テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年3月8日(木)は、ドリアン助川&大迫恵美子。6年前に結婚し長男が産まれる前に保険の見直しをする。結果的に老後資金はギリギリと判断。両方の親世帯の状況を確認したところ、義父母は、あるだけ使う生活をしている様子。障害を負って、施設に入っている義姉の障害年金も使い切ってしまっているらしい。経済的にも道徳的にも改めて、蓄えをして欲しいと思うが、話を聞いてくれない。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:40歳女性 夫42歳 長男3歳 次男生後半年 6年前に結婚 義父77歳 義母78歳 義姉(年齢不明 20年前に障害を負い障害年金もらっている 現在施設に入っている)

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

あっ、よろしくお願い致します(相談者)
はい、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

ぇ、今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

考えが合わない

はい、えーっと・・義理の両親の件なんですけれども・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

経済的・・かつ、まぁ、道徳的・・というか・・そういうところでもう、我々夫婦とこう・・考えが合わない・・生活をしてる状況なんですけれども・・(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

その両親と今後・・(相談者)

どういうふうに関わるべきか・・っていうところが、第三者の方の意見を・・(相談者)

あのぅ、参考に、もう一度、考えようっていうようなところで今・・お電話させていただいたんですけれども・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

ぇ、あなた、おいくつですか?(ドリアン助川)

ぇ、40です。(相談者)
40歳・・(ドリアン助川)

旦那さんは?(ドリアン助川)

は(わ)、42です。(相談者)
42歳・・(ドリアン助川)

お子さんはいらっしゃるんですか?(ドリアン助川)

はい、ぇ・・二人いて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

長男が、3歳・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

次男が、半年です。(相談者)

はぁい・・結婚なさったのどれぐらい前ですか?(ドリアン助川)

・・

6年ぐらい前です。(相談者)
6年前・・(ドリアン助川)

はい。(ドリアン助川)

そのぅ・・(ドリアン助川)

旦那さんの・・(ドリアン助川)

両親が・・(ドリアン助川)

先ほど経済的にも、道徳的にもっていう話を・・聞きましたけども・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
両方、破綻しちゃってる感じなんですか?(ドリアン助川)

いえ、破綻・・は、してないんですけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

こう、自分達・・(相談者)

が、その、長男が生まれる前に、自分達の保険の見直しっていうのをしたんですね。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

で、それはその、教育資金はこれだけかかるとか・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
でぇ・・その子供には、我々自身の心配をさせないように、老後資金はどれだけ必要なのかっていうのを、こう・・改めて検討して保険に入り直すっていう機会があったので・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

で、そのときに自分達の生活が・・ギリギリいっぱいだねっていう認識になったんですね、我々として・・(相談者)
はい・・はいはい。(ドリアン助川)

じゃあ、自分たちの親は、それぞれどうなんだろうか?・・って、また、その老後の希望とか計画は、どうなっているのか?・・っていうのは、ちょっと、聞いておかないといけないっていう・・ふうに、夫婦で話合って・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

でぇ、それで親に、それぞれの親に話を聞きに行った時に・・夫の親が・・あの、どうか?・・っていうところで、問題が・・こう、出てきたんですけれども。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

例えば、医療保険は・・あのぅ・・義父しか入っていないようでしたし・・(相談者)

あと・・は・・つい最近まで同居していた、そのぅ・・主人の姉がいるんですけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

その姉は、その20年ぐらい前に、もう、障害を負って・・(相談者)

その、障害年金を受給していて、もう・・当然一人では生活できない状況・・の人がいるんですけれども・・(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

その、お姉さん・・が、受給していた、障害者年金っていうものも・・(相談者)

もう、ほとんど使い切ってしまってる状態だった・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
っていうのが、わかったんですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

なん・・なんかわからないけど、足りないから、あるものを使っちゃってるっていう・・言い方ですの・・じゃあ、お姉さんの・・(相談者)

今後は、どうなるんだ?・・っていう話を・・問いかけをした時には・・(相談者)

なんか、知らない・・っていう感じだったんですねぇ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
で、それでもう、わたしも、主人も・・(相談者)

ちょっと、ショックを受けてしまって・・(相談者)
お姉さん今、どこで、どうやって暮らしているんですか?(ドリアン助川)

あの、つい最近、手紙で・・知ったんですけれど・・あのぅ・・(相談者)

施設に・・入ったらしいんですねぇ。(相談者)

施設にね?・・はい。(ドリアン助川)
どういう施設・・ってところまではまだ、確認もしてないんですけれども・・(相談者)
はぁい、はい。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

年金暮らし

義理のお父さんとお母さん、年齢はおいくつ・・なんですか?(ドリアン助川)

ぇ・・義父が、70・・7でぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
義母ももう・・あの70・・8です。(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)

70代、後半ということですねぇ、二人共・・でぇ・・あのぅ・・仕事は、もう、されてないわけですね、当然?(ドリアン助川)

はい、してません。(相談者)
はい・・っと、年金・・のみ?(ドリアン助川)

そうですねぇ。(相談者)
年金、どれくらいもらってるんでしょう?(ドリアン助川)

は(わ)、父だけでも、月に25万は、あるっていうことは、確認したらしんですけれども・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

義理のお父さんとお母さんは・・(ドリアン助川)

一戸建てのお家に住んでるんですか?(ドリアン助川)

いえ、あの、もうずーっと市営住宅に住んでらっしゃるんですけど・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

という事は、家賃を払ってるわけですね。(ドリアン助川)

・・

そうですねぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
でも、その家賃も何か主人が確認したときには本当に・・(相談者)

に、2万だか・・ぃ、いくらだか・・って、ほんとに少ない・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

額なんですよねぇ・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

だからほんとに・・主人も、わたしもそれを聞いた後に・・どこに、なにに使ってしまってるのか・・っていうのが、まったく・・わからなくって・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

・・

でぇ・・このぅ・・結婚して6年間の間に・・(ドリアン助川)

ご主人の・・ご両親が・・(ドリアン助川)

例えば、お金を借りに来たとか・・(ドリアン助川)

いえ、そういうことは一切・・ないです。(相談者)
ないんですよねぇ?(ドリアン助川)

なにか、あなた達に、経済的・・なことで・・面倒かけたって事は・・これまでないわけですね?(ドリアン助川)

ないですねぇ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

でも、今後のことを考えると・・(ドリアン助川)

ちょっとこれでは・・っていう・・雰囲気なわけですか?(ドリアン助川)

・・

まぁ、我々・・(相談者)

の・・勝手なアレなんでしょうけれども・・今後、考えたら・・(相談者)

もう、確実に、我々に・・こう、負担が来るのは見えている・・って、いうもう、見識に立ってしまっているので、我々が・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

なので・・今からでも・・(相談者)

少しでもこう、改ながら、こう・・生活をしてもらって、そうでないと、やっぱりこちらも・・(相談者)

気持ち的にもこう・・(相談者)

関わって、支援するっていう気持ちが起きない・・っていう状況になってしまって・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

話にならない

つい先日・・あのぅ・・その、義父の方から・・(相談者)

電話があったんですね。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

もう、かなり酔っ払っていて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
すごくこう、威圧的というか・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

うーん・・(相談者)

義母がその・・(相談者)

一年ぐらい前に・・「実は倒れたんだぞ」・・っていうこと、言われたらしくて・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

でぇ・・今はもう・・とっくに、退院はして・・普通に生活はしてるらしいんですけれども・・(相談者)

・・

なんか、結局自分が・・(相談者)

寂しかったり、自分が面倒・・だから・・(相談者)

何か不満を言ってるだけだ・・ったよって、いう・・まぁ、主人の印象は、そうだったらしくて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
それでも主人は・・(相談者)

まぁ、こうこう、こうだから・・(相談者)

そのぅ・・ねぇ、みんなが不幸にならない為には・・(相談者)

節約をして、ある程度ためておくっていう生活態度は必要なんだよ・・っていうことを、話そうとしたけれども、お金の話を・・(相談者)

しようとした時点で、もう、ブチブチ、もう何回も電話を切ってたらしいんですね・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
その話しをしてた時に・・(相談者)

で、しつこくまたかけて、またかけて・・っていう感じで、話・・したらしいんですけど・・やっぱりそこは、理解・・できなかったっていうより、話しすら・・あのぅ・・できなかったよ・・っていう、結論だったんですね。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

なので・・(相談者)
ただね、お義父さん、お義母さんから、「お金、貸して欲しい」っていう話がきたなら・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
あの、別だと思うんですけども・・(ドリアン助川)

ええ・・(相談者)
えーっと、なんか、随分・・いらぬお節介してくるな・・なんて、気持ちになってるんじゃないでしょうか?(ドリアン助川)

・・

・・

そうですねぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
でも・・(相談者)

絶対にこう・・(相談者)

世話にならないとか、迷惑をかけない・・(相談者)

っていうことって、人・・がこう、年老いていく中であり得ないっていう・・やっぱり考えを、わたし達も、持ち過ぎなのか・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

・・

まぁ・・そう、なった時に、結局は・・(相談者)
まぁ、そう・・(ドリアン助川)
動くのは・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
周りでしょう・・っていうのがあって・・(相談者)

はぁい。(ドリアン助川)

そういう・・(相談者)
まぁ、そん時、動けばいいのかな・・というふうに、わたしなんかは、思うんですけど・・(ドリアン助川)

まぁ、あのぅ・・でも、わかりました。(ドリアン助川)
・・
とりあえず今日の、お悩みというのは・・(ドリアン助川)

義理のお父さん、お母さんが・・(ドリアン助川)

今から節約してお金貯めてほしいとか言おうとするんだけど、そ・・そうなるともう、全然、話しにならないと。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
なにか・・(ドリアン助川)

いい方法、ありますか?ということですよねぇ?(ドリアン助川)

・・

そうですねぇ・・(相談者)
はぁーい。(ドリアン助川)

・・

では、今日の先生、紹介いたします。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
弁護士の、大迫恵美子先生です。(ドリアン助川)
・・
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1.  終始 上から目線で お話をなさってましたね
     「どういうふうに関わるべきか・・っていうところが、第三者の方の意見を」
     相談を受けてくださる先生を 「第三者」 とは 無礼千万!江戸時代ならば「手打にいたす そこへ直れ」 では?
     義父母も 見下されてますね? そのようなご相談者の言動がストレートに義父母に伝わっているのでしょう。

     義父母の愚痴が聞こえてきそうです「息子の嫁と来たらねぇ」
     もっと おおらかに 物事(将来の展望)を お考えになれないでしょうか(・・?

  2. 40すぎで、小さい子供2人をもつ計画のなさ。義両親の計画のなさも心配してしまいますなぁ。

  3. 世間的に見れば、たぶんこの相談者さんは袋叩きにされるんでしょう。冷たすぎるとかね。
    でも私は世の中の人々がこの相談者さんの10分の一でも計画性をもって生活したなら、老後破産だの下流老人だのといったことは無くなるのではないかと思います。
    こういう人はほかの人々よりも先が見えるんですよ。
    自分に火の粉が降りかかるのが目に見えてるのに、それを自分にはコントロールできないゆえの苛立ちでしょう。
    でも仕方ないですね。大迫先生がおっしゃるように、イザとなったら夫の親ですから冷たく突き放すこともできないでしょう。世の中、いい加減に生きてる人が真面目な人によりかかることでなんとか回ってるんですから。