テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年1月9日(火)は、柴田理恵&塩谷崇之。息子を癌で亡くし、60年住んでいた地所を莫大なお金に換えて、親戚を頼り田舎に引っ越した85歳の老夫婦。当初は、面倒を看てくれる親戚の子に遺産を渡そうと思っていたが、実は、親戚一同が財産目当てであると教えてもらう。遺産目当てだったのかと信じられなくなった老夫婦。自由に外出もままならず莫大なお金の使い途をどうすればいいのか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:85歳女性 夫85歳 二人暮らし 息子が癌で他界して2年前に60年住んでいた地所を処分して田舎に引っ越す

もしもし・・テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

はい、ありがとうございます。(相談者)
はい。(柴田理恵)

今日はどういったご相談ですか?(柴田理恵)

今日は、あのぅ・・(相談者)

他所で、長く住んでいて・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
60年も、居ました。(相談者)

はい。(柴田理恵)
そいで・・(相談者)

財産みたいな・・持ってた物、全部・・売って・・(相談者)
・・
はい。(柴田理恵)
子供が亡くなったんで田舎に引き上げました。(相談者)

はい。(柴田理恵)

そいで・・(相談者)

2年ぐらいは、良かったんですけども・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

あのぅ、親戚が、やっぱし・・(相談者)
ウン・・(柴田理恵)

遠のいたって言うんでしょうかねぇ・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

二人で、居るんだから、大丈夫だろう・・っつうことになったんです。(相談者)

はぁ・・うん?(柴田理恵)
きしゅ・・(相談者)

二人というのは・・ご夫婦でってことですか?(柴田理恵)
はいはいはい。(相談者)

あ、今、あなた、おいくつですか?(柴田理恵)
80・・5歳です。(相談者)
・・
あら・・じゃあ、旦那様は?(柴田理恵)
・・
8・・同じです。(相談者)
85歳・・ずーっとあのぅ・・(柴田理恵)

あの、今、住んでらっしゃる・・(柴田理恵)

所とは違う所に・・(柴田理恵)
・・
はい。(相談者)
60年ぐらい、住んでらして・・(柴田理恵)
はい、居ました。(相談者)

でぇ、そこの財産を全部、売って・・(柴田理恵)
・・
はい。(相談者)
で、今、その・・(柴田理恵)

なんて言うか、生まれ故郷に、戻って来られたんですね?(柴田理恵)
はい、そうです。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

そしたら・・ま、60年も、離れてたら・・(柴田理恵)

あのぅ・・ご親戚の方々とは・・わりとこう・・疎遠になっていて・・(柴田理恵)

ええ。(相談者)

そんでぇ?(柴田理恵)
・・
いろいろ、やってくれたんですけれども・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ここんところ・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
ん・・なんだか・・(相談者)

お金・・を、もってきてるっていうのを・・(相談者)

わかってるんです。(相談者)

ほう、ほう、ほう・・あっ・・(相談者)
そんだもんで・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
そのぅ・・お金が・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
今度は・・(相談者)

わたしたちに、害をしてるわけです。(相談者)

ン?うん?害をしてる?・・はあ?(柴田理恵)
みんなが・・(相談者)
ウン。(柴田理恵)
その・・(相談者)

ん・・なんて言うのかなぁ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
物でもらうより、お金の方がいい・・っていうような人もでてきたし・・(相談者)

はああ・・(柴田理恵)

ぁ、つまり・・親戚の方達が・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

親切にしてくださってはいたけれども・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

だんだんその方達が・・(柴田理恵)

なんて言うか・・(柴田理恵)
冷たくなった。(相談者)

冷たくなり・・なって・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

それでぇ・・あなた方の・・お金を・・(柴田理恵)

目当てにしてるってことですか?(柴田理恵)

一応・・そういう見方が、でてきました。(相談者)

ほう・・(柴田理恵)

ウーーン・・(相談者)
どういう・・ことでぇ?(柴田理恵)

うーん、だから、財産分与とか・・(相談者)

そういうのは、権利があるとか、ないとか、そういうふうに・・(相談者)

あああ・・(柴田理恵)
始まったんです。(相談者)
ああ、財産分与・・(柴田理恵)

えっと・・(柴田理恵)

今、ご夫婦でいらっしゃいますよねぇ?(柴田理恵)
はい。(相談者)

えっと、お子さんは?(柴田理恵)

子供はもう亡くなって・・癌で亡くなって・・(相談者)

あらぁ・・(柴田理恵)
いないんです。(相談者)

あらぁ・・可哀想に・・(柴田理恵)
身内が・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

ほんとの、いとこ、はとこ、姪っ子になったわけです。(相談者)

えっ・・と、今、生きてらっしゃるのは、その、いとこさん・・っていうのは・・(柴田理恵)

いとことか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
お父さんの・・ぃ、あの、甥っ子とか・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
そういうの・・一応、世話になって、こっちへ引き上げてきたわけなんです。(相談者)

ああ・・はいはいはい・・はい。(柴田理恵)
ウーーン・・だけども・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
やっぱし・・(相談者)

それが、二年も経つと、飽きてきたっていうのか・・(相談者)

いろいろは、わかってきた・・(相談者)

っていうのか・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
うん、お金の方に、目が行・・(相談者)

ったらしいんです。(相談者)

いったらしいというのは?(柴田理恵)

どなたからか、お聞きになられたんですか?(柴田理恵)
そうなんです。(相談者)

一人の子が・・「こういう訳で、出入れ(ではいれ)ないんだよ」・・っていうわけです。(相談者)

うん?うん?(柴田理恵)

あのぅ・・数で入った人が、多くもらうとか・・(相談者)

そういう・・話しが、出てるらしいんです。(相談者)
はあ・・なるほど。(柴田理恵)
ええ。(相談者)

あの、財産を分与する時に・・(柴田理恵)
ええ。(相談者)

より・・その・・(柴田理恵)

ええ。(相談者)
関わった人達が・・(柴田理恵)
そうそうそうそうです。(相談者)
たくさん・・(柴田理恵)

財産、あそこは貰えるんじゃねぇの・・みたいなこと・・(柴田理恵)
いっぱい、もらえるんじゃないか・・っていう・・(相談者)

ことを言い始めて・・(相談者)
で・・ええ、そんだもんだから・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

それ言われるのが嫌だから・・って、出入ら(ではいら)ないわけなんです。(相談者)

ああ・・(柴田理恵)

これは、怖いです。(相談者)

怖い?(柴田理恵)

うん、うん。(柴田理恵)

誰が来たとか、誰が来ない(きない)とか・・っう・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

電話連絡で、どんどん、とってるらしいんです。(相談者)

だ・・(柴田理恵)

取ってるって、誰が?誰を?(柴田理恵)

親戚が。(相談者)

親戚が・・(柴田理恵)
はあ・・(相談者)

その、チェックしてるわけですねぇ・・(柴田理恵)
そうらしいです。(相談者)
その、出入りの様子を。(柴田理恵)
ええ。(相談者)

ほう・・(柴田理恵)
誰か・・行ったか・・(相談者)

行ったら・・(相談者)

あの、あがって話してきたかとか・・(相談者)

ふん。(柴田理恵)
そういうふうな・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

連絡が、入っちゃうんです。(相談者)

ほう・・(柴田理恵)

ほんとにこれは、怖いことなんです。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

連絡が入っちゃうっていうのは・・(柴田理恵)
・・
あのぅ・・あなたに、直接、電話が来るわけですか?(柴田理恵)
うちに来ないで・・(相談者)

その・・(相談者)

親戚同士でやったのを・・わたしに言ってくれる子が、一人いるんです。(相談者)
はああ・・その・・(柴田理恵)

こういうふうに・・(柴田理恵)

親戚同士でやってるよ・・って、教えてくれた人がいるわけですか?(柴田理恵)
ええ・・(相談者)

ふん・・(柴田理恵)

それは・・(柴田理恵)

はっきり、財産・・・(柴田理恵)

分与の・・(柴田理恵)

その、なんつぅの・・たくさん通った人は、財産、たくさんもらえるから・・っていう・・(柴田理恵)
そういうふうな、話しが出てるんです。(相談者)

・・

あの、財産・・って・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

あのぅ・・どのぐらい、お有りなんですか?(柴田理恵)

それはもう・・(相談者)

・・

相当な、地所を売ってきたから・・(相談者)
ああ・・(柴田理恵)
ぁ、それは・・(相談者)

わかってると思います。(相談者)
あああ・・(柴田理恵)

・・

・・

相当な額なんですね?(柴田理恵)
そうです。(相談者)

ふぅーん・・(柴田理恵)

・・

なるほど・・(柴田理恵)
だから・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
「早く、老人ホームへ、入っちゃえ!」・・とか。(相談者)
うん。(柴田理恵)
そういうふうに、言う人もいる、そうすれば・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あと・・分けちゃう・・っていう・・らしいんです。(相談者)
うん、うん。(柴田理恵)

えっと・・(柴田理恵)

ご夫婦の・・間では・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
その、ほら・・(柴田理恵)

もしね、万が一・・お亡くなりになった時に・・(柴田理恵)
そう。(相談者)

あの、どなたに・・(柴田理恵)

財産を分けようとか、そういう話し合いは、なさってるんですか?(柴田理恵)

それが・・(相談者)

前は、やってたんですけど、今は・・(相談者)

できなくなったんです。(相談者)
うん?なんでですか?(柴田理恵)

そういうふうな、なっちゃったんで・・(相談者)
・・
いやいや・・あの、誰も居ない時に・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

ご夫婦でだけで、お話し・・(柴田理恵)
してます。(相談者)
なさってま・・(柴田理恵)

・・

そ、その話しはしてますか?(柴田理恵)
してます、してるけれども・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

そのぅ、予定に・・してた子が、ダメになったんです。(相談者)

だ・・な、なんで、ダメになったんですか?(柴田理恵)

・・

ぅ、ぅ、うーーん・・どう言うんだか、ちょっと・・(相談者)

・・

まぁ、欲が深くなったっていうのかね、「早く」・・っていうことになったらしいです。(相談者)

・・

あ、その面倒みてた子が・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

「早くちょうだい、早くちょうだい」・・って言うようになったんですか?(柴田理恵)
だから、早く、わたし達が・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
施設、行っちゃうとか・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
すれば・・(相談者)

いいな・・って、なってきたんですね?(柴田理恵)
そういうふうな・・(相談者)

に、見えてきちゃったんです。(相談者)
見えてきちゃった?(柴田理恵)
・・
はい。(相談者)

・・

昨日、一昨日も、ちょこっと来たんですけど、寄らずに、上がらずに・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

すぐ・・帰って・・しまいました。(相談者)

ふぅーん・・(柴田理恵)
そういう・・ふうになってるんです。(相談者)

うーーん・・(柴田理恵)

あなたとしては・・(柴田理恵)

もっと、うちに入って、上がって、いろんな話をしてくれたら・・(相談者)

そうです・・(相談者)
気持ち良く・・(柴田理恵)
そうしてたんです。(相談者)

財産を、譲れるのに・・ってことですか?(柴田理恵)
そういう・・(相談者)

思いでいたんです。(相談者)

ぅ、うーん・・(柴田理恵)

なんて言うのかなぁ・・(相談者)

みんな、ただの金なら・・(相談者)

すぐにでも、もらいたい・・(相談者)

うーん・・(柴田理恵)
いうかなぁ・・って、お父さんと言ってるんですよ。(相談者)

うーん・・(柴田理恵)

ウン。(相談者)
でも・・(柴田理恵)

その人に・・(柴田理恵)

はっきり、「もう、全部譲るよ」・・なんて話しはしてないわけでしょう?(柴田理恵)

ぅ、ぅ、まだ、してなかったです。(相談者)
うん。(柴田理恵)

してないんだったら・・(柴田理恵)
向こうは、もらうつもりで・・いました。(相談者)

でも、してないんだから・・(柴田理恵)
ええ。(相談者)
あげるつもりがない・・って話しで、いいじゃないですか?(柴田理恵)
そうなんです。(相談者)
・・
うん。(柴田理恵)

だから・・(相談者)

うん。(柴田理恵)

もう、どうにも・・(相談者)

二人で、夜になると・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
そんなことだらけで、眠れなくなる・・(相談者)
ぁぁ・・なるほどねぇ・・(柴田理恵)

