長男長女の結婚

テレフォン人生相談
嫁姑問題

テレフォン人生相談2016年6月18日は、加藤諦三&マドモアゼル愛。半年前に入籍だけして、結婚式を数か月後に控えた28歳の女性からの相談。長男長女の結婚で、主人側の家族の態度に、自分の家の苗字が消えることに後悔している相談者。家柄に誇りを持っている相談者は、お金の問題から、早々に結納を取りやめ、結婚式のお金も払わない姑の態度に怒りを覚える。嫁姑問題の勃発か、既に入籍してしまったが、どうしようという相談。

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2016年6月18日(土)

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:女性28歳 夫28歳 子供いない 籍を入れて半年 結婚式を数か月後に控えている

加藤諦三氏の〆の言葉『行き詰った時は逆が正しい、誇りの時は敵意です』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

28歳の女性から、夫は同じ年28歳で、子供はいない。今は二人で暮らしている。

相手の親族に不満がある

ええっと、新婚なんですけれども・・(相談者)
結婚してから、どのぐらい経ったの?(加藤諦三)
半年・・で、式を・・(相談者)
半年ぐらい。(加藤諦三)
はい・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
式が、数か月後に控えています。(相談者)

で、その、家に入るというか、自分の苗字を変えて、そちらの家に入るという事に、すごく抵抗・・というか、彼の親族への不満とかも含めて・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

それに対しての不満があるという感じなんですよ。(相談者)一緒に住むっていう予定はないんです。(相談者)
あ、一緒に住むんではないけれど・・(加藤諦三)
ないです。(相談者)

自分の名前が変わると、苗字が・・(加藤諦三)
して、苗字が変わって・・(相談者)
で、その自分・・の今まで・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

生き・・生きてきた、その家族と違ったところに・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
自分の根拠が移ることが、嫌だということ?(加藤諦三)

そう・・まあ、そうですね、それで、まあ、受け入れてくれるような体制だったら、こちらも・・もぅいいんですけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

そういう、不満があるので・・そういう態度なんだったらもう、こっちも嫌だわぁっていう感じですね。(相談者)
うん?そういう態度だったら、こっちまでだって、その、そういう態度っていうのは、どういう態度ですか?(加藤諦三)

お金がかかるからなし

えーっと・・私は、その・・長男長女の結婚なので・・(相談者)
はい、はい・・(加藤諦三)
私の家の・・家は、なくなってしまうので・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

嫁いで苗字が変わるってことにすごく・・辛かったですよ・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
すごい辛くて、で、結納の時に、やっぱ地方なので・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

ま、きちんと、するのが礼儀というか、そういう感覚でいるんですけど・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
お義母さんは・・「お金がかかるからなし」ってことでって、言い切られちゃった事が、あってですね・・(相談者)

つまり、結納の時にあなたの、考えている結納の式ではなかったと・・(加藤諦三)
そうですね。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で、まあ、両親は、気を使って、あの、そちらの家族に合わせればいいじゃないのみたいな感じで・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
あの、別にいいわよっていうふうに、言ってくれてた・・んですけど・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

私の気持ちが、ちょっと・・(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

そいで結納の式が、そういう形で終わったというの・・その他に、ま、さっき言った、そういう態度ならこっちも、ま、つまり受け入れてくれるような気持ちがないんなら・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

私も、入っていく気持ちがないっていうことですよね。(加藤諦三)
・・はい。(相談者)
で、そういう態度っていうのは、他にどんなことあるんですか?(加藤諦三)

お金のことをネチネチと

実家に行くたんびに・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
あの・・式のお金とかも・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

まあ、私の地域では両親が払うような感じなんですが、そういうのも、払いたくないからね、みたいな・・で・・(相談者)
あ・・あの、アレですか・・(加藤諦三)

両親がっていうのは、その、彼の方の両親ね。(加藤諦三)
そうですね。(相談者)
はい・・(加藤諦三)
うちの方はもう・・そういう感じじゃないので・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

彼の両親・・か・・そう、なんか・・(相談者)
すると、こういうこと、結納もきちんとやらない、結婚式もきちんとやらない・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
・・という意味ね。(加藤諦三)

で・・そうですね・・(相談者)
で、行くたびネチネチ、お金のこと、ずーっと言われるんですよ。(相談者)
はい、はい・・(加藤諦三)
また、お金かかるの?出さないからね、みたいな・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

お金を返してください

その他に、どういう事があるんですか?(加藤諦三)
あ、で、あの・・先日、その・・お義母側の、お婆ちゃんの所に・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

初めて、結婚の挨拶に・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
私と主人と、お義母さんで・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

行った時に・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
あの、お婆ちゃんが、すごく良い方で・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

あの、帰り際に私にあの・・これからよろしくねって感じで、1万円を握らせてくれたんです。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で、その時に・・まあ、その準備をしてる時に、お義母さんが・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
こそこそ、お婆ちゃんに、あの、「あげなくていいから」みたいな事を、言っていたんですけど・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

まあ、それでまあ、握らせてくれて・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
私は、まあ、「そんな、もらえないです」とか、「いや、もらって、もらって」っていう感じでこう・・やってた時に・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

私の耳元に来て・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
「返してください」って・・(相談者)
あ、お義母さんが・・(加藤諦三)
「お婆ちゃんに、返してください」ってひと言・・小声で・・(相談者)
あ、お婆ちゃんに返してくれ・・はい・・(加藤諦三)

はい、小声で冷たく言ったんですよ。(相談者)
はい・・(加藤諦三)
で、私はゾッとして・・もう、○▽♯さん、いただけませんみたいな感じで、まあ、お婆ちゃんに返さなくちゃっていうのに、必死になって、青ざめながらやってたことがあって・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で、それで結局・・でも、受け取ってくれなくて・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
主人と一緒に、使わせていただきますって、最終的には、受取ました。(相談者)
あ、最終的には、受取ったわけですね。(加藤諦三)

入籍したけど困っている

受取って・・はい・・(相談者)
はい、わかりました・・で、そういうことがあって・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
もう、この家族は、嫌だということですね。(加藤諦三)
うーん、そうですね・・(相談者)

で、もう・・入籍はしてしまったけど、どうしようか・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
困ってるということね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

はい、わかりました。(加藤諦三)
今日はスタジオに、心についてのエッセイストとしておなじみの、マドモアゼル愛先生が、いらしてるので・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
うかがってみたいと思います。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

マドモアゼル愛アドバイス

どうも、こんにちは。(マドモアゼル愛)
こんにちは。(相談者)

結婚を決めた要素が間違っていた

はい・・名前の・・が、変わるっていうの、誰と結婚したって・・(マドモアゼル愛)
そうなんですよ、だから・・(相談者)
だよね、最初から、わかってることだよね。(マドモアゼル愛)

まあ、そういうことも考えて、家を選んだつもりだったんですよ・・(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)
お父さんの、ご職業とかも知ってますし・・そういうので、ああ、いいお家だなと思って、それは周りからも聞いていたいので・・っていうのも、結婚の中で、けっこう大きな要素だったんです。(相談者)

だけど、入ってみたら、けっこう違う所が見えてきて、ちょっと嫌になったみたいな・・(相談者)
うん・・そうなるとね・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

僕の結論になっちゃうけども・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
結婚を決めた要素が間違ってたんじゃないの?(マドモアゼル愛)
・・ああ・・(相談者)

結婚も、すぐ・・
あなた自身が、家っていう概念に・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

誇りと驕り

結構、縛られてるよね、逆に言うと・・(マドモアゼル愛)
あ、そうですね、それは本当に、そう思います。(相談者)
要するに、自分の家の育った、あなた自身の家にも・・(マドモアゼル愛)

そうですね、そうなんです、それも凄い思っていて・・なんか、あの・・自分の家は、地元では結構・・(相談者)
盟主、名士?な・・(マドモアゼル愛)

そう、そうですね、そういうのが、たぶんどこかで、誇りに思っているのと同時に、驕ってるところが、あるんだと思います。(相談者)
なので・・(相談者)
というか、コンプレックスだと思うのね、僕・・本当は・・(マドモアゼル愛)

ああ・・あっ、それもありますね。(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
あの・・まあ、に、日本にも上流階級とか名士って言われる人、やっぱ、いると思うけれども・・(マドモアゼル愛)
はい、はい・・(相談者)

よく知っちゃうと・・・同じだよね。(マドモアゼル愛)
そう・・ですね・・(相談者)
人間として、ほとんど・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

そん中で・・あなたはまだ、こだわってるよね、やっぱり家っていう・・(マドモアゼル愛)
そうですね・・(相談者)
ものにね・・(マドモアゼル愛)
そうですね、それは、しばらく・・はい・・(相談者)
そして、そのウエイトが・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

自分が、付き合う、その自然な情緒をベースとする・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
異性関係・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

と、同等ないし、以上の・・ものを持っているっていうのは・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
なにか・・なにをこだわっているのかなっていう気持ちを、やっぱり、受けちゃうのよね。(マドモアゼル愛)
ああ・・(相談者)

コンプレックスは運命というストーリか

そうですね、それに関しても・・(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)
まあ、親族・・の中で、自分・・だけが・・(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)

周りの子達よりも・・(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)
学歴とか・・(相談者)
うん・・でしょうね・・(マドモアゼル愛)

そういう面で、ちょっと低いっていうこととか・・(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)
あとは何か、いろんな事を、小さい頃から、いろんな事を、コンプレックスに感じる事が多くて・・(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)
で・・(相談者)

だから、あなた自身が比べられて・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
受け入れ難いものを、しょうがない物差しとして、受け入れてしまったわけであって・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
魂では、本当は、反発してたのかもしれないよ。(マドモアゼル愛)
ふーん・・(相談者)

そっから、解放してくれる為に・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
こうした結婚が、用意されていたたというストーリーも・・運命的には、見えるよね。(マドモアゼル愛)
はあ・・(相談者)

そいでここでもし・・離婚して・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
この、嫌な、親類と別れた時に・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

あなたに残るのは、またそのコンプレックスを基にする・・どこに手ごたえがあるかわからない家のアイデンティティになっていくよ。(マドモアゼル愛)
はあ、そうですね、はい・・(相談者)

そういう2つの構造が、僕はあるような気がするのよ、(マドモアゼル愛)
そう、ですね・・(相談者)

釘を刺す

あと、気になったのが・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
正式に、まあ、あの、ちゃんとやるっていうのは、それはいい風習だし、いいと思うけども・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

その気持ちは、彼や、彼の・・ご両親に伝えたのかしら、あなたとしては?(マドモアゼル愛)
うちの両親は、あの・・そちらのお家に、お任せしなさいっていう形なんで・・(相談者)
じゃあ、伝わっていないわけだよね。(マドモアゼル愛)

私がやりたいって言う前に、なしってことでって言われてしまって・・(相談者)
まあ、それを上手く伝えられずに・・(相談者)
うん、そうすると、相手は悪意はないよね、少なくとも。(マドモアゼル愛)
・・そう・・ですね・・(相談者)

ってか、彼、曰く・・あの・・母親は、お金がかかるのが・・(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)
嫌だったり、うちの・・家のこと、近所なので知っているので・・(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)

いくら、お金がかかるんだみたいなことを、言っていたっていうふうには聞きました。(相談者)
ああ、なるほど・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

あの家のお譲さんを・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
迎えるには・・正式にやったら、これ、大変なことになるよという・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
思いがあったわけじゃない。(マドモアゼル愛)
そうですね、たぶん・・(相談者)

だから・・(マドモアゼル愛)
うん、はい・・(相談者)
お金かかることできないよ・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
ということで・・釘を刺していた・・(マドモアゼル愛)
そうですね。(相談者)
っていう流れは、わかるよね。(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

それ自体は、なんか嫌なよう、確かに、なんか失礼だなって気持ちは、確かに、あの、受けるものの・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
動機はまぁ・・わかるよね、こいではっきりとね。(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

わりと・・そうすると、あなたが、いいえ、うちなんて別に、そんな、昔からちょっとアレなだけで、何も変わらない、同じ人間なんですっていう、考え方があれば・・(マドモアゼル愛)

向こうも、うれしい、助かったっていうことで・・受け入れられる・・絵でもあったよね。(マドモアゼル愛)
そうですね・・それを私が・・(相談者)
ね、それをあなたが・・自分の家の中で、自分だけが、どっか劣等感を感じつつ・・生きてきたっていう・・ものがあって・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

逆にそこを、卒業しないで、捨てきれないでいるという・・複雑なまあ、なんか、前提の、アレがあったような気がすんのね・・(マドモアゼル愛)
・・うーん・・(相談者)

純な愛情があるのか

だから、結婚をどう考えるのか、っていうところの基本の問題があるような気がします。(マドモアゼル愛)
うーん・・(相談者)

ホントは・・愛情、優先したならば・・こうした問題は、付帯する問題として、処理できるはずなのよ、本当なら・・(マドモアゼル愛)
ああ・・なるほど・・(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)
はい、そうですね・・(相談者)

なので、この2人の真ん中に、本当に・・その、あなたの中にも純な、愛情があるとは、僕には思えないのよ、悪いけど・・(マドモアゼル愛)
うーん・・(相談者)

ま、そこら辺、ちょっと・・もっと深く、加藤先生に、ちょっともう一回、うかがってみたいなと、思います。(マドモアゼル愛)
・・はい・・(相談者)

加藤諦三まとめ

あの、今ね、マドモアゼル愛先生との話で・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
嫁ぎ先ではなく、今の家族に誇りを持ってるということを・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
何度か言ってましたけど・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

家柄が自慢

ほんっとに、誇りになってるかしら?(加藤諦三)
・・・誇りっていうか、自慢みたいな感じに・・(相談者)
そうそうそうそういうこと・・うん・・(加藤諦三)
なってると、思います。(相談者)
ですよね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

そこにしがみついて、生きてきてるんですよね。(加藤諦三)
そう、ですね・・(相談者)
だから、形がすごく大切になるわけですよね。(加藤諦三)
そうですね。(相談者)

結納とか、披露宴とか、結婚式とかね・・(加藤諦三)
ああ・・はい・・(相談者)

心では、ないんですよね・・(加藤諦三)
・・・うん・・・(相談者)

所属感の欠如

実は、あなた・・無意識では・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
あなたの親族や家族から・・本当に、受け入れられてないという・・感覚が・・あるというのが・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
なんとなく、感じることないですか?(加藤諦三)

うーーん・・・(相談者)

実は、所属感の欠如なんですよ。(加藤諦三)
はあ・・(相談者)
ほんっとうは、あなたの誇りに思っているその親族に・・あなたは、受入れられていないということを、あなたは無意識で知っている。(加藤諦三)

・・・うーん・・・(相談者)

だからこそ・・形にこだわるんですよ。(加藤諦三)

・・・ぁぁ・・・(相談者)

形にしがみつく人っていうのは、自信のない人です。(加藤諦三)
うん・・(相談者)
だから、離婚するとか言うよりも・・(加藤諦三)

・・はい・・(相談者)

もう、この世界をすっかり捨てたら・・(加藤諦三)

・・うん・・(相談者)

夫と別れるんじゃなくて・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
今まで居たこの世界と、別れる。(加藤諦三)
ぁぁ・・はい・・(相談者)

で、一旦別れてみたら、この世界とね。(加藤諦三)
私は、こんなこと、誤解してたんだなぁとかっていうことも、見えてくるかと思うんですよ。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

だって、本当にあなたが苦しんでいるのに、誰が助けてくれてます?(加藤諦三)
誇り、誇りって、親族、親族って言うけど・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

誇り、誇りと言ってても・・あなたが本当に辛い時、誰も助けになってないんですよ。(加藤諦三)
うん・・そうですね・・(相談者)

で、今、行き詰って、電話かけてきてくれたわけですから・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

なぜ行き詰ったかっていうのも、わかったわけですよね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

はい、となんとなく自信がない。(加藤諦三)
ふへへ(笑う)、いろいろとこだわってるのは、私だけで、これを機に・・(相談者)
うん、これを機・・(加藤諦三)
ちゃんと変わることになる方が・・(相談者)
そうです。(加藤諦三)
自分の為にも、周りの為にも・・(相談者)
そ・・そうです・・(加藤諦三)

いいこと・・じゃなくて・・(相談者)
これを機に、自分で自分を変えましょう。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

自分で、自分を変えるってことは、自分が、自分に対する態度を変えるってことです。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

よろしいですか?(加藤諦三)
はい・・(相談者)
はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
はい、ありがとうございます。(相談者)

『行き詰った時は逆が正しい、誇りの時は敵意です』

管理人のちょっとひと言

コンプレックスが、家柄とか拠り所にしてしまうってのは、わからなくもないな、劣等生としては(笑)
それは、それで反面、モチベーションにもなったりする。
ま、人生の後半に差し掛かってから、劣等生でも逆転することはできるんだけどね。

しかし、姑も姑だけどね、お互いに立場が違えば、この部分でぶつかるのは仕方ない。
こんなの、必然ですな、愛先生お得意の、運命が出ましたけどね・・・まったく受け入れられないので、このひと言で、全部反論したくなる、自分は、まだまだ青いです(笑)

これね、こうなるだろうことが、わかっていて、何もしない旦那が全面的に悪いよね。
姑が、お金を心配するならば、それをなだめるのが、旦那の役目。
嫁が、披露宴、結婚式等、お金にこだわるのなら、それを調整するのも、旦那の役目。

自分は、普通にそうするもんだと思ってるけどな。
だって、全く異なる家庭が、結合してる部分って、旦那の所しかないわけだ。
それを、嫁姑に、直接バトルさせるなんて、言語道断。

お婆ちゃんの所で、受け取れ、受け取らないってやっていたら、出て行って、話しつけてこい。
少なくとも、母親に口出しさせるんじゃねぇよ。

ま、家柄に対する、誇り、自慢を捨てたとしても、この旦那では嫁姑問題は、続いていく。
で、それが耐えられないんだったら、離婚しかないね。
しょうがない、緩衝材が無いんだもん、直接ぶつかれば、そういう方向に話が進むだろう。

あなたは、どっちをとるの?って両方から言われて、嫁を選択できればいいけれど、この旦那だと、母親選択っぽいね。
うん、マザコンの匂いがする(笑)

どちらも大切にしたいのなら、旦那が、きちんと緩衝材になれや。
そうするしかねぇんだよ。
だから嫁さん、さっさとこんな男、見切った方が、先々いいと思うけどな。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.