テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年8月30日(水)は、加藤諦三&中川潤。離婚して4ヶ月、子供3人を引き取った母親から、元夫との面会交流を拒否したいが?という相談。夫婦間の事に何かと顔を出す姑、素面の時は、妻の味方になると言うが、酔うと本音が出て母親の味方をし、妻を責めるマザコン夫。それが離婚の原因。子供との面会の時、自分の悪口を吹き込むのではないかと危惧。子供の権利と分かっていても、面会を拒否したい。
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:42歳女性 4ヶ月前に離婚 子供3人(6歳・4歳・2歳) 4人暮らし 他登場人物 離婚した旦那と姑

もしもし?(加藤諦三)

もしもし。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい、お願いしまーす。(相談者)
はい、最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

42歳です。(相談者)
42歳・・(加藤諦三)

結婚してます?(加藤諦三)

離婚しました。(相談者)
あっ・・じじじ・・えーっと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
何年前ですか、離婚は?(加藤諦三)
えっ・・(相談者)

と、今から4ヶ月ぐらい前ですかね?(相談者)
4ヵ月前?(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ・・今、お一人ですね?(加藤諦三)

あ、えーっと、子供も居ます。(相談者)
はい、お子さん、何歳ですか?(加藤諦三)

子供3人いて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えー、6歳、4歳、2歳です。(相談者)

6歳、4歳、2歳。(加藤諦三)

うん。(相談者)
じゃあ、今・・4人で暮らしてるんですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

え・・ま、離婚の原因なんですけれど・・大きく分けて、二つあって。(相談者)
ええ。(加藤諦三)
一つは、えーっと、元旦那・・が、まあ・・(相談者)

よくある、お酒・・を、飲まないと、気が弱くて、お酒飲むと・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
暴言みたいな・・あの、日頃たまってる・・人みたいの、ちょっと、言うほうで・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
ま、結局、決定打は、それだったんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あとは・・(相談者)

元旦那と・・その・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

姑?・・わたしから見て、姑・・が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

親離れ、子離れが結局できず・・(相談者)

ん・・(相談者)
もう、単純に言うと、マザコンってこと?(加藤諦三)
マザコンですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
結局は、なんか、わたし・・が・・なんかその、姑と結婚したみたいな感覚・・(相談者)

ああ・・はい、はい。(加藤諦三)
うーん・・で、そこに・・まあ・・(相談者)

元旦那が、わたしの方に立って、いろいろ・・まあ・・(相談者)

あのぅ・・中に入ってくれると、思ったんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ま、そうは、いかず・・(相談者)

飲んで・・ない時は・・「うん、わかった、わかった、じゃあ、お前の・・俺は味方だ」みたいな、感じなんだけど、結局・・酔っちゃうと・・本音が出て、俺の母さんを、そんに・・なんか、悪い事、言いやがってみたいな感じで、すごい、言われ・・てたので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
うん・・(相談者)

まあ、そこら辺・・に、ちょっと、わたしが、もう我慢できなかった・・みたいな、感じですね。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
それで、まあ、はい。(相談者)

あの、まぁね、よく・・世間では、酒の上の話しだとかね・・(加藤諦三)

うん。(相談者)
お酒の上でって、言いますけれども・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

あの、お酒の上で、本当のその人の姿が、出てんで・・(加藤諦三)

うーん。(相談者)
あのぅ・・お酒飲んでない時の、その・・姿が、う・・嘘なんですよ。(加藤諦三)

うん・・(相談者)

だから・・(加藤諦三)

酔・・って、こんな事を、してしまったって、言うけれども・・(加藤諦三)
うん、うん。(相談者)
・・
酔・・って、本当の、その人が、出たっていうことで・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
まさに、あなたが言ったように・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
あの・・酔ってない時には、お前の味方に、いやなるって言うけど、酔う、酔うと、お母さんの味方になるっていうのは・・(加藤諦三)

本当は、お母さんの味方なんだよね。(加藤諦三)

そうなんですよねぇ・・結局、この離婚に対しても・・もう、姑が出てきて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

一応、面会・・の事とか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
養育費の問題も、全部、姑が、なんか、中に入ってきちゃってて・・で、わたし・・は・・(相談者)

姑に・・「これは、夫婦の問題なので、あなたが出て来る場面じゃないですね」・・って、言ったのに、そうしたら・・(相談者)

もう、息子・・の代わりに、わたしが・・ちゃんと話す・・みたいな感じで・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
話してきて・・で、まあ・・(相談者)
あなたもだけど、かなりきつい事、平気で、ポンポン言うんだねぇ。(加藤諦三)

きついこと・・(相談者)

なんでしょうけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そういうふうにしないと、自分を助けなか・・ったんですよねぇ、もう、ほんとに・・(相談者)
はぁい・・そりゃそうでしょうね、うーん・・(加藤諦三)
うーん・・(相談者)

でぇ、今、現在は、結局、子供の面会・・(相談者)

も、まあ・・養育費の事もあって・・一応、行ってはいるんですけど、前も・・(相談者)

なんか、子供・・(相談者)

・・・

と、どこに遊びに行くとか・・(相談者)
・・
途中で、場所を変更するとか・・(相談者)
・・
わたしが・・(相談者)

メール、何度か、今、どこ?・・とか聞いても・・一切、返信がなくて・・でぇ・・(相談者)

帰ってきた時に、「なんで・・連絡しなかったの?」って言ったら・・「お前に、わざわざ、言う必要はない」みたいな感じで言われて・・(相談者)

で、わたしとしては、その、これから子供・・と、なんか、会わせるのにも・・(相談者)

わたしとしては、正直、あのぅ・・なんか子供に、言いくるめるんじゃないか?とか・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
うーん、なんか、わたしの悪口を・・言うんで・・言ってしまうんではないか?・・とか。(相談者)

うん。(加藤諦三)
なんか、そういう不安・・が、あって、子供がすごい、揺れるじゃないですか?今・・ずっと、揺れてるのに・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう、そういう・・のを、考えると・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あの、ほんでもう、面会・・も、養育費も、いらないから・・(相談者)

面会も・・(相談者)

して欲しくないなって、思ったんです、でも、それって、子供にとって、よくないんですよね?(相談者)

たぶん、そこら辺で、凄い・・(相談者)

ま、自分自身が・・うーん・・(相談者)

どうしたらいいか、わからないというか・・(相談者)
でぇ・・(加藤諦三)

あなたが・・ん・・今日の相談っていうのは、その、面会の回数は、決まって・・いた・・けれども・・(加藤諦三)

うん。(相談者)
・・
それを・・(加藤諦三)

変えたい・・ということでしょ、具体的には。(加藤諦三)

ま、怖いので・・うん、そうですね、怖いので・・うん・・(相談者)
で、なぜ、変えたいか?・・っていうと、相手が・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

わたしの、悪口を言うから・・ということですよね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
・・
はい、わかりました。(加藤諦三)

今日はあの、スタジオに、弁護士の中川潤先生が、いらしてるので・・(加藤諦三)
あ・・はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク