テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年11月6日(月)は、加藤諦三&坂井眞。下の孫娘の妊娠中に乳癌が見つかった次女、出産後に片方の乳房の摘出と抗がん剤治療で腫瘍マーカーが通常値に戻る。しかし夫に胆嚢癌が見つかった頃、娘も肺に癌が転移していた事が判明し半年前に他界。家族葬で見送った娘婿に対し、夫婦共に反対し怒ったことから、孫に会わせてもらえなくなった。どうにかして会いたいのだが。
加藤諦三氏の〆の言葉『相手はどういう状況の中にいたのか、それを考えるのが解決の糸口です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:65歳女性 夫70歳 二人暮らし 娘二人40歳と38歳(半年前に他界) 次女には女の子の孫二人

もしもし?(加藤諦三)

はい、こんにちは。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)
はい・・わたくしは、65歳です。(相談者)
65歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)
はい。(相談者)

ぇ、ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)

70歳です。(相談者)
70歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
お子さんは?(加藤諦三)

えっと、娘が二人います。(相談者)

何歳でしょうか?(加藤諦三)

上の子が・・40歳です。(相談者)

はい。(加藤諦三)

・・

下の子が?(加藤諦三)

は、38です。(相談者)
38歳・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
でぇ、今・・(相談者)

ご主人と、二人で暮らしてるんですか?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)
はい、わかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

あのぅ・・下の娘に、二人、女の子の孫がいるんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そしてその娘が・・(相談者)

半年ほど前に、亡くなったんですね。(相談者)

あ、お嬢さん・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ、あのぅ・・娘は、あのぅ・・下の子を・・(相談者)

妊娠してる時に、乳癌が、見つかったんですね。(相談者)

はい。(加藤諦三)

はい、そして、あの、それはもう、約・・9ヶ月ぐらいだったから、産み月を待って・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
あのぅ・・帝王切開で・・(相談者)

出して・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
それから、あの・・(相談者)

乳癌の、手・・治療に入ったんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

赤ちゃんがいたら、CT受けれないものですから。(相談者)
はい・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

そして、あの・・乳房を片方とって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

その間、一か月ぐらい・・あの、病院に入院していました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そして・・(相談者)

赤ちゃんは、幸いに、健康に産まれましたものですから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、一週間で、退院して・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたくしども夫婦が、育てました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい、で、それが・・約、7ヶ月ぐらい、続きました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そして・・7ヶ月ぐらい経ってから・・娘のところに・・(相談者)

あの、渡したんですね。(相談者)

はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

それで、大変だから、家に居る夫が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

もう必死になって、新生児の面倒を・・(相談者)

ほぼ三分の二ぐらい、夫がみてくれたんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

そんな・・かんかで・・夫も、や・・やはり、疲れが出たのか・・(相談者)
まぁ・・そうでしょうねぇ・・はい。(加藤諦三)
はい・・はい、病院に行ったら・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

胆嚢癌だったんですね。(相談者)

・・

胆嚢癌?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それでぇ・・夫がもう、余命半年ぐらいじゃないか・・って、言われたんです。(相談者)
半年・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、娘は、その頃は、順調だったんです。(相談者)

はい。(加藤諦三)

腫瘍マーカーの数値なんかも、もう・・正常に戻り・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
健康に、あの、子供達二人を、育てていたんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そして・・父親の、そういうことを知って・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
せっかく調子よかったのが・・(相談者)

今から思えば・・やっぱり、免疫力ダウンで、かなり、やっぱり、マイナスに働いたんだろうな・・と思うんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そして、あの夫は、半年と言われたけど、娘の為にも、俺は、もう絶対、生き延びるっていうことで・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

何年も・・ポジティブに・・まぁ、まだ現在も、あの・・あれ、あのぅ・・癌と共存しながら、生きてるんですけど・・(相談者)

それで、わたくしも両方のことで、一生懸命、あの、協力して、もう家族で頑張っていたんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい、ところが・・(相談者)

やはり、娘は、若いものですから・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
しゅ・・手術もしてとってて(片方の乳房)・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
もう・・(相談者)

マーカーの数値も、もう全然な、ないぐらいだったのが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

やはり・・やっぱり・・妊娠中の、あのぅ、癌っていうのは、ひ、非常に悪いらしくて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

やはりあのぅ・・(相談者)

こ、抗がん剤の治療、終わって、約1年後に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

肺の方にやっぱり、転移が見つかったんですよね。(相談者)

そして・・ま、娘もやっぱり、そのままもう、ダメで・・見送ったんですね。(相談者)

転移した肺癌でもって、亡くなられたということですか?(加藤諦三)
そうですね・・(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)

そして・・まぁ、娘は・・もうあのぅ・・ちゃんとした・・企業に・・勤めていて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あの・・はい・・(相談者)

いろいろ頑張っておりましたものですから・・(相談者)

わたしどもとしては・・(相談者)

もう・・それなりの・・葬式を、出したかったんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)

娘婿の方が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

もう、家族葬の方で、パッと決めてしまって。(相談者)
はい。(加藤諦三)

もう、こちらで・・(相談者)

が、止める間もなく・・家族葬のまま、もう、13~4人で、見送ってしまったんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、あの・・あの、夫・・が、やはり・・ちょっと、怒りまして・・(相談者)

それではあの、お別れ会を開いてくれということだったんですけど、それも・・ダメだったんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、そういうことで、なんか、あの、お葬式・・(相談者)

するまでは・・あの、婿とも、上手く行ってたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

その頃から、やっぱり、おかしくなりまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

お葬式が終わった後から・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

一切、もう孫には、会わせてくれなくなったんです。(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)

・・・

家族葬にしたことでね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
あなたの、ご主人が怒ったというのを・・(加藤諦三)

わかるんですけど、そ・・どういう接し方を・・したわけですか?その・・(加藤諦三)

ご主人と、お嬢さんのご主人と、あなたのご主人とは?(加藤諦三)

はい、ぇ・・いや、その・・お、夫だけでなくて、わたしももう・・絶対、嫌だったんです、だから夫婦でもう、嫌だったんですね。(相談者)

はい。(相談者)
あ、あなた達夫婦が・・(加藤諦三)
・・
もう、家族葬・・あ、はい・・はい。(相談者)
ま、一緒になって、この38歳・・(加藤諦三)

そう・・(相談者)

そうです。(相談者)
の、お嬢さんのご主人に対して・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

そうです。(相談者)

もう、家族葬なんてダメ・・はい・・(相談者)
家族葬なんか、なんだと・・(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

と思っていたら、もう・・はい。(相談者)
それでぇ・・お別れの会やってくれ、偲ぶ会やってくれって言ったけど・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

はい。(相談者)
お別れの会も、偲ぶ会も・・(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)
やってくれなかったと・・うん。(加藤諦三)
はい、そうなんです。(相談者)

はい、まぁ・・ねぇ・・娘婿も・・配偶者を亡くして、もう・・ずっと看病で、疲れもあって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
やはり、みんな、もう、気持ちがね、荒んでいたから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そうなったんじゃ・・ないかな・・と思って・・ま、しばらくすればいいかなと思っていたんですけれども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう、葬式後、一切・・会わせてくれないん・・ですよね。(相談者)

それでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・孫が行ってる保育園に・・(相談者)

「あの、孫は来てますでしょうか?」って言って、電話をしたら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・当分の間は・・もう、あのお休みされるということは、お父様の方から、連絡があったから、来ていません、と、言われたんですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

だから、今度、あの・・ねぇ、お仕事があるから、実家の方に預けているというのは、わかっているものですから・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

実家の方に・・お、お電話を、何度しても・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
もう、ずっと・・出てくれない・・要するに、居留守・・されてるんですよね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

うん、そういう状態だったんですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

だから、メールなどで、何度も何度もしたら・・あの、四十九日の席には・・(相談者)

あの、二人、連れて来るから・・辛抱してください・・っていうことだったんですね。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

で、それで、四十九日の席に、二人を連れて来ていなかったんですよ。(相談者)

はい。(加藤諦三)

もう、そこからショックでですね、だから、こういうご相談をしようというふうになったんです。(相談者)

と、あなたは要するに・・(加藤諦三)

・・

こういうような・・状態の中で、こういうような、いざこざがあって、実は今・・(加藤諦三)

そのぅ・・お孫さんに会いたいけれども、会えない。(加藤諦三)
そう。(相談者)

どうしたら・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
いいかという・・(加藤諦三)
そうです。(相談者)
そういうことですね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい、わかりました。(加藤諦三)

今日はあの、スタジオに、弁護士の坂井眞先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
あっ・・はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク