テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年3月9日(木)は、ドリアン助川&三石由起子。片親だった娘の夫が家を建て、姑を呼び寄せ娘夫婦と同居するも、嫁姑関係が上手くいかず、1年で別居、人格否定された娘は鬱状態に。その頃から、夫婦関係も上手くいかなくなり、半年ほど前に離婚をしたいと言われる。3ヶ月前に実家に戻って来た娘、離婚は望んでいないが、自立できるよう、看護師として病院へ勤め始める。

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:68歳男性 妻68歳 息子(現状不明)と娘36歳(看護師) 女の孫2人(小学3年生と幼稚園年少)・・・他 嫁の夫(看護師)・姑

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

68歳の男性から、わたしの、娘の、夫婦の話しなんでございますが・・

はい。(ドリアン助川)
半・・年ぐらい・・前にですね・・突然、旦那さんの方から・・あのぅ、離婚したいというような、話しがあって・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
まあ、娘としては・・(相談者)

あのぅ、突然だったんで、びっくり・・したような状態なんですけれど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それであのぅ・・わたし共の・・親許へ・・ぇ・・3ヶ月ぐらい前に・・あのぅ、子供2人連れて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

今、き、来て、別居状態に、あるんですけれど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

どうしてそのぅ・・別れたいっていうふうに・・旦那さんの方が、言ってきたかってぇのが、とてもちょっと・・(相談者)

わたし共も、夫婦もそうなんですけど、娘自身も、なんか・・(相談者)

あの、不思議・・で・・あの、一応、問い合わせ・・て、みたところが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そうですね、5~6年ぐらい前に・・あのぅ・・(相談者)

家を作ったんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ、そこへ、まぁ、あのぅ・・旦那さんの方の・・お母さんが、片親だったもんで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

隣の県から、お呼びして・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
一緒に住んで、ようやくこう・・(相談者)

あのぅ、親孝行もできて・・自分の家庭を築けるかな・・っていうような・・状態だったんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

姑さんと・・あのぅ・・上手く・・娘が、いかなくて・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

あの、1年・・ほどで・・また・・(相談者)

お母さんだけ、帰るような状況になったんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

その頃・・(相談者)

から・・っていうふうに、旦那さんの方は・・(相談者)

まあ、夫婦として、上手くいかないんじゃないかなぁ・・っていうような、予感はしてたみたいなんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

その時にも・・お母さんに、こてんぱんに、あのぅ・・(相談者)

人格否定をされて・・非常に自信を失って、ちょっと鬱っぽい状態に・・(相談者)

ぇ・・なっちゃったんですけれど・・(相談者)
娘さんが?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それであの・・(相談者)

旦那さんも、看護師で・・娘も看護師だったんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

まあ、たまたま、その先生の方に、診てもらったら、鬱・・状態には、近いけど、鬱病ではないっていうような、診断だったんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そのくらい、落ち込んじゃったんですよね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
そいで・・(相談者)

どうしたらいいのか?ってことで、わたし・・も、相談受けたりして・・結局、お母さんが・・ぁ・・前、住んでた隣の県に・・戻りたいっていうことで・・戻るように・・わたしも協力して・・(相談者)

あの、アパート借りたり・・家財道具も一切、みんな買って差し上げて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
生活できるような状況にまでして・・娘夫婦・・(相談者)

と、子供・・が、その頃・・ぉ・・2歳ぐらいだったと思うんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

一緒に、スタートできるような、状況作ってたもんで・・安心してたんですよね。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

それで、しばらくして、2人目の子供ができて・・夫婦仲良く、やってるんかなぁっていうふうに、わたしは安心してたんですが・・(相談者)

突然、そんなことが・・(相談者)

降りかかってきて・・(相談者)

娘自身も・・青天の霹靂みたいな感じの部分もあったり・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
わたしも・・(相談者)

どうしたの?急に・・っていうような状況だったんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
実は、わたし、その旦那さんと・・(相談者)

まあ、お酒、飲みながら、聞いてみようと思って・・あの、2人で話した時・・頃の状況では・・結局その・・(相談者)

自分が・・(相談者)

いつも我慢して・・いるような、状況が、ずーっと続いてて・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)
自分がっていうのは、その旦那さんがですね?(ドリアン助川)
旦那・・の、方が・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ずっと、我慢するような形が続いてて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・具合も、悪くなっちゃったんですよね。(相談者)
ほう、ほう、ほぅ・・(ドリアン助川)
なんかあのぅ・・精神的な部分と、まあ、げっそりちょっと、痩せちゃったりして・・(相談者)
はい・・はい。(ドリアン助川)

結局、なにかそのぅ・・夫婦間の・・ぉ・・折り合いが、なんか・・上手くいかないような、状況・・で・・まあ、別れなければ、わたしが・・自分が、旦那の方が、駄目になっちゃうっていうような状況で・・(相談者)

あのぅ、離れたい・・っていうような、言い方してるんですが・・(相談者)
はい(ドリアン助川)

そんな状況で、今・・娘ふ・・と、子供2人が・・あのぅ、わたし共の実家へ、帰ってきてるんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

一緒に・・生活して、数か月経つんですが、わたしなりに、見ても・・なんか、笑顔がないし・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

イライラ・・してるっていうような、状況が続いてて、これ・・まあ、旦那さんの方は、もう、年内に、別れたい・・っていうような・・方向で考えているようなんですけれど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

娘の方・・(相談者)
あの・・(ドリアン助川)
はい?(相談者)
えっと・・・この状況で、ですね・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

ぇ、離婚・・を、切り出されてる状況で、別居してれば・・当然その、イライラもあるでしょうし・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

えぇ・・穏やかではないことだとは、思うんですけどもね・・(ドリアン助川)
ええ、ええ。(相談者)

もともと、お嬢さん・・は、そういう・・部分が、あった方なんですか?(ドリアン助川)

わたしの記憶では・・まあ、普通に・・明るい子だったような、気ぃするんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そのぅ、お姑さん・・との一件から、少しこう、暗くなったっていう部分は・・あると思うんですよね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

じゃ、もう少し、あのぅ・・詳しく教えてくださいね。(ドリアン助川)
はいはい。(相談者)

えっと・・お嬢さんは今、おいくつでしょう?(ドリアン助川)
36です。(相談者)
36歳・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
で、ぇ・・子供2人というのは、男の子、女の子・・(ドリアン助川)
女の子、2人なんですが・・(相談者)
女の子、2人?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
これは、おいくつですか?(ドリアン助川)
3年生と、年少・・です。(相談者)
幼稚園の年少組?(ドリアン助川)
はい、はい。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

でぇ・・そのぅ・・お孫さんにしてみれば、その、お父さんとお母さんに、起きてることは、わかってるわけですね?(ドリアン助川)

わかってますねぇ。(相談者)
特に、上の子は?(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
下の子も、なんとなく、わかってるような感じですね、ええ。(相談者)
わかってる・・うん・・(ドリアン助川)

でぇ、別居を始めて、つまり・・あなた様の所に、戻って来られてから今、3ヶ月・・って、おっしゃいましたっけ?(ドリアン助川)
そうですね、はい。(相談者)
3ヶ月・・(ドリアン助川)
それで今・・(相談者)

勤めに出始めて・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

あの、娘も看護師なもんで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

病院へ、勤め始めて、自立する方向の・・(相談者)

あのぅ・・だ、段取りって言いますか・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あのぅ・・段階を踏んでる状態ではあるんですが・・(相談者)
なるほど。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
で、この3ヶ月の間・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
えー、旦那さんは・・お子さんには、会いに来てるんですか?(ドリアン助川)

子供達が、会いたいって言う時は、迎えに・・来て・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

休みの時や・・会った時には、遊んであげたりして・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

また、夕方連れてくる、置い・・ぁ、置いてくって言いますか、わたし共の方へ、連れてくるっていうような感じで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

過ごしている・・状況ですね。(相談者)
あ、それは・・あのぅ・・頻繁には、あるんですか?・・そ、そう、頻繁でもない?
月・・1・・2回ぐらい・・(相談者)
月、1~2回・・うん・・(ドリアン助川)
ですねぇ・・はい。(相談者)

あのぅ・・あなた様・・には、奥さん、いらっしゃいます?(ドリアン助川)
はい、居ます。(相談者)
あ、あ、じゃあ・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
あのぅ、お嬢さんの、お母さん?(ドリアン助川)

ええ、そうです。(相談者)
奥さんは、なんとおっしゃってますか?(ドリアン助川)

2人で・・孫達の・・あの、一生懸命・・あの、孫の面倒をみたり・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
送り迎えも手伝ってあげたり・・(相談者)
んん・・(ドリアン助川)
でぇ・・一生懸命、やってくれてますね、今。(相談者)

はいはい。(ドリアン助川)
それには、娘なりには、感謝してると思うんですが・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

ご夫婦、今、おいくつですか?(ドリアン助川)

68同士です。(相談者)
68歳同士・・(ドリアン助川)
はい、はい。(相談者)
ふんふんふん。(ドリアン助川)

そうですか、まあ、あのぅ・・やっぱり、新しい、人生・・なっちゃったよという場合でも・・(ドリアン助川)

ええ・・(相談者)
ん、あのぅ・・まあ、この、お子さんを・・手伝ってあげるという、まだ、力はありますよね?・・68歳・・(ドリアン助川)
はい、そうですね。(相談者)
そうですね・・うん・・(ドリアン助川)
十分・・(相談者)

してあげられてます・・(相談者)
はぁい・・まぁ・・(ドリアン助川)

別居の・・間に、気持ちが変われば、いいんですけども・・(ドリアン助川)
ええ・・(相談者)
それもちょっと、難しいかな・・あの・・この3ヶ月間・・(ドリアン助川)

ええ・・(相談者)
ええっと・・お嬢さんと、その、彼氏は・・会ってはいないんですか?(ドリアン助川)

ああ、ないですねぇ。(相談者)
ないですか?(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
あぁ・・(ドリアン助川)

うん・・なにか、どうしたらいいでしょうか?・・って、わたしも今、もう、どうしたらいいでしょうか?って感じにこう、なんですけども・・(ドリアン助川)
ええ・・(相談者)

それでは、今日の回答者の先生・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ご紹介いたしますね。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
えー、三石メソッド主宰、作家で翻訳家の、三石由起子先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク