パーソナリティ障害妻の虚言癖と借金

テレフォン人生相談
離婚

テレフォン人生相談2016年10月18日は加藤諦三&坂井眞。妻が闇金で借金をしまくり、返済に追われる夫。出会い系サイトに生活費を全額つぎ込む妻。夫の携帯ばかりでなく、勤め先の会社にまで嫌がらせの電話。離婚調停も不調に終わり、調停委員のアドバイスで妻を病院に連れて行くとパーソナリティ障害A群との診断。鬱病の夫と病病介護状態。再度、闇金からの借金に、薬を大量に飲み自殺未遂した夫、2ヶ月の入院後、会社を自主退社せざるをえなくなる。医師からも離婚を勧められ、加藤諦三や坂井眞からも強く離婚裁判をアドバイス。

テレフォン人生相談2016年10月18日(火)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:45歳男性 妻47歳 婚姻19年 長女18歳 次女14歳 長男12歳

加藤諦三氏の〆の言葉『悩んでいる人は、悩んでいることが一番楽なんです』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

45歳の男性から、妻は47歳、子供は3人で、長女18歳、次女14歳、長男12歳。えっと、妻との離婚についてなんですけれども・・(相談者)

虚言癖に闇金から借金する妻

結婚したのが、19年前なんですけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
子供が生まれてから、ま、妻が・・ちょ、ちょっと借金する・・傾向がありまして・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

あと・・ちょっと虚言癖というか・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
もう、明らかに嘘とわかる嘘をつくと・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で、そのたんびに、まあ、注意を、いろいろして、なんとか解決は、してきたはずなんですけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

一昨年になって・・妻がちょっと、闇金に・・手を出してしまいまして・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

んで・・まあ、その闇金に・・手を出したっていうのと、あと・・出会い系サイトで、生活費を全て・・つぎ込んでしまったっていうことが、おこりまして・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

まあちょっと、いろいろ警察とか、弁護士さんに・・と・・頼みながら、いろいろ解決はしたんですけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

まあ、その時も・・家とか、私の会・・携帯とか、私の勤め先にも、嫌がらせの電話が、かかってきてしまいまして・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

まあ、その時は、会社には・・もう・・責任もって、私、会社を辞めますとは言ったんですけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

いや、き・・お前が、借りたわけじゃないから・・(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

あの、辞め・・辞める必要はない、奥さんには、注意しろよっていうふうには、言われてなんとか・・クビは繋がってたんですけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

ま、去年になって、また・・妻が、闇金に手を出してしまいまして・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

パーソナリティ障害の妻に鬱病の夫、病病介護状態

でぇ・・ちょうどその、闇金に手を出したっていうのが、わかりはじめた頃に、ちょうど・・私があのもう・・妻に対して、離婚調停を、申立ててたんですよね。(相談者)
うん、はい、はい、はい。(加藤諦三)

はい、で・・結局・・調停は不調に終わってしまったんですけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

ま、調停員さんが、話しした限りでは、ちょっと奥さんの様子がおかしいと・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

一度、病院で診てもらった方がいいっていう話しになりまして・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で、調停を打ち切りにした後で、まあ、妻を説得して・・び・・精神科の病院に連れてったんですけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

そうしたところ、パーソナリティ障害の、A群になると・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
診断されまして・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で・・わたしは、あの・・まあ・・もともと妻の、その・・結婚当初からの・・あのぅ、借金とか・・あと・・子供が3人、居た事で、まあ、妻が・・度々、ヒステリーをおこすっていうことで・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

まあ、あの・・日勤、夜勤の交替勤務の仕事をしてたもんですから・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

夜勤の時、昼間から、やっぱり、子供のことで・・あの、妻の大声で、ゆっくり眠れない、あと・・落ち着かないっていうことで・・ちょっと、不眠だったり、鬱状態だったりってことで・・(相談者)

あの、12年ぐらい前から・・あの、心療内科に通って、鬱病って言われてたんですけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

でぇ・・・・どうだったけかな・・すいません。(相談者)
いえいえいえ・・(加藤諦三)
えーっと・・ああ・・診断受けた先生から、あの・・鬱病で、奥さんがパーソナリティ障害であるから・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

あの、病病介護になってしまうから・・同居するのは無理だよっていうふうに、言われまして・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

まあ、その時に、や、やっぱり、無理なんだなって、いうふうに、私の中でも、もう確信持つものがありまして・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

会社を辞めることになり自殺未遂

まあ・・調停を打ち切ったんですけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
まあ、その最中に、また二度目の・・闇金っていうことで・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

まあ、会社の方にも・・また電話がかかってくるっていうことで・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

結局もう・・会社の方からも、もう・・いいかげん二度目で、もう・・会社を辞めてくれっていう話しにまで、なってしまったんですよね。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

でぇ、私も、その頃には・・精神安定剤を、騙し騙し・・ホントに1時間おきに服用するような感じで・・必死に働いてなんとか・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
警察にも行ったりして・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

まあ、なんとか、やりくり、してたはずなんですけども・・まあ・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

どうしようもなく・・ない・・・・なんですかね、怒りが、出てきまして・・(相談者)
うん、ものすごい怒りが・・でしょうね・・うん・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

ただ、もう、それが、自分・・に向けられるような怒りで・・結局・・薬を大量に服用してしまいまして・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

ま、自殺未遂をしてしまいまして、あの・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
まあ、救急搬送で、そのまんま、入院っていうふうになってしまいました。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で、退院してから・・結局、まあ・・自殺未遂っていうのも、会社の方にも、わかってしまいまして・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

結局もう、自主退社っていう、退院してから自主退社っていう形になりました。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

入院し心の平穏を取り戻す

でぇ・・まあ、もう・・仕事も辞めてしまって・・まあ、もう・・正直、入院してたことで・・まあ、心の安定が戻せたっていうところもあったもんですから・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

まあ・・今・・わたし・・自分の実家の方に・・いるんですけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

あの・・妻は、私名義のマンションに住んでます、子供達と一緒に・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

でぇ・・入院生活で、心の平安を取り戻せたっていうところで、まあ、新たな・・(相談者)
この入院は、どの位ですか、長さ?(加藤諦三)

2ヶ月入院しました。(相談者)
2ヶ月ですか、はい・・(加藤諦三)

でぇ、まあ、今までになかった、心の平穏を取り戻せたっていうところで、本当になんか・・今まで・・もう・・死ぬこととか、悪いことしか、考えてなかったんですよね。(相談者)
はい、はい、はい。(加藤諦三)

三度、闇金か

だけど、なんとか薬を飲んで、騙し騙しで、必死で借金を返すために働いてたんですけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

まあもう、この妻とは、本当に、縁、縁を切って・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
新たに、スタートを、しようっていうふうに・・思ってた矢先に・・まあ、ちょっと・・(相談者)

たまーに、子供達の、様子を見るたびに、私の名義のマンションに、ちょっと、たまーに、行くことあるんですけども・・(相談者)
はい、はい・・(加藤諦三)

あのぅ、そのたんびに、ちょっと、一応、家の電話の着信を、調べてるんですけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

どうやら、またなにか、変なとこから、電話がかかってる感じがありまして・・(相談者)
変なとこっていうのは、やっぱり、また、闇金ということですか?(加藤諦三)
はい・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

でぇ、私も今・・無職で、就職活動してる身で・・で、離婚裁判も、これから、起こそうっていうふうに・・もう、割り切って・・あの、再スタートしよとは、思うんですけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

どうも・・再就職したと・・タイミングで、また、闇金から・・電話がかかってくるような・・感じなんですよね、離婚・・裁判も並行して・・再就職ってなると・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

まあ・・再就職、するにしても、もう、怖いんですよね今・・(相談者)

妻の真逆な性格が魅力的に思えた

で、お・・もう、そもそもアレですか、奥さんが、そういうように、最初の言葉だと、借金・・をするっていうのは・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

要は、その原因は贅沢?単なる・・(加藤諦三)

それともなんか他に・・(加藤諦三)
それが・・はい、もう、聞くたんびに、わからないんですけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

ただ、唯一言えるのは、家には、ぜいたく品は、まったく無いっていうことで・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

こ、交遊費・・で、使ってるのか・・(相談者)

しかし、アレですね、今、話し聞いていて・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
まったく、あなたと奥さんとは・・違うんですよね、あなたは、もの凄い、生真面目で、義務責任感が強くて・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

でぇ・・はい、はい・・(加藤諦三)
ただ・・あの・・やっぱり・・ま、結婚する・・理由っていうのは、その、逆だったっていう・・ところもあったんですよね、正直・・(相談者)

まあ、個性的に見えたっていうか・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

まあ・・そういう・・本当に、自分にないものが、感じられて、それが魅力に思えて、結婚したっていうか・・(相談者)

自分の力では現状を打破できない

で、だから、ものすごく・・好きになって、パッと、結婚しちゃったら・・こういうことが、出てきたっていうことね、それで、今日のそうすると、相談っていうのは・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

あのぅ、さっき・・就職活動しようとするけれど、途中で、その気がなくなっちゃうとかっていう・・言ってたけども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

離婚裁判を、どうするか?っていう相談?(加藤諦三)

あのぅ、離婚裁判も、起こす・・つもりでいるんですけども・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

ま、何よりも、就職も、大事ですし・・子供達もいるもんですから・・(相談者)

あのぅ・・もう・・コテンパンに、やられてしまった後なんで・・(相談者)
うん・・もう、自分の力では、この現状を打破することはできないっていう感覚なんです、今・・(加藤諦三)

はい、そうです、まったくそうです。(相談者)

ですから・・ここのところをですね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

ま、これはもう、離婚以外にはないん・・ので・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

今日はスタジオに、弁護士の坂井眞先生がいらしているので・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
今の、話しを含めて・・お話を伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい、あ、よろしくお願い致します。(相談者)

【おすすめ記事】



坂井眞アドバイス

よろしくお願いします。(坂井眞)
はい。(相談者)

刀折れ、矢尽きて、仕事を失う

えー、結婚して19年っていうことですよね・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

で、えー、最初はその、わかりますよ、魅力に感じて結婚されて・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

で、最初にそういう問題が出たのは、子供が生まれてからというのは、最初のお子さん、今、18だから・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

最初の、お子さんの時から?(坂井眞)

そうですね、最初の・・娘が生まれて・・2歳ぐらいの時に、あの、私のキャッシュカードを使って・・80万のキャッシングをしました。(相談者)

で、私が聞きたかったのは、そうすると・・19年の内、16年は・・今、あの、いろいろお聞きした、大変なことの連続だったわけでしょ?(坂井眞)

はい・・(相談者)
その間、あの・・なんて言うのかな・・あん、安心して生活できる期間っていうのは、あったんですか?(坂井眞)

・・は、なかったです。(相談者)
と、もう、16年間、今、お聞きして、本当に大変だと思うんだけども・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

そういうことを、多かれ少なかれ・・こう、やってきたと・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

で、あなたはもう、刀折れ、矢尽きちゃって、入院までしちゃって、仕事もなくなっちゃったと・・こういうことでしょ?(坂井眞)
はい、そうです。(相談者)

すぐに離婚を決断せよ

で、だったら・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
もう離婚の裁判、調停も起こして・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

裁判もするという決心もしてるわけじゃないですか・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
早くやりましょうよ、裁判起こして。(坂井眞)

はい・・(相談者)
で、裁判、すぐ起こして・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
で、今、お話になったことを、ちゃんと事実として裏付けていけば・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

そりゃあ、無理ですよって、裁判所も、思いますよ、勝てますよ。(坂井眞)
ああ・・(相談者)
だから、裁判やって、早く離婚しましょう。(坂井眞)

そうですね・・(相談者)
それを・・だって、もう、切るって決めてるのに・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

切れないで、奥さんの心配、一生懸命してるわけ、あなたは。(坂井眞)

ああ・・(相談者)
この人とは、もうダメっだって、わかってるでしょ、だって・・16年もやってきて・・(坂井眞)
ダメですもう・・自分でも・・(相談者)
あ、もうよく聞いて、あなたね、ホントよくやってきた。(坂井眞)

ん、ん・・(相談者)
よくやってきて、それでもダメだって、わかったんだから・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

もう、とっとと、別れること考えなきゃ、それ、子供達のためにも、その方がいいですよ・・(坂井眞)

お金の尽きる前に行動

はい・・(相談者)
で、ちなみに、お子さん3名いらっしゃるけど・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
みなさん、どうやって生活してるの?(坂井眞)

で、収入は今、どうされてるのですか?(坂井眞)

まああの・・マンションの・・も、マンションは、私の・・持ち家なもんですから・・(相談者)
はい・・(坂井眞)

私が払ってて・・あの、光熱費と・・食費以外は、私が全部、払ってます・・(相談者)

え?収入は今、だって、あるんですか?(坂井眞)

収入は、あのもう、ないですけど、貯金と・・あとは、わずかな退職金で、なんとか、しのいでる・・ところです。(相談者)

じゃあ、それがあるうちに・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
なくなったら大変じゃないですか・・(坂井眞)

そうですね、だからこそ、もう早く、働こうっていう・・(相談者)

働くのもいいけど・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
働くだけで、離婚しないと同じこと繰り返すから・・(坂井眞)

はい・・(相談者)
まず離婚の裁判、起こしましょう。(坂井眞)
はい。(相談者)

今ちゃんとさ、住むとこもあって・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
えー、あなた、立派にちゃんと蓄えもあって、退職金もあるっていうんだから・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

そういう余裕のあるうちに・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
まず、やるべきこと、やっちゃいましょうよ。(坂井眞)

はい。(相談者)

加藤諦三まとめ

いいですか。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

あのぅ、もう、今日からですよ、電話切ったら・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
この電話を切ったら・・すぐに行動してくださいね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

今ね・・今、あたな・・悩んでることが、一番楽だから、悩んでるんですよ・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)

でね・・家に貼り紙しといて。(加藤諦三)

はい・・(相談者)
あの、朝、顔洗う、洗う時でもね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
何度も、すぐに見・・(加藤諦三)

「私は離婚します」(加藤諦三)
はい・・(相談者)

「私は幸せになりました」・・紙、書いて・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
で、いつでもそれ見て・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

寝る前も、朝起きてからも・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

それで・・声、出してごらん。(加藤諦三)

はい・・(相談者)
「離婚します」って・・(加藤諦三)

「離婚します!」(相談者)
うん!(加藤諦三)

その・・元気を忘れないでください。(加藤諦三)
はい、ありがとうございます。(相談者)
はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
はい・・ありがとうございました。(相談者)

スポンサーリンク

コメント

  1. 実家のご両親はどう考えてるんだろう?
    もう本人だけじゃ解決出来無いでしょうコレ
    相談出来る友人もいないのかな?
    いずれにしても夫婦ともマトモじゃないです

  2. 子供、下がまだ12歳なのに…
    こんな不安定でおかしい両親がいて、この三人の子も心配ですね。

    子供を持つのも資格制にしてほしい。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.