で・・どこへも、相談のしようがないんです。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

あの、遺言とか・・(柴田理恵)

ほら・・弁護士さん・・にね。(柴田理恵)
ええ。(相談者)

こう・・(柴田理恵)

ちゃんと、立っていただいて・・弁護士さんかなぁ?(柴田理恵)
・・
そういう、なんか・・(柴田理恵)

きちんとした人に、立っていただいて・・(相談者)
ええ。(柴田理恵)

遺言状を書いて・・(相談者)
ええ。(柴田理恵)

でぇ、これこれ、お願いします・・とかっていう・・ようなことは、やってらっしゃいます?(柴田理恵)

だ、それを、どういうふうにやっていいか・・わからず、いるわけです。(相談者)

ああ・・(柴田理恵)
それで相談したわけです。(相談者)

そっか・・(柴田理恵)

はい。(相談者)

なるほど、あげようと思ってた人が、なんか・・あのぅ・・金の亡者みたいになっちゃって・・(柴田理恵)
ええ。(相談者)

そんな人に、あげるの嫌だなと思っちゃって・・(柴田理恵)
ええ、そうです。(相談者)

ああ・・そうしたら・・(柴田理恵)
親戚中・・が、そういう気持ちになってます、今。(相談者)

ああ、ああ・・(柴田理恵)

そっか・・(柴田理恵)

それで・・わたし達は今・・(相談者)

迷って・・るんです。(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
二人で。(相談者)

ぅ、うーん・・(柴田理恵)
夜になると、そんな話しになって・・(相談者)

いずれにしても、だけど、ご夫婦で、頑張られたお金だから・・(柴田理恵)
そうなん・・そうなんです。(相談者)
・・
ねえ。(柴田理恵)

そうなんです。(相談者)
思う・・ように・・(柴田理恵)

始末したいですよね。(柴田理恵)
・・
そうなんです。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

やりたいとこが、なくなっちゃったんです。(相談者)

ああ・・(柴田理恵)

今は・・(相談者)

わかりました。(柴田理恵)

弁護士の先生に、相談してみましょうかねぇ?(柴田理恵)
はい、お願いします。(相談者)
はい。(柴田理恵)

今日の回答者の先生は・・(柴田理恵)

弁護士の、塩谷崇之先生です。(柴田理恵)
・・
先生、お願いします。(柴田理恵)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 出身地を離れ都会地で 一生懸命 コツコツと稼ぎ 無駄遣いせずに慎ましい生活をなさり蓄財なさったのでしょうね? その財産如何ほどか明言なさいませんでしたが? 疑心暗鬼 被害妄想 どの言葉が当てはまるか? 一人の親戚がおっしゃる情報だけで あれこれと想像を巡らせ それが 心配に繋がるという構図では。
     なんの為に 蓄財してきたのか もしや 蓄財そのものが目的だったのかな?
     わが亡父母 もそうでしたが 稼ぐことは知っていても 使う事を知らなかった 戦中戦後世代でした。
     幸い ご相談者 まだ 認知がっかっては おられないようなので 今のうちに すぐ 塩谷先生 ご進言どおり  サ高住(サービス付き高齢者住宅)などにご入居なさり 現在お住まいの不動産は 信託し この世におられる間に 使い切るご努力をなさった方が  毎晩あれこれと ご心配なさるより お幸せでは?

  2. 免許返納した時点で、車が無いと生活できない田舎に引っ越すのは大きな間違いだったのでは。
    体も弱ってきた85歳なら仕方ないのかもしれないが
    依存心の強そうな相談者夫婦と思った。
    財産もたくさんあるといいつつ、自己申告だから本当かどうか分からない。
    60年ぶりに付き合い始めた親戚が自分たちの期待するように立ち回ってくれないから
    疑心暗鬼になっているのではなかろうか。

  3. お金があるんだから、タクシーだのハイヤーだのを利用する手もありますよ。
    ぜいたくな悩み。

    倹約が身に沁み込んでしまってると、いざお金を使おうと決心しても、なかなか使えないものなんでしょうね。
    結構なお話でした。

    それにしても世間には浅ましい人々が満ち溢れています。