話しが通じない夫

テレフォン人生相談
離婚

テレフォン人生相談2016年4月6日、離婚にあたり、養育費や慰謝料の請求について相談したい。里帰り出産し、4ヵ月実家に居て彼と生活を始めたが、彼の考えの甘さにイライラして怒る事が多く、子供の事などで喧嘩が多くなる。怒られる事に慣れていない夫は話ができない人。自分の言い方が悪いのかと思って、自分なりに考えて接するも、物にあたるようになり、最終的に暴力される。顔面をグーで殴られて歯がグラグラになり治療。診断書と治療経過はある。夫は父親が20年ほど前に事故で亡くなり母親と同居していたが夫が25歳の時ある理由で母親に勘当された。夫が結婚し子供もできたことで亡き父親の保険金や遺産1500万を3ヶ月前に母親が夫に渡す。1ヶ月前に仕事を辞めて自由な時間がある夫、実家に戻ったので来てもらって話し合いをするつもりだが、話しの通じない夫にどう言えばその1500万から慰謝料や養育費を一括でもらえるか。

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2016年4月6日(水)

パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:女性32歳 夫39歳 結婚1年目 1歳2ヶ月の男の子 実家の父60歳 母53歳 自営業

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

今井通子聞き取り「怒られ慣れてない夫は話しができない」

怒られ慣れていない夫は話ができないと評する妻、夫の生活も、考えの甘さにイライラして怒る事が多く、話しが通じないので、子供の事とかいろんな事で喧嘩が多くなる。離婚にあたり、養育費や慰謝料を、彼にどのように言い方をしたら払ってもらえるのか。

話が通じない夫

32歳の女性から離婚にあたっての、養育費、慰謝料の請求について相談したい。
里帰り出産という形で実家で出産した相談者、生まれてから4ヶ月は実家に居て、彼と生活を始めたのだが、自分なりに彼の考え方の甘さに、イライラして怒ることが多く、それがきっかけで、子供のこととか、いろんなことで喧嘩が多くなる。

もともと怒られることに慣れていない夫は、話ができない人。
相談者も、言い方が悪いのかなと思って、自分なりに考えて接してきたのだが、ものに当たったりだとか、最終的に暴力が出たので、決断して実家に戻ってきたという状況、と相談者(以下、妻という)

あなたのほうは今、ご実家にいらっしゃるの?と今井通子。
はい、そうです、と妻。
ご実家には、お父様お母様いらっしゃるんですか?と今井通子。

はい、離れがあるので、一緒の敷地内なので、一緒には暮らしていますけれども、息子と私のことは自分たちでやってという感じで暮らしています、と妻。
両親は自営業で共働きしている。

あなたは、離れがあるから、もし離婚それちゃった後も、そこで生活ができるわけね?と今井通子。
はい、そうですね、一応すべてが終わり次第、私は子供を保育所に預けて、一日でも早く仕事を探したいと思っているんですけれども、と妻。

母親から勘当

で、ご主人のほうは実家だったの?怒られるのも慣れてないような人って言うのは、実家に住んでらしたの?と今井通子。

20年ほど前に彼のお父さんは事故で亡くなってまして、そこからはお母さんと2人で暮らしていたという形なんですけれども、いろいろお母さんとも揉めたみたいで、 25の時に家を出されたという形みたいです、と妻。

勘当されちゃった?と今井通子。
その内容は、ちょっとここでは言えないんですけれども、勘当されても当たり前だなという理由でした、と妻。

このことは結婚される前にご存知だったの?と今井通子。
それを最初に正直に話したので、まあ、嘘をつかない・・・私の考えも甘かったんですけど、嘘をつかなくて、言い方悪いですけど、バカでも一生懸命やってくれる人かなと思って一緒になりました、と妻。

仕事を辞めた夫

で、現在、そうすると、どういう形で動いていますか?まず、離婚に向けて、と今井通子。
私は1日も早く、離婚問題を終わらせて、新しい生活スタートさせたいので、できるだけ彼と連絡を取って、ちょっと距離が遠いところなんですけど、こっちに来てもらって話を進めたいと思っているんですけれども、と妻。

弁護士さんの無料相談が月1であるんですけど、それにも行って相談とかしてみたんですけど、と妻。
どういう風にしたらいいと、アドバイスは?と今井通子。

お金は取れるところは取って、新しい生活するにもお金が必要なので、協議書ではなく、公正証書というのを作成して、公証役場に行って、それはあくまで自分たちで話し合いが成立した場合、それが成立しない場合は家庭裁判所に行くしかないですねということは聞きました、と妻。

で、その彼に来てもらって、というのは、彼の方としては来ようとしている?と今井通子。
来ようとしているみたいですけれど、実は1ヶ月前ぐらいに、仕事を辞めたので、無職なので自由に動ける人なんです、と妻。

亡父の遺産を分けてもらう

なるほど、彼も仕事を辞めちゃったわけね、と今井通子。
そうですね、仕事に対する考え方も、そうですし、そんなにお給料も良くなかったので、子供を抱えてやっていくには、もっと仕事も考えなきゃいけないし、就いてる仕事も夜の仕事だったので、昼間はずっと時間が空いていたので、その時間も何かしてほしかったですね、と妻。

いや、さっきね、あなたが1番最初に、離婚をする時の慰謝料の云々とか、そういうお話されていたけど、彼はお金を持っていないのかなっていう、と今井通子。

もともとは持っていないです、最初、結婚した当時もゼロに近かったので、と妻
今は、結婚してからは、実家の彼のお母さんとも、連絡を取るようになって、お父さんが亡くなった時に発生した保険金や遺産というものを、分け与えようとお母さんが持ってるお金があって、このまま1人でフラフラしているんだったら、渡すつもりはなかったみたいなんですけど、結婚して子供もできたことだから、渡そうと思うという形で、 3ヶ月前ぐらいに、それは現金で、振り込んでもらったんです。

おいくらぐらいかしら、ちなみに?と今井通子。
1,500万円です、と妻。

考えの甘い夫

そうすると、今は彼は、仕事を辞めちゃって、そのお金があるから、まずは大丈夫なわけね、と今井通子。
はい、それでしばらくやっていけると思うので、まあ考え方が甘いので、しばらく焦って仕事を探す様子もないので、そういうところも含めて嫌にもなったんですけれども、と妻。

はい、そこで、今日のあなたのご相談は何ですか?と今井通子。
どういう形で、やっぱ言い方って大事だと思うんですけれども、どういう言い方をして彼に言ったら、お母さんからいただいたお金を、養育費と慰謝料として、払ってもらえるのかなという形ですね、と妻。

坂井眞アドバイス「顔面をグーで殴られる」

夫からの暴力は、顔面を思い切りグーで殴られて、歯がグラグラになり、治療することに。これがきっかけで離婚を決断する。坂井眞は傷害罪です。

顔面グーパンチで離婚を決断

今のお話を伺っていますと、あなたとしては、夫と別れる決心は固まっているわけ?と坂井眞。
はい、何を言われても、何をされても、固まっています、と妻。
それはもうはっきりしているんですね、と坂井眞。

で、さっきのあなたの話だと、自分に対する暴力もあって、別れる決断をしましたと、暴力っていうものがどうなのかってことですけれども、それはどんなことがあったのですか?と坂井眞。

えっと、顔面をおもいきりグーで殴られまして、前歯が折れそうにぐらついて、歯の治療もしたという形なんですけれども、と妻。
そうすると、お医者さんに行くと、診断書とか、治療の経過、それはありますよね、と坂井眞。
もらいました、と妻。

話しが理解できない夫

あとは、話し方の問題として、どう話すかっていう事でいうと、お子さんに対する責任は、お父さんもお母さんも両方平等に有るわけだから、ちゃんとあなたも出してくださいと、こういう話をするわけだけど、それはできそうですか?と坂井眞。

そういう、まともな考えを言っても、なかなか理解してくれない人で、そこは困っているんですけれども、と妻。

お子さんのことは可愛がってなかった?と坂井眞。
可愛がってたとは思いますけれども、やっぱり、男の人って子供と一緒に成長するので、まだまだ気持ちは薄かったと思います、と妻。

なるほど、今の私の質問に対するあなたの答えを聞いていると、何か言い方変えると、払ってくれそうな感じがしないんだけれど、どうだろうか?坂井眞。

そうですね、まあ・・・と妻。
根っ子はね、言い方の問題は重要ですよ、伝わるように言う、だけど、相手にそういう気持ちがないと、どんな言い方しても、払いたくない奴は払わないっていう、ケースもあるわけですよ、と坂井眞。

月々払いは不安

本当は養育費って月々じゃないですか、月いくら貰ってるっていうのが原則ですよね、でもあなたの話を聞くと、そういうのってすごく不安のある人に聞こえるんですが、どうですか?と坂井眞。

不安があるので今、最初に少しでもまとまったお金が、欲しいっていう形ですね、と妻。
今手元に1,500万あるんだったら、払えるんじゃないかと思うんですよ、もうそれでお子さんの将来の養育費については、これで全部貰ったっていうことにして、区切りつけちゃったほうがいいのかなっていうふうに、あなたのケースの場合は思うんですよね、と坂井眞。

月々払うって、いつ途絶えるかって考えるよりも、一括でもらっちゃって、後はこっちで育てますっていう話になった方が、あなたとしては心配が少ないのかなと思うんですよ、と坂井眞。

それプラス、あなたが殴ってこんなことになっちゃったんだから、慰謝料も払ってねという話をしますよね、それは彼は認めていますか?と坂井眞。
そこもあんまりわかってないと思います、と妻。

贈与税はかからない

顔面をパンチで、歯がグラグラになって、これは傷害罪だからね、と坂井眞。
それは然るべき償いをしなくちゃいけないと思うんだけども、ただそこでたくさんのお金を言ってで話がまとまらないよりは、そこである程度金額を抑えて、慰謝料100万くれというところを50万でいいからと。

で、あと養育費、18年分合わせてこれだけと、要求してみるというのは意味があると思うんですよね、と坂井眞。
一括でいただく場合に、贈与税っていうのはかからないんですかね?と妻。

贈与税はかからないです、と坂井眞。
いくら金かかるんですかね?と妻。
いや、いくらからではなくて、慰謝料というのは、損害賠償だし、養育費は贈与じゃないので、支払い義務があるものを支払っているだけで、別れた旦那さんが養育費を払うというのは、法律上の義務を履行しているだけなので、贈与じゃないんですよ、と坂井眞。

慰謝料っていうのも、損害賠償義務を履行しているだけ、なので贈与には当たらないんです、と坂井眞。
贈与税は心配しなくていいです。

まとめて貰う

なので話をまとめると、なんとなく、 1,500万あることにスポットを当てちゃうと、そういうのがわかって狙っているんだろうと思われたら、逆に話がややこしくなるから、あんまりそこに焦点を当てないようにして、と坂井眞。

だけど、 2人の間のお子さんであることは間違いのない事実で、その彼を、あと18年何ヶ月育てなきゃいけないことも、親の義務として、お父さん、お母さん共にやっていかなければいないことで、そのためにお金がかかるのは当たり前じゃないですか、無理な事は言わないけれども、最低限のことはしてね、と坂井眞。

その最低限のことっていうのが、裁判所が作った養育費や婚姻費用の算定書に書いてあるので、私ももちろん働くから、それぞれの収入がこうだとしたら、今の裁判所はこういう基準なんだよと、すると月いくら、 1年の年額はこのぐらいになるよねと、この子が成人するまでは、こんな費用、今まとめて払ってもらえるのなら、これで済みますよ、と坂井眞。

自分としては、慰謝料ってひどい目に遭ったから、本当はこのぐらい欲しいんだけどと、言って話に乗ってきたら、まとまるために多少慰謝料減額したっていいですよね、と坂井眞。

慰謝料の総額は

まとまらなかった場合に、裁判所に行ったら、私みたいなケースだと、慰謝料は、総額いくらぐらいなんでしょうか?と妻。

これ、難しいんだけどね、ケースバイケースなんで、どうだろう、怪我の内容も今聞いただけだから分からないけど、離婚に伴う慰謝料って話ですと、婚姻の期間とかも関係してくるんですよ、婚姻の期間、あなたの場合、短いよね、と坂井眞。

それは金額が小さくなる要素、だけれども、離婚を決断する理由っていうのが、殴られて歯が折れそうになって、血だらけになっちゃったんでしょ、それはかなりひどい話だから、これは慰謝料が増える要素、と坂井眞。

だから、気持ちとしては100万なんか少ないだろうと思っているだろうけれども、どうだろうな、100万もらっても全然おかしくないけれども、ケースによったら、そんなひどいことするんだったら200万払えって言われるかもしれない、と坂井眞。

っていう感じ、だから、100万200万、場合によったら、何十万って人もいるかもしれない、お怪我の内容、分からないので、幅が大き過ぎて申し訳ないけど、と坂井眞。

ああ、分かりました、と妻。
なんとなく、分かっていただけるかなと、と坂井眞。

今井通子まとめ「話し合いは公的な場所で」

おわかりいただけましたか、と今井通子。

それでその、暴力振るわれるっておっしゃってたから、例えばこっちにいらした時も、例えばあなたが離れに住んでらして、親御さんがいらしたとしても、おうちに直接上げて、また、暴力振るわれても困るから、公的なところで話し合ったほうがいいかもしれない、と今井通子。

それもそう考えてます、と妻。
気をつけてね、と今井通子。
はい、わかりました、ありがとうございました、と妻。

管理人のちょっとひと言

子供が1歳2ヶ月で、結婚1年目って、出来ちゃった結婚ですな。
それもちょっと訳ありかな。
里帰り出産して、子供を産んで4ヶ月で、彼と生活を始めて、彼の甘い考えが云々って・・・

何コレ?もしかして、出会って一緒に住むことなく、里帰り?
それも、籍も入れずに実家に帰って、子供が産まれてから入籍?
まあ、生活始めて、彼の性格が分かったんだから、そうなるんだよな。

なんか設定が、滅茶苦茶じゃん。
リアルだとしても、何がこの2人にあったんだろう?
それとも、言い間違いってやつなのかな・・・

さて、時系列でいくと、一緒に生活を始めてから8ヶ月になる。
5ヵ月目で、母親から1500万円を貰って、先月、旦那は仕事を辞めた。
うん、ここに計画性を感じるんだな。

この1500万円っていうのは、離婚しても、財産分与の対象にはならないお金。
なので、協議離婚した場合、妻の手元には入ってこない。
でもこの協議離婚、通常の場合だと、相手が承諾しないと認められない。

調停が不調に終わって、離婚裁判ってなるけれど、単なる性格の不一致とかでは、離婚は難しいよね。
特にこのケース、旦那は、話しができない人って言ってる。
つまり、この話しができないっていうのは、離婚に応じないってことじゃないかと思う。

話しが通じないんだから、妻側から、何かのお願いか、要望を出しているはず。
考え方の甘さにイライラして怒ったり、子供のこととかで、喧嘩が多くなったり。
そもそも、自分でも言い方が悪いのかって、反省の弁が入ってるぐらいだから、言い方が悪いんだよね。

こんな人を見下したような調子で話をしてるんだったら、普通は怒るよな。
ここに、悪意を感じるんだよな。

もう、離婚したいって話しが出てるんじゃないかと思う。
それに、まったく応じる気の無い旦那。
でも、このままでは、離婚もできないし、何より1500万の現金のうち、一銭だって手に入らない。

ならば、DVといった、暴言・暴力をするように誘導すれば。
暴力は、痛いから、暴言なら、怒らせればいいだけ。
結果、挑発するような言葉に、旦那は物にあたるようになり、怖がっていると、最終的に顔面グーパンチ。

離婚要件、バッチリですな。
診断書も、治療経過も貰ってるしね。
予定通り、1500万から、慰謝料を貰うことに、ほぼ成功。

こんな計画的に、やったかどうか分かんないけど
話しの内容からは、別居してそんなに時間は経ってないはず。
とすると、離婚を考え始めた時には、1500万の現金は、旦那の手元にあったよね。

途中から、少なくとも、それが脳裏にはあったはず。
離婚とお金と、望むものを両方ともに、手にしてしまったな。

考え過ぎの面もあるだろうけど、ああまで、旦那の事を見下してるわけだから。
言い方悪いって、断りを入れておいて
馬鹿だけど、一生懸命やってくれる人って・・・馬鹿とは思ってたわけね。

そんなのだから、話しが通じないと、馬鹿だから、どういう言い方すれば、いいんだって事ね。

もしも、本当にこんな計画的だったら、怖いけど
偶然にしては、なんか上手くできた話しだな。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.