テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年8月16日(水)は、加藤諦三&中川潤。二ヵ月前、「お酒を飲むお母さんは嫌い」という9歳の孫を、児童相談所に保護してもらう。47歳の娘はアルコール依存症で、夜な夜な孫を連れて飲み歩く。同居中の男性と飲んでは喧嘩したりして、近所からの通報でも、何度も保護されている。児童相談所から、返すことになりそうだと聞くが、同じ事の繰り返しになりそうなので、どうしたらいい?
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:74歳女性 離婚し一人暮らし 娘47歳(アルコール依存症・自称会社社長55歳と同居) 孫9歳

もしもし?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

娘の事で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ご相談したい・・(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
ええ。(相談者)
そいで、最初に年齢、教えてください。(加藤諦三)

74です。(相談者)
・・
74歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

結婚してます?(加藤諦三)

してません。(相談者)
・・
と、今は・・(加藤諦三)

お一人で、暮らしてるの?(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)

そいで・・(加藤諦三)
・・
お嬢さんがいるってことは、別れて、一人ということですね?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

それで?(加藤諦三)

お嬢さん・・お子さんは?(加藤諦三)

今、そ・・(加藤諦三)
40・・(相談者)

7歳。(相談者)

孫を連れて、飲み歩く娘

わかりました。(加藤諦三)

そいで?(加藤諦三)

この47歳の、お嬢さんは?(加藤諦三)

・・

アルコール依存症なんです。(相談者)

はい。(加藤諦三)

それで・・子供が一人・・(相談者)
で、このお嬢さん、まだ、結婚してないんですね?(加藤諦三)

結婚・・して、別れました。(相談者)

結婚して別れ・・それで今、一人でいるんですか?(加藤諦三)

いや・・(相談者)

男の人と、同居してるみたい。(相談者)

あ、そうですか?(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)

お嬢さんには・・お子さんは、いないんですね?(加藤諦三)
いるんです。(相談者)

そうすると、この・・47歳のお嬢さんの、家族・・今の・・(加藤諦三)

生活の形態っていうのは、どうなんってるんですか?(加藤諦三)

今・・現在、男の人と、暮らしてます。(相談者)

で、そこに・・要するに、あなたから見ると、お孫さんが、いるわけ?(加藤諦三)
ああ、はい、はい。(相談者)

そいで、それは一人、二人?(加藤諦三)

一人。(相談者)

何歳ですか?(加藤諦三)

9歳です。(相談者)
・・
9歳の子がいる。(加藤諦三)

・・・

それで・・(加藤諦三)

同居している男性っていうのは、おおよそ、何歳ぐらい?(加藤諦三)
55歳です。(相談者)

で、このぅ・・(加藤諦三)

55歳の人は、働いてるんですか?働いてないんですか?(加藤諦三)
働いてます。(相談者)

会社の、社長とか、言ってますけど。(相談者)

はい。(加藤諦三)

それでそのぅ・・お嬢さん、この47歳のお嬢さんが、アルコール依存症だっていうのは・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)
どの程度の、アルコール依存症なんですか?(加藤諦三)

昼間から飲んで、肝臓も悪いみたいです。(相談者)

昼間から飲んでっていう・・(加藤諦三)
はい、昼も、夜も。(相談者)

夜は、子供を連れて、飲み歩いたり・・(相談者)

それは、何年も続いてるんです。(相談者)

この9歳の子供を連れて、夜、飲み歩いてるの?(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)

そのぅ、男の方と。(相談者)

はい。(加藤諦三)

・・

それで・・(相談者)

喧嘩するんです、二人で。(相談者)

はい。(加藤諦三)
お酒、入ると。(相談者)

はい。(加藤諦三)

・・・

児童相談所に通報

それでぇ・・現在・・(相談者)

孫が・・児童相談所、何回か、入ってるんです。(相談者)

今、現在、入ってます。(相談者)

・・

ん?児童相談所に入ってるっていうことは、さっき一緒に・・(加藤諦三)

飲みに歩いてるって言ったけど・・(加藤諦三)

それは・・その前の話し。(相談者)

うん。(加藤諦三)

それで、もうそろそろ、出て来るんです。(相談者)

はい。(加藤諦三)

それで・・(相談者)

うちへ、遊びに来てて・・(相談者)

うちへ、誰が遊びに来てるんですか?(加藤諦三)
あ、孫が・・あそ・・来たんです。(相談者)

児童相談所・・(加藤諦三)
二ヵ月ぐらい前に。(相談者)

はい。(加藤諦三)

それでぇ・・お家帰るの、嫌だって・・言ったんです。(相談者)

はい。(加藤諦三)

それでぇ・・(相談者)

「お酒、飲まないお母さんは好きだけど・・」(相談者)

「飲むお母さんは、嫌い」って。(相談者)
うん。(加藤諦三)

それで、それから・・(加藤諦三)

児童相談所に電話したんです。(相談者)

あなたが、児童相談所に・・電話をして・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
この9歳の、お孫・・さんが、こういう状態だというふうに、言ったんですね?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

そして・・(加藤諦三)

児童相談所が・・(加藤諦三)

迎えに来たんです。(相談者)
その家に、迎えに来て・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

それで、預かっていったと。(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

はい。(加藤諦三)

それ以後、児童相談所と、あなたとの、連絡は、ど・・どう・・なんか、あったんですか?(加藤諦三)
ああ、ええ、何回もあります。(相談者)

はい。(加藤諦三)

・・・

それでぇ・・(相談者)

どういう状態・・(相談者)

かなぁ?思って・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
わたしの方からも、そうだし・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
児童相談所・・からも、電話、ありました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

同じ事の繰り返し

それで・・(加藤諦三)

そのぅ・・(加藤諦三)

もうじき帰ると・・出ると言ったのは、児童相談所が、言ったんですか?(加藤諦三)
・・
うん、なんか・・(相談者)

児童相談所・・から・・ありました。(相談者)

わたしが、電話しました。(相談者)

あ、あなたが、電話をしたの?(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)

その児童相談所が・・(加藤諦三)

その、お母さんの、言い分とか、この子の気持ちとか、いろんなことを、考えて、会議でもって、返すことに、決めたということですね?(加藤諦三)
まだ、決まってないんですけど。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

・・・

「おそらく、返すようになります」・・って、言われた。(相談者)

でぇ、あなたの・・今日の相談っていうのは、どういうことですか?つまり・・(加藤諦三)

児童相談し・・(加藤諦三)
また帰ったら、同じ事の繰り返し・・(相談者)

・・

じゃないですか?(相談者)
依存症で・・(相談者)

・・

結局・・隣近所も・・ご迷惑かけてるんです、喧嘩で・・(相談者)

・・

はい。(加藤諦三)

・・

それでぇ・・そんな依存症っていうのは・・(加藤諦三)

なかなかねぇ・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

お家では、治せるはず・・ない・・ですよって・・(相談者)

わたしも、あちこちお聞きしたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

自分の力では・・(相談者)

あのぅ・・依存症いうのは、治ら・・治りませんよ・・って、言われたので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで心配して・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

どうしたらいいものかなぁ?思って・・(相談者)

で、どう・・はい。(加藤諦三)
それでぇ・・(相談者)

ご相談したんです。(相談者)
はい、わかりました、今日はあの・・(加藤諦三)

スタジオに、弁護士の中川潤先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク