テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年3月22日(水)は、今井通子&大迫恵美子。77歳の夫は認知症で要介護5、3年前から特別養護老人ホーム(特養)に入所中。50歳頃にサラリーマンをリタイアした夫、年金の月額8万ほど、特養への支払い14万の内、不足分は夫の貯金で賄う。しかし底を尽きそうなので、不動産を処分しようと思うが、成年後見人が必要。弁護士・司法書士に頼むと報酬が必要。なにか良い方法はないだろうか?
パーソナリティ:今井通子
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:71歳女性 夫77歳(認知症で特別養護老人ホームに入所中) 子供なし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

もしもし、テレフォン人生相談です。(今井通子)
あ、お世話になります。(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ、わたくし71歳・・(相談者)
はい。(今井通子)
主人が、77歳。(相談者)
はい。(今井通子)
そして、あの、子供はいないんです。(相談者)
はい。(今井通子)

認知症で特養入所中の夫

それで、今、主人は・・えー、3年前から、特別養護老人ホームの方で・・(相談者)
はい。(今井通子)

お世話になってるんですね(泣きながら)。(相談者)
はい。(今井通子)

(泣くのをこらえながら)

それで・・その、経費をですね・・(相談者)
はい。(今井通子)
あの、主人の方の・・預金で・・(相談者)
はい。(今井通子)

まあ、あの・・まかなってきたんですが・・(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ、それが、乏しくなってきたもんですから・・(相談者)
ああ・・はい。(今井通子)
あの・・主人の・・宅地の他に・・不動産を持ってるもんですからね。(相談者)
はい。(今井通子)

それを・・処分して・・充てたいなと思うんです。(相談者)
はい。(今井通子)

んで、それに・・まあ、不動産屋さんの方へ・・(相談者)
はい。(今井通子)
あの、相談に行きましたところ・・(相談者)
はい。(今井通子)

ま、ちょっと、主人がそういう、認知・・が、あるもんですからね。(相談者)
はい。(今井通子)

で、まあ、司法書士さんか・・(相談者)

あのぅ、なんかに・・相談して・・で、あの成年後見人ですかね?(相談者)
はい。(今井通子)

あの、そういう・・の、依頼したらどうだと・・(相談者)
はい。(今井通子)

という・・アドバイスをいただいたんです。(相談者)
はい。(今井通子)

ん・・でもあのぅ・・(相談者)

ん・・司法書士さん・・に、お願いすると・・あのぅ、一時的な経費はともかくとしてね。(相談者)

ま、月々・・なんらかの・・報酬を、お支払いしなきゃいけないわけなんですが・・(相談者)
はい。(今井通子)

と、思いますが・・(相談者)
あ、これは、成年後見人・・人を・・司法書士さんに、お願いするということですね?(今井通子)

はい、した場合ね。(相談者)
はい。(今井通子)
あ、それしか、あの、弁護士さんというの、頭になかったもんですから、不動産屋さんが、司法書士さんって、言われたもんですから・・(相談者)
はい。(今井通子)

そのまま今、言葉にして、表してるんですが・・(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ・・費用の件ですね・・(相談者)
はい。(今井通子)

その点が、とても、不安なんですよね。(相談者)
ああ、はい。(今井通子)

で、今現在・・土地を持ってることに・・よって・・(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ、宅地と、自分ちの宅地と、そのぅ、持ってる、空き地と併せて・・(相談者)
はい。(今井通子)

あの、年間35万ぐらい、固定資産税払ってるんですよね。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・それ・・の、他に、あのぅ、ま、雑草処理?(相談者)

はい。(今井通子)
でぇ、1回・・5万ぐらいかかるもんですから・・(相談者)
はい。(今井通子)

年に2回、かかるとして、10万ぐらいかかってるんですよね。(相談者)
はい。(今井通子)

で、ま、それは今まで全部、わたくしの方の、あの、お金で払ってたんですが・・(相談者)
はい。(今井通子)

