産まなきゃよかったと言った母親を拒絶

テレフォン人生相談
親子関係

テレフォン人生相談2016年9月28日は、加藤諦三&最上雄基。4ヶ月前に夫から離婚の話し。13歳の娘は父親と一緒に暮すことを選択。自分と一緒に住もうと、母親が説得すればするほど拒否反応。ついビンタをして、胸ぐらを掴む。4日後に学校から連絡があり、娘が自分の意思で、児童相談所に行くと、家に帰りたくないとのこと。どうすれば娘の心をとかすことができるのか。以前に、「あなたなんか、産まなきゃよかった」とまで言ってしまった過去有り。

テレフォン人生相談2016年9月28日(水)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:最上雄基(心理療法研究)
相談者:41歳女性 夫41歳 娘13歳(中学1年)

加藤諦三氏の〆の言葉『親が子供に甘える。親子の役割逆転と、ボウルビィ(ジョン・ボウルビィ)が言ってます』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

41歳の女性から、夫も41歳、中学1年生で13歳の娘、3人暮らし。

家に帰りたくないと児童相談所に行った娘

娘が、えー、私をすごく拒絶しておりまして・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
あの・・その心を取り戻したいと思っております。(相談者)
はい・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

どういう時に、娘が自分を拒絶してるなぁと、感じたんですか?(加藤諦三)
はい、えっと、4ヶ月前に、主人の方から離婚・・の話しがでまして・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

えー、その際に娘の方が・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
「パパと一緒に暮したい」ということで・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
言われました。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で、その間、ずっと、3~4ヶ月、ずーっと、わたしの方で、あの、説得、私の方と一緒に・・住んでいただきたいということで・・話しをすれ・・(相談者)
いや、住んで・・あの・・こ、子供にですね、直接・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

あの、ママと一緒に住もうよっていうこと、言ったっていうことですね?(加藤諦三)
そうです。(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)

で、あの、そのような形で、お話をしていたんですけれども・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

すればするだけ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
あの・・拒否反応が出てしまいまして・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

焦ってしまって・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
ちょっと感情的に、なってしまいまして・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

最終的には、あの、娘に、ビンタ・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
を、してしまいました。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で、胸ぐらも掴んでしまいまして・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
で、あの・・その出来事があった4日後に・・学校の方から・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

あの、学校を通して・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
本人が、あの、児童相談所の方に行くと・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

家には帰りたくないということで・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
えー、現在、児童相談所の方に、おります。(相談者)
ああ・・はいはいはい。(加藤諦三)

夫婦喧嘩が絶えない

で、離婚の話しが出る前から、要するに、家の中は、アレですよね・・温かい雰囲気というのは、当然なくって・・(加藤諦三)

ま、そうですね・・あの・・日頃から夫婦喧嘩はありました。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

えー、4年前も、かなり大きな喧嘩をしまして、その時も、かなり、あの、離婚するしないで・・揉めてはいたんですけれども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

あの・・ま、一旦、子供もまだ、小さかったので・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
落ち着いてということで・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

やり直してたんですが・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
きっちりと話しをしないまま、スタートしてしまったので・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

お互いにきっともう、いっぱい、いっぱいに・・なってしまって、今回、主人の方から、離婚して欲しい・・(相談者)
うんうん・・(加藤諦三)
という形で、言われました。(相談者)

夫の面白おかしい話しに、責める両親

どういうところでその、食い違ってきたんですか?(加藤諦三)
うーん・・本当に、しょうもない、些細なこと、なんですけれども・・(相談者)
はい、はい・・(加藤諦三)

そうですね、えー、7年ほど前に・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
ま、ちょっと、ご近所さんと私の方で、トラブル・・をしまして・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

あの、ま、言い掛かりを、つけ、られてしまって・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

うん・・あの、叩かれたので、叩き返したということで、警察沙汰になったっていうことも・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
ありますし・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

ま、もっとほじっていけば、主人は良かれと思ったんですけど・・あの、私の実家の方で・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

面白可笑しく、わたしの事を、言ったんですが・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
糞真面目な・・あは・・私の両親は、それを真面目に受け取ってしまって・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

私の事を、電話で・・毎日、1日に何百回って、電話がかかってきて・・「何をやっているんだ」と・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)

あの、延々、1ヶ月ちょっと、責められましたね。(相談者)
うんうん。(加藤諦三)
うん、で、まあ、そこから私もちょっと、疎遠に、なってしまったんですけれども・・(相談者)

それで、あなたは・・その、あなたのことを、面白おかしく言った、あの、ご主人が許せないということですね?(加藤諦三)
そうですね。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

母親なのに選んでもらえなかった

なんか、話しを聞いてると・・夫との関係も深刻だけど、あなたの両親との関係も、深刻ですね。(加藤諦三)
そうですね、あの・・(相談者)

両親は、もう、本当に、もの凄い憎しみを、心の底に、抱いてますね。(加藤諦三)
私が、持ってますね。(相談者)

はい。(相談者)
いや、あ、あなたが両親を憎んでるのは、もちろんですけど、両親自身が・・(加藤諦三)
うーん・・(相談者)

もの凄い、隠された敵意がありまね。(加藤諦三)
うーん・・(相談者)

わたくしが小さい時から、もう両親は、家庭内別居、のような状態で・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

わたしを挟んで・・お互いが話す・・っていう形を、とっていました。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

おそらく、あたな自身も、そういう環境の中で育ってるから・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
もう、人と上手く・・その、気持ちを、理解し合うっていうのが、難しいんじゃないのかな?(加藤諦三)
うーん・・そうだと思います。(相談者)

そうだよね。(加藤諦三)
はい。(相談者)
うん・・だから・・その、お嬢さんが・・あなたと一緒に居たくないっていう・・ことは、あなた・・は、なんとなく、理解できるわけ?(加藤諦三)
うん、なんとなくは、理解はしています。(相談者)

父親の方に・・行くという姿勢は、許せないわけね?(加藤諦三)
許せないというか・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

悔しいですよね。(相談者)

うん。(加藤諦三)
母親なのに・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
選んでくれなかったっていう気持ちが、いっぱいで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

うん・・(相談者)

拒絶する娘の心をとかすには

あなた・・この・・お嬢さんとの関係以外で・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
やっぱり、人間関係でいろいろ・・ごたごたしたってことは、あります?(加藤諦三)
さっきあの、近所の、トラブルってありましたけど・・(加藤諦三)
いや、お、大きなことはなく、あんまりこう、言われると、すーっと、引いていく感じですね、私は。(相談者)

引く方ですか?(加藤諦三)
はい・・(相談者)
攻撃的になる方じゃないのね?(加藤諦三)

えっと、主人に対しては、かなり・・攻撃的かもしれません。(相談者)
あの、自分の気持ちを、わかってもらいたくって、かなり、主人には、ワーッと言います。(相談者)

ということは、あなた・・一番・・頼ってるのは、ご主人なんだ。(加藤諦三)
そうです。(相談者)
うん、一番、大切なのも、お嬢さんなんだ。(加藤諦三)
はい(泣き始めた?)。(相談者)

で、その両方を、失っちゃうんだよね。(加藤諦三)
そうです。(相談者)

あの、娘が、私に会いたいと・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
言わなければ・・会っていただけないんですね。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

で、それが、結局、娘の心がとけない限りは、私は会えないし・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
私の方から、何かするとまあ、警察も動きますし・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
行政も動きますしっていう状態なので・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

で、今日の相談というのはですね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
心をとかすには・・どうか?っていう・・(加藤諦三)

そうですね、もう、はっきり言ってしまえば・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
娘が・・その、わたしに対して、拒絶をしている・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

気持ちを・・どうしたら、といていただけるのかなと・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

今日はスタジオにですね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
心理療法研究の、最上雄基先生がいらしているので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

あ、はい、お願いします。(相談者)

【おすすめ記事】



最上雄基アドバイス

こんにちは。(最上雄基)
こんにちは。(相談者)

母なのに娘になっている

えー、今のお話し聞いててね。(最上雄基)
はい・・(相談者)
あの・・あなたは・・(最上雄基)
はい・・(相談者)

この家で・・(最上雄基)
はい・・(相談者)
奥さんであり、お母さんなんですよ。(最上雄基)
はい・・(相談者)

だけど、あなたは、娘と夫を相手に、自分が娘になってるんですよ。(最上雄基)

・・・(溜息か?)(相談者)
あなたは、ご両親から・・(最上雄基)
はい・・(相談者)
怒られるの、凄い怖がってて、もう関係ないんですよ、本当は、親は、だってもう自分が、家庭構えてるんだから。(最上雄基)
はい・・(相談者)

だけど・・今、お父さん、お母さん、離れてるのに・・(最上雄基)
はい・・(相談者)
この自分の家に居て、まだ親のイイ子やってるんですよ。(最上雄基)

あなたの視点から見ると・・(最上雄基)
はい・・(相談者)
自分が、娘になってる視点で見てるから・・(最上雄基)
はい・・(相談者)

いろいろと、こう、娘にお願いして、私が求めてるのよ、ってやると、向こう側が、受け入れてくれて・・(最上雄基)
はい・・(相談者)

来てくれるっていう・・(最上雄基)
はい・・(相談者)
受け身体制なんです。(最上雄基)

ああ、ああ、ああ・・はい・・(相談者)
娘さんからしたら・・(最上雄基)
はい・・(相談者)
私、お母さんと一緒には、行きたくないと言った時に・・(最上雄基)
はい・・(相談者)

この気持ちを、お母さんである立場なら・・(最上雄基)
はい・・(相談者)
ああ、この子は、今まできっと、辛い思いをしてきたのねって、あなたが・・(最上雄基)
はい・・(相談者)

わかってあげて・・(最上雄基)
うん・・(相談者)
ああ、そんなふうに思ってたなんてって、いろいろ、辛かったのねって、あなたが理解すれば、娘さんは、受け入れてもらえたと、思ったんですよ。(最上雄基)

立場が違う

だから、立場を間違ってるんですよ。(最上雄基)
さっき・・言ってた、なんか、口調が、おかしいなって思うんですけども・・(最上雄基)
はい・・(相談者)

お嬢さん相手に、これ言ってるんでしょうけども・・「会っていただけない」とかね・・(最上雄基)
あはは(笑う)・・(相談者)

「といていただける」とか・・この、口調がね、そのまんま自分がなんか、違う立場に、いるんだなぁっていうのが、わかるんですよ。(最上雄基)
うーーん・・(相談者)

あなたが、どっしり構えて・・私が、お母さんだから、大丈夫よっていう・・ふうな安心感をあげてないから・・(最上雄基)
うん・・(相談者)

お嬢さん、不安だし・・あの・・取り戻したいっていうふうに・・(最上雄基)
はい・・(相談者)
なんで?って、「悔しかった」って言いますけども・・(最上雄基)
はい・・(相談者)

だって・・お嬢さんには、お嬢さんの人格はあるわけだから・・(最上雄基)
はい・・(相談者)
考えがあるわけだから・・(最上雄基)
はい・・(相談者)

あなたが、こうするといいと思ってることを、必ずしも、喜ばないんですよ。(最上雄基)
はい・・(相談者)
やりたくないかもしれないんです。(最上雄基)
そうなんですよ。(相談者)
ええ・・(最上雄基)

そうなんです・・(相談者)
だからそれに・・その様子に・・ずーっと気付かずに・・(最上雄基)
気付かなかったです(泣いてる?)。(相談者)

こんなにやってるのに、こんなやってるのっていうの、お嬢さんずっと、嫌だと思ってたんでしょうね。(最上雄基)

産まなきゃよかった

たいてい彼女の、娘の・・(相談者)
ええ・・(最上雄基)
心の中に・・あの、4年前に、もう、大きな喧嘩をした時にですね・・(相談者)
はい・・(最上雄基)

あの・・パパと娘で、あの・・携帯のメールで、わたくしの、悪口を書いてあったんですね。(相談者)
ええ・・(最上雄基)

その、あったまにきまして(頭にきまして)・・(相談者)
ええ・・(最上雄基)
娘に対して、「あんたなんか、産まなきゃよかった」・・って、言ってしまった・・(相談者)
ああ・・(最上雄基)
ことがあるんです。(相談者)
ええ・・(最上雄基)

その後に、あっ、失敗したって、あの・・私に対して凄くこう・・冷酷な目で見てる部分があるなって、気付いたんですけれども・・(相談者)
うーーん・・(最上雄基)

ずーっと、それが、やっぱり、今も・・彼女の中には・・あるようで・・(相談者)
ありますよ。(最上雄基)
はい。(相談者)

望んでないのに、いい子を演じる

あの、あなたが、結局、いい子、いい子にしようとするからね・・(最上雄基)
はい・・(相談者)
そういう、こういうふうな、きちんとした、お母さんで、妻でって、凄い、気ぃ張ってると思うんですよ。(最上雄基)
はい・・(相談者)

頑張ら、ならきゃあって、でも・・それ、自分で望んでやってないんですよ、あなたが・・(最上雄基)
そうなんです(涙声)・・(相談者)

そぅ、ね、あなたが、そうすると、自分で望んでないのに、いい子にしてるから・・ね、旦那さんや、お嬢さんが・・思い通りに・・思ってくれないと、自分に対する評価とか、イメージをね・・(最上雄基)
そう・・(相談者)

そうすると、許せないんですよ。(最上雄基)
そうなんですよ。(相談者)

お、お嬢さんと、旦那さんのせいじゃなくて・・あなたが、頼まれてもないのに・・良い子の仮面を脱がないからなんですよ。(最上雄基)

まさに、そうなんですよ。(相談者)

あの・・凄いね、求めてました。(相談者)
どうして、「ありがとう」って、言ってくれないんだろうかとか・・どうして、「おいしい」って、言ってくれないんだろうって・・(相談者)
ええ・・(最上雄基)
ホント、その些細なひと言、ずーっと・・(相談者)

求めてました。(相談者)

相手の気持ちを受け入れて、新しい答えを出す

はい・・(相談者)
ホントは、気持ちが欲しかったんでしょ?(最上雄基)
はい・・(相談者)
ねぇ。(最上雄基)

だけど、形だけ繋ごうとしちゃってるでしょ?(最上雄基)
しがみついちゃってるでしょ?(最上雄基)

形の上で・・きちんとしたことばっかりやって、お嬢さんの心を、全然、見てあげなかったと思うんですよ。(最上雄基)
はい・・(相談者)

だから・・本当にね、いい関係にしたいんだったら・・(最上雄基)
はい・・(相談者)

とにかくその・・気持ちを、形で、ねじ伏せないこと。(最上雄基)

あなたがどう思ってても・・相手は、こう思ったんだなって、いうことを、そのまんま、受け入れて・・(最上雄基)
はい・・(相談者)

あの、夫婦でね、上手くいかない人は・・(最上雄基)
はい・・(相談者)

例えば、奥さんが、Aです。旦那さんが、Bですって言ったら・・(最上雄基)
はい、はい・・(相談者)
AかBの、どっちかにしようとするんですよ。(最上雄基)
はい・・(相談者)

そうすると、あの、どっちかが勝って、負けるっていう、関係になって・・(最上雄基)
はい・・(相談者)
夫婦、上手くいかないので・・(最上雄基)
はい・・(相談者)

私はAです。で、旦那さんはBですっていった、お互いに、ああ、あなたはAなんだ、あなたはBなんだって受け入れて・・(最上雄基)
はい・・(相談者)

じゃあ、どうしようか?って・・ね、二人で相談して・・(最上雄基)
はい・・(相談者)
Cって、新しい答え出してください。(最上雄基)

はあ・・(相談者)
お嬢さんのことも、考えて・・(最上雄基)
はい・・そうですね。(相談者)

そうなんだって、受け入れたら・・旦那さんも、逆に安心してくれるから・・(最上雄基)
はい・・(相談者)

冷静に話し合って・・じゃあって、新しい答えを、是非出してください。(最上雄基)
はい、ありがとうございます。(相談者)

加藤諦三まとめ

もしもし。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

あの・・あなたの、環境からすると・・一生懸命頑張って、よくやってますよ・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

そして、あなたは、与えてるつもりで、相手から、奪い続けてたんですよ。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

それで・・小さい頃から・・人からやられていたことを・・今度は今、周りにやり返してるんです。(加藤諦三)
はあぁ・・(相談者)

周りは、たまんないですよ。(加藤諦三)
そうですね・・(泣く)・・(相談者)

だけど・・あの、周りをそうやっていたぶっている・・あなたからすれば、もう・・そうせざるを得なかったんですよね。(加藤諦三)

うん(ささやくように)・・(相談者)

かなり時間はかかると思いますけれども。(加藤諦三)
はい・・(相談者)
う、産まなきゃよかったっていうようなことはね・・よく言うんです。(加藤諦三)

母親が。(加藤諦三)

こういうことを言う時は、この言葉そのものじゃなくて、こういう事を言う、環境の中で育ってるっていうことです。(加藤諦三)

あのね、本当にね・・成長できない環境の中で育・・ったのに、親になってしまった人間ってのは・・酷いこと言うんです。(加藤諦三)
はああ・・(相談者)

ですから・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

あなたはここで、しっかり自分を理解して・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
そして今の自分が・・愛に飢えている・・この愛に飢えている自分が・・母として、子供と一緒に生活するのは、適切かどうか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

そういうことを、ひとつ、ひとつ、あなたが考えてください。(加藤諦三)

はい、わかりました。(相談者)
はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
はい、ありがとうございました。(相談者)

管理人のちょっとひと言

うん?冷静そうに話しをしてるけど、言ってる内容って、感情を抑えられん人じゃん。
殴られたから、殴り返しっちゃったっていうけど、殴りたくなるほど、煽ったんじゃないの?
「あんたなんか、産まなきゃよかった」とか、毎日、何百回も電話をかけてきたとか・・・ないない、ほぼ無理じゃない。

当時の事を思い出して、オーバーに言ってしまうとか、感情のコントロールできてないよね。
娘はさ、きっと、「産まなきゃよかった」って言われた時から、児童相談所の事とか、考えてたんじゃないかな。
話しが、スムーズだもんね。

やられたら、どこにどう相談して、何をするかっていうのは、頭の中で思い描いていた。
予期してたんだよ、ビンタはられることも、胸ぐら掴まれることもね。
つまり、あなたの常日頃の行動に、そういうとこあるんだよな。

だからさ、加藤先生、遠回しに、自分が娘と一緒に暮らす資格?資質?があるかどうか、よーく感がえてみろって言ってる。
わかりやすいね。
娘とあんたが一生に暮らすのは、適切じゃないって、言ってるのと一緒だ。

13歳の娘が、そこまで母親を拒絶して、父親に庇護を求めるのでなく、公権力に頼る道を選ぶって、普通じゃないぜ。
日頃の行い、かなり酷いんじゃない。
それを、娘が冷酷な目で見るって、ある意味、当たり前で、娘の目に映ってる、あなた自身を自分でそう思ってるだよね。

4年前、9歳の娘に、そう思わせてる自分に気付いていて、何もできていない。
誰がどう考えても、娘を預けることなんか、できないよね。

スポンサーリンク

コメント

  1. 最初は旦那に問題有ると思ったが、全て相談者の問題行動って話。
    ともかく自分の話に従わないと手を出すんだね。
    多分ヒス持ちなんじゃないかな?
    旦那に依存してるけど、旦那と娘を見下してるヤな女。
    子供の頃、親に認められてない人の承認欲求って凄いね。
    早くカウンセリング受けて下さい。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.