テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年3月21日(火)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。お見合いで付き合い始めた男性、40歳のバツイチ女性の方から結婚の話しをする。男性からは親に話しをしないといけないという話しに。元々仕事が忙しい男性、解雇になるような事態が発生し、会える状況でなくなり、連絡も来なくなる。直接職場に行くも、呼び出され、メールで夜連絡するとあり。以降、2週間音信不通の状況。これからどうすればいいか?
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:40歳女性 2年ほど前に離婚 息子2人(19歳・16歳) お見合いし付き合っている男性40歳

加藤諦三氏の〆の言葉『寂しさは、本当の自分の感情を認識することを妨害します』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

40歳の女性から、2年くらい前に離婚して子供2人、19歳と16歳の男の子。

付き合っていた男性と連絡がとれなくなる

はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)
あ、はい、あのぅ、今、お付き合いしてる男性がいるんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

7ヶ月か8ヶ月ぐらい・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ、お付き合いさせていただいてて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

とても、あの、元々・・すごく忙しい、お仕事・・だ・・なんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ、6ヶ月ぐらい前から・・そのぅ・・彼の方の、職場の人も減って、更に忙しくなってしまって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、それまで・・うちに来たりして、子供とも仲良くしてたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

4ヶ月ぐらい前に、わたしがちょっと、体調壊しまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

その後は、メール・・などは、あの「体調どう?」なんていう、メールは、もらってたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それから・・全く・・来れなくなってしまいまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

今から、1ヶ月半ぐらい前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ちょっと、ま、職場・・には、行けるようなところなので・・彼の職場に行きましたら・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ、ま、たまたま会えて、少しだけ、話しはできたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

仕事で、トラブルがあって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
連絡が、できないって、言われまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、ま、メールはコチラからしていいか?って聞いたら、ま、それはいいっていうふうに、言われたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

さらに、えっと、2週間ぐらい前に・・(相談者)

あのぅ、職場まで、もう1回、行ってみたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そ、その時もまた、たまたま会えまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

10分、待ってって言われたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ちょっと、呼ばれたもので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

走って、彼は行ってしまいまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そしたら、メールが・・来て、今日は・・重要な会議があって、忙しいので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

今晩、メールするっていう・・あの、返事が来たんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

2週間経っても・・あぁ、えっと、それは、1ヶ月前のことで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
2週間経っても・・あのぅ、なんの連絡もないので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ちょっと、これから、どうしていいかな?・・っということを・・(相談者)
うん、ん・・(加藤諦三)
相談させていただきたいと思いまして。(相談者)

お見合いで知り合う

あのぅ・・何歳ぐらいの・・方、ですか?(加藤諦三)

ぁ・・あのぅ、歳は同じぐらい・・です。(相談者)
あ、同じぐらいですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

まだ、結婚してない・・(相談者)
そうすると、確かに職場が、忙しいということは・・もう・・間違えのないことなんでしょうね。(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)

ただ、ほんとに・・(加藤諦三)
もうね、寝られないこともあるし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
食事も、夕飯しか、食べれないような時もあるんで・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

あなたがその・・付き合いだした、初めの・・方・・うちは、やっぱり・・(加藤諦三)

一緒に食事をしたり・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
家に来たりと、してたわけですね?(加藤諦三)

あのぅ・・ま、それは、週1ぐらいで、できてたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

だいたい・・会うのも、12時だったりとか・・かなり遅くて、向こうのペースに合わせないと・・いけないので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

最初から・・まぁ、あの、予定は何時って、たてられなくて、「今日、今からどう?」・・っていうような、形で・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)
会ってました。(相談者)
最初からね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
そうすると、最初の出会いっていうのは、ど、どういう出会いなんですか?(加藤諦三)

えっと・・お見合いです。(相談者)
あ、お見合い・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
なるほどねぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

で、お見合いで・・お互いに、いいということで、付き合いが、始まったということですね?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

そうすると、あなたはまだ・・それほど相手の男性の・・こう、なんて言うのかな・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
人間性、その他は、わかってないわけですね?(加藤諦三)

そうですね、まだ、わからないところも、多いです。(相談者)
多いですよね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
つまり・・(加藤諦三)

非常に・・外面が良くて・・仕事が忙しい、忙しいって言うけど、要するに、職場でもなんでも・・みんなに、イイ顔して、もう、振り回されて・・(加藤諦三)

っという・・(加藤諦三)

そういう人なのか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
本当に、仕事が忙しくて・・本当に忙しいのか、そんな、いろんなことはまだ、わかんない・・(加藤諦三)

ですね?(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

意見が分かれる彼の気持ち

ただやっぱり、その仕事をする為に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ、かなり努力して、大学も入り直したりして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ここまで来てるので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ、どうしても、仕事優先になって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ここまで、まあ、あのぅ・・2つの事を、両立できない・・らしいんです。(相談者)
うん。(加藤諦三)

それで、仕事優先になってしまって、なかなか、結婚はしたいんだけど、できないっていう・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

で、今回の仕事も、ちょっと、解雇になるぐらい・・(相談者)

大変なことが、起きてるらしいので・・やっぱり、ここまで・・(相談者)
あ、その彼・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
彼自身が、解雇になる可能性があるということね?(加藤諦三)
はい、ええ、ええ、ええ、はい。(相談者)

ん・・(加藤諦三)
なので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
やっぱり、これまでの努力とかを考えると・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ま、必死で・・(加藤諦三)

女性が好きでも、あ、会うどころの話しじゃないという・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ことも、考えられるということですね?(加藤諦三)
考え・・られるんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

なんか、いろいろ相談してみると・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、付き合う気がないんじゃないかっていう意見と・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

もう一つは・・まあ・・こんな状況の中・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

連絡をとる、心境にも・・なれないぐらい、大変なんだっていう・・ふうに、意見が・・結構、分かれてしまって・・(相談者)

うん、まあ、分かれると思いますねぇ・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
これだけの情報だとね・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ど・・ホントに、忙しくて、それどころじゃない・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
という人なのか・・(加藤諦三)

ええ、ええ、ええ。(相談者)

も、もう、あんまり、好きじゃない・・から・・(加藤諦三)
ええ、ええ、ええ・・(相談者)
こうなんだっていうふうに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
両方を・・(加藤諦三)

解釈できますからね。(加藤諦三)
ええ。(相談者)

はい、そうなんです。(相談者)

で、あなたとしては・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
その、どちらかが、知りたいということですね?(加藤諦三)

そうですねぇ、知りたいし、これからどうしていいのか・・(相談者)

はい、わかりました、今日は、スタジオに心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてるので、うかがってみたいと思います。(加藤諦三)
はぁい。(マドモアゼル愛)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク