テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年1月30日は、加藤諦三&中川潤。再婚した夫に二股をかけられていた同時期、元カノと自分は夫の子供を妊娠・出産。相談者は籍を入れるも、夫は実家住まいのまま、アパートに通ってきていた。時々連絡がとれなくなるので、自営の職場まで行き、問い詰めると、元カノと話し合いをしていたとのこと。養育費は月に18万円と家賃代、自分は、生活費の10万円だけしかもらっていない。

テレフォン人生相談2017年1月30日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:35歳女性 夫45歳 婚姻2年 妻は再婚で夫は初婚 妻の連れ子11歳女の子 夫との子1歳男の子 夫の元カノ30代前半 夫が認知した男の子1歳

加藤諦三氏の〆の言葉『離婚・結婚、そんなものは何の大切な事でもないです。一番大切なのは、自分が何者であるかといういことを知ることです』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

35歳の女性から、夫は45歳、子供は11歳の女の子と、1歳の男の子。

養育費の減額

はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)
はい・・えっと・・夫が、元彼女に払っている・・養育費というか、生活費・・の減額についての相談です。(相談者)

はい、あなた達が結婚したのは・・何年前ですか?(加藤諦三)
はい・・えっと、2年ほど前になります。(相談者)
2年前に、結婚した。(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

それで、その時に、ご主人は・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
この11歳の・・女の子・・(加藤諦三)
あっ・・あ、それわたし・・再婚なので、連れ子になります。(相談者)

あ、あなたの方ですか?(加藤諦三)
はい・・はい、はい。(相談者)

そう・・そうすると、11歳も、1歳も・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あなたの方ですね?(加藤諦三)
はい・・っと1歳・・が、あの・・主人との・・(相談者)
の、夫の・・はい、子ですね。(加藤諦三)
はい、子・・子、今の主人の・・はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そうすると・・養育費を払ってるっていうのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ご主人も、再婚・・し・・(加藤諦三)

あっ・・っと、主人・・初婚・・なんですけれども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

わたしと付き合っている時から・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

二股・・を、かけている女性がいて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・わたし・・(相談者)

まぁ、妊娠した時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そちらの女性も、妊娠されてしまって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、向こうも出産をしまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、認知もして・・(相談者)
そうすると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
向こうも・・(加藤諦三)

あの、今、1歳ですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そいでこの、1歳の・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

子は、男の子、女の子?(加藤諦三)
男の子・・なんです、はい。(相談者)
じゃ、両方とも、男の子だったわけね?(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

それで?・・今、その・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
あなたの言葉使うと、元の・・元カノということね?・・はい。(加藤諦三)
ん・・はい・・はい。(相談者)

に、養育費を払っていると。(加藤諦三)
はい。(相談者)

ということですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

夫の二股で同時期に妊娠・出産

で、あなたは・・どの時点で、どういう・・形で、知ったんですか?実は、自分のじん・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
と、同じ時期に妊娠して、同じ時期に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
出産したっていうことを?(加藤諦三)

はい。えっと・・わたし・・は、妊娠して・・の、籍を入れ・・まして・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

あっ、妊娠して、あの・・(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

あなたが妊・・(加藤諦三)

恋愛期間中・・に・・(加藤諦三)
はい、は、は、はい。(相談者)
妊娠して、そして籍を入れたってことね?(加藤諦三)
はい・・(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

籍を入れたものの、しばらく・・(相談者)

一緒には、まあ・・(相談者)

住まないで・・(相談者)

ふん。(加藤諦三)
夫は、実家・・に、居まして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ん、わたし・・の、住んでるアパートに、行ったり来たりみたいな生活・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)
をしてまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)
で、なんで?(加藤諦三)
はい。(相談者)
籍を入れて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
子供もまでいるのに・・(加藤諦三)
・・はい。(相談者)

その35歳と45歳と、一緒に住まなかったんですか?(加藤諦三)

おっ・・とが・・(相談者)

実家が好き・・なん・・ですよね。(相談者)
ああ・・はい、はい、はい・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ちょっと・・そこが、子離れ、親離れが、できてない・・(相談者)
してないという・・ん・・はい。(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

問い詰める

でぇ・・(相談者)

まあ、結婚・・籍を入れて、な・・で、しばらくして、やっぱり・・また、いつも、付き合ってる時からあったんですけれども・・(相談者)
ん・・(加藤諦三)

連絡がつかない・・仕事場にいないということが・・(相談者)

まあ、ありまして・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

でぇ、さすがにまぁ、籍も入れて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
それは、おかしいとおも・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
思いまして、問い詰めたら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

実は、ま・・だ、向こうと、会っていて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

しかも、向こうの女性も、妊娠してしまっているっていうのを・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
はい、聞きました。(相談者)

はい・・で・・(相談者)
それは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

あのぅ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
1日の中で言うと・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
朝、昼、夜、いつですか?(加藤諦三)

夜ですね、聞いたの。(相談者)
夜ですか?(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)
んん・・(加藤諦三)

食事かなんか、した後で?(加藤諦三)

・・ぇ、いえやはり・・(相談者)

1日・・一晩、連絡がつかない時がありまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・まあ、わたくしが、仕事場の方に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

行きまして・・(相談者)
あっ・・仕事・・会社の方に行ったんですか?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・じ・・自営業ですので・・(相談者)
ああ・・はいはい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、そこに行って・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
さすがに、また、そういうのはちょっと・・おかしいので、問い詰めたところ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

向こうが妊娠してて、その話し合い?・・や・・って、はい、それで向こうに行っていて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・はい。(相談者)

自分が貰う生活費より多い養育費

連絡があったのが・・(相談者)
で、この同性ってのは、な、何歳ぐらいですか?(加藤諦三)

向こうは、たぶん、30代前半だと思います・・(相談者)
ん・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ほぼ、あなたと同じ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
年・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・・

それで・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

まあ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

当面、この・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
30代前半の女性・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
の・・(加藤諦三)

子供がいて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そこに、今・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
今日の、相談っていうのは、アレですか?(加藤諦三)

ん・・どのぐらい、毎月・・(加藤諦三)

あのぅ、毎月・・(相談者)

18万円・・プラス・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
や、家賃・・を、はら・・払ってるみたいです。(相談者)
ん・・ああ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

あなたの・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
方は・・(加藤諦三)
・・はい。(相談者)

ん・・家計は、どういうふうに、なってるわけ?(加藤諦三)

わたしの方も、生活費をもらって・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

はい、家賃は引き落としになってますので・・主人の方から・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
・・はい。(相談者)

でぇ、あなた・・どのぐらい、じゃあ・・(加藤諦三)

・・・

わたしは、や・・生活費としては、10万円・・もらっ・・(相談者)
10万円ですか?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

はい。(相談者)
えー?・・ちょっと待って・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
あなたは、生活費として・・して、10万円・・(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)
ですよね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、彼女の方は・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

18万プラス・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
家賃・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ですよね?(加藤諦三)
・・はい。(相談者)

んん・・(加藤諦三)

・・・

と、彼女の方が、多いわけですね?(加藤諦三)

そうですね、わたし・・主人に言わせると、あの、保険・・ですとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
なんです・・(相談者)

なんかいろいろ保険は・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ま、健康保険ですとかは・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

俺・・が、出してるから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・・

そう・・うん・・とんとんじゃないけど・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

そう・・(相談者)

こ・・俺が出してる分を、抜いての10万円だから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
たぶん・・そう・・(相談者)

みたいな・・言い訳は、言います。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
まぁ・・はい。(相談者)

で、今日のあなたの相談っていうのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
この、18万プラス家賃が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
多過ぎるから・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
減らしたいけれども、どうしたらいいか?ってことですか?(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

ん・・で、その・・話し合いはしたんだけれども、相手は今・・(加藤諦三)

応じていないということですね?(加藤諦三)

はい、ないです。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

今日はあの、スタジオに、弁護士の中川潤先生が、いらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
・・はい。(相談者)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. いつもアップありがとうございます。感謝しています。
    質問なんですが、よかったら教えてください。
    この方、現実に目をつぶっているのは確かだろうと思うのですが、今離婚して放り出されたらどうなるのでしょうか。
    現実問題、住むところと10万円あって二人の子を働かずに育てられるのは悪いことではないように思うのです。
    シングルマザーの貧困は深刻です。今の全体収入ほど彼女は稼げるのでしょうか。こんな男がいつまでも養育費を払うとは保証できないし。
    しぶとくできるだけ粘る、というのは間違いでしょうか。
    この人生相談はすぐ離婚を勧めるので、その後のことはなんとでもなる、それより早く別れなさい、という考えに私はいつも疑問を感じるですが、私の考えはやはり間違っているのでしょうか。

    • コメントありがとうございます。
      おっしゃてること、間違ってはいないと思います。
      できるだけ、粘るというのも、全然、OK。(たぶん、すぐには行動できないと思います)
      でも、お妾さんを囲っているような状況と、同じですからね、それに相談者さんが耐えられるかどうか?
      特に、子供にとって、すごく悪い環境だと思うのですが・・・
      まずは、調停に持ち込んで、先方と同条件の養育費というのを、引き出す。
      実際に払ってますからね・・・ただ、夫の収入がわからないので、そこが問題ですけど。
      それを、調べてから、決断するのがいいかもしれません。
      放送では、編集されてますので、それなりのアドバイスはあるのではないか・・・とは思ってはいます。
      そうでなければ、おっしゃる通り、無責任すぎますよね。
      個人的には、11歳の娘さんをシングルマザーで育てるのに、相当、苦労したんじゃないかと思います。
      だから、こんな夫でも、しがみついていたいんじゃないでしょうか。

  2. ありがとうございました。
    先生方がしがみつくのが「悪」のようにいつも言われるので、本当にそうなのかなと思ってしまいます。
    調停などしたら、相手はこの人を躊躇なく捨てるでしょう。
    相手が生殺与奪の権を握っている今の状態に苦しんでいるのだと思います。
    十分直面して生活もあるのでどうにもできずにいると訴えているように聞こえました。
    それと、相手の女性も同じように幸せではないと思います。今は妻に勝つことが当面の目標になっているでしょうが。

    そして、死刑台で泣き叫ぶことだけが正しいのだろうか、と思います。

  3. このようになる前に何も考えなかったのかなあ?
    35でバツイチ、これで駄目ならバツニ(苦笑)
    子供だって出来婚の無計画さ。子供が可哀想ですよ。
    付き合ってる最中から、この男の駄目さが判りそうだがね。
    行くも地獄、退くも地獄。まさに因果応報。
    解決するも眼を瞑るのも自由。回答者は正しいと思うが?

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.