テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年6月18日は、加藤諦三&マドモアゼル愛。半年前に入籍だけして、結婚式を数か月後に控えた28歳の女性からの相談。長男長女の結婚で、主人側の家族の態度に、自分の家の苗字が消えることに後悔している相談者。家柄に誇りを持っている相談者は、お金の問題から、早々に結納を取りやめ、結婚式のお金も払わない姑の態度に怒りを覚える。嫁姑問題の勃発か、既に入籍してしまったが、どうしようという相談。

テレフォン人生相談2016年6月18日(土)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:女性28歳 夫28歳 子供いない 籍を入れて半年 結婚式を数か月後に控えている

加藤諦三氏の〆の言葉『行き詰った時は逆が正しい、誇りの時は敵意です』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

28歳の女性から、夫は同じ年28歳で、子供はいない。今は二人で暮らしている。

相手の親族に不満がある

ええっと、新婚なんですけれども・・(相談者)
結婚してから、どのぐらい経ったの?(加藤諦三)
半年・・で、式を・・(相談者)
半年ぐらい。(加藤諦三)
はい・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
式が、数か月後に控えています。(相談者)

で、その、家に入るというか、自分の苗字を変えて、そちらの家に入るという事に、すごく抵抗・・というか、彼の親族への不満とかも含めて・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

それに対しての不満があるという感じなんですよ。(相談者)一緒に住むっていう予定はないんです。(相談者)
あ、一緒に住むんではないけれど・・(加藤諦三)
ないです。(相談者)

自分の名前が変わると、苗字が・・(加藤諦三)
して、苗字が変わって・・(相談者)
で、その自分・・の今まで・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

生き・・生きてきた、その家族と違ったところに・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
自分の根拠が移ることが、嫌だということ?(加藤諦三)

そう・・まあ、そうですね、それで、まあ、受け入れてくれるような体制だったら、こちらも・・もぅいいんですけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

そういう、不満があるので・・そういう態度なんだったらもう、こっちも嫌だわぁっていう感じですね。(相談者)
うん?そういう態度だったら、こっちまでだって、その、そういう態度っていうのは、どういう態度ですか?(加藤諦三)

お金がかかるからなし

えーっと・・私は、その・・長男長女の結婚なので・・(相談者)
はい、はい・・(加藤諦三)
私の家の・・家は、なくなってしまうので・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

嫁いで苗字が変わるってことにすごく・・辛かったですよ・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
すごい辛くて、で、結納の時に、やっぱ地方なので・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

ま、きちんと、するのが礼儀というか、そういう感覚でいるんですけど・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
お義母さんは・・「お金がかかるからなし」ってことでって、言い切られちゃった事が、あってですね・・(相談者)

つまり、結納の時にあなたの、考えている結納の式ではなかったと・・(加藤諦三)
そうですね。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で、まあ、両親は、気を使って、あの、そちらの家族に合わせればいいじゃないのみたいな感じで・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
あの、別にいいわよっていうふうに、言ってくれてた・・んですけど・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

私の気持ちが、ちょっと・・(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

そいで結納の式が、そういう形で終わったというの・・その他に、ま、さっき言った、そういう態度ならこっちも、ま、つまり受け入れてくれるような気持ちがないんなら・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

私も、入っていく気持ちがないっていうことですよね。(加藤諦三)
・・はい。(相談者)
で、そういう態度っていうのは、他にどんなことあるんですか?(加藤諦三)

お金のことをネチネチと

実家に行くたんびに・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
あの・・式のお金とかも・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

まあ、私の地域では両親が払うような感じなんですが、そういうのも、払いたくないからね、みたいな・・で・・(相談者)
あ・・あの、アレですか・・(加藤諦三)

両親がっていうのは、その、彼の方の両親ね。(加藤諦三)
そうですね。(相談者)
はい・・(加藤諦三)
うちの方はもう・・そういう感じじゃないので・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

彼の両親・・か・・そう、なんか・・(相談者)
すると、こういうこと、結納もきちんとやらない、結婚式もきちんとやらない・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
・・という意味ね。(加藤諦三)

で・・そうですね・・(相談者)
で、行くたびネチネチ、お金のこと、ずーっと言われるんですよ。(相談者)
はい、はい・・(加藤諦三)
また、お金かかるの?出さないからね、みたいな・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

お金を返してください

その他に、どういう事があるんですか?(加藤諦三)
あ、で、あの・・先日、その・・お義母側の、お婆ちゃんの所に・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

初めて、結婚の挨拶に・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
私と主人と、お義母さんで・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

行った時に・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
あの、お婆ちゃんが、すごく良い方で・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

あの、帰り際に私にあの・・これからよろしくねって感じで、1万円を握らせてくれたんです。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で、その時に・・まあ、その準備をしてる時に、お義母さんが・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
こそこそ、お婆ちゃんに、あの、「あげなくていいから」みたいな事を、言っていたんですけど・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

まあ、それでまあ、握らせてくれて・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
私は、まあ、「そんな、もらえないです」とか、「いや、もらって、もらって」っていう感じでこう・・やってた時に・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

私の耳元に来て・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
「返してください」って・・(相談者)
あ、お義母さんが・・(加藤諦三)
「お婆ちゃんに、返してください」ってひと言・・小声で・・(相談者)
あ、お婆ちゃんに返してくれ・・はい・・(加藤諦三)

はい、小声で冷たく言ったんですよ。(相談者)
はい・・(加藤諦三)
で、私はゾッとして・・もう、○▽♯さん、いただけませんみたいな感じで、まあ、お婆ちゃんに返さなくちゃっていうのに、必死になって、青ざめながらやってたことがあって・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で、それで結局・・でも、受け取ってくれなくて・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
主人と一緒に、使わせていただきますって、最終的には、受取ました。(相談者)
あ、最終的には、受取ったわけですね。(加藤諦三)

入籍したけど困っている

受取って・・はい・・(相談者)
はい、わかりました・・で、そういうことがあって・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
もう、この家族は、嫌だということですね。(加藤諦三)
うーん、そうですね・・(相談者)

で、もう・・入籍はしてしまったけど、どうしようか・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
困ってるということね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

はい、わかりました。(加藤諦三)
今日はスタジオに、心についてのエッセイストとしておなじみの、マドモアゼル愛先生が、いらしてるので・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
うかがってみたいと思います。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.