テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

高橋龍太郎アドバイス

あ、はじめまして、高橋です。(高橋龍太郎)
よろしくお願いします、はじめまして。(相談者)
ま、本当に難しい問題ですよねぇ。(高橋龍太郎)

それでぇ・・(高橋龍太郎)

この間(かん)・・(高橋龍太郎)

こんなとこが足りなかった、こんなとこが酷かったって、いうふうに、奥様が言っていた・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
主な、あなたにたいする非難の内容はどんな事でした?(高橋龍太郎)

子供に対する・・暴言っていう言葉を・・使いましたけれども。(相談者)
暴言?・・うん。(高橋龍太郎)
うん・・(相談者)

まぁ、例えば子供が・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
あのぅ・・嘘ついたときには当然、親として、叱るべきだというふうに思っていたし・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

また、やるべきことを、やらなかった時にはそれをちゃんと取り上げて・・うやむやにせずに・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
ことをはっきりさせてきたし・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
そういった言葉・・ことを・・わたくしが言う言葉・・は、暴言だと。(相談者)

・・

いう・・(相談者)
うん?(高橋龍太郎)
言い方をしました。(相談者)

・・

だって・・(高橋龍太郎)

要するに、いけないことをやったのを、叱ってるだけなんでしょう?(高橋龍太郎)

うん・・その、叱るという行為自体・・も・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
その、暴言だと言う・・(相談者)

んですねぇ・・(相談者)

ちょっと思い出せる範囲で、具体的に行動、こう・・こんな行動したので・・(高橋龍太郎)

こういうきつい調子で叱ったっていうのは、なにか例はありますか?(高橋龍太郎)

うーんっと、息子がですねぇ・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
わたくし・・の、事業、個人事業でやってるんですけど・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
そこ・・へ、盗みに・・お金を盗みに入りました。(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

が、わかった時には・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
あのぅ・・(相談者)

きつく・・叱りました。(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
うん。(柴田理恵)

でぇ、そのこと・・自体を、悪いことだという認識は、家内もあるんですが・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

あのぅ、叱るという行為がですねぇ・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
わたくしがすると・・その言葉、出てくる言葉っていうのが、暴言という言い方をします。(相談者)

・・

うん・・?(高橋龍太郎)
うん・・?(柴田理恵)

よくわかんないなぁ・・なんでだろう?(高橋龍太郎)
親の金、盗みに入った子供を叱りつけるの当たり前でしょうが!!(柴田理恵)

うん、でぇ、わたしもそう思います、でぇ・・(相談者)

ここで叱らなければ・・このぅ・・子供はダメになるっていう・・時は、もう・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
容赦なく叱ります。(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

でぇ、そのぅ・・そこで出て来る、わたくしから出て来る言葉っていうのは、暴言だと。(相談者)

それなに?奥様に対しても、暴言を吐くっていうふうに・・(高橋龍太郎)

奥様は、とらえてるの?(高橋龍太郎)
そうですね、そうとらえてます。(相談者)

わたくしから出て来る言葉っていうのは、自分の・・いかに・・こう、悪いこと、間違ったことであったとしても・・(相談者)

わたくしがそれを・・(相談者)

うーん、指摘すると、それはもう、暴言だと言いますね。(相談者)

あ、自分がっていうのは、奥様が悪いのに・・(高橋龍太郎)
ええ、ええ、ええ。(相談者)
あなたが・・それを指摘すると・・(高橋龍太郎)
指摘すると・・(相談者)
あるいは・・(高橋龍太郎)

怒ると・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
それが暴言だって言うの?(高橋龍太郎)
そうです、そうです。(相談者)

うん・・(柴田理恵)
うーーん・・(高橋龍太郎)
うむ・・(柴田理恵)
そうなんです。(相談者)
お子さんは、なんと言ってるの?(高橋龍太郎)

今回のことも含めて、夫婦として・・(高橋龍太郎)
ぁ、はぁい・・(相談者)
この先・・(高橋龍太郎)

どう・・して・・ぃ、いって欲しいっていうようなことは・・誰か・・(高橋龍太郎)

言葉、漏らす?(高橋龍太郎)

えーっとですねぇ・・娘としては、そのぅ・・(相談者)

これはおかしいと、どう考えても。(相談者)

はぁ・・(柴田理恵)
うん。(高橋龍太郎)

うん・・(相談者)

裏切り行為だし、そのぅ・・わたくしに対する、お父さんに対する、裏切り・・(相談者)

行為・・(相談者)

でもあるけれども・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
自分達に対する・・(相談者)

その、裏切り行為・・でもあると。(相談者)
奥さんがでしょう?(柴田理恵)
でぇ・・(相談者)

ええ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

でぇ・・(相談者)
これ・・(柴田理恵)
うーーん・・(高橋龍太郎)
そのぅ・・例えばの話しですが・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
もし、離婚をすることになって・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
誰が、どちらに行くっていう・・(相談者)

話も、兄弟ではしたらしいんです。(相談者)
ほう、おう、おう、おう・・(高橋龍太郎)
はぁい。(柴田理恵)
でぇ・・(相談者)

うん。(高橋龍太郎)
娘は、そのぅ、末の次女のほう・・と。(相談者)

うん。(柴田理恵)
わたしが、次女を、世話しなければ・・っていう意識があるので・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
うん。(高橋龍太郎)
娘は、仮にお母さんの方へ、行く事になったとしても・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
本当は、わたしは嫌だと、(相談者)

うん。(高橋龍太郎)
うん。(柴田理恵)
そのぅ・・(相談者)

他の男が出入りするような所には・・行きたくはないが・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
うん。(高橋龍太郎)
でぇ、もし・・次女が、い・・お母さんに・・(相談者)

所へ行くことになった時には、わたしは、次女と・・ついていくと。(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
うん。(柴田理恵)

でぇ、息子は、わたくしと離れたくないと。(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
うん。(柴田理恵)

うん、あのぅ・・母親を、軽蔑して・・いるんですね。(相談者)
うん・・(高橋龍太郎)
子供達が、全員ってことですよねぇ?(柴田理恵)
ええ、ええ・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
ええ。(相談者)

ただ一点、気になったのは、そのぅ・・わたくしに対する非難をしたのと同時に・・子供達の非難も、家内はしたんです。(相談者)
うん。(柴田理恵)

ど、ど、どういこと?(柴田理恵)
いろいろ。(相談者)

長女も、そのぅ・・に、のすることも気に入らないし・・(相談者)

が・・その、息子の、あのぅ・・(相談者)

金ばっかり要求するのも気に入らないし。(相談者)

あぁぁ・・(柴田理恵)
次女が、アイス買ってきてくれ・・っていうのも、気に入らないし。(相談者)
はぁ・・(柴田理恵)
ふふっ・・(高橋龍太郎)
そんなことまで言う・・ので・・わたしとしては、ホントに・・(相談者)

もう・・離婚したいから、なんでもありなのかなぁ・・と。(相談者)
うん・・そうですねぇ。(柴田理恵)
うん・・(相談者)

離婚したら?!(柴田理恵)

したらいいんじゃないでしょうか?(柴田理恵)

うーーん・・(高橋龍太郎)
それは、最終的には、そうなるのかもしれないんですけど・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
うん・・(高橋龍太郎)

自分が・・自分を納得させるためには・・その、とことんまで・・(相談者)

そのぅ・・(相談者)

努力したうえで・・最終的には、そうなるのかもしれないんですが・・(相談者)
ふぅーーん・・(高橋龍太郎)

そう、だったとすれば、もうそれ以外に方法はないけど・・(高橋龍太郎)

でも・・(高橋龍太郎)

とりあえず、あなたが出来るとこまで・・(高橋龍太郎)

とにかくやってみて・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
でも、僕は、離婚に至っても・・(高橋龍太郎)

柴田さんと同じで、それは・・(高橋龍太郎)

当然の帰結だろうと、思うけれど、でも・・(高橋龍太郎)

そこに至るまで、あなたがとことんやるってことが、また、あなたの人間を・・(高橋龍太郎)

その、少しずつ、豊かにするためにも、必要かもしれない。(高橋龍太郎)

だから・・(高橋龍太郎)

今は、少し頑張って・・でも、最終的に、離婚に至ったとしても・・(高橋龍太郎)

でも、その苦しみは、子ども・・少なくとも、お子さんには、伝わるよ。(高橋龍太郎)

はぁい。(相談者)
でぇ、ねぇ・・(高橋龍太郎)
はぁい。(相談者)

やっぱり、奥さんと共に生きていく人生と言うよりは・・(高橋龍太郎)

子供達と、特に、男の子と・・共に生きていく人生が・・(高橋龍太郎)

最終的には必ず、実現するので・・(高橋龍太郎)

それはそれでいいんじゃない?この時点での選択でぇ・・(高橋龍太郎)

今必死に、離婚しないで頑張るってことはそれなりで。(高橋龍太郎)

と、思います。(高橋龍太郎)

はぁい。(相談者)
はぁい。(高橋龍太郎)

わたくしが、今日、本当は、あのぅ・・(相談者)

アドバイスしていただきたかったことは、そのことと・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
もう一つ・・(相談者)

心の中で、一日こう・・なんて言うんですかねぇ?・・そのぅ・・自分の中で・・気持ちをコントロールすることが、できない。(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

め・・めげてしまって・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
やはりもう・・離婚しかないのか?・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
って、思う瞬間も・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
いっぱい、何度もあるんです。(相談者)
うんうん。(高橋龍太郎)
これを・・(相談者)

前向きな気持ちに、持って行く為には、自分をどう・・(相談者)

コントロールしてったらいいのか?どうすれば・・コントロール・・(相談者)
いやいやいやいや・・だから・・(高橋龍太郎)

建前で生きてきた人が・・ようやく、自分の本音が・・(高橋龍太郎)
・・
吹き出してる時だから・・(高橋龍太郎)

それを無理矢理・・(高橋龍太郎)

封じ込めて・・(高橋龍太郎)

建前の方に持って行く必要もないのよ。(高橋龍太郎)

その・・(高橋龍太郎)

その動揺する自分の苦しさとか悲しみが、人間の、生きか・・かた、生き・・(高橋龍太郎)

汚い言葉で言えば、生き様・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
みたいなことで・・(高橋龍太郎)

やうやくあなたの中に・・(高橋龍太郎)

本来のあなたの、人間的なものが、生まれつつある時なので・・(高橋龍太郎)

むしろそれを、ずーっと見つめて・・文章に書いたり・・(高橋龍太郎)

似たような、例えば・・小説や何かを読みながら・・(高橋龍太郎)

自分を鏡のようにその・・照らして、自分の今の、肉声をだから、大事にしたらいい、それが・・(高橋龍太郎)

今後のあなたの人生を、豊かにしますよ。(高橋龍太郎)

苦しいだけじゃなくて、苦しい中にも光はあるんですよ。(高橋龍太郎)

・・

ハァ・・(相談者)

・・

わかりました。(相談者)
はぁい。(高橋龍太郎)

はい。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. どうして決断できないんだろうねえ?
    もう少し頑張ってみるって?そんなの見込み無いよ。
    無駄に苦しみを伸ばすだけ。
    歯がゆいなあ。

  2. 子供にもバレてるし、何でここまで・・・
    長男の行動にかなり問題が有るのもこのせいじゃないですか
    ちょっと気楽過ぎませんかねぇ?
    相当前から夫婦関係が冷え切ってると推察されますが、一番下は
    まだ小四って何だかね

  3. 妻の心を取り戻すのは到底無理! 妻は 24時間営業のコンビニでも経営してるのかな? 非常連絡先を自宅の電話にしたのが大間違い なのか それとも わざとばれるように していたのか(・・?

     いずれにせよ 今後この妻とは 上手く家庭が回ってゆきませんねぇ(・・?
     子供たちが最大の犠牲者ですが ご相談者が親権を おとりになれることを切望します。

  4. この相談は本当にこのまま受け取ってよいものなのでしょうか…。
    離婚したくない割りには出てくる言葉は奥さん悪口(!?)ばかり。子供たちもお父さんの味方でお母さんを軽蔑。
    でも離婚したくなくて苦しい…。それだけ聞くと旦那さんがすごくいい人で可哀相なんだけど、なんか腑に落ちないのは穿った見方なのでしょうかねぇ。しっくり行かなくてはじめてコメントしてしまいました!

    • のぼこん さんへ
      ここの相談ってそもそも編集されてるそうですし、相談者の主観で語れるから幾らでも自分に都合よく脚色出来ますから(苦笑)
      中々判断が難しいです。

  5. 不安なのでしょうね・・・奥さんと離れるのが。
    こういった方だから、そういった女性と一緒になったのでしょう。
    引きずられる感じで。

    柴田さんが途中で口挟んだのも納得。
    なんかね~もっと潔くなりましょうよ、きれいごと言ってないでさ。

    なるようにしかならない。
    奥さんは変わらない。

    子供さんについてゆけばいいのでしょうね。
    子供さんの決断に。

  6. 子供達にもバレているのなら、妻は子供達から嫌悪感や軽蔑の視線を感じていないのでしょうか?自分が不倫したことを棚に上げて何でもかんでも、人のせいにして自己中の典型的な例ですね…。そういう妻は排除して家族4人で穏やかな生活を送って頂きたいですね…。