テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年2月1日(木)は、ドリアン助川&高橋龍太郎。23歳の娘はアイドルの追っかけをしている。高校を卒業後、アルバイトで働いていたが、親戚に声をかけてもらい正社員としてアルバイト禁止の会社に就職。アイドル追っかけにお金がいくら必要なのか言わないが、水商売でアルバイトを始めた様子。j給料の使い方を咎めたところ、辞めてきたが、親が干渉し過ぎと荒れる。親子の関係改善の糸口は?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:50歳女性 夫53歳(会社員) 子供二人 長女25歳は県外 次女23歳は同居

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

よろしくお願いします。(相談者)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

はい、あのぅ・・わたくしと娘の・・(相談者)

問題に関して、ご相談したいと思います。(相談者)
娘さんとの関係?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

あの、今・・(相談者)
何が起きてるんですか?(ドリアン助川)

正社員として働いているんですけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ、趣味が高じてお金が必要で、夜の・・アルバイトをニ週間ほど前に・・始めたことを咎めたことで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・すぐに辞めてきたんですけれども、その後・・(相談者)

あのぅ、母親のわたしのせいだと言ってすごく荒れておりまして・・(相談者)

「タヒにたい」と言ったり・・(相談者)
・・
監視をし過ぎるって言ったり・・(相談者)

毎日・・こう、それで夜・・あのぅ、言い合いをしているような形で・・(相談者)

あのぅ、母親のわたくしの、話をよく聞いて・・まず、最初に聞いて・・あげなかったことが・・一番、原因かなぁ・・とは思うんですけれども・・(相談者)

あのぅ・・正社員の・・会社が・・(相談者)

えーっと、アルバイトを禁止していることと。(相談者)

あと・・不登校・・が、ちょっと、多少あったものですから・・(相談者)

あのぅ、高校を卒業後、アルバイトをしていたのに・・(相談者)

あの、親戚の方からお声をかけていただいての正社員だったので、その、親戚にも・・(相談者)

あのぅ・・迷惑がかかるんじゃないかということで・・身の丈に合った給料の中での、使い方をしたらどうかと・・(相談者)
・・
いう事で、あのぅ、ちょっと・・(相談者)

・・

多少、責めた部分もあるんですけれども・・(相談者)

あのぅ・・話・・をした直後に、2回しか行かずに辞めてきまして・・(相談者)

で、その後が、そういう信用を失って・・(相談者)

「もうタヒにたい」(相談者)

「親の干渉、し過ぎる」・・って、いうことでちょっと・・なかなか荒れております。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

まぁ、あると言えば、あるような話なんですけど・・ねぇ・・(ドリアン助川)
よくあるかも・・はぁい・・すみません・・(相談者)

そこで・・あの、「タヒにたい」とまで行くのはちょっと・・(ドリアン助川)
はぁ・・い。(相談者)
ねえ・・事態が深刻化してんいるでしょうか?(ドリアン助川)
はぁ・・い。(相談者)
少し詳しく教えてくださいね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

あなた様は、おいくつですか?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

えっと、50歳です。(相談者)
50歳・・(ドリアン助川)

ぇ・・娘さんお一人ですか?・・お子さんは?(ドリアン助川)

えっ・・子供二人で娘が・・おりまして。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

長女・・(相談者)

25歳は・・県外です。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

次女の23歳が、今・・(相談者)

一緒に・・おります。(相談者)
23歳・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
ぇ・・旦那さんは?(ドリアン助川)

53歳の会社員です。(相談者)
はい、わかりました。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

ぇ・・その、23歳の次女の方の問題なんですね?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

でぇ・・えーっと、高校卒業後・・働かれて・・(ドリアン助川)

アルバイトされていた。(ドリアン助川)
はい・・はい。(相談者)

ぇ・・そして・・(ドリアン助川)

まぁ、お金が必要になったということなんですけども・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
この・・それ、ど・・趣味ですか?・・何に必要だったんですか?(ドリアン助川)
そうですね、アイドル・・の・・なんか・・遠征費用みたいなところで・・(相談者)
あああ・・(ドリアン助川)

あの、遠方にある時でも・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
あの・・はぁい・・(相談者)

ねぇ・・(ドリアン助川)
行くような・・形で・・はぁい。(相談者)
新幹線に乗っても、見に行きたいときは、見に行きたいですからねぇ。(ドリアン助川)
うふふふふ・・はぁい、それが・・(相談者)
ま、それが・・うん・・(ドリアン助川)
回数が、あのぅ・・(相談者)

アルバイトをしてた頃よりも・・出かける回数が多いので・・ですね。(相談者)
はあぁ・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

このアイドルっていうのは、あのぅ・・男性の方なんですかねぇ?(ドリアン助川)
そうですね、はぁい。(相談者)
男性のグループ?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
はあぁ・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
れでお金が必要になったと。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

あえて、追っかけと言ってもいいぐらい・・情熱を持って。(ドリアン助川)
そうですね、はい。(相談者)
なるほど。(ドリアン助川)
だから、そのぅ・・(相談者)

本人も言いますところ・・(相談者)

「他に何も楽しいことがない」「生きてても、他に何も楽しいことがない」(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
「これを奪われたら、自分はタヒんだも同然だ」・・っていう感じで・・(相談者)
なるほど、そ・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

うん・・そこまでピュアな気持ちで追いかけてと。(ドリアン助川)

はぁい。(ドリアン助川)
そういうことですね、それを・・最初にお話をよく・・聞いて・・あげられなかった自分をすごく・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
反省は、してるんですけれども・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
それで夜のアルバイトっていうのは、どういう事をされてたんですか?(ドリアン助川)
えっとたぶん、言わないんですけど・・服装も自分の派手なの・・着て行っているので・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

水商売ではないかな・・とは思います。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

詳しい事は言いません。(相談者)
詳しい事は、話してくれなかった?(ドリアン助川)
やめ・・辞めてきて、信用を失ったっていう・・そこばかり・・あの、はぁい・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)
は、言いますけれども・・はぁい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

まぁ、お母さんにしてみればねぇ・・(ドリアン助川)

ぇ・・会社にバレても・・なんだし。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
なんて言うか・・(ドリアン助川)

夜の・・きらびやかな方向が・・(ドリアン助川)
ふふふ・・(相談者)
当たり前だと思われても、ちょっと困るしと。(ドリアン助川)
うんうんうん・・(相談者)
言ったところで・・(ドリアン助川)
それは・・うん・・(相談者)

ぇ・・いろいろ、話をされたんだと思いますが・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
むす・・娘さんにしてみれば、わたしの心も知らないでと。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
いうことですねぇ。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
で、そのぅ・・(ドリアン助川)
で自分で・・はい、なんとかしようと思ってた部分もあるみたですので・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

ぇ・・具体的には、これ毎月、どれぐらい必要なんですかねぇ?(ドリアン助川)

そういう話は出ないんですか?(ドリアン助川)
そこは・・ですね、言わないので・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
わからないです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ、今、正社員として働かれてる給料は・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
ぇ・・おうちには少し・・入れてるんですか?(ドリアン助川)

いえ、入れてないです。(相談者)
入れてない・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
全部自分で使ってる?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

あの、だって、家賃もかかりませんもんねぇ。(ドリアン助川)

そうですねぇ、はぁい。(相談者)
ぇ・・でぇ・・食べ物も家に帰ってくれば、食べれるわけで。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

と・・給料は・・(ドリアン助川)
なのでぇ・・はぁい。(相談者)
ほとんど、自分のために使っていても・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

アイドルを追っかけるとなると足りないと。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

それで・・(ドリアン助川)

ぇ・・先ほど、わたしに話してくれたようなことを言ったわけですか?(ドリアン助川)

もっとキツイことも言いました?(ドリアン助川)

あの、身の丈に合・・った、使い方とか・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
親戚に迷惑かかるっていうこと以外は・・(相談者)

言ってないです。(相談者)

でも、たぶん今、わたしに話してるような口調ではないんですよねぇ?(ドリアン助川)

・・

・・

・・

そうですね・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

はい・・(ドリアン助川)
うん、ふふふ・・(相談者)
あのぅ・・(ドリアン助川)
落ち着いては、言ってないです。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

どうですか?幼い頃から結構・・お子さん二人対しては、バッ・・と、叱っちゃうタイプでした?(ドリアン助川)

・・

はぁい。(相談者)

はぁ・・ん・・(ドリアン助川)
干渉・・し過ぎるところが・・(相談者)

あったと思います。(相談者)
干渉し過ぎる?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

あのぅ・・お母さんは・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
このぅ・・彼女・・が、追いかけてるアイドルを・・1回でも見に行ったことはありますか?(ドリアン助川)

今の・・(相談者)

人とは違うんですけど、前・・好きだった人は、一緒に行ったことあります。(相談者)

あっ、そうですか・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
じゃあ今・・彼女が好きな人は、見たことはないんですね?(ドリアン助川)
はい、ないですね。(相談者)

はぁい。(相談者)

で、目下のところは・・もう一度、こう・・二人の接点を・・(ドリアン助川)

ねえ・・(ドリアン助川)

新たに・・得て・・(ドリアン助川)
ウーーン・・(相談者)

きちんと話をしたい・・っていうことですか?(ドリアン助川)
そうですねぇ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
でぇ、あまり・・多くのことを語らない・・(相談者)

方では・・(相談者)

はぁい・・(ドリアン助川)
ありますねぇ・・わたしが・・今回、咎めた時も・・(相談者)

なにも言わずに辞めてきて・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

で、「辞めろ」って言うから、辞めてきたと・・言った後にですねぇ・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
あの、いろいろ・・(相談者)

これから先のことも考えて・・(相談者)

貯金もしようと思ってたし・・(相談者)

自分で、解決していこうと思ってた・・(相談者)

っては言ってたんですけど・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

どういうところに糸口がありますかねぇ?(ドリアン助川)

ぇ・・では・・(ドリアン助川)
ウーーン・・(相談者)

今日の・・回答者の先生、紹介いたします。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

ぇ、精神科医の高橋龍太郎先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。

この記事へのコメントはありません。