ま、今後それがずーっと続くとなると・・(相談者)
はい。(今井通子)
わたしも、自分の老後があるもんですからね。(相談者)
ええ。(今井通子)

大変ですので・・まあ、思い切ってその、処分できるものであれば、その土地を処分したいなと、思って・・(相談者)
はい。(今井通子)

で、あの・・ぅ・・どういう方法が、一番ベストかっていう、ご相談なんですけど。(相談者)

心もとない貯金残高

あ、なるほど。(今井通子)

あの、目的は・・(今井通子)

宅地と不動産を、処分したいと。(今井通子)

いうことですね?(今井通子)
あ、宅地と不動産じゃなしに・・あの・・宅地は・・(相談者)
宅地は・・(今井通子)

自分が今、住んでるもんで、わたくしが、住んでるもんですから・・(相談者)
その他にある・・空地・・ですね。(相談者)

あっ、別に、土地を、お持ちなのね?(今井通子)
はい、そうです。(相談者)

で、この・・空地の、名義人は、ご主人だ・・なんですね?(今井通子)
あ、そうです。(相談者)
はい。(今井通子)

で、宅地の方は、わたくしと共有です。(相談者)

あ、なるほど。(今井通子)
えー、じゃあ、お話をちょっと、きちっと・・整理すると・・(今井通子)
はい。(相談者)

あのぅ・・ご主人は、現役時代は、自営ですか、それともあの、会社かなんかにお勤め?(今井通子)
あ、サラリーマンをしてたんですが・・(相談者)
はい。(今井通子)

50ぐらいになった時にですね・・あのぅ・・もう、カラダが大変だから・・辞めたいと・・(相談者)

彼もそれからは・・あのぅ・・無職で・・(相談者)

で、ずっと、わたしが扶養してたんです。(相談者)

なるほど。(今井通子)

で、奥様の方・・あなたの方は・・(今井通子)
はい。(相談者)
会社員・・か・・(今井通子)

はい、わたしはずっと、あの、高校出てから・・(相談者)
はい。(今井通子)
あの、60歳まで、働きました。(相談者)

で、あのぅ・・今、ご主人が・・(今井通子)

えー、入ってらっしゃる・・特養・・特別養護老人ホームって・・年に、いくらぐらいかかるんですか?(今井通子)

えーっとね、月にね、14万です。(相談者)
ふんふんふん。(今井通子)

だいたい、14万ぐらいですね。(相談者)
はい。(今井通子)

で、あのぅ・・今、ご主人は・・(今井通子)
はい。(相談者)
年金生活?(今井通子)
はい、そうです。(相談者)
ふんふんふん。(今井通子)

当然・・(相談者)
ちなみに、えーっと、どれぐらいかしら?(今井通子)

月額?(相談者)
はい。(今井通子)
8万円ぐらいですね。(相談者)
あ、なるほどね。(今井通子)
はい。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、実際には、そのぅ・・(今井通子)

えっと、1ヶ月に、14万払われてるのね?(今井通子)
はい、そうです。(相談者)
うん。(今井通子)

で、その8万の残りの部分は・・(今井通子)

・・・

あなたの方で・・(今井通子)
あ、今のところは・・ぁ、主人の預金から・・出しております。(相談者)
ああ、なるほど・・(今井通子)

今ねぇ・・(相談者)
貯金の残高ってどれぐらい?(今井通子)

今、100・・普通預金で、190万ぐらいです。(相談者)
なるほど。(今井通子)

・・・

そうすると・・まあ、もう底をつくのは・・すぐ、間近ということね。(今井通子)
わりと・・もう、目の・・(相談者)
うん。(今井通子)
前ですよね。(相談者)
うん。(今井通子)

夫名義の土地のベストな処分方法

あなた自身は、じゃあ別に・・その貯金もお持ちなわけ?(今井通子)
はい、わたしは・・若干、ま、ぁ、あの今、話ししたように、主人を、扶養しておりましたのでね。(相談者)
ええ。(今井通子)

そんなにたくさんではないんですけど・・まぁ、若干、やり・・くりして・・あの、貯めて・・おります。(相談者)
お持ちなわけね?(今井通子)
はい。(相談者)

それで・・年金額も、あなたの方が、ずっと多いはずですね?(今井通子)

あ、そうですね、あのぅ・・ぅ・・月額・・ぁ、えっと、10・・8・・万ぐらいですかね。(相談者)
はい。(今井通子)

14万です、ごめんなさい。(相談者)

14ですか?(今井通子)
はい。(相談者)
ふんふんふんふん。(今井通子)

なので・・あなたは、お元気なうちは、あなた自身は、これ・・まぁ、持家でいらっしゃるし・・(今井通子)
はい。(相談者)

えー、月額・・これぐらいで・・生活はできますよね?(今井通子)
はい、なんとか。(相談者)
うん、ただ・・ご主人の方に、サポ―ト入れちゃうと・・(今井通子)

はい。(相談者)
かなり、きつくなっちゃうということなんですよね?(今井通子)
そうですね。(相談者)

でぇ、今も、その、お持ちの・・空地。(今井通子)
はい。(相談者)

だいたい、その不動産屋さんの・・値踏みだと、おいくらぐらいなんですか?(今井通子)
全然、聞かなかったです。(相談者)

ふーん・・(今井通子)
な・・そういう話しは・・なかってもう、あのぅ・・ま、主人がそういう状態だから・・(相談者)
うん。(今井通子)

要は、あの、手が出せないというような・・(相談者)

意味合いで・・(相談者)

あのぅ・・後から連絡しますって、連絡来ないんです。(相談者)

わかりました。(今井通子)

でぇ・・(今井通子)

その・・・特養に入られまでにね・・(今井通子)
はい。(相談者)

だいたい、こう、例えば認知度、いくらとか・・(今井通子)

そういう・・あのぅ・・診断は・・(今井通子)

あ、病院でされたりしてました?(今井通子)
あ、あのぅ・・ま、介護保険を受けるために・・(相談者)
はい。(今井通子)

ぁ・・申請したらば、すぐに・・(相談者)
はい。(今井通子)
要介護・・3・・でしたんですよね。(相談者)

あ、最初、3ね。(今井通子)
はぁい。(相談者)
はい。(今井通子)

それで・・(相談者)

要介護5になったんです。(相談者)

はい、わかりました。(今井通子)
でぇ・・結局・・まぁ、このまま・・だと・・じゃあ、その・・空地を売られたら・・(今井通子)
はい。(相談者)

・・・

それなりに・・まあ・・経費的には、続いていくだろうと、お考えですよね?(今井通子)

ぁ、そうですね、あのまぁ今、言った、固定資産税もね・・(相談者)
ええ。(今井通子)

払わなくていいし・・(相談者)
はい。(今井通子)
あのぅ、雑草のお金も、払わなくていいですからね。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、まぁ、なんとか、この先・・ま、どれぐらいで売れるか、わかりませんけど・・(相談者)
はい。(今井通子)

当面・・っていうか、ま、主人の一生は、それで・・まかなえるんではないかなと・・(相談者)
はあ・・(今井通子)
思ってるんですが。(相談者)
わかりました。(今井通子)

ということで・・(今井通子)

そうすると、今日のご質問は?(今井通子)
はい。(相談者)

・・・

あの、わたくしは・・(相談者)
うん。(今井通子)

あの、どのように・・その、し・・その主人の・・あの・・(相談者)

財産を処分するには・・(相談者)
うん。(今井通子)

どのような方法を選択するのが・・(相談者)
うん。(今井通子)

あの、ベスト・・なのかなっていう・・(相談者)
ことを、お聞きになり・・なりたいわけですね?(今井通子)
はい、ん・・(相談者)

なるほど。(今井通子)

今日はですね、弁護士の大迫恵美子先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。(今井通子)
はい、すいません。(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.