テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大原敬子アドバイス

こんにちは。(大原敬子)
こんにちは、よろしくお願いしまーす。(相談者)
いや・・もう・・お母さんねぇ・・(大原敬子)

今日の話っていうのは・・(大原敬子)

この、屈辱感を・・(大原敬子)

あなたが今、頭にあるんですねぇ。(大原敬子)

わかるんですよ。(大原敬子)

わかるけれども、この屈辱感、晴ら・・晴らすためには・・(大原敬子)

聞いて欲しいんですけどね。(大原敬子)

大黒柱

まず・・ぅ、ぅ、ぅ・・お母さんがおっしゃった・・(大原敬子)

挨拶がないっていうのはねぇ・・(大原敬子)

お嫁さんではなくって、向こうの両親だと思いますよ、あなたの感情は。(大原敬子)

・・

うん、そうですねぇ、親に対しては、ちょっと、非常識だな・・っていうのは、ありますねぇ!(相談者)

・・

ねぇ!ってわたしに強く・・(大原敬子)
向こうの親に・・親・・(相談者)
言われて・・ほほほ・・わたしが怒られてるみたいです。・・そうですねぇ!(大原敬子)

なんて言われると・・ちょっと、困る・・(大原敬子)
あの、ですからねぇ。(相談者)
はい、はい、ぃ・・はい。(大原敬子)
今、今、考えてもしょうがないことですけれど・・(相談者)
うん・・そう・・うん・・(大原敬子)
あーのぅ・・(相談者)
わかってんじゃないですか、あなた。(大原敬子)

あのぅ、今、考えてもしょうがないことですけれど・・(相談者)
うん・・うん・・(大原敬子)

その、お嫁さんが・・決まった時に(?)・・その家に・・直接、言って・・(相談者)

まぁ、いろんな、周りの雰囲気とか・・(相談者)

そういうの、よく見とけば・・(相談者)

なんか、孤立して・・あの、親戚付き合いも、全部バツで・・(相談者)

あの、孤立してる、お家・・なんだそうです。(相談者)

あのねぇ・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

そこまで聞いちゃうと・・(大原敬子)

あのぅ・・いろんなことで、差し障るの・・わたしは、ちょっと今、聞きたいのは・・(大原敬子)

あなたはこれ・・(大原敬子)

離婚に持っていきたいの?(大原敬子)

今の話しは・・(大原敬子)

ウン・・(相談者)
愚痴は言ってるけれども・・(大原敬子)

この、愚痴を言う時っていうのは・・もう、スッキリ、サッパリ・・和解させますって・・はい?(大原敬子)
先生、愚痴っていうんじゃなくって・・(相談者)
へへへへ・・うん、なに?(大原敬子)

む、息子が・・(相談者)
愚痴に聞こえちゃうの。(大原敬子)
幸せになりたい・・なってもらいたいの。(相談者)
だって今、なってる?これ?(大原敬子)

はぁい?(相談者)

なってる?(大原敬子)

・・

だから・・(相談者)
うん、だから?(大原敬子)
でも、そのぅ・・そこが複雑なんです、今、わたしの心の中では。(相談者)

あなたは・・(大原敬子)

こんな、酷い家だったら・・別れた方がいいと思って・・(大原敬子)

るのかどうかを聞きたいんです。(大原敬子)

・・

・・

・・

そこで答えは出るんです、早く。(大原敬子)

・・

・・

それでも、息子が可愛いから・・わたしは我慢します・・って、また、次の手ですよねぇ。(大原敬子)

今、あなたが、そこで・・(大原敬子)

・・

えっと、主(しゅ)・・(相談者)
いや、あなたたち・・うん?(大原敬子)

主人も・・その、あの、一度・・(相談者)
いや・・これ・・あはっ・・(大原敬子)
お父様から電話があったんですけれ・・(相談者)
だけどねぇ・・(大原敬子)

はい。(相談者)
いいですか?どんどん、切っちゃうけど。(大原敬子)

ご主人様は・・(大原敬子)

これ、どう考えても、あなたが大黒柱です。(大原敬子)

ご主人様は・・「そうだねぇ」「君が、そうだねぇ」ってことで言っていると思いますよ。(大原敬子)

ぁ、そうです、そういう性格の人です。(相談者)
そうでしょう。(大原敬子)
うん・・(相談者)

だって・・わたしが・・この、キツイわたしが・・あなた・・「だから!」・・って言うのは・・あなた、相当ねぇ・・自信のある方ですよ。(大原敬子)

わたし、お舅さんに(姑?)、相当、やられましたもんで、強くなりました。(相談者)

いいんじゃないの、それは。(大原敬子)

大いに強くなって・・(大原敬子)

それはね、大事なこと。(大原敬子)

息子の幸せ

ただ、お嫁さんが・・(大原敬子)

わたしが、こんなに苦労してるのに・・(大原敬子)

この、今のお嫁はなんだと・・お嫁さんの、あなたと・・お嫁の立場と、嫁の立場の感情と・・(大原敬子)

親同士の感情と・・(大原敬子)

・・

だから、可愛い息子が、こうなってしまった感情が・・三つあるんです、あなたの中に。(大原敬子)

・・

今、どの選択します?(大原敬子)

・・

・・

うーーーん・・(相談者)

まず、それを一つ、整理して・・また、次に行かなくちゃね。(大原敬子)

・・

息子ですねぇ。(相談者)

息子の幸せですね。(相談者)

そしたら・・(大原敬子)

・・

息子さん・・が・・(大原敬子)

あなたのその「だから!」って、怒らないで・・(大原敬子)

静かにそのまま、放っておいてもいいんじゃないの?(大原敬子)

わたしは今まで、姑で苦労しましたよねぇ?(大原敬子)
はい。(相談者)

苦労した、あなただったら・・(大原敬子)

息子さん・・(大原敬子)

どうしたい?(大原敬子)

・・

そーっと、しときたいですねぇ。(相談者)

ですよねぇ?(大原敬子)

あなたが出ない事なんです、結論は。(大原敬子)

うん・・(相談者)

ふふっ、なに・・ヒヒヒ、なんか不満?(大原敬子)
わかりま・・(相談者)

うん。(相談者)

不満?(大原敬子)

なにが不満?(大原敬子)

もう、あのぅ・・(大原敬子)
うん。(相談者)

ん、もう、あたしもう・・(大原敬子)
うん、うん・・(大原敬子)
随分、我慢してもう・・一歩も・・やはり・・(相談者)
うん。(大原敬子)
これは、二人の問題だから・・(相談者)
うん。(大原敬子)

もう、あたしも、酷い目に・・随分あったので・・(相談者)
うん。(大原敬子)
二人の問題だから、二人で・・(相談者)
うん。(大原敬子)

解決して・・(相談者)

もらいたいと思ったんですけど・・そんな・・そういう手紙が、ポンときたので・・(相談者)

これは・・(相談者)
わかる・・すごくよくわかるんです、わたしも。(大原敬子)

だけどねぇ・・(相談者)

うん・・(相談者)
ふと、見方を変えて・・(大原敬子)

いいですか?(大原敬子)

はぁい・・(相談者)

と、息子さん、もし・・(大原敬子)

・・

はい。(相談者)

・・

生きる気力を失くしてしまったら・・(大原敬子)

・・

・・

・・

・・

最終的には・・(大原敬子)

・・

・・

・・

息子さんの幸せ、なにかって言うと・・(大原敬子)

彼を自由に泳がせることじゃないかしら?

ぁぁ・・はぁい。(相談者)

・・

あなたの感情は、理解できる。(大原敬子)

ウン・・(相談者)
でも、往々にして、この感情が・・(大原敬子)

ぇぇ・・(相談者)
子供をダメにする経験も、わたし、知ってるんですよ。(大原敬子)

はい。(相談者)

見守る

今回も、向こうから離婚のあれが、来る前に・・(大原敬子)

はい。(相談者)

もしかしたら・・また、あなた、怒るかもしれない。(大原敬子)

あなた、動き過ぎた可能性もあるんですよ。(大原敬子)
・・
実は。(大原敬子)

動き過ぎた?(相談者)
うん。(大原敬子)

どこで動き過ぎたんですか(怒った?)?(相談者)

・・

わたしは?(相談者)

もう・・(大原敬子)
どこで、うご・・(相談者)
あなた自身がね・・(大原敬子)

喧嘩腰なんですよ。(大原敬子)

えっ?!(相談者)

喧嘩腰?(相談者)
喧嘩腰。(大原敬子)

誰に対してですか?(相談者)
誰だと思う?(大原敬子)

わたしに言ってる、あなたの声は、甘えってわかるんです、わたし。(大原敬子)

・・

甘えてるってことです。(大原敬子)

初めて感情出して・・受入れます。(大原敬子)

でも、向こうの親たちは違うんですよ。(大原敬子)

・・

そのような方法で、接してるんだと思うんですね。(大原敬子)

・・

あなた自身・・あなたの家が・・(大原敬子)

この家は、あなた中心でもっていて・・(大原敬子)

あなたの文化、あなたの感情・・それがそのまんま、お神輿のように動いてるんです。(大原敬子)

・・

ウン・・(相談者)
静観することですよ。(大原敬子)

じゃあ、先生・・(相談者)
はい。(大原敬子)
そーっとしとけばいいっていうことですね?(相談者)
ふん・・あのねぇ・・(大原敬子)

息子さんが、なにか言った時に・・(大原敬子)

聞いてあげることなんですよ。(大原敬子)

えっ?!(相談者)

聞くだけ。(大原敬子)

・・

ふん・・(相談者)

息子さんは、あなたの顔色見て、やってますよ。(大原敬子)

そうですねぇ・・そういうとこありますねぇ。(相談者)
そうでしょう?(大原敬子)
ウン・・(相談者)
だって・・わたしだって、あなたの声を聞きながら・・(大原敬子)
ウン・・(相談者)

怒るかぁ・・あはっ・・と思いながら聞いてますもん。(大原敬子)
ははははは。(相談者)

わかりますか?(大原敬子)

ハァ・・(相談者)
もう、あなたより年寄りのわたしが・・気ぃ使いながらしゃべってるんですよ。(大原敬子)

主人が言ってるって、主人は言わない、この人、大人しい。(大原敬子)

息子さんも言わない。(大原敬子)

あなたの顔色見て言ってます。(大原敬子)

で、誰が・・あなたを抑えるの?(大原敬子)

・・

ウン・・(相談者)
動かないことよ。(大原敬子)

・・

ウン・・(相談者)

できる?(大原敬子)
そうですねぇ・・(相談者)

・・

・・

フゥ・・(相談者)
それだけです、ですから、あなたが・・ため息とか、「えっー」とか・・(大原敬子)

「だから!」・・とか・・(大原敬子)

言わないでくださって・・(大原敬子)

ハイ・・先生あの・・(相談者)
はい。(大原敬子)

あの、じっと・・(相談者)

見守ってればいいってことですね。(相談者)
今はね。(大原敬子)

ハイ。(相談者)

今は・・(大原敬子)
わかりました。(相談者)

じゃあ、加藤先生、伺いますからねぇ。(大原敬子)

先生、お願いします。(大原敬子)
そ・・(加藤諦三)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. この手の ご相談 に 共通することでしたね。
     ご相談者が しゃしゃり出ると ろくなことは 無い!

  2. 嫌だなあ~こういう我が強い人って。関わりになりたくないです。
    旦那も息子も逆らうととんでもないことになるから放置してるんでしょうね。
    息子もマザコンでしょう。嫁さんを庇ってやる力もない情けない男。
    嫁さんが逃げ出すのも無理ないです。
    せめてこの家を出て嫁さんと独立した家庭を築く気概があれば結婚継続もアリだったかもしれませんけど、事ここに至っては修復不能でしょう。

    暴君として君臨していながら癒しは犬だけなんて哀れな人生です。

  3. 相談しておきながら、なんでこういう反撃的な切り返し方をするのか。
    姑?にさんざんやられたと言いながら、結局は同じじゃん、嫁に対する敵意が渦巻いていたんだ。。。
    息子さんの奥さん、幸せになれますよ。
    逃げ出して大正解です。

    いやな人だった。
    不出来な人だ。
    学びがなかったのね~