テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年11月24日(金)は、今井通子&坂井眞。両親共に病死し一人暮らしをしている26歳の甥っ子。お金の管理が出来ない人で、伯父夫婦が必要な金額を口座に入れている。発達障害ではないかと疑っており、バイト先の更衣室でお金を盗り、返済の約束を守れず自ら警察へ出頭。本人、初めてお金の使い方がわからないと告白。どうしてあげればいいのか?坂井眞弁護士は成年後見制度を勧める。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:60歳女性 夫65歳 夫の弟の子、甥っ子26歳(一人暮らし・持家・発達障害か?) 3年前に夫の弟は他界 弟の妻は16年前に他界

もしもし・・(今井通子)
あ、もし・・(相談者)
テレフォン人生相談です。(今井通子)

はい、お願い致します。(相談者)
はい・・(今井通子)

今日はどういったご相談ですか?(今井通子)

お金の使い方がわからない甥っ子

甥っ子なんですが・・(相談者)
はい。(今井通子)
主人の弟の子なんですが・・(相談者)
はい。(今井通子)
あのぅ・・(相談者)

両親ともに、病死でもう亡くなりまして・・(相談者)
はい。(今井通子)

ぇ、独り暮らしなんですね。(相談者)
はい。(今井通子)

で、その子が・・(相談者)

ちょっと、お金の管理が難しくて・・(相談者)
・・
お金に対する・・トラブルがありまして・・(相談者)
はい。(今井通子)

で、あと・・軽い発達障害というか、適応障害っていうか、そういうのが・・(相談者)

ある・・(相談者)

と思うんです。(相談者)
・・
でぇ・・あのぅ・・(相談者)

本人に・・今回も・・お金のことで、ちょっとトラブルが大きかったものですから・・(相談者)
はい。(今井通子)

聞きまして・・ちょっと・・とことん話をしましたら・・(相談者)
はい。(今井通子)

お金の管理が難しいのかな・・お金に関して・・使い方とか・・わかんなくなっちゃうのかなぁ?・・って言ったら・・(相談者)

そうだ・・って、今回、はっきり初めて言ったんですね。(相談者)
はい。(今井通子)

それで・・これからどのように・・(相談者)

彼に接していって・・それで、どのように教えてあげていって・・(相談者)

うーーん・・(今井通子)
導いてあげていってあげたらいいのかな・・っていうので・・(相談者)

主人と困りまして・・(相談者)

なるほど・・(今井通子)

もう、亡くなって3年?・・(相談者)

はい。(今井通子)

ちょっと・・(相談者)
まず・・(今井通子)
ええ。(相談者)
あなた、おいくつですか?(今井通子)

わたし、60です。(相談者)
60歳・・(今井通子)

はい。(相談者)
ご主人は?(今井通子)

65です。(相談者)
65歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

でぇ・・(今井通子)

弟さんのほうのご家族は・・(今井通子)
ええ。(相談者)
弟さんが・・(今井通子)

はい。(相談者)
え・・何年前ぐらいに亡くなったんですか?(今井通子)

もう、丸3年です。(相談者)

3年前?(今井通子)

はい。(相談者)

奥様は?(今井通子)

えーっとですねぇ・・(相談者)

10・・(相談者)

もう、おいて、3年、3年・・16年・・(相談者)

前ですね。(相談者)
16年前・・はい。(今井通子)
ええ。(相談者)

に、亡くなってる?(今井通子)

ええ。(相談者)

で、そのぅ・・その甥御さん・・っていうのは・・(今井通子)
ええ。(相談者)

ええ。(相談者)
一人っ子?

そうです。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・(今井通子)
でぇ・・うん?(相談者)
現在、おいくつなんですか?(今井通子)

26ですね。(相談者)
26歳・・(今井通子)
ええ。(相談者)

で、その・・(今井通子)

弟さんの・・(相談者)
ええ。(今井通子)
え・・息子さん、甥御さんを・・(今井通子)
はい。(相談者)

ええ。(相談者)
これは・・そうすると、もう・・成人はされていたんだけど・・(今井通子)

ええ。(相談者)

引き取られたの?(今井通子)

いえ、違います。(相談者)

まぁ、あのぅ・・じゃあ・・(今井通子)
24で、自宅があるので・・(相談者)
ええ。(今井通子)

弟さんが亡くなっちゃってからは、一人住まいになってらっしゃるわけ?(今井通子)
そうです。(相談者)

なるほど。(今井通子)

はい。(相談者)

お金のトラブル

そうすると・・(今井通子)
はい。(相談者)
お子さん、お一人なので・・(今井通子)

ええ。(相談者)
遺産・・変な話しですけど・・(今井通子)
ええ。(相談者)
遺産相続はされてたのね?(今井通子)

はい・・してます全部。(相談者)

でぇ・・(今井通子)

あのぅ・・お家も、持家?(今井通子)

持家です。(相談者)

はい。(今井通子)

・・

でぇ・・(今井通子)

お金のトラブルがあったと。(今井通子)

はい。(相談者)
で、それは、どういうトラブルでした?(今井通子)

・・

あのぅ・・毎月・・ま、バイトで働いてたんですね。(相談者)

はい。(今井通子)
でぇ・・ン、ン、あのぅ・・5万とか・・(相談者)

はい。(今井通子)
13万とかなる時もあったんですが・・(相談者)

はい。(今井通子)
それで・・(相談者)

一応・・一人にさせなきゃ、やらせなきゃいけないっていうので・・(相談者)

はい。(今井通子)
携帯、電気、ガス、水道・・払って・・(相談者)

ハイ。(今井通子)
それで・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

毎月?(相談者)
はい。(今井通子)

そのバイト代プラス・・それが、払える分を・・(相談者)

彼に・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

口座から・・引き落とすようにして、こう・・(相談者)
はい。(今井通子)

入れては落とす・・(相談者)

・・

入れては落とす、まとめておかないで・・そんな感じでやってたんですが・・(相談者)

はい。(今井通子)

それも・・(相談者)

・・

使ってしまって・・(相談者)

・・

うん。(今井通子)

でぇ・・(相談者)
その使ってしまってっていうのは、何に使ったんでしょう?(今井通子)

・・

あのぅ・・(相談者)

・・

ン・・飲みと・・あとなんて言うんでしたっけ・・(相談者)

あの・・(相談者)

飲食に使った?(今井通子)
あの、お・・ええ、あと・・(相談者)

キャバクラ・・通いって言うんですか?(相談者)

もぅ・・(今井通子)

それはでも、週に・・それからあと・・ライブへ行ったりとか・・(相談者)

あとは、ゲーム・・ですね。(相談者)

うーーん・・(相談者)
ゲーム買・・っては・・1週間ぐらいにしたら・・中古で売ってしまう。(相談者)

うん・・(今井通子)

うん、そういう生活し・・を、始めてしま・・って・・(相談者)
はい。(今井通子)

これではダメだというので・・(相談者)

ええ、(今井通子)
でぇ・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

あっ、それで・・最初わからなくて、絶対、言わない子なんですね。(相談者)

はい。(今井通子)
口に出して・・それで・・(相談者)

・・

ある時・・(相談者)

・・

お金がないのに・・どうやって生活して、できるんだってことで・・1回、お金ストップしたんですよ。(相談者)

はい。(今井通子)

そうすれば・・(相談者)

あ、電気代払えない、困ったとかって・・わかるかと思って、そうしたら・・(相談者)

もう、困らないで・・遊んで・・(相談者)

うふっ・・(今井通子)
でぇ・・(相談者)

・・

はい。(今井通子)
ローンですね。(相談者)
・・
はい。(今井通子)

借りてしまったんですね。(相談者)

うーーん・・(今井通子)

ウーーン・・(相談者)

・・

それで、わかって・・(相談者)

はい。(今井通子)

主人が・・(相談者)

これ・・利子がつくだけだから、もったいない・・っていうんで、ちゃんと、とことん話しして、主人が・・伯父さんがまとめて・・(相談者)

べつに、わたし達は一切、自分達のお金は出さないですから、彼の中から・・出して・・(相談者)
うん。(今井通子)

まとめて出して・・それで、伯父さんが、やったっていうことにして・・毎月・・(相談者)

2万ずつ・・(相談者)

返済するように・・ってことで・・(相談者)
はい。(今井通子)
やったんですね。(相談者)

はい。(今井通子)

でぇ・・彼の家に行くと、今度は彼が逃げて出て行ってしまう、家から。(相談者)

で、戻って来ない、わたし達、帰るまで。(相談者)

ほう・・(今井通子)
それで・・(相談者)

・・

で、なにか言いたい事、困った事があったら・・(相談者)

来るように・・(相談者)

はい。(今井通子)
電話すりゃ・・(相談者)

はい。(今井通子)
っていうことで・・うん、メールとかしても、一切、返事がもうなくって・・(相談者)
ええ。(今井通子)
逃げ・・逃げてしまったから、「お父さん、また何か悪い事してるかもしれないよ」と。(相談者)

うーーん・・(今井通子)
いうので、そしたら・・今のバイト先から・・(相談者)

はい。(今井通子)

あのぅ・・更衣室から・・(相談者)

・・

お金を・・(相談者)

盗ってしまった。(相談者)

はい。(今井通子)

・・

その合計が・・7万9千円ぐらいなんですね。(相談者)
はい。(今井通子)

ン・・で・・(相談者)

それも・・(相談者)

返済・・(相談者)

・・

せずに・・(相談者)

はい。(今井通子)

約束の日にちを・・(相談者)

エット・・(相談者)

二回ぐらい・・(相談者)

キャンセルしたらしいんですね。(相談者)

うん。(今井通子)

それで返せないんで、 2回目の約束を返せないんで・・(相談者)

はい。(今井通子)
で、わたし達にも言えないんで・・(相談者)

はい。(今井通子)

自分で、警察行ったらしいん・・行ったんですよ。(相談者)

はい。(今井通子)
だから警察からの電話で、ビックリして・・(相談者)

夜・・(相談者)

はい。(今井通子)
行ったんですが・・(相談者)

「ほんとなの?」って言ったら、本人は、「そうだ」って。(相談者)

はい。(今井通子)

ウン・・(相談者)

・・

お金の管理ができない

でぇ・・(相談者)

あの・・(相談者)

「今、一番困ってること、なぁに?」って。(相談者)

「独り暮らし、寂しい?」(相談者)

って言ったら、「大丈夫」(相談者)

はい。(今井通子)

「寂しくもない、生活もできる」(相談者)

うん。(今井通子)

じゃあ・・(相談者)

わかったから、あのぅ・・あれかな?・・お金の管理とか、使い方とか・・「お金について、難しい?」って言ったら・・(相談者)

「できない?」って言ったら、「お金の管理は難しい」って・・「できない」・・って・・(相談者)

はい。(今井通子)

うん・・(相談者)

初めて言ったので・・(相談者)
はい。(今井通子)

これからどういうふうに、この子・・を・・(相談者)

ちゃんと、できるように・・わたし達が、元気で生きてる間に・・み・・できるように、導いていってあげたらいいのかなんか・・そういう・・(相談者)

なるほど・・(今井通子)

手立ては、ないかな・・と思いまして・・もう・・(相談者)

あ・・のぅ・・先ほどちらっと、おっしゃってたんですが・・(今井通子)
ええ・・(相談者)

ええ。(相談者)
心身・・発達障害・・(今井通子)

ええ・・(相談者)

これって・・あの・・医師の診断ですか?(今井通子)

いえ、違います・・(相談者)

まあ・・(今井通子)

精神科とかね、心療内科みたいな・・(今井通子)
ええ・・(相談者)
ところで・・(今井通子)
え、ええ、ええ・・(相談者)
一度も診断は、してもらってない?(今井通子)
して・・ないです。(相談者)

なるほど。(今井通子)

もう、嫌だという・・(相談者)
いや・・っていうのはね・・(今井通子)

ええ・・(相談者)
やってることが・・かなり巧妙なんですよ。(今井通子)

ええ・・(相談者)
うん。(今井通子)

なので・・(今井通子)
ウーン・・(相談者)
次から次へ、いろんなこと考えて・・(今井通子)
ええ・・(相談者)
自分なりの・・ねぇ、ルールで・・(今井通子)
ええ。(相談者)

ええ。(相談者)
やってるから・・(今井通子)

ええ。(相談者)
いわゆる精神性・・ってあるか・・(今井通子)
ええ。(相談者)
発達障害かどうかが、ちょっと疑問なんだけれども・・(今井通子)
と・・うーん・・(相談者)

あ、そうなんですよ。(相談者)
うん。(今井通子)

診断を受けてないっていうのが、ちょっとネック・・なんですが・・(今井通子)
ええ・・(相談者)

いずれにしても・・(今井通子)

ええ。(相談者)
あなた方が・・(今井通子)

ええ。(相談者)
今後・・こう指導をしていこうと・・(今井通子)

ええ。(相談者)
いうふうに、思ってらっしゃるからの・・(今井通子)
ええ。(相談者)
ご質問ですよね?(今井通子)

はい、そうです。(相談者)

わかりました。(今井通子)

今日はですね・・(今井通子)
ええ。(相談者)
弁護士の坂井眞先生がいらしてますので・・(今井通子)
はい・・はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(今井通子)
はい、すいません・・(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)
ありがとうございます。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク