テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年11月25日(土)は、加藤諦三&塩谷崇之。2年前に調停離婚。娘との面会交流は月に1回程度だったが、約束は守られず、学校を転校し行方を教えてもらえなかった。なんとか探して、面会交流の調停も不調で審判で1年前に判決、2ヶ月に1回の約束もまた守られない。履行勧告をしてもらうも理由をつけては拒まれ代わりの日も指定しない。次に打つ手はあるのか?事ある毎に手紙を書いてはいるが。
加藤諦三氏の〆の言葉『愛は見返りを求めない』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:49歳男性 2年前に離婚し実家で両親と息子(高校3年生17歳)の4人暮らし 離婚した妻の元に11歳、小学6年生の娘

もしもし?(加藤諦三)

もしもし?(相談者)
はい、テレホン人生相談です。(加藤諦三)
あ、お世話になります。(相談者)
はい・・(加藤諦三)
よろしくお願いします。(相談者)

最初に年齢教えてください。(加藤諦三)

はい、49歳です。(相談者)
49歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)

えーっと、離婚しました。(相談者)

ぇ・・離婚してからなんさいで(ろれつが回ってない)・・なん・・(加藤諦三)

2年・・ほど前に離婚しました。(相談者)
2年ほど前・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
でぇ・・そうすると今、お一人で暮らしてるんですか?(加藤諦三)
いえ、ぇ・・実家の方に戻って・・(相談者)
あ、実家・・はい。(加藤諦三)

はい、ぇ・・父・・と・・(相談者)
ハイ。(加藤諦三)
母と、ぇ・・息子と・・(相談者)

4人で暮らしてます。(相談者)
はい。(加藤諦三)

息子さんは何歳ですか?(加藤諦三)

え・・こう・・高校3年生・・(相談者)
高校3年生・・(加藤諦三)
17歳ですね。(相談者)

17歳・・(加藤諦三)

面会交流できない

はい、わかりました・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

えーっと、娘がいるんですけが・・娘との面会交流について相談をしたいんですが。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

お嬢さん何歳ですか?(加藤諦三)

えーっと、11歳の小学校6年生です。(相談者)
・・
はい・・(加藤諦三)

で、今・・ぉ、お母さんのほうにいるんですね?(加藤諦三)
そうですね、はい。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

はい。(相談者)
で、面会交流で、どういう問題なんですか?(加藤諦三)

えーっとですねぇ、約2年前に・・調停で離婚をしました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・その時に、あのぅ・・その面会・・交流のことも書いてあってですね。(相談者)

はい。(加藤諦三)
月に1回程度、会うこととなっていたんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
え・・っと・・離婚してすぐに・・行方がわからなくなりまして・・(相談者)

学校のほうに問い合わせても・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まぁ・・親権が向こうにありますから、教えられないということで・・(相談者)

わからないと。(相談者)

・・

ああ・・(加藤諦三)

と・・(加藤諦三)

わからないと・・学校は、知ってるような・・ですか?(加藤諦三)
ええ。(相談者)
教えられないから、教えない・・(加藤諦三)

ウン・・あのぅ・・(相談者)

学校に行ってる・・まぁ、もともと学校、通ってましたんで、その学校に通ったら転校したと・・(相談者)

あ、転校・・(加藤諦三)
転校先は、教えられないと。(相談者)

ああ、なるほどねぇ、はいはい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

ただ、その後、あのぅ・・いろいろ調べましたら、あのぅ・・(相談者)

まぁ、向こうの実家に戻っていると。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
いうことがわかりましたので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

新たにまた、あのぅ・・(相談者)

面会交流の調停を起こして・・(相談者)

はいはい。(加藤諦三)
え・・また、あのぅ・・さい、裁判というか調停をしました。(相談者)

はい。(加藤諦三)

でぇ、ぇ・・調停は、うまくいかなくって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
審判になって・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

え・・今から約・・1年ほど前に・・(相談者)

審判の判決が出ました。(相談者)

はい。(加藤諦三)

で、それは・・(相談者)
どういう方向?(加藤諦三)

はい・・(加藤諦三)
え・・(相談者)

2ヶ月に1回・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

面会交流を行うということと・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・運動会等・・あーっと、父親参観日と、学校行事の参加を妨げないことというのが、ま、主な内容になりますね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ただ、それ・・めん・・え・・の、結果が出た後も・・(相談者)

え・・面会交流は、させてもらっていません。(相談者)

ま、この判決が出た後も・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

面会交流はないわけですね?(加藤諦三)
ないです。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
ありません・・はい。(相談者)

・・

でぇ・・(相談者)

まぁ、あの、審判で出ましたので、その後あのぅ・・勧告って言うんですか?・・履行勧告って言うんですかね?(相談者)
はい。(加藤諦三)

一度してもらいましたが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
それに対しても、あのぅ・・(相談者)

まぁ、なんかいろいろ理由を言って・・結局会えずじまいと・・(相談者)

いうことで、今に至ってます。(相談者)

いろいろ理由を言ってというのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
た・・例えば、どんな理由なの?(加藤諦三)

まず、娘があんまり乗り気にならない。(相談者)
はあ、はあ、はあ、はあ。(加藤諦三)

が、一番主な理由として、言ってましたねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
でぇ・・わたしとの間は・・(相談者)

メールでそのぅ・・日程を調整するということになってたんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ぁん、えーっと・・それの、け・・あの、答えっていうのは・・娘がやっぱり、会いたくないとか・・忙しいからとか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そういった理由で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
全然・・(相談者)

ぇ・・会せてくれないし・・(相談者)

ま、もともとあのぅ・・もし、会えない、日がある場合には・・代わりの日を指定することっていうふうにも、書いてあったんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

代わりの日の指定も、まったくありませんということですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

・・

・・

でぇ・・(加藤諦三)

そうすると今日の相談というのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
もう、こういうような状態で・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

ま、ここまできちんと・・(加藤諦三)

え・・まぁ・・(相談者)
そのぅ・・日程の都合の悪い時は、代わりの・・(加藤諦三)

日を指定するという・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ことまで全部、細かく指定・・判決まで出てるのに・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

マァ・・(相談者)
それが実行・・(加藤諦三)
ぇぇ・・(相談者)
でき・・されてないと・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

で、実はまぁ・・(相談者)
どうしたら・・(加藤諦三)

今後、どうしたらいいか?と。(相談者)
で、いいでしょうか?・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
っていうことですね?(加藤諦三)

そういうことです。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
今日はスタジオに、弁護士の塩谷崇之先生がいらしているので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク