テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年3月27日(月)は、今井通子&マドモアゼル愛。1歳上のバツイチ子持ち男性の元へ押しかけ同棲をした娘33歳。休みの日は遊びに来る彼の子供親権は別れた妻。養育費を全額払っており、お金がないので二世帯住宅の親の家の2階に住む。親も離婚しており、父親の彼女が遊びに来たり、別れた母も時々訪れるとのこと。まだ結婚はできないと言われており、全てを書き置きして彼の元へ行った。高速を使って4~50分の彼の家、仕事はこちらなので、毎日通ってくる。たまに仕事帰りには寄っていくという娘。見守っていればいいでしょうか?
パーソナリティ:今井通子
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:60歳女性 夫66歳 子供3人 長女40歳(結婚)長男39歳(結婚)次女33歳(会社員・同棲中)

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

60歳の女性から、あの・・娘のことなんですけども。

娘の彼が、バツイチなんですけども、子供さんも、おりますけども、一応、娘がちょっと、半年ぐらい前から、同棲を始めまして・・(相談者)

彼の方も、あんまり・・いろいろなんか、複雑な感じもありますので、ご家族の方にね・・(相談者)
はい。(今井通子)

で、ちょっと、心配してるんですよね。(相談者)
なるほど。(今井通子)

あなた、おいくつですか?(今井通子)
わたしは、あの、60歳です。(相談者)
60歳・・(今井通子)
はい。(相談者)
ご主人は?(今井通子)
66です。(相談者)
66歳・・(今井通子)

お嬢さん、お一人?(今井通子)
3人兄弟なんですけども・・(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ・・ちょ・・(相談者)
じゃあ、上からちょっと、男女別と、年齢を教えてください。(今井通子)

そうですね、長女が・・(相談者)
はい。(今井通子)
もう、40かな?(相談者)
40歳・・(今井通子)
はい、結婚しております。(相談者)
はい。(今井通子)

で、次男も(言い間違えた)・・(相談者)
はい。(今井通子)
ん・・年子で、39かな?・・結婚しております。(相談者)
39歳・・の、ご長男?(今井通子)
長男ですね。(相談者)
はい。(今井通子)
ええ。(相談者)

そしてあの、ん・・次女が・・(相談者)
はい。(今井通子)
今、33歳なんですけどね。(相談者)
33歳の・・(今井通子)
ええ。(相談者)
で・・今日のご相談は、この33歳の次女の方のこと?(今井通子)
そうなんです。(相談者)
はい。(今井通子)

押しかけ女房的に同棲した娘

そうすると、次女の方だけ、今までは、結婚してらっしゃらなかったのね?(今井通子)
そうなんですね、ええ。(相談者)

何回か、そんな・・様子はありました?(今井通子)
そうですね、3・・回ぐらいは、あの、彼、連れてきたり・・(相談者)
はい。(今井通子)
行ったり来たりしてて・・(相談者)

ん・・あったんですけどね。(相談者)
はい。(今井通子)
でもぅ、あの、結婚までは、至らなくて・・(相談者)
なるほど。(今井通子)
ええ。(相談者)

で、同棲したこともある?(今井通子)
いえ、そういうことは・・ないですね。(相談者)
じゃあ、今回が、一番・・(今井通子)
あの・・(相談者)
結婚する気・・なのかしら?(今井通子)

ん・・本人はね・・あのぅ・・ちょっと、あの、離れてるんですよね・・(相談者)
ああ、はい。(相談者)

遠距離・・と、言っても、そんな遠くは、ないんですけど、でも、ちょっとした、高速使って、4~50分・・(相談者)
ああ・・(今井通子)

でぇ、あの・・に・・(相談者)
の所に・・(今井通子)
ええ。(相談者)
居ます・・これ・・(今井通子)

アパートか、マンション?(今井通子)
あの・・(相談者)

いや、戸建てで・・なんか、二世帯の、2階に住んでるらしいんですけども・・(相談者)
ほう、そうなんですか?・・ってことは、戸建て・・で・・(今井通子)

ええ。(相談者)
二世帯の・・片側の世帯・・の、部分は・・(相談者)

ぇ・・(相談者)

えー、この、彼の・・親御さん?(今井通子)

そうですね・・(相談者)
あっ・・(今井通子)
あの、親御さんも離婚しておりまして・・(相談者)
ほほほほう。(今井通子)

でぇ・・父親の彼女っていうか・・来たり・・あの、お母さんも、たまに来たり・・(相談者)

あとはその、子供さんもね・・なんか、いらしたりしてるらしいんですよね。(相談者)

ほう・・(今井通子)
なの・・で・・(相談者)
かなり・・(今井通子)
ちょっと・・(相談者)
ユニークな家庭のわけね?(今井通子)
そうなんです。(相談者)
うん。(今井通子)

ちょっと遠いし、で、そこからあの、お仕事、こちらの方まで、通ってるんで、娘がね。(今井通子)

あっああ・・(今井通子)
あのぅ、それで、あのぅ・・一時は、お付き合いしてました時に・・(相談者)
はい。(今井通子)

1年ぐらい前にね。(相談者)
はい。(今井通子)
あの、そちらに、遠く・・ん、で、帰りが遅いから、お泊りしますって、話しで、なんか、泊まってきたりはしてたんですよ。(相談者)
ふんふんふん。(今井通子)

でも主人はね、ちょっと心配だから、もう、絶対帰って来いっていう、一点張りなんですけど・・(相談者)
ほう・・(今井通子)

ふふふ・・だからね、で、その彼もなんか・・お仕事も忙しいのか・・(相談者)
うん。(今井通子)

あの、子供さんの事もあるし・・(相談者)
ええ。(今井通子)
まあ、あの・・ね、奥様が親権とられたと言っても・・やっぱり、親ですからねぇ・・(相談者)

だから、わたしも、そちらの子供さんも、可哀想だし・・娘もや・・うん?(相談者)
お、ちょっと待って!(今井通子)

えー、その、彼の方は・・これ、お子さんいらっしゃるって言うけど、親権は、奥様側が持ってらして・・(今井通子)
らしいんです、ええ。(相談者)
うん。(今井通子)

あのぅ・・お休みとか、なんかは、子供さんが、お父さんのとこへね、いつも、遊びに来てるみたいなんですよね。(相談者)

あ・・っていうことは・・お子さんを・・彼が、育ててるわけじゃあ・・ないのね?(今井通子)

ないんです・・養育費は全部、支払ってるらしいんですね。(相談者)
はい。(今井通子)
それなので、あのぅ、父親のとこから、自分は経済力がないから、出られないから、そこに居るって言うんですよねぇ。(相談者)
ああ、なるほど。(今井通子)

ん・・でぇ・・そういうこともあるので・・(相談者)
はい。(今井通子)
娘との結婚も・・(相談者)
はい。(今井通子)

すぐは考えられない、というようなことを、言ってるらしいんですよねぇ。(相談者)

・・・

っていうことはなに?(今井通子)

・・・

娘さんが、お、押しかけ女房的に、行ってるわけ?(今井通子)

まあ、そういう・・お父さんともね、そう・・いうアレなんでしょうか?って・・(相談者)
うん。(今井通子)

見守っていれないい?

ちょっと、いろいろ、考えて、考えて・・あのぅ・・(相談者)
まず・・お嬢さん、どういう性格なの?(今井通子)

娘は・・もう、優しいけど・・ええ、あの、あの、しっかり、芯はしっかりしてるのかな?(今井通子)

でも、こういうことも、あのぅ、わたし達に、言わなかったんですけどね・・(相談者)

同棲する前になって、全部、彼がバツイチで、そのご両親も、離婚しててとか、あの・・全部書き出して、わたし・・達のとこに、置いて・・それで、行ったんですねぇ。(相談者)

それだから、なんか、言えなかったのかな?と思ったんですけどねぇ・・(相談者)

あっ、じゃあ、そのことは、お嬢さん、しっかりわかっているのね?(今井通子)
そうなんです・・(相談者)
うん。(今井通子)
だから・・あのぅ、わたしの中ではね、わたしもちょっと、考えてたんだって言うんですよ。(相談者)

で、わたし達はほら・・心配だから、早く帰って来い、帰って来いって、いつも、言ってたんですけど・・(相談者)

あのぅ・・自分の中で、いろんなこと全てね、把握して、もう自分の中でも、もう、考え切っての末だって言うので・・(相談者)

で、わたしは・・まあ・・死んだ気になったと思えば、まぁ、元気で仕事もやってるんだし・・(相談者)

あのぅ、あちらの・・方もまあ、優しくしてくださってるような・・みたいなので・・(相談者)

ん・・ただ・・ほれでいいのか、あの、わたくし達が、ずっと見守ってればいいのかと・・(相談者)

ん・・(相談者)

いつも考えてちょっと・・眠れなかったりするんですけど・・(相談者)

ああ、なるほどねぇ。(今井通子)
ええ・・(相談者)

で、お嬢さんはそのぅ・・全部、書いて置いて行かれて・・(今井通子)
はい。(相談者)

その後・・は、なんか・・時々、ご連絡はあるの?(今井通子)

ええ、たまにあの・・仕事帰りに寄ったり・・(相談者)
ああ、そうなんですか?(今井通子)
ええ、彼が・・あの、仕事の時は、うちの方に来てたり・・(相談者)
ほう・・(今井通子)

行ったり来たり、まあ、呑気と言えば、あの・・(相談者)
まあ、フランクに・・(今井通子)

ええ・・(相談者)
動いてらっしゃるわけね?(今井通子)

そうですね、だから・・あの・・(相談者)
気が・・気がかり・・気がかりというか・・(今井通子)
まあ、そういうことに触れられると、ちょっとあの・・神経質になりますけどね、だから、話し・・ちょっとその点になると・・(相談者)
なんて言われるの?(今井通子)

やっぱり、自分達のことだから・・あのぅ・・わたし達のことは、まあ、見守ってて欲しいって感じですかね。(相談者)
ふーん、ふんふん。(今井通子)
うーん・・(相談者)

で、あなたのご主人も、結構、心配してらっしゃるわけ?(今井通子)
・・・(相談者)

やっぱり、まあ、幸せになれるのなら・・まあって、もう気持ちにも傾いてきてるのかもしれないんですけどね、あのぅ・・(相談者)

ちょっと、ま、頑固なとこが、あるんで、昔の・・考えですからね。(相談者)
なるほど。(今井通子)
ええ。(相談者)

ということで・・今日のご相談はそうすると、なんでしょう?(今井通子)

とりあえずあのぅ・・娘のことを、あのぅ・・(相談者)
このままで、まあ・・見守っていればいいのか・・どう・・か、ってことなんですよねぇ・・(相談者)
というのが、ご質問ね?(今井通子)
はい。(相談者)
わかりました。(今井通子)

今日はですね、心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてますので・・(今井通子)
ああ、ありがとう・・(相談者)
伺ってみたいと思います。(今井通子)
はい。(相談者)
はい、どうも。(マドモアゼル愛)
先生、よろしくお願い致しまーす。(今井通子)
よろしくお願い致します。(相談者)
はい、はい、こんにちは。(マドモアゼル愛)

こんにちは。(相談者)
はい。(マドモアゼル愛)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.