テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大迫恵美子アドバイス

はい・・(相談者)
もしもし?(大迫恵美子)

よろしくお願い致します。(相談者)
はい・・(大迫恵美子)

・・

あのね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

まぁ、あのぅ・・(大迫恵美子)

まぁ、あなたも、そりゃもちろんね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
え・・プライドもありますし・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)

それから・・ま、そんな、その影で、自分の悪口をね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
面白おかしく言ってたのかと思うと・・(大迫恵美子)

な、悔しい思いも、あるでしょうし・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

いろいろ、そのぅ・・ぉ、お気持ちも、あると思うんですけど・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

ご自分に、正直じゃないとね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

あ・・でた結果が・・(大迫恵美子)

あのぅ・・自分の思うこととは、違う事になるかもしれませんよ。(大迫恵美子)

・・・

は・・はい(かなり落胆した声)・・(相談者)

・・・

・・・

・・・

あの、ご主人に、出て行って欲しくないなら・・(大迫恵美子)

はい・・(相談者)

・・

出て行かせない方法を、考えた方がいいと思いますよ。(大迫恵美子)

・・

あぁ・・(相談者)

・・

今、そんなアパートにね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)

え・・2ヶ月、3ヶ月したら帰ってくるかのような事を言いながら、ニヤニヤしながら、出て行く、ご主人っていうのは・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)

明らかに今ね。(大迫恵美子)

喜んでるんですよ。(大迫恵美子)

ええ、ぇぇ・・(相談者)

あなたから、離れてね。(大迫恵美子)
あ、はい。(相談者)
自由に、好き勝手ができるようになると思って。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

で、そこでほんとに、自由で、好き勝手なことができれば・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
お家に帰って・・来なくてもいいんですよ。(大迫恵美子)

はい・・(相談者)

そしたらね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あなたは、いつでも帰って来られるよ・・って言ってね。(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)
あの、戸を開けておいても・・(大迫恵美子)

ただ、待ちぼうけですよね。(大迫恵美子)

・・・

・・・

ぅ、ぅーーん・・はい。(相談者)

そして・・しばらく何年か、経った時にね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
ほんとに離婚しようって、向こうから言われたら・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)

それは、あなたにとってはね、ビックリするような結果になっちゃうんじゃないですか?(大迫恵美子)

・・・

・・・

ハァ・・ま、本人は、離婚までして・・と、は、ない・・って・・はい・・(相談者)
いや、それはね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あなたはね、本人が言ってる、本人が言ってる・・って、言ってますけど・・(大迫恵美子)
あ・・はい。(相談者)

それは、あなたの聞きたいことだけをね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)

聞いてるから、そういうことになってるんでね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

本人は、今、あなたに・・飴を舐めさせておいて、自分は、出てくつもりですよ。(大迫恵美子)

・・

はい・・(相談者)

そこのところをね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
いや、本人は、ダメなのよ、わたしがいないと、あの人、なんにもできない・・ってね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あなたは、そう思いたいだけなんですよ。(大迫恵美子)

・・

ハァ・・はい・・(相談者)

・・

あのぅ・・まぁねぇ・・被害者みたいな立場のあなたを、あの、厳しく言うのは、どうかと思うんですけど。(大迫恵美子)
ああ、いいえ・・はい。(相談者)

ただ・・(大迫恵美子)

あなたが今、やろうとしてることは、間違ってると思いますよ。(大迫恵美子)

あぁ・・そうですかぁ・・(相談者)

・・・

・・・

あのねぇ・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あなたが、ご主人と別れたくないならば・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)

あの、全然、あなたは、悪くないですけど・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

それはもう、我慢して、引き留めるしかないんですよ。(大迫恵美子)
はぁい・・(相談者)

・・・

ハァ・・はい。(相談者)
で、引き留めるってことはね。(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)

あのぅ・・威張ってね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ぅ、五月蠅いけど、置いてやると。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
いうことじゃないんです。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

そういうことじゃ、誰も居ないですから、お家にね。(大迫恵美子)
あ、はい。(相談者)

・・

わたしにも、悪い所が、あったのかしら?・・って、言わなくちゃいけないんですよ。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

ぉ、ほんとの気持ちじゃなくてもね。(大迫恵美子)
あ、はい・・(相談者)

・・・

あのね、そこ、頑張らないと・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あなたのさっきから言ってること、とても中途半端でね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

例えば、相手の女を、痛めつけるようなことはしないって。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

それは、ご主人に迎合してますよね。(大迫恵美子)

あぁ・・ハイ・・(相談者)

・・

・・

相手の女に・・こんなことしてやるって言ったら・・慌てるのはね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ご主人ですから。(大迫恵美子)

ああ、そうですねぇ。(相談者)
だって、向こうのご主人から、今度、ご主人が、訴えられちゃうかもしれないでしょう?(大迫恵美子)

あ、はい・・そうですねぇ。(相談者)
うん・・だから、それはね・・(大迫恵美子)

あの、あなたが騒ぎたててくれたら困ると、ビクビクしてるんですよ。(大迫恵美子)
あ、はい。(相談者)

・・・

ああ、そうですねぇ。(相談者)

だから、あなたが、いやぁ、普通の奥さんだったら、やってるけど、わたしはしないわ・・って言うとね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

ご主人は、すごく喜んでると思いますよ。(大迫恵美子)

あ、はい・・そうですねぇ。(相談者)
うん、で、そういうふうに、ご主人を、喜ばそうと思って、あなた言ってるだけなんですよ。(大迫恵美子)

・・・

・・・

ああ、ぁぁ・・(相談者)

・・・

・・・

ほんとはだって、悔しいわけでしょう?(大迫恵美子)

・・

そうですねぇ・・(相談者)

・・・

・・・

主人にも、腹が立ちますし、相手の方は、もう、ほんとに、無風・・ですので、あちらの家庭は・・(相談者)

ズッ・・(相談者)

・・・

でもね、そういうふうにそのぅ・・まぁ・・賢い、奥さんの夫婦をいって・・(大迫恵美子)

ご主人を、ホッとさせてあげると・・(大迫恵美子)

ご主人が、感謝して・・(大迫恵美子)

え・・自分の良さを、わかってくれるんじゃないかな・・って、思ってるから、おっしゃってると思いますよ。(大迫恵美子)

ふぅーーん・・(相談者)

でも、本当にそうなんでしょうかね?(大迫恵美子)

ハイ・・(相談者)

・・・

なんかね、中途半端なの。(大迫恵美子)

あぁ・・はい。(相談者)

ですねぇ・・(相談者)
ほんとに、ご主人を引き留めるために・・ほんとに良い妻を演じてね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ほんとに頑張って、引き留めるって言うんだったら・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
そんな、アパートになんか出しちゃだめですよ。(大迫恵美子)

・・・

はぁい・・(相談者)

・・・

わたしに、いたらないところがあったからね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あの、他所の女になんか、気を移しちゃったのかしら?・・って、言うぐらいのね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ま、わたしには絶対、言えないですけど・・ふふっ・・それは、なかなか、言えることじゃないですけど・・(大迫恵美子)
ハハ・・はい。(相談者)
そのぐらいのことじゃないと・・(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)

・・

なかなか・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)
このご主人を、家に残しておくことは、できないんじゃないですか?(大迫恵美子)

はぁい・・(相談者)

だから・・(大迫恵美子)

もうちょっと、よく考えないとね。(大迫恵美子)

あぁ、はい。(相談者)
ほんとにそこまでして、この人を、引き留めておきたいと思っているのか?(大迫恵美子)

はい。(相談者)

でも、ほんとに引き留めたいと思ってるんだったら・・(大迫恵美子)

アパートなんかに出しちゃダメですよ。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

ウーン・・(相談者)

どっちなのかね?(大迫恵美子)

はい。(相談者)
もう、そんな、そこまでできないから・・もう、出て・・ぃ、行かせることも、しょうがないと・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
いうことなら、それは別居してね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
おそらく、おいおい、ダメになっていきます。(大迫恵美子)

はい・・(相談者)

60代の後半の夫婦が別居したら・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
もう、戻って来られないと思いますよ。(大迫恵美子)

あぁ・・(相談者)

なぜならば・・(大迫恵美子)
はい・・はい。(相談者)

まぁ、そりゃ、病気してね、倒れちゃってね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
ご主人が・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

もう、あのぅ・・介護・・も、オムツ換えてもらわなきゃ、いけないぐらいになっちゃったらね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
帰ってきて・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あなたに、介護してもらうかもしれません。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

そうですねぇ・・(相談者)
うん、だけど、そうじゃなければね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
もう、今さら、二十代みたいな気持ちになって・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ラブラブになんか、戻れないんですから。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
60・・代、後半の夫婦は。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

そうすると・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
帰ってきて、新しくやり直すと言ってもね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

やり直すための、火が・・つかない。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

・・・

いくら・・(大迫恵美子)

火をつけようと思っても、燃え上がらない。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

・・・

ウン・・(相談者)
だから、とっても難しいんですよ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
1回、冷ましてしまうと。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ねえ。(大迫恵美子)

だから、なにがなんでも、家に置いておくように頑張るか・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)

出してしまうんだったら、離婚のこと、考えないといけないと思いますよ。(大迫恵美子)

ああ・・(相談者)

ウン・・(相談者)

・・・

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 大迫先生の指摘がピシピシ決まって心地良かった。
    一体、相談者の自信は何処からくるんだろうね(失笑)
    既に逃げられ寸前なのに・・・

  2. 不倫された側が離婚しないという選択をしてしまうと、後はもうひたすら我慢するしかなくなるんですよ。
    理不尽なことをされたら闘わなきゃダメなんです。

    不倫するような夫にしがみ付いてるから悩みが尽きないんです。
    何もかも捨ててしまえば心は解放されます。

  3. 夫の不倫相手は62、3歳。夫有りですね。相談者の夫は離婚を考えても相手はどうでしょう。離婚して相談者の夫と結婚しますかね。これ不倫だから楽しいんじゃないんでしょうか。若い時と違って制約付きだから楽しめてるんじゃないんでしょうか。夫は「不愉快だから別居します。でも離婚はしません」と妻から自由になる生活を貰えたんですよね。相手の結婚生活がどんなんか知りませんが、向こうの夫は何も気づいてないなら案外ラブラブで、でもアバンチュール(死語?)は楽しみたい。隠れてコソコソやるから良かったのに、これからは相談者の夫は遠慮なく100%愛人に向かいますよね。相手重くなりませんか?ただの想像に過ぎませんが。相談者が離婚したくないなら毅然としていた方が良いんじゃないかなと思います。そして相談者は自分の生活を喜々として過ごす。夫は夢破れてスゴスゴとアパートを引き上げて帰ってくる、ような気がするんですが。だって私が相手の女なら遊びだから楽しい。でももし離婚して結婚するなら介護が目の前にあるならいやだな。それなら今の旦那でいいや、と思っちゃうなぁ。甘いですかね。

  4. 私なら迷い無く相手のご主人にも知らせて
    あたり一面焦土と化すくらい暴れまくって離婚しますけどね!