テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

塩谷崇之・柴田理恵

はい、こんにちは。(塩谷崇之)
はい、こんにちは。(相談者)

はぁい、今、お話しを聞かせていただきました。(塩谷崇之)
・・
はい。(相談者)

まぁ、田舎に帰ったはいいけれども・・(塩谷崇之)
そうなんです。(相談者)
ぉ・・その、ぉ・・ま、親戚からは・・(塩谷崇之)

ま、子供のいない・・(塩谷崇之)

財産持ちの老夫婦が・・戻ってきたと。(塩谷崇之)
そうなんです。(相談者)

はい。(相談者)
ということで・・(塩谷崇之)

え・・・(塩谷崇之)

まぁ、なんかねぇ、悲しいですねぇ。(塩谷崇之)

ほんとにこの、歳をとって・・(相談者)

どうしたらいいか、わからない日々です。(相談者)
うん・・(塩谷崇之)

そうですか・・(塩谷崇之)

じゃ、特定の誰かに・・(塩谷崇之)

それを・・ぅ・・受け継いでもらいたいとか、そういうことは・・(塩谷崇之)

ぃ、今・・(塩谷崇之)

心の中には、ないわけですね?(塩谷崇之)

ぇ、一応・・一人・・甥・・姪っ子・・っ子がいるんですけども・・(相談者)
うん。(塩谷崇之)

それが、それ、託せるか・・託せないかが・・(相談者)

心配になってきてるんです。(相談者)
うーん・・(塩谷崇之)

そうだとすれば、お父さんは・・(相談者)
・・
どっかにあげちゃって、面倒看てもらうほうがいいか・・(相談者)

という考えになってます。(相談者)
ああ・・なるほどねぇ。(塩谷崇之)

うん・・(塩谷崇之)

まぁ、あのぅ・・ねぇ、その、いろいろ面倒みてくれる人・・のね、その、思惑の中には・・その、お金目当ての人も、いるかもしれないし・・(塩谷崇之)
そうなんです。(相談者)

うん・・そうじゃない・・(塩谷崇之)
みえみえなんです。(相談者)
うん・・(塩谷崇之)

でぇ・・ねぇ、そういうのは、こう、みえみえでねぇ・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
こう、嫌な気持ちをするぐらいだったら・・(塩谷崇之)
・・
そうなんです。(相談者)
逆に・・(塩谷崇之)

よくよく考えてみて・・(塩谷崇之)

今、あなたが持ってる財産っていうのは・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

別に・・ま、あなたがね、あの子供とか孫とかがいて・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
そのぅ・・子孫に・・引き継がせたいっていう、強い気持ちがあるんだったら、別なんですけれども・・(塩谷崇之)
それが全然、ないんです。(相談者)
ないでしょう?(塩谷崇之)
はい。(相談者)

だったらねぇ・・(塩谷崇之)

ぇ・・あなたとご主人の・・自分自身の為にね。(塩谷崇之)
はい。(相談者)

使う事を考えた方がいいと思います。(塩谷崇之)

それがもうねぇ・・(相談者)
うん。(塩谷崇之)
あれ・・(相談者)

使い切れる・・(相談者)

食べるぐらいは、&%$てるんです。(相談者)

・・

うん・・(塩谷崇之)
・・
食べることと、もう、出かけらんないから・・(相談者)
うん・・(塩谷崇之)

ほいでぇ・・(相談者)

困ってるんです。(相談者)
うん。(塩谷崇之)

だから、そういうことをね。(塩谷崇之)
はい。(相談者)

ぇ・・今、自分、一人では、いろいろできない事も増えてると思います。(塩谷崇之)
そうなんです。(相談者)

うん、でもねぇ、そういうのを手助けしてくれるね・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
施設っていうのもあります。(塩谷崇之)

はぁぁ・・(相談者)
し・・(塩谷崇之)

そういうあの、手助けしてくれる、ま、ヘルパーさんとかをね。(塩谷崇之)
・・
ええ。(相談者)

頼むこともできる。(塩谷崇之)

うん。(相談者)
そういうことに・・(塩谷崇之)

どんどん、どんどんね・・あのぅ・・自分達のお金をね・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

有効活用してけば、いいと思うんですよ。(塩谷崇之)

ああ、そうですか。(相談者)
うん。(塩谷崇之)

今、あなたと、あなたのご主人が・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
一番・・(塩谷崇之)

生きやすいような・・(塩谷崇之)

そういう・・(塩谷崇之)

生活を選べばいいんだと思うんですよね。(塩谷崇之)
はい、わかりました。(相談者)
うん・・だから・・(塩谷崇之)
うん。(柴田理恵)
で・・(塩谷崇之)
ほんとにそうです。(相談者)
うん、その為のね・・(塩谷崇之)

施設・・とか・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
そういう、介護サービスとか・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
いろいろ、ありますし・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
ぇ、なかにはね・・(塩谷崇之)
・・
はい。(相談者)
ま、そういう、ある程度、財産を持ってる人の為に・・(塩谷崇之)

ほんとに充実したね。(塩谷崇之)
・・
はい。(相談者)
生活を・・(塩谷崇之)

送らせてくれるような、サービスまでしてくれるような所もあります。(塩谷崇之)

ああ、あ・・そうですか?(相談者)
うん。(塩谷崇之)
うん。(柴田理恵)
だから、例えばね・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
あのぅ、施設に入って、一人であの、じっとしてるんではなくて・・(塩谷崇之)

そうなんです。(相談者)
例えば、旅行に連れてってもらえるとか・・(塩谷崇之)
ああ、あ・・はぁ、はぁ、はぁ・・(相談者)
ねえ。(塩谷崇之)

例えば、映画を観たいって言ったら・・(塩谷崇之)
ええ。(相談者)
その映画館まで、じゃあ、付き添ってもらって、行ってもらえるとか・・(塩谷崇之)

そう・・(相談者)
いろんなねぇ・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
サービスが今、どんどん、どんどん、増えてきてますから・・(塩谷崇之)
うん。(柴田理恵)
ああ・・だから・・(相談者)

うちはあのぅ・・車が、80歳で車・・子供が亡くなってから・・(相談者)
うん。(塩谷崇之)

車の免許、戻してきたんです。(相談者)
ああ・・はい。(塩谷崇之)
だから車がないと、どうにもならないとこなんです。(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
うーん・・(塩谷崇之)

どこにも行けないんです。(相談者)
うーーん・・(塩谷崇之)

だからまぁ、今の場所で、生活するのもいいし・・(塩谷崇之)
うん。(相談者)

ま、そういう・・ね、もう少しこう・・便利、交通の便の良い場所に・・(塩谷崇之)
・・
ぇ・・引越しをして・・(塩谷崇之)
ええ。(相談者)

ぇ・・そこからね、いろいろ電車に乗ったり、バスに乗ったりして、いろんなとこに行くのもいいし・・(塩谷崇之)
ええ。(相談者)

ただ、それは一人で・・(塩谷崇之)

ぇ、そういうことするのが、不安であれば・・(塩谷崇之)
ええ、そうです。(相談者)
そういうのに、付き添ってくれるサービスとか・・(塩谷崇之)

ああ・・(相談者)
いろんなものが、ありますよ。(塩谷崇之)

あの今・・(柴田理恵)
はい。(塩谷崇之)
あの、高級マンションみたいなので・・(柴田理恵)
うん・・(塩谷崇之)

しかも、お医者さんも居て・・(柴田理恵)
ええ(相談者)。

看護師さんも居て。(柴田理恵)
ええ。(相談者)

それで・・こういう娯楽的な施設もあって・・(柴田理恵)
ええ。(相談者)

それで・・(柴田理恵)

あのぅ・・最後まで面倒看てくれるみたいな所って、ありますから・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
うん・・(塩谷崇之)

ご夫婦で、もしもね、ほら、将来に・・(柴田理恵)

今のとこ、二人の将来には、全然・・(柴田理恵)

不安はなさそうですから・・やっぱ、いっぱい、もってらっしゃるから・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

思い切っり、そうやってゆったりなさったら・・(柴田理恵)

親戚が冷たいとかね・・(柴田理恵)
ええ、そうです。(相談者)
そんなに・・(柴田理恵)
うん・・(塩谷崇之)
何十年も、そんなに・・一緒に居なかった親戚だったら・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

そうやって、イライラするよりは・・(柴田理恵)
そうなんです。(相談者)
あのぅ・・楽しく幸せに・・(柴田理恵)

それが欲しいんです。(相談者)
余生を送られた方が・・(柴田理恵)

そうですねぇ。(塩谷崇之)
うーん・・(柴田理恵)
うーん・・(塩谷崇之)
そういうところに、お金、使われた方が、いいんじゃないですかねぇ?(柴田理恵)
はい、それが欲しいんです。(相談者)
逆に・・親戚関係のね・・(塩谷崇之)

ええ。(相談者)
変なこう、しがらみとか・・(塩谷崇之)
そうです。(相談者)
そういうものが・・(塩谷崇之)

ぁ、なく・・(塩谷崇之)

うん・・(柴田理恵)
ねぇ。(塩谷崇之)

あなたが・・こういうふうにしたいと。(塩谷崇之)

その為には、どうすればいいのか・・ってことに、こう、相談にのってもらって、手助けをしてくれるっていう・・(塩谷崇之)
うーん・・(柴田理恵)

そういう・・(塩谷崇之)

あのぅ・・サービスとか、施設って、たくさんありますんで。(塩谷崇之)

それを、相談できるね・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
人・・それを・・(塩谷崇之)

無理に親戚の中から探そうとしなくてもいいと思いますんで・・(塩谷崇之)
はぁーい、はい、はい、はい、はい。(相談者)
うーん・・うん。(柴田理恵)

で、ぇ・・(塩谷崇之)
うん。(相談者)
そういう、サービスをしてくれる人を探す・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
ま、その、探すのも大変ですけれども・・(塩谷崇之)
そうなんです。(相談者)

いろんな・・人がね、そういう・・紹介でね。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
紹介してもらって・・(塩谷崇之)

ぇ・・見つけることもできますし・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

いろんな人の話を聞いて・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

そういうとこにこう、ま、上手く辿り着ければ・・ね。(塩谷崇之)
はい、そうしたいです。(相談者)
うん・・(塩谷崇之)
うーん・・(柴田理恵)
いいと思うんですよねぇ。(塩谷崇之)
はい。(相談者)

はい、わかりました。(相談者)
はぁい。(塩谷崇之)

ほんとに良いお話しを聞かせていただいて。(相談者)

これから一生懸命、努力してみます。(相談者)
・・
はい。(柴田理恵)

はい。(相談者)

じゃあ、大丈夫ですかぁ?(柴田理恵)
はい・・あの・・(相談者)

じゃあ・・ぃ、一生懸命、探してみてください。(柴田理恵)
はい。(相談者)

あのぅ・・(柴田理恵)
ありがとうございました。(相談者)
はぁい・・はぁい。(柴田理恵)

お元気で・・(柴田理恵)
はい。(相談者)




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

テレフォン人生相談2018年1月10日(水)

自分には優しい中学生の孫。度々、母親に対して、リモコンで殴ったりの暴力をふるう。この孫の暴力はどうすれば収められるでしょうか?という相談。

パーソナリティが加藤諦三さん、エッセイストのマドモアゼル愛さんが回答者です。

12次へ »
2 / 2 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 出身地を離れ都会地で 一生懸命 コツコツと稼ぎ 無駄遣いせずに慎ましい生活をなさり蓄財なさったのでしょうね? その財産如何ほどか明言なさいませんでしたが? 疑心暗鬼 被害妄想 どの言葉が当てはまるか? 一人の親戚がおっしゃる情報だけで あれこれと想像を巡らせ それが 心配に繋がるという構図では。
     なんの為に 蓄財してきたのか もしや 蓄財そのものが目的だったのかな?
     わが亡父母 もそうでしたが 稼ぐことは知っていても 使う事を知らなかった 戦中戦後世代でした。
     幸い ご相談者 まだ 認知がっかっては おられないようなので 今のうちに すぐ 塩谷先生 ご進言どおり  サ高住(サービス付き高齢者住宅)などにご入居なさり 現在お住まいの不動産は 信託し この世におられる間に 使い切るご努力をなさった方が  毎晩あれこれと ご心配なさるより お幸せでは?

  2. 免許返納した時点で、車が無いと生活できない田舎に引っ越すのは大きな間違いだったのでは。
    体も弱ってきた85歳なら仕方ないのかもしれないが
    依存心の強そうな相談者夫婦と思った。
    財産もたくさんあるといいつつ、自己申告だから本当かどうか分からない。
    60年ぶりに付き合い始めた親戚が自分たちの期待するように立ち回ってくれないから
    疑心暗鬼になっているのではなかろうか。

  3. お金があるんだから、タクシーだのハイヤーだのを利用する手もありますよ。
    ぜいたくな悩み。

    倹約が身に沁み込んでしまってると、いざお金を使おうと決心しても、なかなか使えないものなんでしょうね。
    結構なお話でした。

    それにしても世間には浅ましい人々が満ち溢れています。