テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年1月15日(月)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。仕事が長続きしないという53歳の相談者。四十代ぐらいから、百回以上、ほぼ、一ヶ月か二ヵ月で転職を繰り返している。妻のパートの収入で生活は成り立っており不安定。どうして長続きしないのか、自分でも理由がわからず、怒りと憤りと失望で絶望的。いっそ、死んでしまえば保険金で妻も幸せかと考えてしまう。辞めないでいられる方法は?
加藤諦三氏の〆の言葉『生きる事を楽しむ能力を破壊するもの。それが自分に対する絶望です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:53歳男性 妻50歳 子供なし 二人暮らし

もしもし?(加藤諦三)

はい。(相談者)
・・
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

よろしくお願いします。(相談者)
最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

53歳です。(相談者)
53歳・・結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)

ぇ・・奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)

50歳です。(相談者)
50歳・・お子さんは?(加藤諦三)

おりません。(相談者)

今、お二人で暮らしてるんですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
・・
はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

・・

ぇ、これからもう・・(相談者)
・・
どう生きていったらいいのか、わからなくなってしまいまして・・(相談者)

・・

はい。(加藤諦三)

どう生きていいか・・もうわからない?(加藤諦三)

でぇ・・そのぅ、そういうように・・(加藤諦三)

思いだしたのは、いつ・・頃からですか、何年前ぐらいから?(加藤諦三)

もう・・(相談者)

ここ1年・・2年ぐらいですかねぇ。(相談者)

あっ・・(加藤諦三)

・・

1年という・・ということは・・割と、最近ということですね?(加藤諦三)
・・
そうですねぇ。(相談者)

・・

はぁい。(加藤諦三)

・・

それで・・(加藤諦三)

具体的な話し・・(加藤諦三)

を、聞くと、今、奥さんとの関係は、上手くいってるの?それとも・・(加藤諦三)

ぇ・・一応上手くはいってます。(相談者)
一応、上手くいっている。(加藤諦三)
はい。(相談者)

まぁ・・どう言ったらいいんかなぁ・・(相談者)
・・
心配かけないように、やせ我慢をします。(相談者)

はい?(加藤諦三)

心配をかけないようなことは、言うてます。(相談者)
あっ・・(加藤諦三)

心配をかけないように気を付け・・(加藤諦三)

ながら言っている?(加藤諦三)
てはいます・・はい。(相談者)

・・

・・

・・

ということはなに?・・奥さんと居る時、リラックスできるということ・・(加藤諦三)

ではないんでしょう?リラックスはできるの?(加藤諦三)

リラックスはできます。(相談者)

リラックスできるの?(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

あなたが言う、リラックスって、どういう意味ですか?(加藤諦三)

・・

そうですねぇ・・(相談者)

・・

・・

とりあえず生活・・まぁ・・(相談者)

困窮しない生活・・(相談者)

ああ・・(加藤諦三)
ですねぇ。(相談者)

ぇぇ、そういうことです。(相談者)
わかりま・・要するに・・(加藤諦三)

あの・・(加藤諦三)

・・

経済的な面を・・言ったわけですね?(加藤諦三)
そうです、はぁい・・(相談者)
心理的な面じゃなくてね?(加藤諦三)

申し訳ないです、そうです、はい。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

でぇ、仕事は・・(加藤諦三)

・・

会社員ですか?自営ですか?(加藤諦三)

現在、無職・・無職です。(相談者)

あっ・・(加藤諦三)

今、無職ですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

あのぅ・・職がなくて、生活が安定してるっていうのは?(加藤諦三)
いや・・(相談者)
経済的な安定してるっていうのは?(加藤諦三)

も、かみさんのパート代に・・(相談者)

頼りっきりで・・(相談者)

あっ・・(加藤諦三)

なるほど。(加藤諦三)

奥さんの・・(加藤諦三)

収入でもって、生活が、安定してるということね?(加藤諦三)

ほとんど安定はしてませんけど・・(相談者)

・・

ほとんど、安定はしていない?(加藤諦三)

はい。(相談者)

けれども・・(加藤諦三)

なんとか、食いしのんでます。(相談者)
うん、ふんふんふん、ふん・・(加藤諦三)

そいで、あなたが、あのぅ・・(加藤諦三)

無職というのは、いつ頃からですか?(加藤諦三)

ぇ・・一ヶ月ぐらいですかねぇ?(相談者)

どういうところで働いてたの?(加藤諦三)

いろんなとこ・・(相談者)
か、会社員とか・・または・・自分が仕事してたとか・・(加藤諦三)
は、派遣・・(相談者)

派遣社員ですが。(相談者)

で、それを・・(加藤諦三)

その派遣社員で、しゃ・・あの、最後の会社を辞めてから、どのぐらい経つんですか?(加藤諦三)

・・

い・・っか月ぐらいですね・・一ヶ月・・(相談者)
あっ・・ということは・・(加藤諦三)

・・

つい最近まで、働いていたっていうことですね?(加藤諦三)

ぇぇ。(相談者)

・・

それで・・(加藤諦三)

その、あなたがもう・・どう生きていいかわからないのは、この、1~2年だと言うんですけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

この1~2年の前と、この、どう生きていいかわからなくなっている・・そこでなんか、生活の仕方に・・変化はあったんですか?(加藤諦三)

いや、特にないんですけども・・(相談者)
特にはない?(加藤諦三)

わたしがその、仕事が続かないのが、なによりの原因ですね。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

仕事が続かないっていうのは、いつ頃から?(加藤諦三)

・・

もうこれは、四十代ぐらいから・・ですけれども・・(相談者)

四十代ぐらいから?(加藤諦三)
はい。(相談者)
・・
じゃあ・・(加藤諦三)

あのぅ・・最初に・・お勤めしたのは、何歳ぐらい?(加藤諦三)

18から・・仕事をしてます。(相談者)
18から・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

そいでぇ・・その時は・・どのぐらい、続いたの?(加藤諦三)

・・

15年ほどは、続きました。(相談者)
15年ほど続いた?(加藤諦三)

ええ。(相談者)
すると、三十代の・・まぁ、中ぐらいまで続いたわけですねぇ・・(加藤諦三)
そうですねぇ・・(相談者)
ええ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

・・

で、その後・・後は、そうすると・・(相談者)

派遣社員で、いろんな・・会社に、行ってたの?(加藤諦三)

・・

いえ、あの、自営業をしておりましたし・・(相談者)

ほんで、正社員にも、なれましたし。(相談者)

自営は、なにをやってたんですか?

・・

自営業は、農業の方ですね。(相談者)

ああ、そうですか。(加藤諦三)

はい。(相談者)

その農業の方は、ちょっと・・倒産してしまいまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

・・

でぇ、四十代ぐらいで・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)
また、再就職しようと思ってたんですけれど・・(相談者)
・・
もう、そこから・・(相談者)

全然、ズルズルと、続かなくなってきましたね。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

・・

・・

ま、とにかく・・(相談者)

金を稼がんと、生活できないのは当たり前ですから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

うん、ですからその、金稼ぐ手段として、仕事はしなければならん・・(相談者)

でも、その仕事に就いても・・長続きはしない・・(相談者)

どうしても気力、体力がもたない。(相談者)

っていう自分・・(相談者)

に対する、怒りっていうか・・(相談者)

うん、そうそうそうそう・・(加藤諦三)
憤りっていうか・・(相談者)
自分に対する怒りにね。(加藤諦三)

ええ。(相談者)
その、自分に対する怒り・・って言ったけど、自分に対する怒りでもあり・・自分に対する失望でもあるんだよねぇ。(加藤諦三)
そうですね、はい。(相談者)

・・

絶望的な・・(相談者)

感じですねぇ・・ほんとに。(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

・・

・・

でぇ・・(加藤諦三)

ほ・・ほんとに辛い?・・今?(加藤諦三)

辛いです。(相談者)

人の一生は、長過ぎるなと思って。(相談者)

・・

いっそう・・(相談者)

無理して働いて・・(相談者)

・・

既に稼ぐよりも・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
まあ・・(相談者)

死んで保険金あったほうが、かみさんも幸せなんじゃないか・・と、真剣に考えてます。(相談者)

うーん・・死んだ方が・・ン・・そ、そのぅ・・保険金で、あれ・・とか・・真剣に考えてると?(加藤諦三)

そうです。(相談者)

・・

・・

・・

だけれど・・(加藤諦三)

あなたの話しを・・聞くとねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

自分に対する・・(加藤諦三)

怒りとか・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)
失望、絶望というのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

そんな珍しいことじゃなくて・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)

・・

そこでそのぅ・・自殺まで・・(加藤諦三)

いくのには、ちょっと・・(加藤諦三)

距離があるんだけどねぇ。(加藤諦三)

・・

あぁぁ・・(相談者)

・・

・・

・・

で、もう・・(相談者)

でも・・回数が・・半端ないですからねぇ。(相談者)

・・

・・

ぅ・・なにが、半端ない?(加藤諦三)

うん、そのぅ・・仕事が続かなくなって、転職した回数・・(相談者)
あっ、転職した回数・・回数、どのくらいなの?(加藤諦三)

もう、百回、超えてますでしょうねぇ。(相談者)

百回超えてるということは・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)
20年間ぐらいの間に・・(加藤諦三)

うん。(相談者)

百回も・・(加藤諦三)

・・

しょっちゅう、変えてるんだね。(加藤諦三)

そうです。(相談者)

もう、一ヶ月、二ヵ月単位で変えてますね。(加藤諦三)

・・

変えて・・で、その、会社に行きますねぇ・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)
新しいねぇ・・(加藤諦三)

うん。(相談者)

で、一ヶ月・・で、また、辞めるわけで・・なにが一番、原因なの?(加藤諦三)

・・

それが、わからないんです。(相談者)
あっ・・(加藤諦三)

それがわかんない?(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

あのぅ・・(加藤諦三)

つまりあれ?(加藤諦三)

それがわからないってことは・・なんで辞めるかは・・わかんないけど、辞めちゃうっていうこと?(加藤諦三)

・・

なぜですかねぇ・・(相談者)

・・

・・

・・

・・

それがわかんない?(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

・・

・・

よくわからないんですよ。(相談者)

自分自身もわからないです、その、辞める時の・・自分の気持ちっていうか・・なんで辞めるのか、わからないですよ、ほんとに。(相談者)

なんで辞めるのか、わからないけど・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
辞めないでは、いられないんで・・しょ?(加藤諦三)

そ・・そうです。(相談者)

はぁぁぁ・・(加藤諦三)

・・

・・

・・

そいでじゃあ・・今日のあなたっていうのは、死にますっていう・・(加藤諦三)

事に対して・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
どう生きていいかわからないということで・・(加藤諦三)

・・

じゃあ、どう生きたらいいか?・・ってことですよねぇ。(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)

はい。(加藤諦三)

スタジオに、心についてのエッセイストしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてますので・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
御意見を、伺います。(加藤諦三)
はい。(マドモアゼル愛)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。

この記事へのコメントはありません。