反抗期は秘密を作りたくなる いい加減な息子を嫌う父51歳/人生相談2016-5-16

テレフォン人生相談
親子関係

テレフォン人生相談2016年5月16日は、ドリアン助川&マドモアゼル愛。13歳の息子はサッカーをやっており、部活よりクラブチームに入った。家でも練習をするという約束だったが、その約束を守らない。いい加減な人間が嫌いだという相談者。約束を守らない息子を嫌いになってきている。どうしたらいいのか分からないと言う。自身は小学5年生の時に父親が亡くなり、躾をしてもらった覚えがないという。どう息子に接すればいいのか、嫌いになりだしている心の整理の付け方を伺いたい。

テレフォン人生相談2016年5月16日(月)
パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:51歳男性 妻50歳 長女24歳 長男13歳(サッカーのクラブチームに入っている)

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

51歳の男性から、、息子の育て方と、自分の息子との関係との心の整理の付け方について、お伺いしたいんですけど。(相談者)
息子は13歳、他に24歳の娘、妻は50歳。

約束を守らない息子

その13歳との息子さんとの間に何かあったんでしょうか?(ドリアン助川)
些細なことなんですけど、子供が約束したことを守ってくれなくてですね、まあ、そういうことっちゅうのは、小さい時から、ちょくちょくあったんですけど・・(相談者)
最近ちょっとなんか、連続してありまして、僕と話をするときは、真剣な目で僕の話を聞いてくれるんですけど・・(相談者)

なんか、息子の心に僕の言ったことが、響いてないのか、結局その約束を守ってくれなくて、まぁ2~3日前なんですけど、なんか裏切られたなっていう感じがしちゃいまして・・(相談者)

約束というのは?(ドリアン助川)
息子がちょっとサッカーをやってまして、上手くなりたいということで、部活じゃなくクラブチームに入ったんですけど・・(相談者)
で、練習も、そのクラブチームの練習以外に、時間があったら家でも自分ひとりで、やるって、言ってるは言ってるんですけど・・(相談者)

結局見てないと、遊んでたり、まぁ練習は全然してなかったり、勉強の方もそうなんですけど、宿題をやるって言ってながら、やらずに、まあテレビ視てたり、寝てたりっていう、そういうことが続いて・・まあ、僕がちょっと叱ったんですけど。(相談者)
で、そん時は、頑張ってやるっていうんですけど・・(相談者)

で、それはあの、お父さんの方から、こうしろっておっしゃってるんです?それとも、息子さんが自らの意思で決めた練習量なんでしょうか?(ドリアン助川)
あの・・だいたい僕の方から、言うパターンですね。(相談者)

お父さんは失礼ですけど、サッカーやってらしたんですか?(ドリアン助川)
はい、経験者です。(相談者)
経験者、あの・・中高生あたりでしょうか?(ドリアン助川)
そうです。(相談者)

で、その経験者として、こういうふうにしろ、ああいうふうにしろというふうに、息子さんをまあ・・(ドリアン助川)
そうですね、まぁ息子は僕より優秀で、結構上手なもんですから・・(相談者)
で、僕が苦労したことっていうの、まぁ勉強もサッカーもそうなんですけど、それをまあアドバイス的に伝えてるんですけど。(相談者)

これまでもそういう約束っていうのは、小学校の頃から・・やってこられたんですか?(ドリアン助川)
そうですね、はい、小学生の頃は、すごく素直で、言ったことが黙々と頑張ってやるって言うタイプだったんですけど・・(相談者)

まぁ中学上がってから、なんかそうやって、こう上辺だけの約束で、影では何にもやってないっていう、ような・・ちょっと、いい加減な人間になってきちゃったのかなって・・こう、心配になるんですけど。(相談者)

ということは、その・・前の息子さんとはちょっと違ってきたところに、今不安を覚えているということでしょうか?(ドリアン助川)
そうですね、で、あの・・息子のことはもう、小学校からずっともう大好きだったんですけど・・(相談者)

息子を嫌いになりだしている

この間のことがありまして・・・(相談者)
(泣き始める)で、もう、信じれなくなりまして・・(相談者)
なんか、今日あたり・・ちょっと息子の顔も見たくないっていうか・・嫌いになってきてる自分がいまして・・(相談者)
そのなんか自分が・・どうしたらいいのかちょっと分かんなくなっちゃいまして・・(相談者)

たぶん僕がそうやって、いい加減な人間がちょっと・・こう、調子のいい人間っちゅうのが、大嫌いなもんですから・・・(相談者)

そういう人間に、育ってきちゃったのかな・・って・・息子がそうなっちゃって、なんか、家で、顔も見るのも嫌だし、家に・・息子が居る家にも行きたくないなっていう・・(相談者)
そういう気持ちになっちゃったもんでちょっと、相談してるんですけど・・(相談者)

あの、お父さんもそういう風に育てられたのかな?(ドリアン助川)
いえ、僕はけして・・小さい時にちょっと父親を亡くしまして病気で・・・(相談者)
で・・もうホントに小学校の5年生の時に、父親死にまして、あんまり、父親に躾をしてもらったっていう、覚えがないんですよ。(相談者)

お母さんは?
で・・おふくろは、一生懸命育ててくれたんですけど、父親としてどうして息子と接していいのかっていうのが、ちょっと分かんないってのもあると思います。(相談者)

うん、今日の、あなたの相談内容整理しますと、 あなたは息子さんになってもらいたい理想像があったわけですね?(ドリアン助川)
そうです、はい。(相談者)
でも、それが違ってきてしまった。(ドリアン助川)
約束しても守ってくれない、そのことであなたはが、 1番その、嫌がっている、いい加減な人間になっていっちゃうんじゃないかと・・(ドリアン助川)

で、それよりも息子さんのこと嫌いになりだしてるって事の方が、私は大きな問題だと思うんですけど・・(ドリアン助川)
ええ、僕もそれが、一番嫌で・・で、その心の整理の付け方をちょっと、お伺いしたいなと思いまして・・(相談者)

わかりました。えーそれでは、今日の回答者の先生をご紹介します。心についてのエッセイストとしておなじみ、マドモアゼル愛先生です。よろしくお願いします。(ドリアン助川)

マドモアゼル愛アドバイス

普通の意味ではね、反抗期になってきて、ちょうど年齢的にも・・自然だよね、ものすごく、自分の見方をもってく・・なんで反抗期が来るかっていうと、まず秘密が作りたくなるんですよ、親に内緒の秘密が・・(マドモアゼル愛)

正論を振りかざさない

要するに、自分は親とは違う人間にこれから育っていかなくちゃいけないわけじゃないですか。(マドモアゼル愛)
そこで秘密を持つ、お母さんやお父さんに言ってたことも、秘密にすれば、そこは自分の根城、城になるじゃないですか。(マドモアゼル愛)

そいで自分というものが育っていける、そのためにはどうしても秘密とか、自分だけの何か時間とか、どうしても大事な時に入っていくのよね。(マドモアゼル愛)
だからお父さんには、グダグダ寝て、遊んでいるように見えるっていうのも、場合によっては、お父さんの影響力から離れる・・第一歩の入口である可能性ってすごくあるんだよね。(マドモアゼル愛)

そいで、エネルギーは13歳だから、あるから、いつまでもやっぱぐだぐだぐだぐだ・・していられなくなるけれども、それが、お父さんの世界・・関係する世界で立ち直らなくちゃいけないと思えば・・そこが嫌だから、ずーっとグダグダが続いたわけよ。(マドモアゼル愛)

だから、どこかで親が、信頼して見守るって言う意識が、絶対に子供の成長には必要な時なんですよ。(マドモアゼル愛)
それでこのとき親が、正論を振りかざして、何かを言い出すと、その構図壊すわけよね、育てられなくなっちゃうわけよね。(マドモアゼル愛)

家庭内に本当は正論というのは必要なくて、家庭内に必要なのは正しいとか正しくないではなくて、優しいが優しくないかなんですよ・・基本は。(マドモアゼル愛)

じゃあなんでお父さんはそこで正論を振りかざすかって言うと、お父さん自身がやっぱそこを、納得できないで、負い目となって、その・・努力したけども報われなかった面とか、どうも消化しきれない、青春時代の思いとか、なんかまぁ、自己成長の中に何かあってね、それを、まあ難しいので自己同一化したわけ、息子に対して。(マドモアゼル愛)

怒りをぶつけるって事は、往々にしてあると思うんだよね。(マドモアゼル愛)
だから、これやれ、これやれ、これやれだじゃない、どこか自分を認めてくれている、思いとか・・(マドモアゼル愛)
そういういモノでしか人は育たなかったんじゃないの。(マドモアゼル愛)

やる気にならないとダメ

本当のとこは・・(マドモアゼル愛)
お父さんにそれを、まあこう言っちゃ悪い、負い目があるし、自信がないから・・息子さんとの対応の仕方が、なくなって来ちゃったことで、顔も見たくないって言うような、要するに接触の方法を新たにもうひとつ持たなくっちゃいけない時に、きたような気がするんですよ。(マドモアゼル愛)

だから、ここは叱るとこじゃなくて、俺も本当は辛い練習休みたかった時、あるなっていうような思いを、見つめてあげるっていうのかな・・(マドモアゼル愛)
それによってお父さんが、新しい息子との付き合い方の1つの道をね、もてるようになることがいちばん大事なことじゃないかなぁって気がするんですよ。(マドモアゼル愛)

このまま、じゃあ息子が、父さんが言う通りに、怖いからやるっていう形になったときに、彼、将来伸びる?(マドモアゼル愛)

それは無理だと思うよ。(マドモアゼル愛)
そこでエネルギー使っちゃうから。(マドモアゼル愛)
だからやっぱり、可能性の畑をいろいろ作ってあげて、そこは親として、息子とのいろんな、このケースはこのパターンで、この時はこのパターンで、厳しく叱る時は叱っても良いけれども、っていういろいろな・・アプローチのパターンが、持たなくちゃいけない時に来てるような気がするんだよね、お父さん自身にね。(マドモアゼル愛)

それやってみると、こうでなくちゃいけないっていう思いに囚われてた自分も、なくなっていくような気がするんだよね。(マドモアゼル愛)
そうですね。(相談者)

だから自分でこうだと思わない限り、サッカー練習だってやったって絶対、伸びないんじゃないの?(マドモアゼル愛)
そうですね、本人がやる気にならないと多分ダメだと・・(相談者)
やる気にならないと絶対に伸びないと思う、サッカーにしろ音楽にしろ何にしろ・・(マドモアゼル愛)

そこにはやっぱり親の、忍耐と、そしてその我慢、親の我慢、親の苦労が・・要するに愛情なんだよね。(マドモアゼル愛)

親は見守る

それを、微妙に、やっぱり子供っていうのは、感じ取るような気がする。(マドモアゼル愛)
うん、なんか、嫌いに・・なってく自分っていうのは・・それは・・(相談者)
あ、だからそれは嘘です。(マドモアゼル愛)
一時的にそうなの。(マドモアゼル愛)

一時的ですかね?(相談者)
一時的です、お父さんなんて言って、なんか向こうが心開いてくれば、そんなもんは、あっという間に、瞬間的に変わる事だから、そういうアプローチしか、できない自分の頑なさが、お父さん嫌いなだけなんですよ。(マドモアゼル愛)

だから、息子をキライだと思うのは、息子を嫌っているように見えて、自分がそれ以外の、アプローチができない自分に対する・・その思い、嫌いっていう気持ちなんですよ。(マドモアゼル愛)

たとえばまた、息子と一緒に、なんかラーメン食べて、凄く美味しかったなんてことがあれば、そんなもん、またコロっと変わっちゃうんですよ。

自分がちょっと、おかしいんじゃないかって、こう、冷たいんじゃないかって、思うんですけど・・(相談者)
ああ、全然、冷たい人は、冷たいなんて感じないですよ。(マドモアゼル愛)
ああ、そうですか・・(相談者)

うん、うん、お父さん、不器用なんだとおもうよ。(マドモアゼル愛)
でもそれは、息子を見守ることで、お父さん自身がね、成長していく、ひとつプロセスになってるなぁっていう気がするんですよね。(マドモアゼル愛)

ドリアン助川まとめ

あの・・息子さんの事は横に置いといて・・お父さん、どういうふうに今、生きていきたいんですか?(ドリアン助川)
なにか、夢ありますか?(ドリアン助川)

・・いや、特に、あと20年か30年ぐらいしか生きれないんで・・(相談者)
平和に暮らせればいいかなと、思ってるんですけど。(相談者)
いやいや、今、100まで生きる人、いっぱいいますから・・(ドリアン助川)
あと50年だって、がんばりようによっちゃあ、生きられると思うんですけども・・お父さんが魅力的な50代になって欲しいのよ。(ドリアン助川)

お父さんが、楽しく生きてれば、息子さんにとって本当に、憧れの父親になると思います。(ドリアン助川)
ああ・・(相談者)
そこだと、思うんだよね。(ドリアン助川)

ああ、はい・・(相談者)
うん・・今、やってみたいことで、我慢してることないんですか?(ドリアン助川)
・・・いや、特に・・ないです。(相談者)

それそれ。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
特になくても、全部、息子さんの方に行っちゃってたんじゃないんですか?(ドリアン助川)

ああ・・(相談者)

そうですかね・・(相談者)
ねえ、そうすると息子さんも辛いですよ。(ドリアン助川)
お父さん、自分の夢ない、でなんか自分と約束ばっかする。(ドリアン助川)

いい加減この・・なんか窮屈なこれ・・どうにかしたい・・息子さん、自然な反応で、えーサボタージュしてるんだと思うな。(ドリアン助川)

そうです?(相談者)
ねえ、お父さんがだからまず、エネルギー溢れる生き方、掴んで欲しいと思うんですよね。(ドリアン助川)

はい、わかりました。(相談者)
はい、よろしいですか?m
はい、ありがとうございます。(相談者)
はい、失礼します。(ドリアン助川)
どうもありがとうございました。(相談者)

管理人のちょっとひと言

なんだコレ?泣くのもそうだけど、設定も変じゃん。
まあ、本当にこの設定通りなら、上の娘はどうやって育った?
すごい良い子で、反抗期もなかったのか?

それとも、娘に対しては、正面から向かい合ってないのか?
どちらにしろ、それはそれで、相談者自身に問題有りですな。

51歳で、中学高校とサッカーをやっていて、自分の経験から、息子の練習メニューを組んだって?
サッカー専門で、スポーツ関連の何かやってるならまだしも、そうでなければ、息子を退化させてどうする?
そんな練習、子供がクラブチームのコーチにポロっと喋ったら、笑われるぞ。

まあ、基礎トレーニングぐらいだったら、ちょっと調べればやり方わかるけどね。
にしてもだ、いい加減な人間が嫌いだって?
どんな世界に生きてきたら、そういう人間がいない世界があるんだ?

それとも、自分は完璧なのか?
泣いている時点で、自分が失敗じゃないか。
子供が約束を守らないのは当たり前、そういう想定の元で、約束しなきゃ。

そもそも、子供が約束を守れないのは、約束自体の設定に問題ありだろう。
できもしない約束か、クリアするのが難しい約束。
厳しめの約束をするなら、自分が常に、見ていてあげないと。

極端な言い方するなら、テストの成績が、クラスでビリの子供に1番になろうと約束させるようなもんだな。
これ、約束だけして、子供に任せっきり・・・正確にはほったらかしなら、まず間違いなく無理。
そもそも、勉強のやり方さえ、分かってないからな、そこから教えてやらないと、自分で分からないからビリなんだから。

つまり、練習の目的と意味を教えないと、どんないい練習を組んだって無理。
やらされてる感しかないからね。
そんなつまらない練習、誰がやるもんか。

ところで、仕事は何やってるんだ?
少なくとも、管理職じゃないことだけは、確かだよな。
いい加減な人間を、相手にすることできないようだしな。

ということは、申し訳ないが、糞真面目だけが取り柄で、人付き合いも要領も悪いんだろう。
そういう生き方が悪いわけじゃないけど、自分の世界観を、子供に要求するのは、いかがなもんだろう。

父親が小5で亡くなったのは、お気の毒だけど、生きていたって、家に居ないも同然の家庭だってあるし。
母子家庭で育って、しっかり子供と向き合っている親だってたくさんいるぞ。
それにあんた、上の子は成人してるじゃん。親としての躾けが分からないとか変だぞ。

この設定、ちょっと無理あり過ぎだよな。
いろんなこと、詰め込み過ぎ。
これはあくまでも個人的な感想、せめてどこかで共感したかった。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.