テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年1月13日は、加藤諦三&中川潤。26歳の娘が付き合っている男性は家に関する職人で中学卒。日本は学歴社会で、経済的に苦労するのではないかと懸念。中卒では生涯賃金も上場企業に勤める人とでは1億違う。夫婦喧嘩で一番多いのもお金のこと。理解して、自分が支えていくという娘に対し、仕事を失くした時の不安とかで悩んでしまう父親。

テレフォン人生相談2017年1月13日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:63歳男性 妻60歳 一人娘26歳 3人暮らし 娘の彼氏28歳

加藤諦三氏の〆の言葉『幸せと相関しているのは、その人のパーソナリティです』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

63歳男性から、妻は60歳、26歳の娘が一人、3人暮らし。

娘の結婚相手

で、どんな相談ですか?(加藤諦三)
え、あのぅ、娘、26になるんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ、その、結婚・・の・・ことなんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まぁ、あのぅ・・付き合ってる相手の・・人がですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、家に関係する、職人さんなんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

将来的なアレが、なかなかこう・・経済的に・・厳しいんじゃないかなっていうのを、非常に心配するんです。(相談者)
はい。(相談者)

ま、本人は・・全部わかってるとか、覚悟してるっていうことだもんですから・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

まぁ・・あんまり強くも、反対できんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
やっぱり、長い間の人生・・やっぱり、お金のことっていうのは、どうしても・・こう、喧嘩の元になるし・・(相談者)

上場・・1部上場企業の方とか、お医者さんのこう、お見合いの話しもあるもんですから・・(相談者)
うん、う、うん。(加藤諦三)

会うだけ、会ってみたらっていうことも、言うんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

もう、やっぱり・・ある意味で、好きになってると思いますもんですから・・(相談者)
うん、今ね・・(加藤諦三)
あんまり、考えを・・(相談者)
あ、あつ・・はい。(加藤諦三)
変える気、ないんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

生涯賃金の格差

で・・その今、好きになってる相手の方っていうのは、何歳ぐらいの方なの?(加藤諦三)
28歳。(相談者)
28歳・・(加藤諦三)
あの・・(相談者)

中学・・を、出てるんです・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

経済的な事情だと思うんですけども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あの、高校へ・・の・・を、出てないもんですから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まあ、長い間にこう・・転職・・するっていっても・・(相談者)

やっぱり・・いろんな求人のアレ見ても・・(相談者)

高卒とか、そういうのは必ず、最低でも、ついてまとうもんですから・・(相談者)
うん、うん。(加藤諦三)

転職も、ままならんじゃないかなと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

で、今からでも・・定時制とか・・通信教育で高校だけの資格を・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

取ったらということで、娘を通して・・娘に言うんですけど・・(相談者)

ぇ・・ぇ、今、一生懸命、仕事で頑張ってるもんで・・(相談者)
んん。(加藤諦三)
もう、そんな余裕、時間がないっちゅうことで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

一部上場企業になれば、一部上場企業で、な、なくても・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あの、ほどほどの会社、行ってれば、ボーナスはあるし、有給はあるし・・(相談者)
ん・・(加藤諦三)
退職金はあるしっちゅうことで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

生涯賃金は、もう、1億円以上、違うよと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
紙に書いてみて、計算してみたらっちって、もう間違いなく・・その差は、出るもんですから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そう言っても、もうそれもまぁ・・ま、全てわかってるということで・・言うもんですからねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、なん・・(相談者)
まぁ今の、26歳のお嬢さん・・の方は、そこら辺のところは全部わかってるん・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
でしょうね。(加藤諦三)

中学卒の学歴が気になる

で・・(加藤諦三)
あのぅ・・まだ・・その、パン屋さんとか、ケーキ屋さんっていうのはですね・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

こう、ど、努力のし甲斐が・・あってよく、ま、テレビなんかでも、行列ができるだとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

一生懸命、頑張れば・・遠くからでも、買いに来てくれるっていうの、ありますよね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

今・・やってる仕事っていうのは、やっぱり・・孫請けっていうか、上からの仕事の・・こう・・おりてくるのを請けるもんですから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

努力で、自分の腕を発揮するっていうか、い・・いい・・仕事をするっちゅう部分がないんですよね。(相談者)

だから・・(相談者)
あの・・はい。(加藤諦三)
応援のしようもないっていうか・・(相談者)

あの、あなたから見ると・・ごく普通のサラリーマンっていうのは、努力のし甲斐があるように、見えるっていう・・(加藤諦三)
んんん・・・(相談者)

そう・・ま、別にそれでなくても・・先ほど言ったように・・ね、パン屋さんとか、ケーキ屋さんなら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

外国へ勉強に行くだとか、国内の有名な、そういうところへ・・あのぅ、弟子入りしたりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

自分で・・弟子入りじゃない、研究を重ねて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ってか・・行列を・・つくような店っていうのは、夢もあるし・・あのぅ、そういう店にしようと・・(相談者)
うん、まぁ、よく、人気テレ・・テレビでよくやってるよね。(加藤諦三)
ええ、ええ、ええ、ええ・・そういうような・・頑張りっていうのが、あるんですけど・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

今やってる・・仕事っていうのは・・(相談者)

うん、頑張りようがないっていうか・・(相談者)
ま、あなたとしては、この今の恋人・・が、不本意なわけですね?(加藤諦三)

あぁ・・不本意・・っていうより、まあ、やっぱり・・安定的な・・仕事に、支えられてるっていうのは、精神的にも・・安定するし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ええ・・その・・今度、ボーナス出たら・・えぇ・・なにを食べる?とか・・退職金出たら、なにを・・家を建てるとかいう・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

こう・・楽しい話題が出るですが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
今のままだと・・想像・・するに・・あまりこう・・(相談者)

返済日がくるだけど、どうするの?だとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
やはり、こう、楽しい話題が、想像できにくいもんですからね。(相談者)

あの・・あなた自身、アレですか?・・やっぱり、そういう・・ことで、苦労したってことはあるの?(加藤諦三)
んっと、わたし自身は、苦労してないですが、平均的な会社、行ってたんですが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

日本は、まだまだ、学歴社会ですし・・お金で・・やっぱり、喧嘩の元っていうのは、一番多いし・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

将来への不安

でぇ、今日の、あなたの相談っていうのは、そのぅ・・26歳のお嬢さんが・・結婚相手に、考えたい人が・・(加藤諦三)
あなたの目から見ると、世間・・で、苦労する・・ような人を、選んだということですね?(加藤諦三)

なんだ、経済的に、苦労するじゃないかなと思いましてね。(相談者)

苦労するんじゃないかなと思ったと?(加藤諦三)
まぁ、職種的にね。(相談者)
うん、う、うん・・(加藤諦三)

わかりました、それでそのぅ・・今日の相談というのは・・(加藤諦三)

あのぅ・・彼自身のもう・・考え方というか、こう・・(相談者)

気、気持ち・・の・・こう・・結論づけるというところが、まあ・・(相談者)

自分の・・(加藤諦三)
まぁ、今現在性格が良ければ・・いいじゃないのと、一生懸命、仕事してる人ならと・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

一度は、会ったんです。(相談者)

$%&来た時が、あるもんだからね。(相談者)
うん、うん。(加藤諦三)

ま、感じとしては・・別に・・どちらかというと、好印象だったんです。(相談者)
うん、で、い、イイ人でしょうねぇ。(加藤諦三)

うん、だけど、なかなかねぇ、いざ、現実のこう・・日常生活とか世界へ・・(相談者)

これから、毎日、毎日、仕事を失くした時に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
学歴っていうのが、どういうふうに・・ネックになってくかなっていうのは、もう・・大きなハンディのような、気がしますもんですからね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

それで今・・一人娘の事で、悩んでるということですね?(加藤諦三)
まあ、そうですね、悩み・・ですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

今日は、弁護士の、中川潤先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
ああ、どうもすいません。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク