テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年12月22日は、加藤諦三&大迫恵美子。一緒に暮し出して10年、去年籍を入れた54歳女性。夫との絶えない夫婦喧嘩に悩む。夫に女の影がチラホラ、あまり人に甘えることをせず生きてきた相談者。できれば離婚はしたくないが、夫に女の人が登場したのがショックだという。どうすればいいかわからないという相談に、加藤諦三の指摘は甘え下手。

テレフォン人生相談2016年12月22日(木)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:54歳女性 夫62歳 一緒に暮らして10年、去年入籍 夫に子供なし 相談者の子2人 男30歳所帯を持ち独立 女27歳同居

加藤諦三氏の〆の言葉なし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

54歳の女性からの相談、結婚しており、夫は62歳、主人には子供はいない。自分は再婚で、男の子30歳で所帯を持ち独立しており、女の子は27歳で同居、3人暮らし。

絶えない夫婦喧嘩

はい、わかりました、それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)
ちょっと、昨・・年・・ぐらいから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ちょっと、夫婦喧嘩が絶えなくて・・(相談者)
は、はい。(加藤諦三)
えっと・・あ、その前にすみません、主人が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

えっと・・今、パートで週3日しか、仕事行ってない状態なんですね。(相談者)
あ、週3日ね、はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

ほいで、えーっと・・要は・・えっと去年・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
去年に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

いちおう、籍を・・入れ・・た、形なんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・はい。(相談者)

その、籍を入れる前から・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
まぁ、一緒に住んでたんですか?(加藤諦三)
はい、一緒に、住んでました、10年・・くらい・・(相談者)

あっ・・(加藤諦三)
一緒に・・(相談者)
10年ぐらいですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

では、長いんですね。(加藤諦三)
はい。(相談者)
そうすると・・10年ぐらいは・・このぅ、20・・今、27歳ですから、17歳ぐらいのお嬢さん・・と、ずっと、一緒に住んでいた?・・3人で・・(加藤諦三)

えっと・・そう・・ですね、はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、去年、籍を入れたと。(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、それで?(加藤諦三)

あのぅ・・喧嘩っていうか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
が、絶えなくなりまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい、それで、まあ・・わたしも・・ねぇ、意地張ってる部分で、いけないところも、かなりあるかと思うんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

んで、あのぅ・・主人から・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・洗濯やってくれないなら、今月から、お金を1円もやらないとか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

うん、お前は、女として家の事は、何もしない。(相談者)
はい。(加藤諦三)
俺が、買ってきたおつまみは食わない。(相談者)
はい。(加藤諦三)
うん。(相談者)

お前が干し方・・洗濯もんの干し方に、文句をつけたとか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まあ、そういう、あとは女として、最低の女だ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

とか・・うん・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
という・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あの、メールが来るようになりまして・・(相談者)

あっ、メールが来る?これはあのぅ、女として最低だなんていう、こと、言葉を面と向かって、言ってんではなくって・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

メールで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
・・って今の・・(加藤諦三)
あ、まぁ・・そういう、言ってたこともありますけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

一番最初は、そういうメールで、来たんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

で、これは・・あのぅ、口で言い合うのは・・どのぐらいの頻度ですか?・・あ、ちょっ・・週・・1、2回・・(加藤諦三)
えーっと、ここ最近は、ちょっと・・頻度が・・(相談者)

ありまして・・そいで、ちょっと、別件で・・あのぅ・・他の・・女の人が・・メールを寄こすように・・なりまして・・(相談者)

でぇ、ほ・・他の・・女の人がっていうの、他の女の人が、あなたのご主人に、メールを出すって・・こと・・はい。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

そういう一件もあって、やっぱり、いがみ合いっていうか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まあ、わたしにすれば・・なんで?っていう部分と・・(相談者)

喧嘩をすれば、いがみ合いをすれば、結局その、女の人に・・電話をかけてみたりとか・・そういうのが・・ここ、ずっと・・あるんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ちょっと整理したいんですけど、さっきその、頻度・・喧嘩の頻度っていうの・・週に・・(相談者)

口でもって言い合うっていうのは・・1回あるかないか?それとも・・(加藤諦三)

もっと多いですね、はい。(相談者)
もっと多いですか?(加藤諦三)

そうすると、結構、いつも、喧嘩していると。(加藤諦三)
そうですね。(相談者)

んん・・(加藤諦三)

結婚すれども、頼りたくはない

だから・・ちょっと失礼な言い方するけど・・お互いに・・そのぅ・・一緒に住んでるっていうか、ホントに好きで、一緒だったっていうんでは、ないですか?(加藤諦三)

うふっ・・そこを聞かれちゃうと・・あのぅ・・嫌いでは・・ない・・なかったですし・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

嫌いではないね?(加藤諦三)
まあ、大恋愛っていう・・ま、年齢的な部分からすれば、そういうのは・・ないですよね。(相談者)

はい、じゃ、嫌いではないっていうのは、あなたのご主人の側も、嫌いではない、っていうようなことですか?(加藤諦三)

・・たぶん、そうだとは、思いますけど・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

去年、籍を入れたって言いますけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
なんで、アレですか?・・(加藤諦三)

あのぅ・・その、10年間、籍を入れなかったわけ?(加藤諦三)

特に、理由はないですけど、別に・・うーん・・そこまで深くは全然・・考えては・・いな・・いです・・なかったですけど・・(相談者)

その日、その日を、別に、籍なんか入れてようが、入れてまいが、関係なく生活はしていかれるから・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

そんな・・(加藤諦三)
いかれるからっていうか、まあ・・うん・・まあ、自分のことは、自分でっていうような、考え方は・・わたしの中では・・随分あったと思います。(相談者)

・・・

自分のことは、自分ですると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
んん・・(加藤諦三)

ん・・(加藤諦三)

自分のことは、自分でするっていう・・ま、あなたの考えっていうのは逆・・逆にあれですか・・人に頼るのが、嫌だっていう・・(加藤諦三)

まあ、たぶん、性格的には、そういう性格ですよね。(相談者)
ん、ですよね。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

人に甘えて、どうのこうのだったら、自分で・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まあ・・働いて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

っていう部分は、すごい強かったと思います。(相談者)
だから、あなたの・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

意識としては・・(加藤諦三)

結婚というものが・・(加藤諦三)

なんか・・(加藤諦三)

依存心が強くって・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
依頼心が強くって・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

まあ、そんなことは、したくないっていうことも、あったのかな?(加藤諦三)

ああ、かもしれないですね・・(相談者)
むしろ・・(相談者)
言われてみれば、そうですね。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
たぶん・・結婚ということは、そのことに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

あなたの気持ちが、しっくりしていないんだなぁ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

自分の気持ちがわからない

それで、今日の相談というのは・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
ま、こういう結果を受けて、今・・まあ、いつも喧嘩、が、絶えないと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ・・もう、離婚したいという・・こと?(加藤諦三)

まあ、離婚は、できればしたくはないですけれども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ただ、そこに、あのぅ・・女の人が・・結局、登場しちゃったんで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まあ、その、女の人と・・主人が・・メールと電話のやりとりだけなのか、実際、会ってるかは、わからないんですけれども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そういう部分で・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まあ、ずーっと、喧嘩が続いてきた中に、その・・女の人っていうのが・・出てきたもんですから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

その中で、わたしの中で、また、女に会ってるんじゃないか?とか・・(相談者)
ああ。(加藤諦三)
そういう精神的な部分が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

かなりもう・・シ・・ショックで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
うん。(相談者)

相談の内容としては・・(加藤諦三)
今イチ、自分の気持ちが、どうしていいのかが・・(相談者)
まあ、はっきりわからないわけですね?(加藤諦三)
正直、わからないんです。(相談者)
ああ、はい、はい。(加藤諦三)

要するに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
こういう状況の中で・・(加藤諦三)
あ、はい。(相談者)

自分は、どうしたらいいか?と・・いうことですね。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
具体的に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

離婚した方がいいか?とか離婚しない方がいいか?とか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
離婚する時、どういうこと注意して欲しいとか、そういうことじゃないといいうことですね。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

今日はあの、スタジオに、弁護士の大迫恵美子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク