テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年7月20日(木)は、今井通子&坂井眞。妻から、やること全てを否定されてしまう夫。10年ほど前から、尋常じゃないほどキレるようになる。自分が我慢さえすれば家庭が収まると思いやってきたが、収まる気配はなく、家に帰りたくない。9ヶ月ほど別居したが、子供の涙に勝てず、やり直そうと思うも、より酷くなった妻の暴言。2ヶ月ほど経ち、今、家を出ている状況。こんな理由で離婚できるのか?

パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:49歳男性 妻46歳 結婚18年目 子供3人 長女15歳 長男12歳 次女8歳

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

今日は、どういった、ご相談ですか?(今井通子)

はい、実は、離婚を考えておりまして・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

あなた、おいくつ?(今井通子)

49歳です。(相談者)
49歳・・(今井通子)
はい。(相談者)
奥様は?(今井通子)

46歳です。(相談者)
46歳・・(今井通子)

お子さん、いらっしゃいますか?(今井通子)

はい、15歳、女・・(相談者)
はい。(今井通子)
12歳、男・・(相談者)
はい。(今井通子)

8歳、女・・(相談者)
はい。(今井通子)
・・
っていう・・構成です。(相談者)

はい。(今井通子)

でぇ・・ご結婚、何年目?(今井通子)

18年です。(相談者)

18年目・・(今井通子)

はい。(相談者)

全否定

さて・・(今井通子)

離婚したい、理由は?(今井通子)

・・

妻が・・(相談者)
・・
うん。(今井通子)

自分の、わたしのやる事すべてに・・(相談者)

もう、否定的に・・なって・・自分を、否定されてしまうんですね。(相談者)

ちょっと、例えばの例を?(今井通子)

例えば、自分の今、勤めている業界・・(相談者)

「あなたの業界は、レベルが低いね。」と・・(相談者)
・・
うん。(今井通子)

うん、そして、ボーナスをもってきて、やっぱり、「こんなのは、ボーナスではない。」と・・(相談者)

うん・・(今井通子)
・・
「なにやってるんだ。」と・・(相談者)

うん。(今井通子)

うん、それとか・・例えば、子供の運動会の席取りに行けば・・(相談者)
うん。(今井通子)

「なんで、こんな席なんだ。」と。(相談者)

うん。(今井通子)
・・
もう・・よくよくきりがないんですけれども・・なにか自分が、ちょっとでも動くと・・(相談者)

尋常じゃないぐらい、キレてしまうんですよね。(相談者)

あ、奥様がねぇ。(今井通子)
・・
はい。(相談者)
うん。(今井通子)

・・・

なるほど。(今井通子)
・・
それで、それって、いつ頃から?(今井通子)

もう、だいたい・・ですね、ここ、10年・・ぐらい前からでしょうか。(相談者)

ああ、10年も。(今井通子)

はい。(相談者)

して・・自分としては、もう、勝手な話かもしれないんですけれども・・(相談者)
はい。(今井通子)
今まで、そういうことが、始まった時に・・(相談者)

はい。(今井通子)
茶碗を洗う、洗濯を手伝う・・(相談者)
はい。(今井通子)
掃除をする、いろんなことに関して、できる限りの協力・・家事の方、優先・・(相談者)

あのぅ・・育児を優先にして、今までずっと、やってきたんです。(相談者)

うん。(今井通子)
で、なにを言われても・・(相談者)

自分が、我慢さえすれば・・この家庭は、収まるなっていうふうに・・思ってきたんですよね。(相談者)
はい。(今井通子)

・・

で、親は・・僕の・・自分の親の所に行く時も・・(相談者)
・・
ちょっとした・・親・・の、言ったこと・・(相談者)

例えば・・(相談者)

「寒いから・・最近、寒いから、風邪、ひかすんでないよ、子供達に」・・って、何気ない言葉なんだけれども・・(相談者)
はい。(今井通子)

その言葉を聞いて・・(相談者)
「まるで、わたしが風邪をひかせているみたいじゃない。」
「なんなの、あんたの親。」・・っていうような感じで・・(相談者)

「もう、二度と、あなたの家には行かない。」・・って、言われてしまったんですね。(相談者)

うん・・(今井通子)

もう・・ぅ、なんか、そういうの・・(相談者)

こと・・で・・もう、自分としては、ほんとに、家に帰りたくない状態・・なんです。(相談者)

はい。(今井通子)

それで・・そういうような・・理由・・でも、今さら、こんな歳になって・・(相談者)
・・
こういうのって・・離婚理由として、認められるかどうか、ちょっと、聞いてみたかったんですよねぇ・・(相談者)
・・
なるほどね。(今井通子)

・・・

・・・

耐えられない

でぇ・・(今井通子)

そのぅ・・奥様の方は・・(今井通子)
・・
はい。(相談者)

あなたが、こう、まいっちゃってるのは、気付いてらっしゃるの?(今井通子)

ええ、2ヶ月前に・・(相談者)
はい。(今井通子)
ちょっと、そういう話をして、正式に離婚をしたいと言うと、今まで・・あのぅ、専業主婦の・・なにも、働いてないので、あなたの扶養に入っていて・・(相談者)
今・・(相談者)

そんな、捨てられたら・・(相談者)
・・
「老後は、どうやって、わたしは生きていけばいいの?」
「絶対、離婚なんかしない。」って、言われてしまったんです。(相談者)

うーん・・(相談者)

・・・

・・・

なるほど。(今井通子)
・・
もう、だから・・自分の・・思いとしては・・(相談者)

もう、こっから先・・あと10年・・12年、経ってしまった時に・・(相談者)

もう、このような状態が、続くのであれば・・(相談者)
・・
老後を、二人になった時に・・(相談者)

もの凄くその、二人だけの生活っていうのを・・(相談者)

考えると・・もの凄く、ゾーッと、してしまうんですね。(相談者)

うんうんうん・・なるほど・・(今井通子)
だから、もう・・やっていけないな・・っていうのが・・もう、ここ・・で、もう自分・・もう、ずっと今まで、何十年も、耐えてきた分・・(相談者)

ん、うん、もう・・とにかく・・嫌だっていうことしか、もう前面に出なくて・・(相談者)

どうしても、やっぱり、納得が、いかないんですよね。(相談者)
・・
そして・・うちのかみさんにも、そのぅ・・家庭裁判所に行って、二人の話しを聞いてもらおうって・・やれるもんなら、やってみなって・・いう・・形なんですね。(相談者)

「わたしが、悪いなんて、誰も言わないはずだ」・・って始まっちゃって・・(相談者)

・・・

なるほど。(今井通子)

とにかく、だけど、今は・・(相談者)

顔も見たくないっていう・・ぅ・・思いしかないです。(相談者)

なるほど。(今井通子)

・・・

・・・

これ・・(今井通子)

お子さん・・まだ、二人の頃から・・急になったわけよね?(今井通子)

そうですね。(相談者)
うん・・は、8歳の、お子さんまだ、産まれてなかったもんね。(今井通子)
そうですね。(相談者)
10年前だと。(今井通子)
・・
はい。(相談者)

ただ・・そういう、兆候というか、一人目、産まれた時から・・(相談者)
ええ。(今井通子)
もう、そういう、兆候、あったんです。(相談者)
なんか、自分の事を、もう要は、「汚い」とか・・(相談者)

変な目で・・見るというか・・(相談者)

あ、ぉ・・嫌われてるんだろうな・・っていうのは、節々(ふしぶし)には、感じてはいたんですよね、それが・・酷くなったが、10年・・ぐらい、前から、というような感じなんですよね。(相談者)

うーーん・・(今井通子)

・・・

お子さんは、どっちの味方って言うと、変だけど・・(今井通子)
あ、かみさんです。(相談者)

ああ・・そうなの。(今井通子)

はい。(相談者)
・・
うん。(今井通子)

だけど、子供達は、僕の事を、嫌ってるのかな?と思えば・・そういうわけでもなかったっていうのが、この間、ちょっと、わかったんですよね。(相談者)

うん・・それは、ど、どういうことで?(今井通子)

実は・・(相談者)

9・・(相談者)

ヶ月間・・(相談者)

別居してたんです。(相談者)

あっ・・(今井通子)

そうなんですか、はい。(今井通子)
・・
はい。(相談者)

で、その間・・(今井通子)

帰って来いと、言われた?(今井通子)

いえ、言われません。(相談者)

あ、帰って来いという・・言われたのは・・(相談者)
・・
その帰った、2ヶ月・・前に・・(相談者)

一回、帰ってきて、子供達に、きちんと話をしてくださいと、言われました。(相談者)

・・・

ああ・・2ヶ月前に、帰ったのは・・(今井通子)

はい。(相談者)
奥さんの方から、ちゃんと・・(今井通子)
はい。(相談者)

子供達に・・(相談者)
話を、子供達にしてください・・って言われたので・・帰った。(今井通子)
して下さいっていう・・はい・・(相談者)

そうです。(相談者)
なるほど。(今井通子)
それで、話し合いをして・・(相談者)
はい。(今井通子)
あのぅ・・そこで、子供達の、ちょっと、涙を見て・・(相談者)
うん・・(今井通子)

子供の涙・・特に・・(相談者)

男の子の涙には、ちょっと、勝てなくて・・(相談者)

うーん・・(今井通子)
やっぱり、いなくちゃダメだな・・(相談者)

うーん・・もう一回・・やり直してみようかな・・(相談者)

っていうような感じで、思ったんです、子供の為に。(相談者)

なるほど。(今井通子)

だけども、やっぱり・・(相談者)

ぜんぜん、態度は、変わらなくて・・(相談者)

いろんな事が、ずーっと・・(相談者)

もう、くすぶっちゃってる・・(相談者)

っていうか、それから・・新たな、嫌なことも・・もう、言われてるので、それから、ちょっと、やっぱ2~3日・・また、帰ってない・・っていうのが、現状なんです。(相談者)

なるほど。(今井通子)

はい。(相談者)
で、現在は、帰ってないんですね、じゃあ。(今井通子)

帰ってないです。(相談者)
はあ・・(今井通子)

さて、それで・・(今井通子)

はい。(相談者)
今日の、ご質問・・は・・(今井通子)
・・
はい。(相談者)

こういう理由で、離婚できるか?っていうのが、ご質問なの?(今井通子)
はい、そうです、はい。(相談者)

・・・

今日はですね、弁護士の・・(今井通子)
はい。(相談者)
坂井眞先生が、いらしてますので・・(今井通子)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(今井通子)
はぁ・・(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. しっかりしなさいよ!と言いたくなった。
    ひたすら我慢してきた結果が現状でしょうに。
    理不尽なことに対しては闘わなきゃダメなんです。

    大丈夫かなあ?この相談者さん。
    三石先生の口癖じゃないけど「頑張れ!頑張れ!」

  2. うーん何だか今回は回答二人はミスチョイスだよねぇ(笑)
    別れさせようとしないし・・・もう相談者はテンパってるでしょコレ?
    もう離婚しかないし離婚の方法を聞いてるんだがな。
    どう見ても嫁のモラハラです。弁護士立てて良い方向に離婚出来ると
    良いのですが、さて?

  3. 嫁は更年期か精神疾患かなんか?
    このままだと旦那がウツになって死んじゃうんじゃない?
    コメンテーターは本当ミスチョイス。どう考えても言葉によるDVだし離婚せなかんでしょ。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.