと思ったりはしてます。(相談者)

・・

今、自分がやりたいこと、本当はわかんなくなっちゃったんじゃないの?(ドリアン助川)
・・
そんなことない?(ドリアン助川)

・・

それはないです(泣きながら)・・(相談者)

それはないの?(ドリアン助川)

やっぱりそのぅ・・(ドリアン助川)
それはない・・とは言えない・・(相談者)

・・

・・

そうであって、そうでないって感じです・・うまく言えません。(相談者)
そ・・そうであって、そうでないんだ・・はぁ・・ん・・えっと・・わかりますよ、そうであって、そうじゃない時って、ありますから。(ドリアン助川)

・・

ゥ・・はい。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

・・

ちょっと、わけわかんなくなってきちゃって・・ふっ・・(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)

そっか・・(ドリアン助川)

自分で言ってて、今・・ははっ・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

ま、ちょっと、わけわかんない状態ですけども・・じゃあ、先生に替わってみようか?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ねぇ。(ドリアン助川)

ぇ・・三石メソッド主宰、作家で翻訳家の三石由起子先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1.   私の(団塊)世代だったら「何を  大学まで行かしてもらいながら 甘えたことを!」 あの当時 我が田舎では  中卒で 関西方面へ 集団就職 と 言うのが当たり前でした!
     そんな 夢に描いた イラストレーターだ  か なんだか知らないが 実社会の 荒波に揉まれて見ろ!
     

  2. 三石先生の言う通りですよ。目の前にあることを順番に片づけることが大事。
    よく「天職」だの「本当にやりたい仕事」なんてことを言う人がいるけど、そんなものに巡り合える人は稀です。
    ただひたすら目の前のことを処理してゆくだけでも大変なことですよ。でもそれを積み重ねてゆけばその分野で一流にはなれる。それを称して「天職」って言うの。

    よほどの天才でもない限り、凡人はそういうものなの。どうせ相談者さんも凡人でしょ。

    ja6whmさんも仰ってるけど、いまは豊かな世の中なんでしょう。私が若かったころは相談者みたいに悩んでられるようなゆとりなんか無かったですよ。生きるのに必死でした。