テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大迫恵美子アドバイス

もしもし?(大迫恵美子)
はい、もしもし?(相談者)
はい、こんにちは。(大迫恵美子)
こんにちは。(相談者)

どうしたらいいんでしょうね?(大迫恵美子)

・・・

まあ、あなたの方がね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
そのぅ・・ご主人と・・元に戻りたいと。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
いう、その・・ん、理由・・っていうかね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
一番大きな、理由はなんですか?(大迫恵美子)

間違いは犯してしまったけれども、彼のことを、好きだっていうのと・・やっぱり、娘と三人で・・(相談者)

また・・生活していきたいっていう・・のと、あと・・お互いの両親が・・元に戻ってくれることを・・望んでいるっていうこと・・(相談者)

・・・

うん・・(大迫恵美子)

その、上司との関係なんですけどね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

ぇ・・そこは、なん・・少し・・理解できないんですけど。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

まあ、その、お子さんを交えて、三人で会ったりとかね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

そういうのは、どうして、そういうことになったんですか?(大迫恵美子)

えーっと、上司は、クライアントの立場だったので、わたしはその・・えーっと、育児をしながら働いていたこともあって、仕事が少なかったので、少し焦ってしまって、仕事が・・(相談者)

単純に欲しかったっていう理由が一つと。(相談者)

あと・・寂しかったっていう理由が、もう一つだと思います。(相談者)

・・・

うん・・(大迫恵美子)
寂しかったっていうのは・・(相談者)

3年以上、セックスレスだったんですね。(相談者)

そういうのが、たぶんあったと思います。(相談者)

・・・

ん、まあ・・おそらくね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ぇ・・ご主人の立場からすると・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
要するにもう、あなたを信用できないんだと思うんですよ。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

・・・

でぇ・・まあ、ご主人の信用を取り戻すためにね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
どういうことが・・できるとか、どういうことをしようとかね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
そういうことを何か、考えていますか?(大迫恵美子)

まず・・上司との連絡先を、削除しました。(相談者)
それから・・仕事も、転職しようと思っています。(相談者)

あと・・主人の方は、上司に対しても、すごく・・憎しみとかが、ある・・みたいなので・・(相談者)

主人・・から・・上司へ、慰謝料を請求する・・ための・・ぇ・・弁護士を探したりはしています。(相談者)

まあ、あのね・・まあ、あなたとてもあの、冷静にお話になってるんですけどね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

あのぅ、わたし・・としては、ちょっと、理解できないっていうかね・・腑に落ちないっていうか・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)

・・・

例えばね、まあ、もちろんそれは・・単なる、軽率な・・だったことだと、言ってしまえば、そうかもしれませんけど。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

あのぅ、まあ、不貞が・・あったと。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
いうことをね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
これを、あなたとしては、どういうふうに・・自分で、理解してたんでしょうね?(大迫恵美子)

なにかその、例えば・・セクハラのようなことがあったんだというふうに、思ってたんですか?(大迫恵美子)

最初は、そう思っていたんですけれども。(相談者)

わたしも・・(相談者)

軽率だったなっていうふうに、思っている・・(相談者)

うん・・あのね・・セクハラだっていうことならば・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あなたとして・・(大迫恵美子)

態度が・・あるでしょう?・・普通、セクハラ受けた人は、こういうことを、するだろうな、とかね?(大迫恵美子)
はい、はい。(相談者)

例えば・・その、会社にね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ぇ、文句を言うとか・・上司に対して・・抗議するとかね?(大迫恵美子)

そういうようなことは、どうだったんですか?(大迫恵美子)

・・・

しなかったです。(相談者)

うん、そしてね、あの・・もう、セクハラを受けたっていう立場であれば、被害者なんですから。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
その後、そのぅ・・なんか、交際を続けているかのような態度をとったりね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
まあ、仕事・・が、もらいたいとしても・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
普通は、避けるんじゃないかと、思うんですけど。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ん、じゃあ、あなたが、これは、セクハラではなくてね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
むしろ、まあ、自分も・・ぉ・・望む・・べくして、のぞ・・あの、結果が出たっていうこと、だったのかどうかね?(大迫恵美子)

まあ、ご主人への説明とは、違うんだけれども・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
実際は、まあ、その、セクハラ・・ではなかったんだと。(大迫恵美子)

いうふうに、受け止めてたんだとするとね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ま、それなら、わかりますよ、あなたのとった態度っていうのはねぇ。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

それは、どうだったんですか?本当のところは?(大迫恵美子)

100%セクハラだとは・・自分の中では、思ってなかったんだと思います。(相談者)

うん・・そうだとするとね。(大迫恵美子)

ご主人に、帰ってきてもらいたいという、あなたの気持ちがね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ぇ・・まあ、ご主人への愛なんだと・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)

いうこと、それ、本当なんですかね?(大迫恵美子)

ズッ(鼻をすする)・・(相談者)

わたしは(泣いた)・・主人との関係で・・ズッ・・(相談者)

・・・

寂しかったんだと思います。(相談者)
はぁ(本格的に泣く)・・(相談者)

・・・

ずっとセックスレスで・・(相談者)

・・・

それで・・ズッ(鼻をすする)・・(相談者)

・・・

ブブ(息を受話器に吹きかけた音)・・(相談者)

主人に頼んで・・暇・・つぶしてもらうような感じの夫婦生活で・・(相談者)

・・・

あの、最初のね・・(大迫恵美子)
ふぁい(「はい」が泣いているので)。(相談者)
まあ、不貞だと言われる時っていうのは、結婚して・・半年ぐらいの事ですよね?(大迫恵美子)

その時から、既にそういう・・(相談者)

はぁ・・そうなんですねぇ。(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)

あの、それでも、ご主人が、好きなんですかね?(大迫恵美子)

ズズッ(鼻をすする)・・(相談者)

はい。(相談者)
そんな、その、結婚の・・早い段階から、あなた自身がね・・(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
非常に、寂しく感じるような・・(大迫恵美子)

充足が得られていないような関係の・・(大迫恵美子)
はぁい・・(相談者)
夫婦でね。(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)

それでもその、ご主人に、対して、そんなに・・執着する気持ちも、あるんですかね?(大迫恵美子)

ズズッ・・(相談者)

ズズッ・・(相談者)

ま、もちろんね・・(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)
小さい、お子さんを抱えて・・(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)

あの、結婚生活を維持したいという・・気持ちがね・・(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)
あなたの中にあるのは・・これはまぁ、全然、不思議でもないし・・(大迫恵美子)

はぁい・・(相談者)
それからまぁ、ご親族がみんなね。(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
あのぅ、上手くやれるんなら、やって欲しいって、願うのも・・当然ですし。(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)

で、それをあなたが、まぁ、そういう・・周りの人の、期待に応えたいというようなね、気持ちを持ってるというのも・・(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)

全然、不思議じゃないんですよ。(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)
ただ、それはね・・あの・・(大迫恵美子)
ズズッ・・(相談者)

そういうものなんですっていう・・こと・・で、言ってくだされば・・理解できるんですけど。(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)

あの、愛だとおっしゃるから・・(大迫恵美子)

ズッ・・(相談者)
だから、本当にそうなのかね?・・ま・・だって、あなたの、ご説明、聞いてると・・(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)

結局、こういうもつれとかね、こういう・・(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)
問題が、生じたのは・・(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)

ご主人が・・まあ、性的に関心を持ってくれないということに、あなたが傷ついてたんだと思うんですけど。(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)

そういう、その・・傷つけるよなね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
状況に、置く人だというふうに、あなたは、思ってるわけでしょう?(大迫恵美子)

はい。(相談者)

・・・

うん・・だから、まあ・・(大迫恵美子)

その、他の、結婚していながらね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
他の男性と関係を持っても・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
それは、正当化されるんだと。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
いうことを、言ってるんですよね?(大迫恵美子)

・・・

ほう・・?(相談者)

はい?(相談者)

それなのに・・ん、まあ、ご主人が好きだから、別れたくないっていうことなんですか?(大迫恵美子)

・・・

はぁい。(相談者)

ただまあ、あなたも、6年半、ずっと一緒にいらしてね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ご主人は、変わらないということは、わかってきたでしょう?(大迫恵美子)

はい。(相談者)
その、セックスレスを解消して欲しいということについては・・状況は、変わってないんじゃないですか?(大迫恵美子)

変わってないです。(相談者)

あのぅ・・(大迫恵美子)

戻ってきてくれてね・・すっかり、変わって欲しいとかっていうふうに、考えてるんだとしたらね・・(大迫恵美子)

それはまあ、無理だろうっていうことは、わかりますよねぇ?(大迫恵美子)
はい。(相談者)

まあ、それでも・・ぉ、ぉ、彼に・・その、彼が好きだから、戻ってきて欲しいってことなんですか?(大迫恵美子)
はい。(相談者)

あの、あなたはね・・なんか、自分中心ですよね。(大迫恵美子)

それはそうです。(相談者)

でもまあ・・ねえ・・当然、相手には気持ちはあるわけだし・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

でぇ・・まあ、あなた・・は、そりゃあね、あの、セクハラまがいだったと、説明したっていうことなんだけど。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

それを信じたフリをしてくれたっていうふうには、思いませんでした?(大迫恵美子)

思いませんでした。(相談者)

・・・

んん・・あの・・(大迫恵美子)
ズズッ・・(相談者)
だから、あなたがね、その後、とった、と・・行動を見て・・(大迫恵美子)

うん。(相談者)
もう、信用できない、ずーっと、内心疑っていたんだけど、やっぱりそうだったんだなっていうふうに・・(大迫恵美子)
うーん・・(相談者)
思ったと思いますよ。(大迫恵美子)
・・はい。(相談者)

少なくともね・・(大迫恵美子)

彼として・・あなたとのところに戻る、メリットって、なんなんでしょうね?(大迫恵美子)

・・・

娘のことだけだと思います。(相談者)
うん・・あのね、これは、本当に難しい話しなんですけど・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あの・・女性はね・・あの、子供・・すごく盾にするんですよ。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
子供って言えば・・あの、全てが正当化されるというふうに、思いがちなんですけど・・(大迫恵美子)
・・はい。(相談者)

あの、必ずしも、男の人が、そうではないのではないかと・・わたしは、思いますけどね。(大迫恵美子)

はあぁ・・(相談者)

あのぅ・・この人に対して、あなたは・・自分がね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
何を与えてあげられて・・(大迫恵美子)

ご主人を、この家につなぎとめておけるのかということについてね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
全然、考えてないように、聞こえてしまうんですよ。(大迫恵美子)
・・はい。(相談者)

ま、それではね、絶対に、ご主人は、説得できないと思う。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

あの、そこのところ、あなたが、真剣に考えてね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
そして、ご主人が、納得する答えを言えたら・・(大迫恵美子)

うん。(相談者)
もしかしたら、帰ってきてくれるかもしれません。(大迫恵美子)

・・・

はい。(相談者)

・・・

そんな、その、ご主・・上司の・・メールアドレスを消したから、ほら・・なんていうことでね。(大迫恵美子)

うん・・(相談者)
だって、あなたの・・言い分だと・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
自分が寂しいからね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
じゃあ、次は、その上司じゃないかもしれませんものね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

・・・

そんな・・前の上司の、メールアドレスを消したから、もう大丈夫なんていうね。(大迫恵美子)

話しをされて。(大迫恵美子)

あなたを、信用できないと思います。(相談者)

はい(泣きながら)。(相談者)

よく考えてくださいね。(大迫恵美子)
・・はい。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. エレベータの中だったから逃げられなかった?
    いやいや、どう考えたって無理があるでしょ。そんなシチュエーション。
    すぐ次の階に停まるでしょうに。いつ誰が来るかわからないのにエレベータの中でSEX?
    「不貞行為は1回だけだった、次から会ってたときには肉体関係は無かった」なんて言われてもねえ?
    旦那さんが娘のDNA鑑定してても不思議じゃないね。

    不倫相手と水面下でまだ続いてた ← 旦那が激怒     当たり前だよね。

  2. 男はデリケートだからさ、セックスレスになったのも旦那の嫁に対する信頼感がないからだよな。
    結婚半年でエレベータの中で・・・ってw。
    エレベータの中で迫られて、この女性もその気になったからノコノコ部屋までついていってSEXしたわけでしょ。
    旦那は結婚半年で離婚とか周りのことも考え決断しがたい感じだったんだろう。
    それでも忘れようと努力はしたのだろうが、被害者であったはずの嫁が実はやる気満々で旦那を裏切っていたと思えば結婚生活継続は無理だわ。

  3. 相談者の性格ご恐ろしくなった。
    共犯者を売り飛ばして陥れる残虐性。
    バレたら相手を犯罪行為だとデマを吐くし
    保身の為に法的に断罪しようとするし。
    挙句 原因を夫のセックスレスに被せる。
    本人は罪悪感無いんだろうな。
    だから虚言癖よりサイコパスに近いと思う。こんな人物に関わることは危険だし
    夫の逃げた行為は正解だね。
    大迫先生の「自己中心」発言に深い示唆があると思います。

  4. 大迫先生、よく言った!
    「貴女は自己中心的だ」
    ずっと相談聞いてて相談者にムカムカしていた。女性に多いけど
    こういう人多いよね。
    核心つかれると泣きが入る。
    泣いたって問題は解決しません。
    32歳なのに子供っぽい受け答えだった。

  5. よくここまで自分に都合よく考えられるなぁ。
    自分は微塵も悪くない、悪いのは全て相手、とは。
    こんな人間は誰と一緒になっても、相手が迷惑を被るだけだ。
    旦那さんは早く逃げた方がいい。

    今ふと思い出したが、昔交流があった女性とかなり被る部分あり。
    もしかして世の中には結構いるタイプなのかな。