テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年12月30日は、ドリアン助川&塩谷崇之。元嫁の浮気が原因で離婚した長男。孫息子を母親代わりに育ててき祖母。飲食店・居酒屋で働くも収入が少なく、家にお金は入れていない。1ヶ月前にご飯が不味いと言ってひっくり返し、以降、当初3千円、今は2千5百円を渡している。長男にも放っておけと言われるが、自分は言えない。コミュニケーションが上手くいかない、どうすればいいのだろうか。

テレフォン人生相談2016年12月30日(金)
パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:76歳女性 夫14年前に他界 長男51歳(出張中に妻の浮気が原因で離婚) 男の孫24歳(居酒屋に就職) 3人暮らし 他に女の孫26歳(離婚した嫁に引き取られる)

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

76歳の女性から、あのぅ、孫と私との食事の事についての相談なんですが・・

ご飯をひっくり返した孫

お孫さんと・・ということは、お婆ゃまでいらっしゃる?(ドリアン助川)
そうなんです。(相談者)
お婆ちゃんと、お孫さんとの・・食事ですか?(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

えっ?どういうことですか?(ドリアン助川)
孫が、ちょっとあのぅ・・飲食店って言うんですかね・・それとか、居酒屋さん・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そういう所に、お勤めしておりましてね。(相談者)
で・・あの、料理好きなもんで・・いろいろ料理作るんですが、わたしが作った料理は・・下手だし、昔人間なもんで・・口に合わなくって、それででも、我慢して・・食べてたんですけどね・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ、作った物が、こう気にくわなかったりしましてね、最近。(相談者)

それで、あの、ちょっと・・喧嘩になりましてね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

喧嘩っちゅうよりか・・作った物、ひっくり返しましてね。(相談者)
あらららら。(ドリアン助川)

そのぅ、ご飯、ひっくり返しちゃったのって、いつ頃ですか?(ドリアン助川)
やっぱ、ひと月ぐりゃあ前の話しです。(相談者)
ひと月前?(ドリアン助川)

それでぇ、え、孫は・・(相談者)

働いてるんですけど・・大した収入もないからかしれないけれど、一切まあ、食費とかなんとかいうのも・・(相談者)

出さないんですよね、それはもぅ、息子も承諾の上なんですけども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

えぇ・・ちょっと、家族構成をまず、教えていただきたいんですけども・・(ドリアン助川)
あっ・・(相談者)
お孫さんと一緒に、暮らしてらっしゃるんですね?(ドリアン助川)
そうです・・(相談者)
で・・(ドリアン助川)
むす・・長男の息子が、51歳で・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
で、孫は、24歳、男の子です。(相談者)

ご長男が、51歳。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
で・・(ドリアン助川)

で、離婚しておりますので・・(相談者)
ええ・・息子さんは、どうして離婚されちゃったんですかね?(ドリアン助川)

あっ・・それは、息子が、出張してる間に・・彼女にいい人ができまして・・(相談者)
はあぁ・・(ドリアン助川)

そしてあのぅ、二人、うちの息子の子がおりますけど、上はお姉ちゃんで、26歳です。(相談者)

それは、彼女の方が、とりまして・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
で、24歳の息子を、うちの子がとりました。(相談者)
ああぁ・・(ドリアン助川)

それで、わたしと3人なんです。(相談者)
3人暮らしということなんですね?(ドリアン助川)
ええ、そうです。(相談者)

あなた様は、じゃあもう、あのぅ・・旦那さんも・・いらっしゃらないんですか?(ドリアン助川)
ええ、おりません。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
14年前に亡くなりました。(相談者)
あ、そうですか。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

え・・失礼ですが、おいくつでいらっしゃいまか、今?(ドリアン助川)
76です。(相談者)
76歳。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

という3人で暮らされていて・・(ドリアン助川)
ええ、そうです。(相談者)
で、ご長男・・・も、もちろん、働らかれてるわけですね、今も?(ドリアン助川)
ええ、そうです。(相談者)

コミュニケーションない

でぇ、お孫さんも、24歳で、飲食店で、は、働かれている。(ドリアン助川)
そうですね。(相談者)

で、そこにはまあ、当然、美味しいものが、いっぱいあるわけですね?(ドリアン助川)
ええ、そうですね。(相談者)

で、夜帰ってきて・・しかし普通、飲食店であのぅ・・働いてますと、まかないっていうのが出るんですけど・・(ドリアン助川)

いや・・もう・・まかないは、どうですかね?・・あの、それが、あんまり会話がないもんですからね・・(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)

何時頃、帰ってらっしゃるんですか?(ドリアン助川)
そ・・それがねぇ、あのぅ・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

11時に、閉店らしいんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
帰ってくるのが、1時、2時なんですけど・・(相談者)

それで、ずっと、そういう状態で・・あの、毎日じゃないんですよね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あの、アルバイト式だから・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ま、1週間のうち・・4回ぐらいですかね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

出るのが、だから、収入も少ないですしね。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

今、あのぅ・・主に、食事・・のことで・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
争いがあるって、伺いましたけど・・(ドリアン助川)
そうなんです。(相談者)

その食事ということだけでは、な・・ないんじゃないですか、あの、いろいろ、コミュニケーションが上手くいっていない・・(ドリアン助川)
あっ・・コミュニケーションないですね。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

昔は、そうじゃなかったわけですね?(ドリアン助川)
いやいやいや、うちはね・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

主人がいる時からね・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
家族が一緒に、食事っちゅうことが、なかった家族なんです。(相談者)
はい、はい。(ドリアン助川)

ほんで、お正月とか、お盆とかいうてなると、人がこう、来られると、一緒に・・賑やかに食べますけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それも、年に1、2回のことですのでね。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
あとはもう・・コミュニケーションないんですよね。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

不味いと言って食べない

あの、その、食事以外で話すこと、何もないんですか?(ドリアン助川)
あんまりないですね・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
特に最近はね・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

うん、わたし・・が、もう歳とったちゅうか、若い人との話しがね、合わないらしいんですよ、息子に言わしますとね。(相談者)
はい、はい。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
うん。(ドリアン助川)
だから、孫が言うこと・・「うん、そうじゃね」って、わたしが、ひと口、聞けばいいのに、わたしの意見を、パンと、相手に伝えるから・・(相談者)
相手がすごく、気分を害すって言うんですよね。(相談者)
ああぁ・・(ドリアン助川)

そし・・(相談者)
そういうことは、心当たりはありますか?(ドリアン助川)
あります。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あの近頃、どんなことがありました?(ドリアン助川)

おかずをみんな、こしらえとったんですが、ご飯がね・・(相談者)

あの、あまり食べないからあのぅ・・(相談者)
お、おかず、な、なに、こしらえたんですか?(ドリアン助川)

おかずですか?(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
ぁ・・お刺身とか、いろいろですよ。(相談者)

ぇ、お刺身だったら・・ねえ、万歳ですよねぇ。(ドリアン助川)
ええ、ええ、毎日・・(相談者)
これ、あの・・時代と問わず、お刺身なら、万歳じゃないですか。(ドリアン助川)
そうそう。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

で、わたしがよく、買い物に行きましてね、で、作るのが詮無いから・・お惣菜を買ったりしますとね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

お惣菜は、息子も孫も、嫌いなんですね。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

それはあの・・(ドリアン助川)
で・・(相談者)

お母さんの、料理じゃなきゃ、ダメだよって、ご、ご長男が、おっしゃるんですか?(ドリアン助川)
そうそう、そうそう。(相談者)

でも、そのお母さんの料理を、お孫さんは・・まずいとかって言って、食べないわけです・・(ドリアン助川)
そうそう、そうそう・・(相談者)
んん・・(ドリアン助川)
食べないっていうか、まずいって言いますよね、味付けがね。(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)

だったらもう、24歳だし、飲食店で、働かれてるんですし・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

だったら、まずいならあんた、自分で作んなさいって・・(ドリアン助川)

おっしゃれば、いいと思うんですけど・・(ドリアン助川)

ご飯の代わりに毎日2千5百円を渡す

そうそう、それでね・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
ええ、お金をね・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

渡してるんですよ。(相談者)
はあ・・(ドリアン助川)
それは・・お金を渡したっていうのがね・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

息子から言えば、わたしがね・・(相談者)

孫に、甘いって言うんですね。(相談者)

んん・・(ドリアン助川)

いくら、渡してるんですか?(ドリアン助川)

ああ、最初は、3千円でしたが、今、2千5百円です。(相談者)

2千5百円というのを・・毎日ですか?(ドリアン助川)
ええ、そうです。(相談者)

高いです、金額がね。(相談者)

いや、あのぅ・・(ドリアン助川)
で・・(相談者)

今、サラリーマンの方でも、お昼ご飯・・(ドリアン助川)
うん。(相談者)
5百円って方、たくさんいらっしゃいます。(ドリアン助川)
そう。(相談者)

あのぅ・・(ドリアン助川)
あ・・(相談者)

アレですかね・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
今日の、お話しというのは、食事が・・どうだということよりも・・(ドリアン助川)
ちょっと・・(相談者)

はい。(相談者)
お孫さんの、育て方を巡って、息子さんと・・(ドリアン助川)
そうです。(相談者)
争ってるっということですか?(ドリアン助川)
そうです・・そうですね・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

わたしがね、母親のような、かっこうで、婆ちゃんが、やってきたんですよ。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

10歳ぐらいの時からね。(相談者)
はい、はい。(ドリアン助川)
そして・・その頃・・(相談者)

まぁ、まだまだ、小っちゃかったからね。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
わたしが、どうにか、こうにか、一生懸命やってきましたけど・・(相談者)

うん、今、働くようになりましてね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

で、わたしが、もう、働くんじゃったらなぁ・・(相談者)

&%$っちったし、#$%&もだしゃいいのにというのが、胸の中にありますので、態度に出るんでしょうね、わたしが・・(相談者)
ああぁ・・(ドリアン助川)

まあねぇ。(ドリアン助川)
口では、言わないけど・・(相談者)
あるいは、24といえば・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

もう、どっか出ってって、一人で暮らす・・年齢ですよね。(ドリアン助川)
そう・・それをね、息子が、言うんですよ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

「放っちょけぇ!」ちゅうて、言うてね・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
「放っちょかな、どないにもならん!」っちゅうって言うてね・・(相談者)

言えないし、言っても聞かない

ま、その・・(相談者)
ちょっと話しを、あの、整理していいですか?(ドリアン助川)
はい、はい、はい。(相談者)

ま、1ヶ月前に・・お婆ちゃんが作った食事を、ひっくり返して・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
えー、コミュニケーション不足に加え・・ま、決定的にそういうことが、おきてですね・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

で、じゃあ・・あの、お金あげるから、自分で食べなさいと言って、3千円、最初、あげ始めた。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

そして、今、今、2千5百円ということですけども・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

こういうことに関して・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
ご長男は、お母さんには・・間違ってるとか言うわりには・・(ドリアン助川)

お孫さんを、叱ることはあるんですか?ご長男は?(ドリアン助川)
ないです。(相談者)

お父さんと・・お孫さんも・・コミュニケーションが、不足しちゃってる?(ドリアン助川)
そうです、そうです。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

そういうような感じで・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
生活しております。(相談者)

そのような、感じなわけですね。(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
でぇ、えー、じゃあもう、お婆ちゃんとしては・・(ドリアン助川)

とにかく、お孫さんに、しっかりしてもらいたい。(ドリアン助川)

っていう・・(ドリアン助川)
そう!・・そうなんです。(相談者)
ことなんですね。(ドリアン助川)
そうなんです・・(相談者)
んん・・(ドリアン助川)
それでね・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それが願いなんですが、言う事は、よう言わないんです、わたしが。(相談者)
ま、言っても、聞いてくれなっていうことですよね。(ドリアン助川)
そうです、そうです。(相談者)

うーん、どうしたらいいか?ということですか?(ドリアン助川)
そうなんです。(相談者)
わかりました!(ドリアン助川)
はい。(相談者)

えー、今日の回答者の先生、紹介いたします。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
弁護士の塩谷崇之先生です。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク