テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

マドモアゼル愛アドバイス

はい・・あの、どうも、こんにちは・・はい。(マドモアゼル愛)
こんにちは・・(相談者)
はい。(マドモアゼル愛)
お願いします。(相談者)

今、あの・・(マドモアゼル愛)
ズッ・・(相談者)

3人で、暮らしてるんですよね?(マドモアゼル愛)

はい・・そうです。(相談者)
19歳の・・そのぅ・・三男?(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
は、お元気で・・やってるんですか?(マドモアゼル愛)

はい、とても元気です。(相談者)
あ、そう・・(マドモアゼル愛)

麻痺

はい。(相談者)
お父さん・・しょっちゅう、怒ってた人が・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
その・・三男に対しては、その後・・は、そういうことない・・(マドモアゼル愛)
三・・(相談者)

うん?(マドモアゼル愛)
三男・・には、あんまり・・(相談者)

産まれてから、い・・(相談者)

ほとんど・・怒ったことがないです。(相談者)
うん・・じゃあ、やっぱり、加藤先生が、おっしゃるように・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

次男・・を・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
が、一つの・・盾になって・・(マドモアゼル愛)

この家の矛盾を・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
一身に受けて・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
まぁ、死んでったって構図は・・(マドモアゼル愛)

まさに、その通りだね、やっぱりね。(マドモアゼル愛)

はい、そうです。(相談者)
はい。(マドモアゼル愛)
・・
はい。(相談者)
そいで、それを・・(マドモアゼル愛)

みんな、見てたわけよ。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
ねえ。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
そいで・・(マドモアゼル愛)

悲しい現実に対して・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
今、あなたが、冷静に・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
鬱病ではあるとはいえね。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

・・・

まだ・・(マドモアゼル愛)

・・

真・・実な心が・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
見て、とれないからなんです。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

ズッ・・(相談者)

みんな・・この家は、麻痺してるんです。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

感情を・・本当の感情を、麻痺させて・・(マドモアゼル愛)

みんなとりあえず・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

・・・

形だけ、維持してるのね。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
それで、次男が、死んじゃったから・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
いなくなったから・・(マドモアゼル愛)

はい・・(相談者)

麻痺させるしかないんだよ・・もう・・(マドモアゼル愛)

・・

はい。(相談者)

要するに、無感動で・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
麻痺して・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
自分の保身だけを、考えるなかで・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
その矛盾を、全部、引き・・一手に引き受けた人だけが、苦しんでた家だよ。(マドモアゼル愛)

うん・・はい。(相談者)
・・
はぁぁ・・ズッ・・(相談者)
それに対して・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
お母さんは、負い目があるから・・(マドモアゼル愛)

その、負い目を楽になりと思って、相談されてるようにすら・・(マドモアゼル愛)

ああ・・(相談者)
うん、まぁ、これは違うかもしれないけど、感じちゃうわけよ。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

・・

ズズッ・・(相談者)

気付いていない

助けを求めてるんだよ、お母さんは・・(マドモアゼル愛)

・・

はい・・(相談者)
お母さんは、助を求める立場じゃない・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

・・

罪を知る立場なんだよ、今。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
・・
そう思います。(相談者)

本当の意味で。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

麻痺させ・・してるどころじゃないよね。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
うん、でも・・お母さんも、今、ほら・・(マドモアゼル愛)

もう・・次男の元に・・(マドモアゼル愛)

行きたいっていうぐらい、追い詰められてるからね、気持ちがね、確かにね。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
でも・・(マドモアゼル愛)

次男の傍に行って、次男、喜んでくれると思う?(マドモアゼル愛)

む・・(マドモアゼル愛)
それは・・思いません。(相談者)
迎え入れてくれると思う?(マドモアゼル愛)

思いません・・はぁ・・(相談者)
なんか違うよね、やっぱり、お母さん。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

お母さんも・・(マドモアゼル愛)

なんで俺が死んだのか・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
なんで、俺が、どんな辛かったのか・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
っていうことを・・麻痺した心ではなくて・・本当に、わかって・・(マドモアゼル愛)

くれたなら・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
おいでよって、言うかもしれないけど・・(マドモアゼル愛)
ズッ・・ぁ、そうですね・・はい。(相談者)

違うような気がする。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

真実を知って欲しかったんだよ、次男は。(マドモアゼル愛)

・・

この家の、異常さを、知って欲しかったんだよ。(マドモアゼル愛)

そうですね、はい。(相談者)

・・・

・・・

確かに・・(相談者)
今は、暴力もなくなって・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

ズッ・・はい。(相談者)
夫は、優しくなりました・・(マドモアゼル愛)

ズッ・・ズッ・・(相談者)

そんなところで、収めていい話しなの?(マドモアゼル愛)

・・・

・・・

・・・

なんか、おかしくない?(マドモアゼル愛)

・・・

うん、おかしい・・(相談者)
麻痺してない?(マドモアゼル愛)

おかしいとは、思います。(相談者)

感情が、麻痺してない?なにか・・(マドモアゼル愛)

麻痺し・・(相談者)
なにか、大事な感情が?(マドモアゼル愛)

麻痺してると思います。(相談者)

それが彼を、追い詰めていって・・(マドモアゼル愛)

うん・・(相談者)

死まで、追いやって・・(マドモアゼル愛)

まだ、気付いていないんじゃない?みんなは?(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

ズッ・・(相談者)

・・・

はぁぁ・・(相談者)

真実

だから・・ぼ、僕もね、別に、責めてんじゃないんですよね。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

・・

ズッ・・(相談者)

・・

本当に・・(マドモアゼル愛)

お腹すいた時・・(マドモアゼル愛)

人は、どう思うんだろうか?(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
本当に、眠いのに眠れない時、人は・・(マドモアゼル愛)

どうやって対応するんだろうか?(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

本当に、苦しくて、苦しくて・・(マドモアゼル愛)
・・
なにか、愛するものを失って、苦しい時。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
人は・・(マドモアゼル愛)

次どうやって、次の日を生きていくんだろうか?(マドモアゼル愛)

ズッ・・はい。(相談者)

人生には、いろーんな・・(マドモアゼル愛)

苦しみ。(マドモアゼル愛)

悲しみが、あると思うのね、やっぱりね。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

・・・

そいで・・(マドモアゼル愛)

その時・・(マドモアゼル愛)

苦しい・・(マドモアゼル愛)

だけ・・(マドモアゼル愛)

悲しみだけ・・(マドモアゼル愛)

に・・(マドモアゼル愛)

確かに思えるけれども・・(マドモアゼル愛)

はい・・ズッ・・(相談者)
その時でないと・・(マドモアゼル愛)

考えつかない・・(マドモアゼル愛)

気付かない、感情や・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
追い詰められて、苦しくて、どうにもならない時でないと・・(マドモアゼル愛)

・・

気が付かなかった、自分の一面なんかが・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

見えることに・・あるわけよ。(マドモアゼル愛)

はい・・(相談者)

ズッ・・(相談者)

・・・

だから・・きっと、そういうことも、世の中、起きるような・・(マドモアゼル愛)

事があると思うのね。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

非常に悲しい・・(マドモアゼル愛)

愛する息子を失うという・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
出来事を通してなんだから・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

お父さんが、今・・表面上は優しくなった、それはそれで・・大変、いいことかもしれませんけれども・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
もっと・・(マドモアゼル愛)

深い・・生きることの真実・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
を・・(マドモアゼル愛)

・・

きちんと・・(マドモアゼル愛)

考える機会に・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
僕は、していただきたいな・・という気が致します。(マドモアゼル愛)

わかりました・・(相談者)
ね、それが・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

供養だと思うのね。(マドモアゼル愛)

ああ、はい・・(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)
わかりました。(相談者)
加藤先生に、もう一回、ちょっとね、伺ってみましょう。(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. お母さんずっと辛い思いしてきただろうに、あんな言い方されてかわいそうだった。
    守ってあげたくても無理だったんだろうな…
    過呼吸になるくらい泣いてるのに、心配する言葉もかけないし。
    あの後お母さんも本当に自殺しないだろうかって心配になる終わり方だった。

  2. 悲しかった。
    母親が無力で息子さんが哀れだと思った。
    今、後を追って死んでしまいたいと思うならば、なぜ、地獄で嵐の真っただ中にいるときに、死んだつもりになって子供を連れて逃げようと思わなかったのだろうか?
    私事ですが、私も最初の夫が息子にまで手を上げるようになって、4歳と6歳の息子を連れて離婚した者です。今は、二人の息子を育て上げてくれた立派な夫に恵まれて、最初の夫と縁を切ったことが正しかったのだと思っています。
    そんな息子たちもちょうど24歳と26歳です。
    年齢もかぶってしまって、思わず泣いて聞いてしまいました。

    加藤先生は、相談者さんに『幸せになれる』と言いましたが、何が幸せかはわからないけれども、たくさんの事を気付かせてくれた息子さんの冥福を祈る一生こそが、彼女の幸せではないかと思いました。

    こんな重いのは、ちょっといやだな~と思いました。。。

  3. この方不甲斐ない、と思うけれど、通院しているような心の弱った状態の女性が、「取り繕うことなんてなかったんですね、私がばかだったんですね」と気づいたとして、それは素晴らしい1歩だと思うけれど、具体的な歩み方まで見つけることができるのだろうか。
    夫に、「この家庭は間違いでした!そのせいで息子は死んだのです!」と叫んで、そのあと何か皆を引っ張って行ける腕力が果たしてあるのか・・・荷が重すぎるのではないか・・・祈るばかりです。

    時々思うのですが、加藤先生の解答は、相談者が自力で解を見つけられるに至る解答なんだろうか、もっと具体的に、たとえば、三男さんがいないところでまず夫婦で思い切り話すことです、とか、三男を交えて話し合うことです、とか、最初の一歩でも教えてやってほしいなと思います。
    相談者は電話切った後、何かしなくちゃならないらしいがどうしていいかわからん、でも供養だからこの家をぶっ壊さなくちゃならないんだ、と思い詰めないでしょうか・・・

  4. 泣きながら聞きました。

    家族全員、感情を麻痺させることでしか生き延びることが出来なかったのだと思います。現実を見るのがあまりに辛かったから。

    父親は次男のお葬式で泣いたとのことですが、私の推測では、嘘泣きです。
    父親本人も嘘無きだとは自覚出来ないですが、嘘泣きしか出来ない人のように感じました。
    感情が麻痺した人が泣いたんですよ。
    偽りです。
    感情を麻痺させてその年齢まで来てしまったら、本当に悲しいなんてことは感じられる筈がありません。
    夫は暴力振るわなくなっていい人になったというのは、表面的なことだけでしょう。
    暴力ふるわなくても支配出来ているから、暴力振るわないだけだと思います。

    偽りの家族を壊さないように繕ってきた相談者の無念を思うと、涙が出ました。
    どんなに苦しくても、事実に接することが出来れば幸せになれる!
    自分が、夫から愛されていなかったと知ることも辛いだろうが、負けずに頑張って欲しいと思いました。