テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年12月28日は、加藤諦三&大原敬子。17歳高校生男子からの相談。お笑い芸人になりたかったが、その夢が破れ、生きる目的がわからない。母親から否定されて育れる事が多く、籠の中の鳥状態。反発はしていたが、全部捨てて飛び出すことができず、どうしていいかわからず、体調を崩して学校を休んでいる。何を信じていいかもわからない、どうすればいいのだろうか。

テレフォン人生相談2016年12月28日(水)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:17歳高校生男子 父48歳 母47歳 弟14歳

加藤諦三氏の〆の言葉『認められたいという事で、なが~く生きてくると、生きる幸せを感じる能力を失います』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

17歳の男子高校生からの相談、両親と弟と一緒に暮らしており、父は48歳、母は47歳、弟は14歳。

お笑い芸人になる夢が

で、どんな相談ですか?(加藤諦三)
えっと・・自分の、ま、生きる目的と言いますか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

気力がちょっと、なくなって・・しまいまして・・(相談者)
う、うん。(加藤諦三)

もう、ま、ちょっと、自分の・・もう、これから先・・ちょっと、どうしていくべきかっていうのが、本当によく・・見えなくなってしま・・ったので・・(相談者)
うん・・うん。(加藤諦三)

ちょっとそのことに・・ま、関して・・なんですけど・・(相談者)
はい、はい、はい。(加藤諦三)

ま、もともと・・そのぅ・・もともとは・・ま、自分は・・お笑い芸人・・さんになりたいなぁって、まぁ、小っちゃい頃の・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、夢が・・ありまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もともと人・・こう、笑わしたりするっていうのが・・ま、好きだったっていうのも、あるんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

支配的で否定する母親

ま、ちょっと・・ま、もともと・・その、母親とは、あんまり・・仲が良くなくて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ・・ま、母親はもぅ・・ま、その自分を・・まあ・・思ったことに、ま、人に・・し、従わせたい・・タイプ・・というか・・(相談者)

こう・・ひ・・さ・・(相談者)
支配的だってことね?(加藤諦三)

そうですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そういうタイプの人で・・(相談者)

でぇ・・ま、結構、否定・・するんですよ。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)
こう・・ぼ、僕に対してってこう・・(相談者)
否定されて、生きてきたってことね。(加藤諦三)
そうですね、でぇ・・(相談者)

ま、僕は、それに対して、常にこう・・ま、反発していたというか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ま、ちょっと・・(相談者)

そのぅ・・(相談者)

今までなんとか、その、言う通りに・・(相談者)

やってきて、ちょっと、失敗した・・ことが何回か、あったので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ちょっと、それで、まあ・・その、否定された、自分で・・ま、自分を・・肯定して・・(相談者)

まあ、なんとか・・やってきて、いたんですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

で、あの・・具体的に言うと、否定されたっていうの・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
例えば、ど・・どんなこと、言われたの?(加藤諦三)

例えば、ま、結構、その、細かい・・ことなんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まあ、風呂が・・長いだとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ま、出る、ちょっと・・(相談者)
ま、風呂が長いって言われた時にって・・ど、どのぐらい、お風呂に入ってたの?(加藤諦三)

うん、10・・分・・15分・・ぐらいの・・パターンが、多いですね。(相談者)
あ、そうです。(加藤諦三)
そんなに、自分は長くないと思ったんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そういう、こう・・小さい事・・(相談者)

結構、ま、否定されることが、多かったんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まぁ、その・・受け入れるとこは、受け入れるようにはしてたんですけど・・(相談者)
うん、(加藤諦三)

なにが正しいのか

そのぅ、ま、ただその・・2年前ぐらいに、ま、ちょっと・・(相談者)

母親が、結構・・嘘、なのかは、ちょっと、よくわからないんですけど・・(相談者)

ま、ちょっと・・何々君は・・(相談者)

陰口・・みたいな・・こと・・(相談者)

ま、言ってたらしいよっていうのは・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

僕に、結構・・言ってくることが、多くなった時があって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そのぅ・・いや、まぁ実際に会うと、そんなことは、全然なくて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ま、いつも通り、普通に・・ま、楽しくは、やっていたんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そのまあ、それが・・結構、重なって・・ま、自分・・の中で・・(相談者)

ある日、突然、なんかこう・・人は、ホントはどっちが正しいのか、よくわかんなくなってしまったことがあって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

それでちょっと、あの・・(相談者)

そのぅ、例えば・・友達が面白いこと言っても・・(相談者)

面白いなぁと思って、笑おうとすると・・(相談者)

こう、表情に・・こう、上手く出なかったりだとか・・(相談者)

っていうことが・・1週間ちょっと、続いて・・(相談者)

で、そうやってこう、結構・・苦しんでた時に・・(相談者)

まあ・・そのぅ・・自分・・(相談者)

が、こう・・まぁ・・立ち直る・・(相談者)

その・・(相談者)

ために、こう・・(相談者)

まあ、自分を肯定・・・するようになって・・(相談者)

そうやって自分を・・まあ・・(相談者)

肯定して、今までやってきてたんですけど・・(相談者)

自分を裏切り、体調を崩す

こう、ま、その、なんとか立ち直ったんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

高校受験・・する時に・・(相談者)

ま、ホントは、芸人に・・なろうっていう、ま、気持ちがあって・・(相談者)

それなりに、覚悟を・・決めてたつもりだったんですけど・・(相談者)

全部、捨てて・・(相談者)

飛び出すっていうことは、まあ、できなくて・・(相談者)

でぇ、こう自分の気持ちを・・ま、裏切るような形で・・(相談者)

高校に・・入って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ・・ま、二年間、もちろん、それなりに・・ちゃんとした、高校生活を・・ま、送ることはできたんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

こう、今になって、こう、ちょっと、体調を崩してしまって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

休んでる時に、自分に関して、こう、振り返ってみて・・(相談者)

そのぅ・・(相談者)
そうすると、今アレね、体調を崩して・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
今・・学校に、行ってない、わけね?(加藤諦三)

生き方がわからない

そうですね、ちょっと、そっから・・(相談者)
そうすると、今・・(加藤諦三)
考え込むようになってしまって・・(相談者)
あの、家に・・家に居るわけですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい。(加藤諦三)

そっからまあ、また、考え込むようになってしまって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

自分の、その・・ホントにやりたいことっていうのが・・(相談者)

まったく・・見えなくなってしまって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
むしろ・・(相談者)

自分の中に・・(相談者)

そのぅ、確固たるものが・・(相談者)

あった、はずなんですけど・・(相談者)

それが・・ま、ブレてしまって・・(相談者)

何を、まあ・・(相談者)

目的に・・(相談者)

こう、自分の、生き方を・・定めて、行けばいいのか、もうよくわからなくなってしまって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、もう、そうなってくると、もう・・(相談者)

このまま自分・・ダメに・・(相談者)

失敗してしまうのも・・(相談者)

ありかなって思ってる、ま、自分もいたりして・・(相談者)

ちょっと・・(相談者)
でぇ・・(加藤諦三)
自分・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
わからなくなってしまって・・(相談者)

何を信じれば

はいはい、中学校の頃は、どうだったの?(加藤諦三)

ま、学校では楽しく・・ま、やって来れたんですけど・・(相談者)

ま、ちょっとそのぅ・・ま、人間不審になった・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)
あっ、中学の時にですか?(加藤諦三)

はい、すいません、はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、ま、1回立ち直って・・(相談者)

たんですけど、まぁそれも・・(相談者)

実際・・立ち直ってるのかどうかも・・(相談者)

もう、よくわからなくなってきて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

じゃあ、あの、小学校の時はどうだった?(加藤諦三)

あっ、小学校の時はもう・・ふつ、普通に・・まあ、その母親の・・(相談者)

態度にも、そんなに・・そんなに、不自由なく、従ってたっていうか・・(相談者)

ま、勉強もできて、それなりに、友達と楽しくやってたから、まぁ、良かったんですけど・・(相談者)

中学校の頃から・・まあ、ちょっと、おかしくなりだしたという・・(加藤諦三)
でぇ今、この件で、こんなような・・(加藤諦三)
そうですね。(相談者)
状態だということですね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

まあ、生きる目的も、わかんないし、何を信じていいかも、わかんない・・だからどうしたらいいか?っていうことですよね。(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

今日はあのスタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしているので・・(加藤諦三)
あ、はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.