テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

マドモアゼル愛アドバイス

はい・・(相談者)
はい、どうも、こんにちは・・よろしく・・(マドモアゼル愛)
こんにちは、よろしくお願いします。(相談者)
はい、どうも、はい。(マドモアゼル愛)

あのぅ・・(マドモアゼル愛)

二人が結婚する場合。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
え・・向こうの両親は・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
え・・(マドモアゼル愛)
・・
まぁ・・(マドモアゼル愛)

ホテルとか、なんかそういう(笑)・・結婚式場で、ちゃんと式を挙げてぇ・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
え・・披露宴も開いて・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
そういう結婚の、やっぱイメージを、抱いているっていうことだよね。(マドモアゼル愛)

そうですね。(相談者)
そいでぇ・・それにかい・・その価値観に対してぇ。(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
彼女はどういうふうに、思っているのかしら?やっぱり親を・・え・・満足させてあげたいという・・想いが優先してんのか。(相談者)

あ、いえ・・それはもう二人で話し合う・・(相談者)
あっ・・(マドモアゼル愛)
ま、あくまでも、当人同士・・(相談者)
うん、うん、うんん・・(マドモアゼル愛)
なん・・ですけど。(相談者)

では、わたしは、別にそんなことしなくてもいいって・・はい。(相談者)
うん・・あ、ホント・・じゃあ、自立している・・人だよね・・(マドモアゼル愛)
はい・・はい。(相談者)
ものすごく、気持ちの上ではね。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
そしたら、ホントは何の問題もないよね。(マドモアゼル愛)

ああ・・(相談者)
ドリアン先生、おっしゃるように・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
駆け落ち・・覚悟でも、なんでも出来る。(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

僕だったらよ。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

もう、先に籍入れちゃうよね。(マドモアゼル愛)

ああ、ぁぁ・・(相談者)

そいでぇ、そのこと黙ってるんだよ。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
ねぇ、んでぇ、これあんま、言えないですよ、こういうねぇ・・ようなあのぅ・・(マドモアゼル愛)

不法を勧めてるようで・・(マドモアゼル愛)
あはっ・・(相談者)
言い難いけれども。(マドモアゼル愛)
はい、はい。(相談者)
でも、まぁ、その・・一個の例として聞いていただきたいけれどもねぇ。(マドモアゼル愛)
はぁい・・はい。(相談者)

そいでぇ・・(マドモアゼル愛)

あのぅ・・ご両親には・・(マドモアゼル愛)

あのぅ・・こうやって、こうやって、あの、結婚して、どこに住みますとか・・(マドモアゼル愛)
うん・・(相談者)
話を進めて行く中でぇ・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

揉めたら・・(マドモアゼル愛)

いや、もう籍、入れちゃったんです・・でぇ・・(マドモアゼル愛)

進められるじゃない。(マドモアゼル愛)

そうですねぇ。(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)

ウーーン・・(相談者)

そのぐらいの・・(マドモアゼル愛)

多少、強引・・さみたいなのが必要・・(相談者)
強引っていうか・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

基本の問題は・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
やっぱ二人でいいのよ、結婚の問題は。(マドモアゼル愛)

ま、そうですねぇ。(相談者)

うん・・でぇ、彼女もそれを、言ってくれてんだから。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
だから、早く、形をし・・(マドモアゼル愛)

つけちゃった方が、僕はいいと思うんです。(マドモアゼル愛)

先に・・ですねぇ。(相談者)
だって、彼女がいいって言ってるんだから。(マドモアゼル愛)

そうですねぇ。(相談者)
彼女が、どうしても、ぉ、親を説得しないと嫌だ・・っていう・・ことになれば・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
あなたの悩みは・・(マドモアゼル愛)

成立するけれどもさぁ。(マドモアゼル愛)
はぁい・・(相談者)
彼女、いいって言ってるんだから。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
うん・・そいでぇ・・(マドモアゼル愛)

あなたの学歴に関しても・・(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)

確かに学歴を見る・・とか言う辺りでぇ・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

そう・・なんて言うの?言ってくる・・ぃ、今、お給料、どんくらい・・そんなに、二人が、暮らしていける分くらいは、稼いでるわけ?(マドモアゼル愛)
そうですねぇ、はい、はい。(相談者)

そっちの方が、大事なんだよね、今の時代ってね、ホントはねぇ。(マドモアゼル愛)
はぁぁ・・(相談者)

いくら・・学歴が優秀でも・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
生活力のない人なんて・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
問題外であって。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
だから・・(マドモアゼル愛)

あなたはもう、自分に・・(マドモアゼル愛)

自信を・・(マドモアゼル愛)

持っていいんだと。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
許可を・・(マドモアゼル愛)

出せばね。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

言うべきことは、いっぱいあるのよ。(マドモアゼル愛)

そう、ですねぇ・・(相談者)
うん、だって、よく、そ・・そ・・(マドモアゼル愛)
ちょっと、背中を押してくれる人も、僕・・(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)
いない・・のでぇ。(相談者)

背中押してくれる・・っていうのは、誰?(マドモアゼル愛)

は(わ)、例えば・・例えば、両親が居れば・・(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)
まぁ、そういうこう・・(相談者)

ぉ・・(相談者)

助け・・船じゃないですけど・・(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)
背中、押してくれたりとか。(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)

まぁ・・(相談者)

兄弟と・・兄弟が居れば・・兄弟***と・・(相談者)
だから・・結婚は、二人で決めるんだ・・という・・(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)
前提を・・(マドモアゼル愛)

しっかり持つことよ。(マドモアゼル愛)

そうですねぇ・・(相談者)
そいでぇ・・(マドモアゼル愛)

自分の生い立ちは・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
あなたの責任でないのよ、これ。(マドモアゼル愛)

は・・はぁい・・(相談者)

「僕は不幸だった」でいいのよ。(マドモアゼル愛)

うん・・(相談者)
そんかわり、僕はその不幸に負けないんでぇ、こうやって生きてきたんだと。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

そしてぇ・・(マドモアゼル愛)

二人でこれから生活していく力も・・あるんだと。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

自負心、持ってくださいよ。(マドモアゼル愛)

そうですねぇ・・(相談者)
本当に。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
この時、今、一番、自信もってないのは、あなたなのよ、実は。(マドモアゼル愛)

そう・・(相談者)
自分の家系・・が、どうだとか・・(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
学歴がどうだって・・周り、誰も言っていないにも関わらず・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

自分から、言い出してるのよ。(マドモアゼル愛)

ああ・・そうかもしれないですねぇ。(相談者)

うん。(マドモアゼル愛)

はぁい・・(相談者)
それって・・(マドモアゼル愛)

やめた方が、いいと思うの。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
やっぱり・・(マドモアゼル愛)

もっと自分がやってきたこと、大変ですよ、17でぇ・・一人になって・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
こうやって生きてきて・・グレもせず・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
ここまで来て・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

愛する人を得て。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
一緒に暮らしていく力もあるんだ・・っていうところを・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

・・

これね、褒めない人がおかしい。(マドモアゼル愛)

ウーーン・・(相談者)

そいでぇ・・世間は・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
それでも、形を見る人がいるのよ。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

はっきり言って、そんな人、これから何の力もないよ。(マドモアゼル愛)

うん・・(相談者)
だから、あなたねぇ・・(マドモアゼル愛)

力ない人を、恐れてるよ。(マドモアゼル愛)

ああ、そうですか?(相談者)
あなたには、力があるんだよ。(マドモアゼル愛)

はい・・(相談者)

これから今、17で学校出て・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
17年後の34歳の時に。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
あなたのように、生きていける人って・・(マドモアゼル愛)

きっと少ないよ。(マドモアゼル愛)

はぁ、そうです?(相談者)
今、会社が・・全部、クビになって。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
放り出されて・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
17年後に、あなたのように、立派に生きてる人、少ないと思うよ。(マドモアゼル愛)

ああ、そうですかねぇ・・(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
もうねぇ・・(マドモアゼル愛)

変な人を恐れる必要ないよ。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

そのために・・(マドモアゼル愛)

あなたは愛する人を失うかもしれないという犠牲の・・天秤にかけることが間違ってるんだよ。(マドモアゼル愛)

はぁぁ・・(相談者)

あなたの・・(マドモアゼル愛)

どっかにある・・(マドモアゼル愛)

確かに・・(マドモアゼル愛)

これまで得られなかった負い目のために・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
それと・・(マドモアゼル愛)

彼女の・・存在を・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
天秤にかけるほど・・(マドモアゼル愛)

偉大なもんであるわけがないんだよ。(マドモアゼル愛)
はぁはぁ・・そうですねぇ。(相談者)

ここは乗り越えてくださいよ・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
自信を持って。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
ねえ。(マドモアゼル愛)

そいで、しかも・・この自信は、嘘の自信じゃないよ。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
本当にあなたがやってきた・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
自信じゃない。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
ねえ。(マドモアゼル愛)

そうです。(相談者)
これが大事ですよ。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
ねぇ、豊臣秀吉だって、それに負けてたら・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
やっぱり天下取れなかったと思うんだよね。(マドモアゼル愛)
はぁぁ・・そうですねぇ。(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)
確かに、はい。(相談者)
やっぱり・・(マドモアゼル愛)

男の一生って言うのは・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
まぁ、古い言い方になっちゃうけども・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
背景とか何かではなくて・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

やっぱり本人の・・(マドモアゼル愛)

どういうことがあっても愛する人を・・(マドモアゼル愛)

守りに行こうとする力にある・・わけ。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
ね、そこに、あなた・・命をかけて・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
情熱をかけてくださいよ。(マドモアゼル愛)

わかりました。(相談者)

ホントに。(マドモアゼル愛)
確かに・・大事ですね、それが行きつく所は、そこだなって・・(相談者)
行きつくところなんだよ。(マドモアゼル愛)

行きつくところから、物事を考えないと、混乱するんですよ。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)

そうですねぇ・・(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)

だからあなたは間違ってたと思う、その、天秤にかけた物が間違ってた。(マドモアゼル愛)

ああ、なるほど、はい。(相談者)
はい、そしてあなたには、何等、落ち度はありません。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
その・・それがわかんない・・くれ・・人には・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
嘘をついてでも、物事を進めてって、僕はいいと思う。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)

はい。(マドモアゼル愛)

ありがとうございます。(相談者)
ええ、助川先生に、もう少し・・(マドモアゼル愛)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

  1. 相談者さん、うまくいかれますように。
    これまでご両親に頼らず(頼れず)、人にはわからないご苦労がたくさんあったことと思います。
    結婚という節目に際して、相手のご両親に認めてもらえるかどうか不安になる気持ちもわかるなぁと思いました。
    でも今回、愛先生に背中を押していただいて、頑張ってきた自分を認める気持ちがわいてきたのではないでしょうか。
    17歳で自立し、ご自分を打ち立ててこられたこと、これからは誇りにされ、宝として生きていけるような力強いアドバイスをいただこたのではと思います。
    これまでご苦労されたぶん、彼女とお幸せになってください。見ず知らずの者ですが、私も応援しています!