面会交流拒否された息子に会いたい

テレフォン人生相談
会いたい

テレフォン人生相談2016年9月13日は、今井通子&マドモアゼル愛。20年位前に離婚し、それから会っていない息子とどう対応すればいいかという相談。28歳になる息子とは3歳位から会っていない。離婚調停の時に、親権と養育権、養育費は毎月7万円で、面会交流は拒否される。息子が20歳の時に手紙を出して会いたいと書くと、電話がかかってきたが、泣いてしまった相談者。しばらくして、息子からメールで、泣くような父親とは会いたくない。それが8年前。遺産相続の件もあるし、どれだけ大きくなったか、会ってみたいという相談者、そういう態度ならお金もあるし、どうすれば会えるかという相談。

テレフォン人生相談2016年9月13日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:65歳男性 離婚して20年ぐらい 息子28歳(離婚後会ってない)

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

65歳の男性から、もう20年位前に別れた、息子との対応についての相談。これから、どういう対応していっていいのか、教えていただきたいと思って、電話した。

はい、あなたおいくつ?(今井通子)
私は、65です。(相談者)
65歳・・奥様いらっしゃいますか?(今井通子)
えっと、わか・・えー、今、いません・・再婚はしてません。(相談者)

息子からの電話に泣く

はい、そうすると、えー、二十年前に、お別れになったわけ?(今井通子)
そうです。(相談者)
で、息子さんは、おいくつになりますかね?(今井通子)
えーっと、二十・・八ですね。(相談者)

はい・・それで?・・最近・・お会いになったんですか?(今井通子)
いえ、あ、会ってません。(相談者)

会ってない?(今井通子)
はい、もう別れてから、一度も会ってません。(相談者)
はい・・(今井通子)

ええ・・(相談者)
で、対応、どうしたらいいかっていうのは?(今井通子)

ええ、それで・・今から8年前くらいにですね・・(相談者)
はい・・(今井通子)
手紙を、「会いたい」っていうような手紙を書い・・書いたわけなんです。(相談者)

それで・・まあ、電話がかかってきまして・・(相談者)
はい・・(今井通子)
まあ、お話をしたんですけれども・・(相談者)
はい・・(今井通子)

私、涙出ちゃったんですよ。(相談者)
はい・・(今井通子)
どうして涙が出ちゃったかっていうと・・(相談者)
はい・・(今井通子)

昔、あの・・息子が生まれる前に、義理のお母さんから・・(相談者)
はい・・(今井通子)
まあ、中絶した方が・・した方がいいとか・・(相談者)
はい・・(今井通子)

で、また、別れる時は・・(相談者)
はい・・(今井通子)
まあ、お母さん、向こうのお母さんから、この結婚は、なかっ・・しなければよかったとか・・(相談者)
はい・・(今井通子)

あと、子連れでもね・・(相談者)
ええ・・(今井通子)
再婚できるんだよっていうようなね・・そんな事、言われたことがあるんですよ。(相談者)
はい・・(今井通子)

で、それ・・を、思い出しましてですね・・(相談者)
はい・・(今井通子)
涙が出ちゃったわけなんですよね。(相談者)
はい・・(今井通子)
はい・・(相談者)

男としてだらしがない

ま、それ、それはそん時で、電話・・かかってきた、あの・・終わったんですけれども・・(相談者)
はい・・(今井通子)

それから、また少し経ちましたら、息子から・・(相談者)
はい・・(今井通子)
あ、もう、涙を流すような、は、父親は嫌だと・・(相談者)
うん・・(今井通子)

男として、だらしがないと・・(相談者)
はい・・(今井通子)
うん・・もう会うのはちょっと・・考えさせてくれっていうような、メールが来たんですよ。(相談者)

・・なるほど。(今井通子)
ええ・・(相談者)

まあ、それからまあ、よし・・それからまあ、誕生日祝いにはですね、「お誕生日おめでとう」っていう、メールは、出したんですけれども・・(相談者)
はい・・(今井通子)

うん・・だけど、当然、返信はありませんね。(相談者)
なるほど。(今井通子)
ええ・・(相談者)

揉め事だらけの嫁と義母

ちょっとそうすると、その前に原因がありそうなんだけど・・(今井通子)
はい・・(相談者)

まず、20年前に離婚されました・・(今井通子)
はい・・(相談者)
この時は、どういった状況だったんです?(今井通子)
嫁と姑ですね。(相談者)

嫁と姑・・あっ、あなたの方の、お父さん、お母さんと、ご一緒に住まれたの?・・嫁姑・・(今井通子)
舅は居ません。(相談者)
ん?(今井通子)
父親は居ません。(相談者)

あ、お父様、いらっしゃらない?(今井通子)
はい・・私の・・父親は、あの・・死んでます。(相談者)
あ、亡くなっちゃったのね?(今井通子)
亡くなってます。(相談者)
はい・・(今井通子)

これは、その・・嫁姑問題は・・どんな問題だったんですか?(今井通子)
嫁姑問題・・っていうよりは・・(相談者)
うん・・(今井通子)

元妻とのトラブルがあると・・(相談者)
はい・・(今井通子)
向こうのお母さんから・・(相談者)
ええ・・(今井通子)

こうこうしなさいよ!あなたは間違ってるよ、とか・・我慢しなさいよとか・・(相談者)
はい・・(今井通子)
そういう電話が、わたしん所に、かかってくるんですよ。(相談者)
ええ・・(今井通子)
そうすると・・もう家中で、燃えちゃうんですね。(相談者)

これもう、お母さんが相当強い人でしたよ。(相談者)
うーーん・・(今井通子)
うん、もの凄いですね。(相談者)

嫁さん、元嫁さんと、二人で来るんですから・・(相談者)
うーーん・・(今井通子)
また、父親が来るんですから・・家に乗り込んできて、ああだ、こうだって喋るんですから・・(相談者)
ほう・・(今井通子)
ああ・・(相談者)

揉め事だらけだったんですか?(今井通子)
揉め事だらけですね。(相談者)
うん・・(今井通子)

親権も養育権も向こう

それで結局・・その・・離婚を・・あの、申し出たのはどちら?(今井通子)
・・相手です。(相談者)

で、奥様の方が、別れましょうと・・(今井通子)
そういうことですね。(相談者)
はい・・(今井通子)

まあ、調停もやったんですが・・(相談者)
はい・・(今井通子)
調停の場ではですね・・(相談者)
はい・・(今井通子)

まあ、二人でやるかなぁと思ったら、向こうの家から・・弁護士が入って来ちゃったんですよ。(相談者)
はい・・(今井通子)

ええ・・(相談者)
はい・・(今井通子)
ですから、話し合いもなにも、なくなっちゃったんですよね。(相談者)

結局は、どういう条件で、別れられた?(今井通子)
えーっと、親権も、養育権もみんな向こうに渡して・・(相談者)
うん・・(今井通子)

そして、養育費が7万円払うと・・(相談者)
ほう・・(今井通子)
毎月・・(相談者)
はい・・(今井通子)

そんで20歳まで、払いました。(相談者)
あなた・・あの、自営ですか、会社員ですか?(今井通子)
会社員です。(相談者)

会社員・・経済的には、問題なかった?(今井通子)
経済的には、問題ないですね。(相談者)
なるほど。(今井通子)
はい・・(相談者)

面会交流拒否

じゃあ、その・・8年前に・・(今井通子)
はい・・(相談者)
会いたいと連絡をとられた・・(今井通子)
はい・・手紙書きました。(相談者)

手が・・お手紙書かれた・・これは、また、どうして?・・息子さんが、二十歳になったから?(今井通子)

そうです、二十歳になったら・・(相談者)
うん・・(今井通子)
会おうかなと、前々から思ってました。(相談者)
なるほど。(今井通子)
ええ・・(相談者)

それまではなに・・結局・・会わせてもらえなかったの?それとも、会いたくなかったの?(今井通子)
会わせてもらえなかったんです。(相談者)
会わせてもらえなかった・・(今井通子)
はい・・(相談者)

で、奥様とは全く連絡とってない?(今井通子)
とってないですね・・手紙・・を出した時に・・(相談者)
はい・・(今井通子)

メールで・・息子の、高校どこ入って・・(相談者)
はい・・(今井通子)
うん・・大学は、どこ出たっていう・・そのぐらいのアレ、メールは来ました。(相談者)

お金はある、お前の態度次第

あなたとしては・・(今井通子)
はい・・(相談者)
その・・もう連絡したくないっていう息子さんに・・なんとしても会いたいわけ?(今井通子)

うん、なんとかしても、1回は会いたいですね。(相談者)

で、その理由はなぁに?(今井通子)
理由は・・どんなに育ったのかなって、見たいですね、やっぱり。(相談者)

息子ですから、まだ・・3つ位の時からっきり・・会ってませんからねぇ。(相談者)
そうですよね。(今井通子)
うん・・(相談者)

どの位、大きくなったのかっていうのは、見たいですよね。(相談者)
例えば、他に理由はないんですか?・・例えば・・あなた自身がもう、今後の対策・・それから、まあ、遺産相続じゃないですけど、そういうことも含めて・・(今井通子)

そういう、社会的なことはないの?(今井通子)
あります。(相談者)
何しろ、会いたいの?(今井通子)

ありますね。(相談者)
あります?(今井通子)
うん・・(相談者)
でしょうね。(今井通子)

どうしようなって、相続の事がひっかかってきちゃって、どうしようかなっと思って(笑いながら)・・(相談者)
そうですよね。(今井通子)
うん・・(相談者)

あまりにも、そういう態度とると、うん、ちょっと、まあ、お金はあるんでね・・どうしようかなぁなんて、思っちゃって・・うん・・(相談者)

そこで、そうすると今日の、ご相談は・・(今井通子)
はい・・(相談者)
なんとしても、息子さんに、お会いになりたいが、どうしたらいいか?ってことでしょうか?(今井通子)
そうですね・・(相談者)

わかりました。(今井通子)
はい・・(相談者)
今日はですね、心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。(今井通子)
はい・・(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

【おすすめ記事】



マドモアゼル愛アドバイス

はい、はい、どうもこんにちは。(マドモアゼル愛)
あ、こんにちは、お世話になります。(相談者)
はい、はい・・(マドモアゼル愛)

腑に落ちない

ま、会う、会うためには、どうした方法がいいんだろうかと・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
こ・・ということ、これはもう簡単で、べつに、あの、お前に相続考えてやるから、一度、か、顔出せって言えば、それは、やっぱり、誰でも普通は、来るんじゃないですか?やっぱり。(マドモアゼル愛)

だから、それ・・それも、特に難しいことと、思えないんですよね。(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
あの・・なんかお話し聞いてて、だから・・なんて言うの?・・ちょっと・・腑に落ちないんですよ、僕から言わせると・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

本当に、息子のことが気になっている・・自分の人生終えるに・・まだ終えるっていうには、早いけれど・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

終えるに際し・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
気がかりが一つある・・それは・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

それは・・20年前に、生き別れているところの息子のことであると。(マドモアゼル愛)
そうですね、それはあります。(相談者)

そしてそれを思うと・・ま、実際電話してきたら、涙が出るほど・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
いや、あの・・・そういう思い・・思いが高まってきたと。(マドモアゼル愛)
そうですね。(相談者)

っていうことが、あるわけじゃない、一方で・・(マドモアゼル愛)
はい・・はい・・(相談者)

そしたら、その流れの中で言えば・・その、今の状況がなんであれ・・もう、息子に半分残すと・・全部残すと・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

いうような、すっきりした話しじゃないのよ。(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
会って、見て・・・それによって、考えようとかね・・(マドモアゼル愛)
はい(苦笑?)・・(相談者)

要するに、本当の意味でのエネルギーを・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
自分の人生で費やして、生きてきてない気がすんのよ。(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

守ってくれる安心感がない

例えば、姑と、嫁の問題っていうのは・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
これは・・そこの関係に対して、夫が・・どういう立場をとるかっていうことが、妻にとって、決定的になるわけですよ。(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

要するに・・頼りなかったんだと思うよ。(マドモアゼル愛)
まあ・・・あれだけもう、義理のお母さんからの、攻撃的な話・・事を言われたら・・(相談者)

だから、そう言うよね。(マドモアゼル愛)

結局、自分の手には、負えない問題だって、言ってるわけよ。(マドモアゼル愛)

結婚して・・その結婚生活で起きたことが・・自分の手に負えない問題っていう片付け方は・・おかしくない?(マドモアゼル愛)

うん・・(相談者)
そこで、何か見せなくちゃいけないんじゃないの、男として。(マドモアゼル愛)

ずーっと、そうやって生きてきたんじゃない、きっと。(マドモアゼル愛)

でも、あなたから守ってもらいたいと思う者に・・からしてみたら・・それは、自分の保全にはなっても・・私達を守ってくれる安心感に、繋がらなかったことを、奥さんは感じてたんじゃないの?(マドモアゼル愛)

そして20年後に・・そういうお父さんだと、聞かせられていたかどうかは、わからないけれども・・(マドモアゼル愛)

息子も、そのようなものを見たんじゃないの?(マドモアゼル愛)

そいで・・いい歳をした、一番若い、壮年期の・・一番しっかりしてる男が・・相手の嫁の・・お父さんと、お母さんが、家に乗り込んできて・・何言ってんだ、追いだしゃいいじゃないかぐらいの・・何故、気迫がでないの?そこで・・(マドモアゼル愛)

・・あ、出ましたよ、それは・・まあ、半分、向こうの親が乗り込んで来た時も、さ・・ですから、3人一緒になって、攻撃してくるんですよね。(マドモアゼル愛)

じゃ、その時点ではもう・・決まってったってことかな、お嫁さんの気持ちは・・(マドモアゼル愛)

息子を自分が育てようとしなかったのは何故

うん・・まあ、あのお母さんと・・に対しては、生理的にダメですからね・・(相談者)
まあ、それはいいとして、お母さんと別に結婚したわけじゃないと思うけれどもね・・(マドモアゼル愛)
はい、はい、はい、はい・・へへへ・・(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)

そしたら、この離婚には、あなたとしては、スッキリした・・もんが、基本的には、あったわけだよね、やっぱり。(マドモアゼル愛)
ありますね。(相談者)

ただ唯一、息子のことだけってことになるわけよね?(マドモアゼル愛)
はい、そうですね。(相談者)
そしたら何で、息子は、自分が育てようとしなかったの?(マドモアゼル愛)

それは弁護士さんが、こうだ、ああだって、始まっちゃったんですね。(相談者)
だから、それが男の考え方?・・だから弱いって言ってるんじゃない。(マドモアゼル愛)
うん・・(相談者)

そんなもんで、自分の人生なんか無理じゃない。(マドモアゼル愛)

だから、あなたにとって、一番大事だったのは・・やっぱり、自分の安定した仕事とか・・問題がない・・後ろ指さされない世間体とか・・結局は、そこに逃げる人だったんじゃないの?(マドモアゼル愛)

うん・・(相談者)
だから・・息子が、二十年後に・・どういう、こいつが・・人生を、僕が知らない時に送ってきたのか・・とか・・(マドモアゼル愛)

どういう気持ちで・・・父親がいないってことを、こいつが、耐えてきたのか・・とか・・(マドモアゼル愛)

関心が、そっちじゃないんだよ。(マドモアゼル愛)

自分の・・・センチな感情なんだよ。(マドモアゼル愛)

この自己愛、わかる?(マドモアゼル愛)

うん・・はい・・わかります。(相談者)
これは、不快なもんだよ・・(マドモアゼル愛)
うん・・(相談者)

あなた、自分が考えてる人間像と・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
人が、受ける人間像は、相当違ってると思うよ、僕。(マドモアゼル愛)
・・はい。(相談者)

なのにまだ、自分の・・なんて言うの?正当性を元に・・その、息子とだから会うの、簡単ですよ・・お前に財産あげるから来いって言えば・・来ますよ。(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

思い切ってやる

それは、できるんですか?(マドモアゼル愛)
できます。(相談者)
じゃあ、会って、気に入らない・・ははは(笑う)・・(マドモアゼル愛)
へへへへへ・・(相談者)
男だったら、どうするわけ?(笑いながら)・・でも・・(マドモアゼル愛)

そうですね。(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)

だからそこら辺、僕はね・・(マドモアゼル愛)
あ、はい、がんばります。(相談者)
残す・・うん・・やっぱり、やっぱり、あなたあの・・人生の・・(マドモアゼル愛)
うん・・そうですね・・うん・・(相談者)
一つの、あの・・人生の・・(マドモアゼル愛)
そうですね・・(相談者)
ひっかかってるとこ・・(マドモアゼル愛)
うん・・(相談者)
自分が・・息子に対して・・(マドモアゼル愛)
うん・・(相談者)
そうやって、やると、思い切ってやればね・・(マドモアゼル愛)
うん、そうですね・・(相談者)
男とは、こういうもんだぞってことを・・(マドモアゼル愛)
うん・・(相談者)

本当に教える事ができる父親の、プレゼンとができるよね。(マドモアゼル愛)
そうですね・・(相談者)
まあ・・あの時は、感情で泣いた、それは懐かしさ故で、お前が生きていたことが、嬉しかった・・これでいいですよ。(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

そして・・本当に・・もうなんであれ、お、お前に・・あげるもんはあげると、いう形で・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

会わなきゃ、会わないでいいと・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
それはね・・本当にそうやってできたらよ・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

息子は・・父さんから・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
本当に、大事な物を、教わったことになるね。(マドモアゼル愛)

そうですね。(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)

男らしく

それで、相手が悪いから、こうだ、ああだって言ってね・・(相談者)
じゃないで、言わないで、もうそれはね・・それは・・うん・・(マドモアゼル愛)
もう、それはアレで・・(相談者)

そしたら、なんだ父さん、あの時泣いたけど・・本当は凄い・・男だったんだっていうね・・(マドモアゼル愛)
まあ・・一度、私まあ、で・・本人に、直接1回、電話してみます、それでダメだったら、元・・嫁の方に・・(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)

会わせてくれと・・いうような、メールなり、電話、してみます。(相談者)
うん、そりゃ、会せてくれって言ったら、嫌だって言うに決まってるから、そういう、決意のほどを言ってですよね、やっぱりね。(マドモアゼル愛)
そうですね。(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)

それでダメだったら、ダメでまた・・その時は・・(相談者)
うん、そう・・ただ、心配だから、いつでも、俺は助けるつもりがあるとか・・まあ、なんか僕、わかんないけど、上手くね、そこら辺は男らしく・・これまでのやり方と、違うやり方で・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

やっぱり、やることが大事なんじゃないかなって、気がするんですよね。(マドモアゼル愛)
そうですね・・(相談者)
それこそが、やり残した問題なんですよ、息子さんを通して・・(マドモアゼル愛)
うん・・そうですね。(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)

今井通子まとめ

おわかりいただけましたでしょうか?(今井通子)
はい、わかりました。(相談者)
はい・・(今井通子)
はい・・(相談者)
それじゃあ・・頑張ってください。(今井通子)
ええ、ちゃんとやります。(相談者)
はぁい。(今井通子)
はーい、失礼します。(相談者)
失礼しまーす。(今井通子)
どうもありがとうございます。(相談者)
はぁーい。(今井通子)

管理人のちょっとひと言

うん?元嫁さん側の、悪口しか言わないってどうよ?
結果は、原因があってこそ・・・そこは完全に無視ってことね。
マドモアゼル愛さんが言うように、ぜーんぶ、自分が元嫁さんを守ってあげなかった事が根本の原因で、ほぼ間違いないかな。

そんで、逃げまくって、生理的に受け付けない義母から、責めまくられて、泣いて許しでも請うたか?
まあ、失望されたんだよね。
で、息子が3歳ぐらいの時に、実家に帰られて、約5年ほど、すったもんだして、やっと協議離婚成立。

しつこく粘ったんだろ?
だから、嫁側も、弁護士を立てるしかなかった。
どうせ、子連れでは再婚もできんとか、なんとか、言ったんだよなぁ・・・本人、忘れてるかもしれないけどさ。

そういうこと、女性は、絶対に忘れない。

おまけに、お金はたくさんあるから、お前の態度次第では、どうしようかなぁってか?
なんで、そこまで徹底して、ダメ人間を演じられる?
よく、性根が腐ってるって言葉があるけど、まあ、そういう類か・・・アドバイスも無意味だろうね。

『男らしく』って言われてるけど、守るべき者は守るっていう、毅然とした態度っていうのが理解できてないからなぁ。
たった、1回、諭されただけで、理解できる・・・というか、そういう姿勢になれるんだったら、どれほど楽か。

大きくなった、息子を見たいとか、遺産相続をどうしようかとか。
本当の思いは、そこにないよね。

65歳・・定年を迎えたか、迎えるのか・・。
気付けば、自分ただ一人。
老後が心配なんだよね?

寂しい?それとも不安?
あんたは、きっと、不安なんだよな。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.