テレフォン人生相談

ドリアン助川&マドモアゼル愛のテレフォン人生相談2016年5月16日。13歳の息子はサッカーをやっており、部活よりクラブチームに入った。家でも練習をするという約束だったが、その約束を守らない。いい加減な人間が嫌いだという相談者。約束を守らない息子を嫌いになってきている。どうしたらいいのか分からないと言う。自身は小学5年生の時に父親が亡くなり、躾をしてもらった覚えがないという。どう息子に接すればいいのか、嫌いになりだしている心の整理の付け方を伺いたい。

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:51歳男性 妻50歳 長女24歳 長男13歳(サッカーのクラブチームに入っている)

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

51歳の男性から、、息子の育て方と、自分の息子との関係との心の整理の付け方について、お伺いしたいんですけど。(相談者)
息子は13歳、他に24歳の娘、妻は50歳。

約束を守らない息子

その13歳との息子さんとの間に何かあったんでしょうか?(ドリアン助川)
些細なことなんですけど、子供が約束したことを守ってくれなくてですね、まあ、そういうことっちゅうのは、小さい時から、ちょくちょくあったんですけど・・(相談者)
最近ちょっとなんか、連続してありまして、僕と話をするときは、真剣な目で僕の話を聞いてくれるんですけど・・(相談者)

なんか、息子の心に僕の言ったことが、響いてないのか、結局その約束を守ってくれなくて、まぁ2~3日前なんですけど、なんか裏切られたなっていう感じがしちゃいまして・・(相談者)

約束というのは?(ドリアン助川)
息子がちょっとサッカーをやってまして、上手くなりたいということで、部活じゃなくクラブチームに入ったんですけど・・(相談者)
で、練習も、そのクラブチームの練習以外に、時間があったら家でも自分ひとりで、やるって、言ってるは言ってるんですけど・・(相談者)

結局見てないと、遊んでたり、まぁ練習は全然してなかったり、勉強の方もそうなんですけど、宿題をやるって言ってながら、やらずに、まあテレビ視てたり、寝てたりっていう、そういうことが続いて・・まあ、僕がちょっと叱ったんですけど。(相談者)
で、そん時は、頑張ってやるっていうんですけど・・(相談者)

で、それはあの、お父さんの方から、こうしろっておっしゃってるんです?それとも、息子さんが自らの意思で決めた練習量なんでしょうか?(ドリアン助川)
あの・・だいたい僕の方から、言うパターンですね。(相談者)

お父さんは失礼ですけど、サッカーやってらしたんですか?(ドリアン助川)
はい、経験者です。(相談者)
経験者、あの・・中高生あたりでしょうか?(ドリアン助川)
そうです。(相談者)

で、その経験者として、こういうふうにしろ、ああいうふうにしろというふうに、息子さんをまあ・・(ドリアン助川)
そうですね、まぁ息子は僕より優秀で、結構上手なもんですから・・(相談者)
で、僕が苦労したことっていうの、まぁ勉強もサッカーもそうなんですけど、それをまあアドバイス的に伝えてるんですけど。(相談者)

これまでもそういう約束っていうのは、小学校の頃から・・やってこられたんですか?(ドリアン助川)
そうですね、はい、小学生の頃は、すごく素直で、言ったことが黙々と頑張ってやるって言うタイプだったんですけど・・(相談者)

まぁ中学上がってから、なんかそうやって、こう上辺だけの約束で、影では何にもやってないっていう、ような・・ちょっと、いい加減な人間になってきちゃったのかなって・・こう、心配になるんですけど。(相談者)

ということは、その・・前の息子さんとはちょっと違ってきたところに、今不安を覚えているということでしょうか?(ドリアン助川)
そうですね、で、あの・・息子のことはもう、小学校からずっともう大好きだったんですけど・・(相談者)

息子を嫌いになりだしている

この間のことがありまして・・・(相談者)
(泣き始める)で、もう、信じれなくなりまして・・(相談者)
なんか、今日あたり・・ちょっと息子の顔も見たくないっていうか・・嫌いになってきてる自分がいまして・・(相談者)
そのなんか自分が・・どうしたらいいのかちょっと分かんなくなっちゃいまして・・(相談者)

たぶん僕がそうやって、いい加減な人間がちょっと・・こう、調子のいい人間っちゅうのが、大嫌いなもんですから・・・(相談者)

そういう人間に、育ってきちゃったのかな・・って・・息子がそうなっちゃって、なんか、家で、顔も見るのも嫌だし、家に・・息子が居る家にも行きたくないなっていう・・(相談者)
そういう気持ちになっちゃったもんでちょっと、相談してるんですけど・・(相談者)

あの、お父さんもそういう風に育てられたのかな?(ドリアン助川)
いえ、僕はけして・・小さい時にちょっと父親を亡くしまして病気で・・・(相談者)
で・・もうホントに小学校の5年生の時に、父親死にまして、あんまり、父親に躾をしてもらったっていう、覚えがないんですよ。(相談者)

お母さんは?
で・・おふくろは、一生懸命育ててくれたんですけど、父親としてどうして息子と接していいのかっていうのが、ちょっと分かんないってのもあると思います。(相談者)

うん、今日の、あなたの相談内容整理しますと、 あなたは息子さんになってもらいたい理想像があったわけですね?(ドリアン助川)
そうです、はい。(相談者)
でも、それが違ってきてしまった。(ドリアン助川)
約束しても守ってくれない、そのことであなたはが、 1番その、嫌がっている、いい加減な人間になっていっちゃうんじゃないかと・・(ドリアン助川)

で、それよりも息子さんのこと嫌いになりだしてるって事の方が、私は大きな問題だと思うんですけど・・(ドリアン助川)
ええ、僕もそれが、一番嫌で・・で、その心の整理の付け方をちょっと、お伺いしたいなと思いまして・・(相談者)

わかりました。えーそれでは、今日の回答者の先生をご紹介します。心についてのエッセイストとしておなじみ、マドモアゼル愛先生です。よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク